【Amazon輸出】ビジネスレポートとセリングコーチを活用して売り上げアップ

Amazon輸出 ビジネスレポートとセリングコーチ.

Amazonのセラーセントラルには、ビジネスレポートと呼ばれる分析用レポートと販売予測のセリングコーチという機能が用意されています。

このビジネスレポートとセリングコーチを最大限活用して、売上 アップにつなげることができます。

ビジネスレポートでは、Amazonで出品しているASINの売上げ、購入 数、平均価格などの詳細データを確認することができます。

今回はビジネスレポートとセリングコーチについて解説をします。

Amazonアメリカのビジネスレポートの活用

セラーセントラルの「REPORT」→「Business Reports」をクリック しましょう。

Amazonアメリカ レポート

Amazonアメリカ レポート

多くの項目がありますが、「Detail page Sales and Traffic by Child Item」をクリックしましょう。

Amazonアメリカ レポート 項目

Amazonアメリカ レポート 項目

こちらでASINごとのデータをみることができます。

みるべきポイントですが、「Sessions」セッション数になります。

こちらはお客様が実際にこのページにきた人数を示します。

Amazonアメリカ ビジネスレポート セッション

Amazonアメリカ ビジネスレポート セッション

こちらでASINごとのデータをみることができます。

みるべきポイントですが、「Sessions」セッション数になります。 こちらはお客様が実際にこのページにきた人数を示します。

同じように「Page View」という項目がありますが、こちらは閲覧数に なりますので、同じお客様がページに訪れた回数もカウントされるの で、「Sessions」を基準にすることをオススメします。

こちらのデータですが、データの対象期間を調整することができます。

短い期間であれば、「今」売れる商品のデータとなります。 データの期間を設定して、ダウンロードすることができます。

Amazonアメリカ ビジネスレポート ダウンロード

Amazonアメリカ ビジネスレポート ダウンロード

セッション数を商品全体で比較し、セッション数が高い商品は売れる可能性が高いを考えられます。

この商品は、分けて価格を調整する価値があります。

またデータの項目に「Boy Box Percentage」という項目があります。

これは、すべての出品者の中で、自身がカートをどのくらいの割合で カートを取得できているかになります。

ショッピングカートを獲得しているかどうかは、Amazon輸出での売上 の増減に直結します。

こちらの「Boy Box Percentage」の数値が高い商品はAmazonで最も 売れやすい、カートを取得出来ているということになります。

この商品も、分けて価格を調整する価値があります。

Amazonアメリカのセリングコーチの活用

これまでの販売のデータから売れる個数を予測する、 「Amazonセリングコーチ」というものがあります。

セラーセントラルの真ん中になる、機能になります。

Amazonアメリカ セリングコーチ

Amazonアメリカ セリングコーチ

Amazon Selling Coach(アマゾンセリングコーチ)」には 直近の在庫切れ、もしくは在庫切れが予測される商品が 表示されるので商品発注の目安になります。

下の「Selling Coach Report」をクリックすると写真の内容が表示されます。

Amazonアメリカ セリングコーチ

Amazonアメリカ セリングコーチ

Inventoryの項目では、FBAに納品している商品の情報になります。

・過去30日間の販売数
・過去14日間の売上数
・現在の商品が在庫切れになる日数
・推奨される入荷個数
・過去30日間における在庫切れ日数
・過去30間に逃した販売チャンス

こちらの情報から、納品する商品の個数を想定することができます。

Productの項目では、「Nunber of offer」に項目クリックして並び替えをしましょ う。

Amazonランキングと販売者数と比較して、ランキングが高く販売者数が少な い商品は販売できるチャンスが高いということになります。

Fulfillment,Pricingの項目でも同じことがいえます。

Amazonアメリカ セリングコーチ 項目

Amazonアメリカ セリングコーチ 項目

Amazonアメリカのビジネスレポートとセリングコーチのまとめ

ビジネスレポートとセリングコーチを使用することで、商品の売れる個数や納品する個数の予測をすることができます。

自分の感覚ではなく、ビジネスレポートとセリングコーチのデータを元に判断することで、販売機会の損失や不良在庫を減らすことができるので、積極的に活用していきましょう。