【Amazon輸出初心者】Amazonアメリカの送料の設定

Amazon輸出で商品を出品をする前に送料の設定をしておく必要があります。

というもの、日本から海外に送る時には国際送料がかかります。

国内の送料と比較すると、国際送料は高くなりますので送料の設定をしないまま出品をして赤字になって損をしてしまうこともでてきてしまいます。

そうならないためにも、出品をする前から送料の設定をしておきましょう。

今回はAmazonアメリカの送料の設定について解説します。

Amazonアメリカの送料の設定方法

Amazonのセラーセントラルに1番右の「Setting」をクリックしま しょう。

Amazon 設定

Amazon 設定

送料の設定の画面が表示されます。

Amazonアメリカ 送料設定

Amazonアメリカ 送料設定

上の「Ships From Location」の「Edit」をクリックしましょう。

Amazonアメリカ 発送元変更

Amazonアメリカ 発送元変更

発送先の国を設定することができます。

「Shipping Country」を「Japan」に設定し、「Update」をクリックします。

次に「Your per Item/Weight Based Model」の「Change Shipping Model」をクリックしましょう。

Amazonアメリカ 発送方法変更

Amazonアメリカ 発送方法変更

Per Item/Weght-Basedを選択して、「Countinue」をクリックしましょう。

Amazonアメリカ 発送方法変更

Amazonアメリカ 発送方法変更

続いて、配送エリアと配達サービスの設定をします。

Amazonアメリカ 配送エリアと配達サービス 設定

Amazonアメリカ 配送エリアと配達サービス 設定

APO/FPOはアメリカの軍事基地になります。

こちらは、EMSなど特定の発送方法で商品をお届けできませんので、 配送エリアをチェックしないことをオススメします。

「Two-Day」、「One-Day」は1日から2日でお届けするサービスになります。

日本からの発送の場合はこのサービスでのお届けは難しいので、 こちらもチェックを外しておくことをおすすめします。

続いて「Current Shiiping Rate and Setting」で各サービスの料金を設定します。

Amazonアメリカ サービス設定

Amazonアメリカ サービス設定

送料に設定には様々な方法はがありますが、私がオススメしているのは商品代金に送料を含める方法です。

その上で「Standard」料金を0に設定し、「Expedited」の料金を追加で設定をしていきましょう。

この「Standard」とSAL便、e-paketと「Expediate」EMSの発送料金の差は、1500円〜2000円程になります。

なので、「Expediate」追加料金を22$に設定しています。

「Expediate」の「per item」とはアイテム1個につきの追加料金になります。

「per ship」というのは発送1回についての追加料金になります。

Amazonアメリカ サービス 送料設定

Amazonアメリカ サービス 送料設定

アメリカ以外の発送については、EMSの発送料金がアメリカよりも高く なるので、「per ship」をアメリカより高く設定してます。

Amazonアメリカ 発送方法変更

Amazonアメリカ 発送方法変更

「Continue」をクリックし、確認画面にて「Confirm」をクリックで設定完了になります。