Amazon輸入で利益を計算するために知っておくべき経費について

今回はmazon輸入での価格設定の話になります。

Amazon輸入では国内ではかからない国際送料や関税や州税などの経費がるので、商品を販売をする前に、経費を踏まえて利益を設定し販売価格を決めます。

Amazon輸入での価格を設定する計算式から経費の内容について解説をしていきます。

Amazon輸入の販売価格の計算式

欧米におけるAmazon輸入では、基本的にAmazon.comとAmazon.co.jpの価格差で利益を得ます。

なのでAmazon.comとAmazon.co.jpの商品を比較して、Amazon.comの方の価格が安く、Amazon.co.jp価格の方が高いことが必要になります。

これらをふまえると、Amazon輸入の販売計算式は

販売価格=AmazonUSの価格+送料(アメリカまでの拠点、アメリカから日本、日本から注文者)+州税+関税+販売手数料となります。

販売価格の計算式の各項目を踏まえ、自分の販売価格を決めていきましょう。

Amazon輸入かかる送料

Amazon.comからアメリカ拠点までの送料

Amazonでは日本に直送にて発送が可能な商品と直送ができない商品があります。

直送ができない商品は、アメリカの発送代行業者やアメリカ在住の外注の型に送り転送をします。

Amazon.comからアメリカの拠点への送料については、購入する商品に販売者が送料を決め、Amazon.comで商品を購入する時に表示がされ、商品を購入する時に合算されお支払いをする形となります。

アメリカ拠点から日本国内への送料

発送代行業者やアメリカ在住の外注の方から、日本に転送をする料金がかかります。

送料については発送方法によってことなります。

USPS(アメリカの郵便局)、Fedex、DHLといった発送方法で、それぞれ日本までに商品が届くスピードや料金が異なるので確認しましょう。

発送代行業者であれば、Fedex、DHLが割安で利用できることが多いです。

逆に業者でなく外注の方の場合はFedex、DHLで割引が適応されることが難しいので、USPSで発送するケースが多くなります。

お届け先については購入者の方に直接送る方法と、一度国内の自分の手元に送ってから購入者の方に送る方法があります。

後者の場合は国内の送料もかかりますので、説明をします。

国内の拠点から注文者への送料

商品が日本の拠点に到着しましたら、注文者の方へ発送します。

こちらは国内の発送業者になります。

日本郵便、佐川急便、ヤマト郵便、西濃運輸などになります。

国内の送料は重さでなく、サイズで送料が決まります。

なのでサイズが大きい商品の場合は、国内の拠点を経由しないで、アメリカから直接送った方が送料が安くなることが多いです。

Amazon輸入かかる送料のまとめ

Amazon輸入の場合は一口に送料といっても、アメリカ国内の送料、アメリカから日本への送料、日本から注文者への送料と3種類の送料があります。

なのでそれぞれの送料のコストを削減することで、Amazonの販売価格も変わってきますので、発送方法もどれを選択をするべきか考え工夫をすることで大きく利益を得ることができます。

Amazon輸入にかかる関税

海外の商品を日本に輸送する時、関税がかかります。

詳しい関税の内容についてはJETROよりご確認くださいませ。
https://www.jetro.go.jp/world/japan.html

商品によって、関税がかかる商品とかからない商品もありますので、購入代金の10%を基準にするのも1つの方法です。

Amazon輸入にかかる州税

アメリカで商品を購入するときは、州税がかかります。

アメリカでは州税はインターネット上で購入すると、商品の発送先の州を基準の計算されます。

州税の目安はこちらで確認できます。
http://us.bloomsfun.com/240302102912398280403602731246.html

なので州税が低い地域を拠点にすることで、コストを下げることができます。

商品の種類によって、州税がかかる商品とかからない商品がありますので、複数の拠点をもつこともコストダウンに有効な方法です。

Amazon輸入にかかる販売手数料

販売手数料は輸入だからかかるのではなく、Amazon.co.jpで販売をする場合にかかってくるものです。

仕入れ先のAmazon.comでは特に手数料はかかってきませんので、Amazon.co.jpの手数料を確認しましょう。

amazon.co.jpの手数料については商品カテゴリーによって異なるので
確認しておきましょう。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=1085246

Amazon輸入の販売価格の設定のまとめ

Amazon輸入で販売価格を設定する場合、国内転売ではかからない経費がかかってきます。

送料も3種類ありやや複雑だと思われる方もいるかもしれませんが、それだけ他の方と差別化をすることができるということです。

国内転売に場合は国内の発送会社で送料に大差はありませんが、輸入の送料は大きく変わります。

また州税についてはアメリカの商品を受け取る州で、かかる経費が変わってきます。

この点もうまく活用をして利益を得ることができるので、ぜひ実践してみましょう。