Amazon輸出のアカウントヘルスの基準で注意する点

Amazon輸出の販売先である、Amazonアメリカでは日本と同じように、販売者の運営の基準であるアカウントヘルスがあります。

運営が設けているアカウントヘルスを維持をしながら、販売をすることで安定した売上をあげることができます。

また逆にアカウントヘルスを維持することができないと、売上が急に下がってしまいますので注意が必要です。

今回はAmazon輸出のアカウントヘルスの基準について解説します。

Amazon輸出のアカウントヘルスの評価

アカウントヘルスの評価は3段階

Good:良い
Amazon
が求める基準を満たしており正常な状態

Fair:注意
Amazon
が求める一定の基準を満たしておらず、警告の状態

Poor:悪い

Amazon が求める基準を満たしておらず、アカウント停止の措置の可能性があり

となっています。

アカウントヘルスは常にGoodを維持するようにしましょう。

Fairの場合は基準を満たしてない項目を改善し、Goodに戻すようにしましょう。

Poorになってしまった時は早急に改善をする、もしくは自分から販売を一時休止をして、対策を考えるのも1つの方法です。

Amazon輸出のアカウントヘルスの基準

Order Defect Rate(注文欠陥率)

Negative Feedback Rate:悪い評価率
A-to-Z Claim Rate:Amazonを経由して行われたクレーム
Chargeback Rate:購入者がクレジットカード会社に対しての払い戻しの意義。こちらも Amazon が介入します。

Order Defect Rateは注文に対しての評価の割合になります。

取引数の1%の割合を維持が基準になります。

注文者からの評価やクレーム、チャージバックの件数が関係してきます。

注文者からの評価については、もし悪い評価がついてしまった場合は評価の変更を注文者に依頼することができます。

また不当な評価だった場合は、Amazonに連絡をして評価の削除を依頼することができます。

クレームとチャージバックについては、購入者とのやりとりで調整をして注文者の要望などを確認し対応をして防ぎましょう。

Cancel Rate(注文キャンセル率)

取引数の2.5%の割合が基準になります。

キャンセル率にについては、購入者都合のキャンセルと販売者都合のキャンセルがあります。

購入者都合のキャンセルは件数には入らず、販売者都合のキャンセルが計測されます。

在庫管理を確実にして、注文のキャンセルをしないようにすること。

止むを得ずキャンセルを場合は、購入者に連絡をして購入者からキャンセルが可能か依頼して対応することも1つの方法です。

Late Shipment Rate(出荷遅延率)

取引数の4%以内が基準になります。

発送期間内に出荷できないとカウントされます。

Amazonでは発送期間が短い方が売れますが、無理をしてしまうと期間内に発送ができず、出荷遅延率が上がってしまいます。

Refund Rate(返金率)

返金率は基準の%はありませんので、アカウントヘルスには影響はありません。

ただこの%が低い方が良いことには変わりはないです。

販売者都合で商品が送れない、 商品を発送したが壊れていたなどの場合の返金でカウントされます。

Delivered on Time(商品到着率)

商品の到着が規定の時間通り行われたかどうか。

97%以上が基準。

商品の紛失などの関係してきます。

Packages with tracking info(追跡番号付属率)

出荷の際にトラッキングナンバーをアップデートしたかどうか。 98%以上が基準。

日本からの発送の場合、反映されない発送方法もあるので、98%以上の維持が難しいことがありますが、その点が考慮されているようで、基準に満たさなくても特に影響が内容です。

Response time under 24 hour(24 時間以内に問い合わせに返答率)

90%以上が基準になります。

問い合わせの内容の返信まではする必要はなく、確認をして後ほど返信をする形でも可能です。

その時に確認をして既読にするまでの時間になります。

既読までに24時間を経過するとカウントされます。

Average respons time(平均回答時間)

基準はありませんが、早く回答をすることでアカウントに影響をすると言われています。

可能な限り返答を早くして、平均回答時間を短くしましょう。

まとめ

Amazon輸出で売上に関係するアカウントヘルスについて解説をしました。

Amazonのアメリカのアカウントヘルスの基準を維持できるように、普段の取引から体制を整えていきましょう。

基本的、購入者の方のための運営が基準に反映されているので、その心掛けで実践をしてきましょう。

また逆にアカウントヘルスが悪い状態が続くと売上に悪い影響がでるだけではなく、最悪アカウントが停止されてしまう可能性も出てきます。

良い状態を保てるよう十分注意しましょう。