【Amazon輸出】個人輸出をするのに便利なツールと拡張機能を紹介

Amazon輸出をする際に、無料で使用できるグーグルの拡張機能があります。

とても便利なのでこれからAmazon輸出をする方は、ぜひダウンロードして欲しい機能になります。

今回はAmazon輸出をするのに便利な拡張機能を紹介していきます。

Amazon輸出で便利な拡張機能をダウンロードする準備

こちらはグーグルクロームのウェブストアで、ダウンロードすることが できます。

まずはグーグルクロームをダウンロードしましょう。

<グーグルクロームダウンロード>
https://www.google.com/chrome/

 

グーグルクローム トップ

グーグルクローム

グーグルウェブストアで検索をすると、拡張機能を探すことができます。

グーグルウェブストア

グーグルウェブストア

Amazon輸出でおすすめの拡張機能

ここからは機能を紹介していきます。

SamSurf for Web ブラウザ拡張機能

Amazonの検索結果や商品ページに「Buy.com」や「Yahoo!ショッピング」など、他のサイトへクリックリンクを表示したり、通貨換算をしたりでき ます。

SamSurf for Web ブラウザ拡張機能

SamSurf for Web ブラウザ拡張機能

https://chrome.google.com/webstore/detail/smasurf-for-web-browser-e/kbilhcaegfmcpmlnpcogdgfchpodhcih?hl=ja

Keepa Amazon Price Tracker

Amazonの商品ページに、商品の価格変動グラフを表示してくれます。

Keepa Amazon Price Tracker

Keepa Amazon Price Tracker

Google 翻

英語を日本語に自動で翻訳をしてくれます。

翻訳の精度も高くなっているので、輸出をする方には重宝します。

Google翻訳

Google翻訳

短い文書であればGoogle翻訳に入力して翻訳された英語をそのまま貼り付けるだけで、十分使用することができます。

長い文章の場合は接続詞をなくして、2文にすることで精度の高い翻訳ができます。

Weblio エクステンション

Webページの英語にカーソルを合わせることで、日本語の意味を表示 してくれます。

Weblio エクステンション

Weblio エクステンション

Amazon輸出で便利なツール

モノレートJP

日本で販売されている商品の需要を把握するツール。

価格、ランキング、販売者数を把握することが可能です。

Amazon輸出の場合はAmazonアメリカで販売になるので、理想はモノレートのアメリカのデータをみることですが、モノレートのアメリカのは現在サイトがなくなっています。

販売先ではない日本の情報なので売れる個数の目安にはなりませんが、商品情報や仕入れ金額を確認する時に使用できます。

モノレート日本

モノレート日本

http://mnrate.com/

Camel Camel Camel

Amazonアメリカで売れ行きの商品を調べたり、希望の価格で仕入れをすることができる便利なツールです。

Camel Camel Camel

Camel Camel Camel

Camel Camel Camelの使用方法はこちらで解説しています。

Amazon輸入でおすすめツール! camel camel camelの設定方法と使い方を解説

Amazonアメリカ FBA計算

AmazonアメリカのFBAを使用する時のFBAの手数料を確認することができます。

ASINを入力することで使用することができます。

Amazonアメリカ FBA計算Amazonアメリカ FBA計算

Conyac

世界中のフリーランサーに仕事を依頼することができます。

輸出に場合は英語の翻訳を依頼でよく使用することができます。

登録は無料になりますので依頼者登録をしておきましょう。

 

conyac

conyac

https://conyac.cc/ja

Amazon輸出で便利なツールと拡張機能のまとめ

まずグーグルの拡張機能を取得するために、Googleクロームをダウンロードしましょう。

スマホのアプリを入れるように、自分の作業に合わせてGoogleクロームに拡張機能を追加していきましょう。

また、Amazonが提供しているFBAの計算シュミレーションツールや他の会社が提供しているサービスもあるので、それらも活用をして、効率よくAmazon輸入をしていきましょう。