配送業者Amazonへのクレームの入れ方とは?クレームするメリットも紹介

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
配送業者Amazonのクレームについて知りたい(わからない)
という方のために、クレームの入れ方について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 配送業者Amazonのクレーム対応電話番号がわかる
  2. 配送業者Amazonのクレームの利用法がわかる
  3. どのようなケースでクレームを入れるといいかわかる
  4. クレームを入れるメリットがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、配送業者Amazonのクレームについて解説をしていきます。

 

配送業者Amazonへのクレームの入れ方

配送業者Amazonになっている場合は、

デリバリープロバイダやAmazonフレックスによる配送です。

これらは中小の配送業者や個人事業主がAmazonと契約しています。

そのため、購入者は直接配送業者に連絡するのは推奨されていません。

配送業者Amazonのクレームは、Amazonのカスタマーサービスに対応してもらいましょう。

Amazonカスタマーサービスでは、チャットと電話の2種類が選べます。

基本的には2種類ですが、メールでのお問い合わせも利用できる場合があります。

電話をかけてもらう

Amazonのカスタマーサービスと電話で話したい場合も、最初はAIチャットの連絡が必要です。

注文した商品とお問い合わせ内容を選択します。

お問い合わせ方法の欄で「電話でサポートを受ける」を選択すると、

Amazonカスタマーサービスから電話がかかってきます。

最初にチャットで注文情報を伝えているため、

Amazonカスタマーサービスは配送状況も確認することが可能です。

どのような配送トラブルがあったのか、サポート担当者に伝えてください。

Amazonのカスタマーサービスは評判が良いともいわれているため、

安心してクレームを伝えることができます。

伝えた内容は、記録されます。

配送業者Amazonは対応が悪いという口コミもあるため、

Amazonはしっかり対応しており、ドライバーに対する研修も行われているようです。

チャットを利用する

Amazonカスタマーサービスのチャットは、AIチャットボットを採用しています。

機械的な回答となるため、より詳細のクレームを入れたい場合は、

Amazonカスタマーサービスから電話をかけてもらいましょう。

カスタマーサービスのチャットでは、必要情報を選択します。

• 注文した商品を選択
• チャットでサポートを受ける

なお、配送業者Amazonによる置き配のトラブルは、「配送について」を選びます。

続いて、具体的な配送トラブルの状況を入力します。

チャットはAIによる対応ですが、

Amazonにはちゃんとクレーム内容が届いているため安心してください。

AIチャットと何度かやり取りをして、納得したらサポート終了です。

やり取りの内容は保存されるため、

クレーム内容によっては配送の状況が改善されるかもしれません。

メールを送る

Amazonにメールを送る場合は、

プライバシー保護のためアカウント登録しているメールアドレスで

お問い合わせする必要があります。

メールでのお問い合わせは、Amazonヘルプページを参照してください。

ヘルプページに「E-mailでお問い合わせ」があるなら、メールでのお問い合わせができます。

メールでのお問い合わせでは、

メール本文に購入した商品と配送方法を記載すると伝わりやすいでしょう。

具体的な配送業者Amazonのクレーム内容も記載してください。

どのような問題があったのか、簡潔に記載します。

メールでのクレームは、Amazonカスタマーサービスに状況を伝えるために活用してください。

配送で不安があり話を聞いて欲しいときは、電話でのサポートがおすすめです。

配送業者Amazonへのクレームはどんな場合にする?

ドライバーの対応が悪くても、どの程度でAmazonにクレームを入れるべきか迷うかもしれません。

指定の配達と違う場合はもちろん、対応が怖かったケースでもクレームを入れる人もいるようです。

どのようなケースで対応してくれるか迷ったら、次の項目を参考にしてみてください。

インターフォンを鳴らさず不在票を入れられた

ドライバーから直接受け取る方法を指定しても、

配送業者Amazonが対応することがあります。

直接受け取りを指定していたなら、在宅時にインターフォンを鳴らすのが普通でしょう。

ところが、Amazonの口コミでは、

在宅していたのにドライバーはインターフォンを鳴らさず、

勝手に不在票を入れられたという声があります。

不在票を入れたということは、再配達扱いです。

詳しい事情はそれぞれですが、配達指定時間外だった可能性があります。

インターフォンを鳴らさず不在票を入れられたら、

利用者は何となく気分が悪くなるかもしれません。

改善して欲しいと感じるなら、Amazonへクレームを伝えましょう。

指定時間に荷物が届かない

Amazonで注文した商品をお届け日時指定便にしていれば、

決められた時間に荷物を届けなければなりません。

なぜなら、お届け日時指定便は配送料がかかっているケースがあるためです。

Amazonプライム会員では無料ですが、

一般の人はお金をかけてでも決められた日時に荷物を届けて欲しかったのでしょう。

このような理由から、指定時間に荷物が届かなければ、

Amazonへクレームを入れても問題ないといえます。

指定時間に荷物が届かないケースは、次のような問題があります。

• 当日必要なものが届かない
• 贈り物の商品が間に合わない
• 当日しか仕事を休めない

もしかしたら、その日しか荷物を受け取れなかったかもしれません。

また、特定の日までに商品を用意する必要があった場合もあるでしょう。

指定の場所以外に荷物を置かれた

配送業者Amazonでは、指定の場所に荷物を置いてもらう置き配があります。

どこに荷物を置くのか指定したのに、

ドライバーが勝手な場所に荷物を置いてしまうケースもあるかもしれません。

たとえば、置き配で宅配ボックスを指定していても、

別の荷物がいっぱいで入れられず、ドライバーの勝手な判断で別の場所に置く恐れがあります。

ガスメーター内や自転車のカゴなどに置くかもしれません。

指定とは違う場所に置き配されたら、Amazonにクレームを入れても構わないでしょう。

もしかしたら、荷物が破損するかもしれません。

雨に濡れない場所を指定したのに、雨に濡れる場所に置かれる可能性もあります。

指定の場所以外に荷物を置かれた場合は、配送の改善が必要です。

Amazonにクレームを入れて、しっかり対応してもらうようにしてください。

対応が怖かった

配送業者Amazonの宅配で、怖い思いをしたという口コミがありました。

もしかしたら、ドライバーは配達初日だったのかもしれません。

まだ配達に慣れておらず、対応が悪くなってしまった可能性もあります。

しかし、購入者側としては、配達初日であっても関係はありません。

どのドライバーであっても常識的な対応ができるよう、

Amazonにクレームを入れても問題はないでしょう。

とくに女性の一人暮らしでは、ドライバーの対応が気になるものです。

ただし、一度だけ怖い対応をされたくらいでは、

Amazonにクレームを入れるべきか迷うかもしれません。

たまたま担当ドライバーが悪かっただけの場合もあるためです。

一度でもクレームを入れて構いませんが、迷ったら少し様子をみてみるといいでしょう。

配送業者Amazonのクレームを入れるメリット

ドライバーの対応が悪かったら、Amazonにクレームを入れましょう。

購入者とAmazonの双方にとっても、クレームを入れるメリットがあるためです。

何となく気分がスッキリしない問題があるなら、迷わずクレームを入れることをおすすめします。

クーポン等が貰える可能性がある

Amazonにクレームを入れると、クーポン等のお得な特典が得られる可能性があります。

特典が得られる理由は、Amazonはクレーム対応を徹底しているためです。

具体的な特典は、Amazonプライム会員1か月分、300円クーポンなどです。

配送業者Amazonの割合が増えると、当然置き配のトラブルも増加するでしょう。

しかし、Amazonはクレームが増えることを前提として、あえて置き配を選択しているようです。

日本の配送業者だと誠心誠意荷物を扱うのが当たり前かもしれません。

しかし、Amazonは米国の企業のため、置き配で盗難や損傷しても、

補償したほうがコストダウンになると割り切っています。

このような理由から、Amazonで商品が届かなければ、

すぐに新しい商品を発送してくれる場合があります。

配送の対応が改善する可能性がある

Amazonにクレームを入れれば、配送業者Amazonの対応も変わる可能性があります。

お客様からの声は、Amazonにとって貴重は情報です。

サポートやお客様対応を徹底しているAmazonだからこそ、

クレームも有難い情報だととらえているはずです。

確かに、配送業者Amazonは悪い評判もあります。

しかし、購入者から得られたクレーム内容により、少しずつ改善しているのも事実でしょう。

実際に、Amazonフレックスの配達対応をしている人の声では、

研修制度や細かいルールの徹底などがあるようです。

利用者みんなで、配送業者Amazonの対応を改善する考えがおすすめです。

ちょっとしたクレームだからと伝えるかどうかを迷うより、

Amazonをもっと使いやすくするため伝えてみてもいいかもしれません。

クレーム対応が優れているため安心できる

Amazonのカスタマーサポートは、クレーム対応を徹底しています。

たとえば、指定時間に荷物が届かなければ、配送状況を確認してくれます。

指定の時間に届かないならキャンセルしたいと伝えれば、

その場ですぐに注文の取り消しとなるため手間がありません。

また、直接オペレーターと話をするだけでも、不安が和らぐでしょう。

Amazonでは女性オペレーターを採用しているようで、

対応の良さでも評判が高くなっています。

Amazonへのクレームは、不安解消でもおすすめです。

配送業者Amazonのモヤモヤとした気持ちをSNSに投稿するより、

直接オペレーターと話をしたほうが、気分もスッキリするでしょう。

対応の良さで評判が高いAmazonだからこそのメリットです。

配送業者Amazonの対応に問題があるならクレームを入れよう

最近はAmazonの商品発送では、配送業者Amazonの利用が増えています。

置き配ともなれば、荷物の扱いが気になるかもしれません。

また、配送業者Amazonは多くの業者が関わるため、

ドライバーによる対応の違いも問題となることがあります。

配送業者Amazonの対応に問題を感じたら、Amazonにクレームを入れましょう。

直接オペレーターと話しもできるため、安心して利用できます。

些細な問題でも、伝えてみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。