Amazon輸出で使えるツールを紹介!!無料と有料ツールあり!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Amazon輸出に役立つツールについて知りたい
という方のために、Amazon輸出に役立つツールのメリットや、おすすめについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Amazon輸出に役立つツールのメリットを知ることができる
  2. Amazon輸出に役立つツールの種類を知ることができる
  3. Amazon輸出に役立つツールの選び方を知ることができる
  4. Amazon輸出に役立つツールのおすすめを知り、売上アップや作業の効率化につながる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Amazon輸出に役立つツールについて解説をしていきます。

Amazon輸出をしていると「売れ筋商品をリサーチするだけで何時間もかかってしまった」「在庫切れで販売できなかった」「確認が甘く、権利侵害にあたる商品を出品してしまった」などといった経験をしたことがあるかもしれません。
扱う商品が多いほど、一人で作業をするのは困難になります。
それをサポートしてくれるのがツールです。
商品リサーチが効率的にできたり、作業時間を減らすことができたりと、ツールにはさまざまなメリットがあります。

Amazon輸出を成功させるにあたり、ツールの活用は必須とも言われています。
しかし、ツールにはさまざまなものがあり、どれを使えばよいのか悩んでしまうものです。
ツールを使ってはみたものの、成果が実感できないという人もいるでしょう。
それは、ツールの選び方が間違っている可能性もあります。

Amazonでツールを導入するメリット

Amazon輸出ビジネスでツールを導入するメリットは、売上アップにつながることと、輸出ビジネスを効率的に行えることです。
輸出ビジネスを成功させるには、商材選びが鍵となります。
その際、売れている商品は何かを調べるリサーチツールを使えば、利益につながりやすくなります。
自分で調べる時間を短縮することも可能です。
正確で迅速なデータを入手することで、タイミングよく販売ができれば売上アップにつながるでしょう。

ツールは手動ではできない情報収集などをしてくれます。
手動では何時間もかかることを、30分程度で行ってくれます。

また、利益を出すには送料や手数料なども含めて、正確な計算が必要です。
しかし海外輸出となると、関税や重量、為替の変動などを含めて計算しなげればなりません。
複雑で面倒なため、正確な計算ができない可能性があります。
そのようなときは、利益計算をしてくれるツールが役に立ちます。
条件を入力すれば、利益をどれくらい出せるのかを把握できるのは大きなメリットです。
Amazon輸出ビジネスで在庫管理を手動でするのは大変ですが、ツールを使えば見落としがなくなるでしょう。

Amazon輸出ビジネスでは、購買者に高い評価を得られることが大切になってきます。
そのためには、購買者の求める商品をスムーズに届けることで信頼を得ることが必要です。
販売者の不手際で購買者に不快な思いをさせてしまうことが続けば、リピーターが減り、結果売上の減少につながります。
そのようなことがないよう、サポートをしてくれるのがツールです。

Amazon輸出に利用できるツールの種類

Amazon輸出ビジネスに利用できるツールには、リサーチツールをはじめさまざまな種類のツールがあります。
主なツールの種類を知っておきましょう。

・リサーチツール
リサーチツールは商品価格を比較したり、利益を出しているライバルセラーの商品を教えてくれたり、いろいろなタイプがあります。
リサーチツールを活用することで、売れる商品を効率的に見つけられるようになります。

・ランキング追跡ツール
売りたい商品の過去のランキングや変動を見られるツールです。
売れるタイミングなどを分析したり、人気のある商品を見つけたりすることができます。

・価格改定ツール
Amazon市場での販売価格の設定はタイミングによって変えないと、売れなくなってしまうことがあります。
そこで使いたいのは、価格改定ツールです。
Amazon市場の価格変動を逐一チェックすることは不可能ですが、ツールを使えば価格変動に合わせて自動的に商品の価格を変更してくれます。

・在庫管理ツール
在庫数の変動を教えてくれるツールです。
在庫数が不足したときにも知らせてくれる機能があり、出荷在庫がない、というリスクを減らすことができます。
扱う商品数が多くなるとチェック漏れをしてしまうかもしれませんが、在庫管理ツールがあればそれを防ぐことができます。

・在庫数確認ツール
ライバルセラーの在庫を確認できます。
ライバルの在庫数を把握できれば、自分の仕入れ数の見当をつけやすくなります。

・セラー評価依頼ツール
セラー評価をしてもらうためにも、こちらから依頼することが必要です。
セラー評価依頼ツールは、商品が売れた際に自動的に評価を依頼してくれます。

・出品制限ツール
出品制限のある商品を除外してくれるツールです。
出品制限のある商品をすべて細かく把握するのは大変でしょう。
さらに、自分では違反していないと思っているものが、実は制限がかかっていることもあります。
無在庫でAmazon輸出をする場合、大量に出品する際に制限のある商品が紛れ込んでしまう可能性もあります。
アカウントを守るためにも使いたいツールです。

Amazonツール導入で気を付けるべきこと

ツールを導入する際には、ツールだけに頼り過ぎないことが大切です。
たとえば、売れ筋商品を見つけ、簡単に出品できるツールを利用したとします。
操作が簡単で、売れ筋商品なのだからとどんどん出品してしまうと、中には出品してはいけない商品が含まれていたり、価格をチェックしないばかりに売れば売るほど赤字になってしまったりすることがあります。

そうしたトラブルを防ぐために、ツールの内容をよく確認することが必要です。
導入しようとしているツールでは何ができて、何ができないかを把握するのはもちろん、それを効果的に活用するための方法を勉強しましょう。

ツールを使えば売れ筋商品が見つかり、売上アップにつながるという単純なものではありません。
ツールは多くの人が使用しているので、ツールで得られた情報を活用し、利益につなげる仕組みを作ることが重要です。

Amazon輸出ビジネスに役立つツールには、有料と無料のものがあります。
無料ツールはシンプルな操作でわかりやすいですが、細かい設定などができなかったり、情報が正確ではなかったりすることがあるので注意してください。
費用はかかりますが、有料はその分開発・研究されているものなので、より正確なデータ収集ができたり、使いやすかったりします。
有料ツールは多彩な機能が搭載されていることも多いですが、自分では使わない機能があるかもしれません。
内容をよく確認してから選ぶことが大切です。

人気のあるツールであっても、自分にとって使えるかどうかは分かりません。
有料ツールもたくさん種類があるので、まずは試してから購入を決めるとよいでしょう。

Amazon輸出に使える無料ツール

Amazon輸出ビジネスで使用できる、無料ツールのおすすめを紹介します。

Automate Pricing

事前に設定をしたルールで、価格改定を自動で行ってくれるツールです。
改訂可能な価格の範囲を決められ、改訂された価格の履歴もチェックできます。

モノサーチ拡張機能

Google Chromeの拡張機能で、商品情報を取得したり在庫数の確認ができたりします。
商品名や画像検索のほか、ASINコード、EANコードなどさまざまな方法で検索することが可能です。
Amazonのランキングやコンディションごとの最安値などの情報を、自動で取得してくれます。

単位変換ツール

長さや重量を日本の基準から欧米の基準に変換する際、簡単に単位変換をしてくれるツールです。
メートルをインチに、グラムをポンドに変更する際に便利です。

その価格OK?

ネット上の商品の価格をまとめて比較できるツールです。
販売したい商品の最安値を確認することが可能となっています。
使い方も簡単です。

Amazon輸出に使える有料ツール

Amazon輸出ビジネスで使用できる、有料ツールについては中川の自社開発のシステムがあります。

全自動利益直結型システムになります。

問合せはLINEにてご連絡くださいませ。

Amazon輸出のツールのまとめ

ツールを使うことで作業の効率化ができ、商品情報をリアルタイムで取得でき、売れ筋商品を見つけることも可能です。
制限のある商品を出品してアカウント停止になる、などのリスクを回避することもできます。
ツールはメリットが多く、売上を伸ばすためにも導入したいものです。

成功につながる優秀なツールを使いたい、と考えるのは当然ですが、優秀なツールを使えば必ずしも成果が出るものではありません。
大切なのは、ツールの機能を把握し、使いこなすことです。
自分に必要な機能が充実している使い勝手のよいツールを見つけ、作業の効率化や売上アップにつなげましょう。