Amazonでオリジナル商品を出品する方法は?売るためのコツも解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
Amazonでのオリジナル商品の出品について知りたい(わからない)
という方のために、オリジナル商品を出品するメリットや出品方法、売るためのコツについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Amazonでのオリジナル商品の出品方法がわかる
  2. Amazonでオリジナル商品を売るメリットがわかる
  3. Amazonでオリジナル商品を売るデメリットがわかる
  4. オリジナル商品を売るコツがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Amazonでのオリジナル商品の出品について解説していきます。

 

Amazonに出品してもなかなか売れない、売れても利益が少ない、

と悩んでいる人は多いかもしれません。

Amazonで売上を伸ばす方法の一つが、オリジナル商品の出品です。

オリジナル商品をつくるには、どうすればいいのでしょう。

Amazonでオリジナル商品を売るメリット

Amazonでは相乗り出品など、

すでにカタログにある商品に相乗りをして出品する方法が主流です。

その方が、商品ページなどを作成する必要もなく、手軽に出品できるからです。

しかし、オリジナル商品を売ることは、相乗り出品などよりメリットとなる点があります。

Amazonで、オリジナル商品を売るメリットについて解説します。

価格競争に巻き込まれない

メリットの一つは、価格競争に巻き込まれないことです。

Amazonに限らず、

ネットなら安いものが見つかるだろうと買い物をする人も少なくありません。

特にAmazonは出品者数も多く、同じ商品でも出品者によって価格に差があります。

同じ商品なら、少しでも安く買いたいユーザーも多いでしょう。

出品者は、ライバルよりも少し販売価格を下げて販売します。

それを確認したほかの出品者は、さらに価格を下げるはずです。

そうしていると商品が売れても利益も少なくなってしまい、

価格によっては赤字になってしまうこともあります。

オリジナル商品であれば、そのような競争を避けることができます。

ほかの出品者とは、絶対に被らない商品だからです。

また、相乗りをされることもなくなります。

ライバルとの価格競争に巻き込まれることなく、利益を上げることができるでしょう。

高価格で売れる可能性がある

オリジナル商品は、高価格で売れる可能性がある点もメリットです。

ほかでは手に入らないオリジナル商品なら、高くても買いたいというユーザーがいます。

価格競争になることはほとんどないので、無理に価格を下げる必要もありません。

オリジナル商品なので、価格設定も自由です。

自分の希望販売価格で、勝負することもできます。

もちろん、高値で売るためには、

それだけ価値のあるオリジナル商品を出品することが必要です。

類似品にも、注意しなければなりません。

ただし、相乗り出品はされないので、

通常の出品よりも高い利益を得られる可能性が高いでしょう。

Amazonでオリジナル商品を売るデメリット

Amazonで、価格競争に巻き込まれずに販売ができるのは大きなメリットです。

薄利多売になりがちなAmazonで販売するなら、

オリジナル商品の出品で高い利益を目指すこともできます。

しかし、メリットもあればデメリットもあるものです。

Amazonで、オリジナル商品を販売するデメリットを把握しておきましょう。

在庫を持たなければならない

デメリットの一つが、在庫に注意しなければならないことです。

人気のある商品や流行のもの、日常生活で頻繁に使うものなどは、売れやすい商品です。

逆に、オリジナル商品は売れる対象が限られてしまうことも多く、

数を売ることが難しい可能性があります。

売れなければ、当然在庫を持つことになるでしょう。

在庫を持ってしまうと、売れない=赤字になるということになりかねません。

在庫を処分したいからと販売価格を下げれば、利益は少なくなります。

さらに、オリジナル商品の作成にコストがかかっていれば、赤字も大きくなってしまいます。

在庫を処分しないと保管料などもかかるので、早めに対処しなければならないでしょう。

認知度をアップさせる必要がある

商品の魅力を、理解してもらわなければ売れません。

しかし、その前に商品を知ってもらう必要があります。

オリジナル商品は、まず認知度をアップさせることが必要です。

商品を知ってもらわなければ、魅力を伝えることもできません。

そのためには、広告をだしたりSNSなどを駆使したりして、商品をアピールする必要があります。

商品が売れるまでには、時間がかかってしまう可能性も高いでしょう。

費用がかかる

オリジナル商品は、転売よりも費用がかかることが多いです。

転売であれば、クレジットカードなどを利用して商品を買うことができるので、

資金がなくても販売ができます。

オリジナル商品の場合は、材料費がかかったり、

製造元に先払いをしたりしなければならず、その費用を用意しなければなりません。

商品ページに掲載する写真撮影をプロに依頼すれば、さらに費用もかかります。

オリジナル商品の販売は、転売よりも気軽にできないこともある、

ということを覚えておきましょう。

Amazonにオリジナル商品を出品する手順

Amazonでオリジナル商品を出品するには、どのような準備が必要なのでしょう。

Amazonで、オリジナル商品を出品する手順や必要なことについて解説します。

売れる商品についてリサーチ

まずは、売れる商品についてのリサーチが必要です。

Amazonで売れている商品を、チェックしましょう。

売れ筋ランキングをチェックし、何が売れているのかを把握します。

商品ページの在庫数を確認して、相乗り出品者の数をチェックするのもよいでしょう。

相乗り出品者が多いということは、その商品は売れる可能性があるということです。

売れている販売者をチェックして、

どのような商品を取り扱っているかを確認するのもリサーチ方法の一つです。

どれくらいの値段で、商品を販売しているのかも確認してください。

また、商品ページの下の方には「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」という商品が記載されています。
ここをチェックすれば、購入者がどのような商品に興味を持っているかがわかります。

そういった商品の中から、売れそうな商品をピックアップ。

そのなかで、コストを含め自分が製造できそうなものを、

商品として検討するのも一つの手です。

コストを計算

どのような商品を販売するかが決まったら、コストを計算しましょう。

製造を委託した場合に、どれくらいの費用が必要か、配送料など含め計算します。

似たような商品を、Amazonではどれくらいの販売価格にしているかをチェックして、

価格を設定することが必要です。

大口出品にする

Amazonで、オリジナル商品を出品するには、大口出品にしなければなりません。

Amazonのカタログにない商品を販売できるのは、大口出品のみです。

小口出品で登録している場合は、大口出品に切り替えましょう。

大口出品にすると、月額登録料が4,900円はかかりますが、成約金がいりません。

提供できる決済方法も、コンビニ決済や代金引換、楽天Edy払いも利用できるようになります。

「プライムマーク」をつけられるのも、大口出品のみです。

配送料無料やお急ぎ分無料の設定が可能になるので、売上にもつながるでしょう。

さらに、Amazonスポンサープロダクトといって、

広告サービスを利用することができるのも大口出品のメリットです。

JANコード(製品コード)の取得

Amazonでオリジナル商品を販売するには、

JANコードといった製品コードを取得する必要があります。

JANコードは、商品をレジに通すときに機械で読み取るバーコードのことです。

JANコードを読み取ると、どの業者の何がどれくらい売れたかということがわかり、

在庫や売上を管理しやすくなります。

JANコードの取得は、GS1Japan(一般財団法人流通システム開発センター)に申請します。

インターネットでも、申請可能です。

登録申請料がかかるので、準備しておきましょう。

または、Amazonに製品コード免除申請を出すことで、

製品コードを取得せずにすむ方法もあります。

独自ブランドであれば免除を申請できる製品があるので、

その商品を選び、審査が通れば製品コードの取得は必要ありません。

カテゴリ申請

Amazonでは、商品によって出品許可申請が必要なカテゴリ(商品)があります。

カテゴリ単位で申請するものなので、出品するカテゴリの指示に沿って申請してください。

審査が通れば、出品できますが、通らないこともあります。

申請が必要な商品は変更になることもあるので、

出品する際は必ずAmazonセラーセントラルのページを確認しましょう。

商品画像の準備

オリジナル商品の、画像を準備します。

画像は、商品を正しく伝えられるものが必要です。

合計7枚まで登録できるので、さまざまな視点から見た商品画像を掲載しましょう。

ただしメイン画像の背景は白、陰影がない、

イラストやグラフィックは使用不可などのルールがあるので注意してください。

サブ画像は、使用方法などの説明ができます。

モデルやスタイリング、カラーバリエーションなどの画像はOKですが、

金額が入ったものや送料無料などサービスに関する文字が入ったものは使用できません。

OEMで売る方法もある

OEMとは(Original Equipment Manufacturing /Original Equipment Manufacturer)の略で、

生産したい商品の設計から生産を製造業者に依頼し、オリジナル製品をつくることです。

似た言葉でPB(プライべートブランド)という言葉がありますが、

PBは小売店などが企画した商品を製造だけ業者に委託することです。

AmazonではOEMで商品をつくり、販売する方法もあります。

OEMは製造を委託するので、自分で製造する技術が必要ありません。

小ロットでの生産も可能なので、在庫リスクを減らすこともできます。

OEMなら、ノーブランドの商品にロゴを印字・縫いつけするだけで

オリジナル製品として出品することが可能です。

ただし、シールなどすぐに取れてしまうような方法はNG、

またブランドとの不適切な関連づけの言葉を使うのはNGといったように

禁止事項があるので注意しましょう。

また、ODMという方法もあります。

ODMは商品の素材やデザイン、仕様などを一部変更して製造を依頼する方法です。

ODMなら、世界に一つだけのオリジナル商品がつくれます。

オリジナル商品の売上を伸ばすコツ

オリジナル商品を出品しても、必ずしも売れて利益が上がるとは限りません。

オリジナル商品の、売上を伸ばすコツを紹介します。

高品質なものをつくる

オリジナル商品は、質が大切です。

ブランド力がない分、高品質で購入者が納得のいくものでなければなりません。

購入した人が質を認めれば、リピートして購入する可能性が高くなります。

反対に質が悪ければ、再度購入することはないでしょう。

また、説明書や袋など、購入者にとって便利なものをきちんと付けることも大切です。

適切な価格設定

自由に価格を設定できると言っても、商品に見合った価格であることも大切です。

高額でも売れるものは、一般的に希少価値のあるものといえます。

認知度の低いオリジナル商品に、最初から高額な費用を払うケースは少ないでしょう。

オリジナル商品と類似しているものや、同じような商品の価格相場を把握し、設定してください。

売れないからと徐々に価格を下げてしまうと、

もっと待てばもっと安くなるかもしれない、とユーザーに思われてしまうこともあります。

在庫を確保

売れないことも考えると、最初から大量に製造するのは避けたいものですが、

適した在庫数があった方がよいでしょう。

在庫切れだと、ショップの印象が悪くなってしまいます。

また、在庫をきちんと確保していた方が、

AmazonSEOによい影響を与えると言われています。

検索順位を上げるためにも、在庫はきちんと用意しておきましょう。

保証をつける

保証があると、安心して購入できます。

壊れたり、破けたりした場合の保証などをつけておくと、信頼性もアップします。

ただし、できないことを記載してはいけません。

無理のない範囲の、保証をつけましょう。

魅力的な画像を用意

メイン画像にはルールや規制がありますが、商品の魅力が伝わるものが必要です。

メイン画像は、どのような商品なのかがきちんとわかるものである必要がありますが、

サブ(追加)画像は、ルールはそれほど厳しくありません。

モデルを使うことも可能なので、

服なら実際に着用している様子を掲載するのもおすすめです。

さまざまな角度からの写真や、素材や特徴をアップで見せるのもよいでしょう。

魅力が伝わる商品説明

商品説明も、詳細に記載しましょう。

商品の特徴や、アピールポイントをわかりやすく伝える文章が必要です。

どのような点が魅力なのか、どう便利に使えるのかなど、具体的な内容を記載します。

簡潔に、わかりやすくまとめることも大切です。

クレームにならないよう、

大げさな言い回しや誇大表現はしないように気をつけなければいけません。

購入者からクレームがつけば、評価が下がってしまうので注意しましょう。

価格競争に負けないオリジナル商品を出品

Amazonでオリジナル商品を出品すれば、売上アップにつながるでしょう。

オリジナル商品なら、相乗りなど価格競争に巻き込まれずにすみます。

ただし、製造を依頼するので資金が必要です。

出品する商品を決める際も、どのような商品が売れるのかリサーチをしっかりすることも大切です。

ページも一から、作成しなければなりません。

相乗りのように簡単に出品するというわけにはいきませんが、

利益を伸ばす方法としては挑戦してみる価値はあります。

高品質で売れる、オリジナル商品を出品し売上アップにつなげましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。