配送業者Amazonの再配達のやり方とは?対応時間が決まっている

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
配送業者Amazonの再配達ついて知りたい(わからない)
という方のために、再配達のやり方について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 配送業者Amazonの再配達のやり方がわかる
  2. 配送業者Amazonの再配達対応時間がわかる
  3. 配送業者Amazonで再配達しないとどうなるかわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは配送業者Amazonの再配達について解説していきます。

 

配送業者Amazonの再配達の前に確認したいこと

Amazonからの荷物を受け取ることができないと、再配達をしなければなりません。

しかし、配送が「配送業者Amazon」となっていると、

どのように再配達依頼をすべきか迷う人もいるでしょう。

再配達を依頼する前に、2つの内容を確認しておいてください。

不在票が入っているか確認する

Amazonから荷物が届く日は、注文履歴の配送状況からわかります。

お届け日時指定便を選ばなくても大体の配送日はわかるため、

荷物を受け取れるよう在宅を心掛けることができます。

しかし、何らかの事情で外出してしまい、

荷物を受け取ることができない場合もあるでしょう。

そうした場合に再配達を依頼するなら、まずは不在票が入っているか確認してください。

確認する理由は、再配達依頼に必要となるお問い合わせ番号の記載があるためです。

また、配送ドライバーが一度も荷物を届けに来ていないと、

再配達依頼自体ができない場合もあります。

もしかしたら、ドライバーが荷物を持ち出しているかもしれません。

配送センターに荷物がない状態で再配達を依頼しても、

再配達受付ができないため注意してください。

不在票が入っていれば、荷物は配送センターに戻っています。

この状態なら、ウェブや電話で再配達依頼ができるでしょう。

配送業者を確認する

不在票が入っていたら、次は不在票に書かれている配送業者を調べます。

Amazonの荷物を扱う業者は複数ありますが、それぞれ再配達依頼の方法が違うため、

確認をする必要があります。

Amazonからの配送を担当しているのは、主に以下の配送業者です。

不在票にどの名前があるか確認してください。

• 配送業者Amazon
• ヤマト運輸
• 佐川急便
• 日本郵便
• カートレック
• SGムービング
• DHL
• ECMジャパン

一般的な荷物であれば、配送業者Amazonが多いでしょう。

配送業者Amazonは、

デリバリープロバイダやAmazonフレックスのどちらかが対応しています。

これらの名前の配送業者が存在しているのではなく、

Amazonと提携する配送業者や個人事業主の総称です。

配送業者Amazonは、受け取りサインが不要となる置き配に対応しています。

また、コンビニ受け取り・営業所受け取りでは、大手運送業者による対応です。

大手運送業者でもお急ぎ便やお届け日時指定便なども扱うことがありますが、

運送費のコストダウンのため最近は配送業者Amazonの扱いが増えています。

配送業者Amazonの再配達のやり方

取り扱い業者が「配送業者Amazon」になっていたら、

電話やネットで再配達依頼をします。

配送業者AmazonはAmazonと提携する複数の業者による配達ですが、

再配達依頼のやり方は一律です。

どの提携業者であっても、電話とネットで依頼することができます。

電話

再配達依頼は、自動音声受付の電話での対応です。

電話番号は「0120-899-068」です。

固定電話、携帯電話からもかけることが可能で、フリーダイヤルのため電話料金はかかりません。

電話による自動音声受付は、24時間いつでも対応しています。

仕事で帰宅時間が遅くなる人でも、時間を気にせず再配達依頼ができるためおすすめです。

電話をかけると、まずお問い合わせ番号や希望時間帯の入力が求められます。

案内に従って情報を入力してください。

なお、当日中に再配達ができるのは、16時の電話受付までです。

ネット

不在票には、インターネット再配達受付URLの記載があります。

また、QRコードの掲載もあるため、スマホで読み込んで簡単にアクセスすることも可能です。

その他、Amazonのトップページから注文履歴へ移動する方法でも再配達依頼ができます。

どれでもアクセスしやすい方法で再配達依頼をしてください。

なお、ネットによる再配達依頼は、Amazonアカウントにログインすることが必要です。

ログインしたら注文履歴の対象商品を選び、再配達依頼ができます。

対象商品をクリックすると配送状況が表示されるため確認してください。

不在票が入れられた状態では、「お届けに伺いましたが、配達できませんでした」

の表示が出ているはずです。

続いて「再配達を依頼する」をクリックします。

再配達の日時を選択できる画面になるので、選んでください。

希望の日付と時間帯をクリックすると色が変わるため確認しましょう。

最後に「再配達を依頼する」ボタンをクリックすると、依頼が完了します。

配送業者Amazonの再配達の対応時間

再配達対応時間は、電話やウェブで再配達依頼をした時間帯で異なります。

当日中に再配達してもらいたいときは、早めに再配達依頼をしてください。

締め切り時間に間に合わなければ、翌日対応となります。

16時まで当日分の再配達受付

当日再配達できるのは、16時まで再配達受付が完了した場合です。

時間ギリギリの再配達依頼では、受付が完了できないかもしれません。

本日中の再配達を希望するなら、時間に余裕をもって再配達申し込みをしてください。

また、当日の再配達受付に間に合った場合は、以下の時間まで再配達可能です。

• 18時~18時
• 19時~21時

仕事が終わり帰宅後にAmazonの不在票が入っていても、

16時まで再配達依頼を完了させれば、18時~21時まで再配達してもらえます。

16時以降に帰宅する人は、当日中の再配達は難しいと考えてください。

16時以降は翌日からの配達

再配達受付が16時以降になったときは、翌日以降の配達対応となります。

16時以降に再配達依頼をした場合は、翌日以降に以下の時間帯で再配達が可能です。

• 8時~12時
• 14時~16時
• 16時~18時
• 18時~20時
• 19時~21時

なお、以下の時間で再配達を希望する場合は、

深夜1時30分までに再配達受付を完了させてください。

• 8時~12時
• 14時~16時
• 16時~18時

配送業者Amazonで再配達依頼をしないとどうなる?

不在票の有効期限は、7日間です。

1週間を過ぎると、配送センターからAmazonへ荷物が返されてしまいます。

7日間の保管期間は、配達があった初日を含めた7日間です。

忙しくて再配達の依頼ができないときは、

自宅に宅配ボックスを設置するといいでしょう。

置き配で宅配ボックスに入れるよう指定しておくと、

盗難のリスクを防ぎながら、好きな時間帯に荷物を受け取れます。

配送業者Amazonの再配達は早めに依頼しよう

Amazonからの荷物を受け取れなかったら、早めに再配達依頼をしましょう。

再配達依頼は電話やウェブですることができます。

どちらも24時間対応のため、時間を気にせず再配達依頼が可能です。

配送業者Amazonの場合は、7日間を過ぎると荷物がAmazonへ送り返されるため、

早めの依頼がおすすめです。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。