配送業者Amazonが遅い理由とは?対処法で配達をスムーズに

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
配送業者Amazonが遅い問題について知りたい(わからない)
という方のために、遅い理由や対処法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 配送業者Amazonの遅い理由がわかる
  2. Amazonの配送を早くするコツがわかる
  3. Amazonの配送が遅くなる原因がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、

指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは配送業者Amazonが遅い問題について解説していきます。

 

配送業者Amazonの配送が遅い理由とは?

最近は、Amazonからの配送が遅いと感じる人もいるようです。

これは、配送業者Amazonに限ったことではなく、

通販業界全体にいえることです。

また、配送業者Amazonの裏事情も関係しているのでしょう。

配送業者Amazon特有の問題と通販業界の事情に分けて、

配送が遅くなっている理由を紹介します。

担当者がまだ不慣れ

Amazonの配達対応の大手配送業者は、ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などがあります。

しかし、Amazonと佐川急便との単価交渉が成立せず、

佐川急便はAmazon配送から撤退した時期もありました。

現在は、大手配送業者はコンビニ受け取りなど一部の配送しかしていません。

そこで登場したのが、デリバリープロバイダやAmazonフレックスです。

Amazonはこれらの配送割合を増やしたいと考えていますが、

大手配送業者から中小企業や個人事情主へと変わったばかりで、

ドライバーの不慣れが問題となっています。

配達エリアを把握していない

デリバリープロバイダやAmazonフレックス対応ドライバーは、

大手配送業者のスタッフのような配達のプロではありません。

もちろん黒ナンバー取得の軽貨物ドライバーなどプロもいますが、

個人事業主も含まれているため、

大手のような教育が受けられるとは限らない現状があります。

また、デリバリープロバイダがさらに子会社に業務委託するケースもあるようです。

子会社によっては、配達不慣れのアルバイトを雇う場合もあるかもしれません。

Amazonフレックスは一部のエリアのみの対応で、法人は受け付けていないため、

個人事業主が働き手となります。

このような現状では、ドライバーが配達に慣れておらず、

配達エリアを把握していないケースは少なくないようです。

ドライバーはスマホアプリで地図を確認できますが、アプリには限界があります。

大手配達業者なら長年蓄積した地域エリアのノウハウがあるのですが、

デリバリープロバイダやAmazonフレックスは

ドライバーによるばらつきがあるのが現状でしょう。

ノルマが多く対応できない

デリバリープロバイダの対応業者は、地元の配送業者です。

配送業者によっても運営体制が異なっており、

業者によっては1人あたりのノルマが多く、ドライバーが対応できない問題があります。

業者によっては、ドライバーに対し1日100個以上の配達を義務付けるところがあります。

1日100個では、8時間勤務だとすれば1時間あたり12.5個の配達ノルマです。

わずか5分に1個の配達が必要となるため、ドライバーの負担が大きくなっています。

また、Amazon自体も、デリバリープロバイダに対し、1時間9個の配達を要求をしています。

それでも7分に1個の配達が必要となってしまうでしょう。

ドライバーが不慣れなうえに、ノルマがある業者で働く場合では、

ノルマを果たすため遅くまで働く人は少なくありません。

このような現状から、配送業者Amazonの配達が遅れる問題があります。

配達時間まで対応できないと持ち帰ってしまう

ドライバー1人あたりの配達量が多いと、当然配達できない荷物が出てきます。

ネットで確認できるAmazonの配送状況に「荷物が多く配達しきれない」

という項目はないため、

結果的には「不在のため荷物を持ち帰りました」となります。

このようなケースでは、在宅して荷物を待っていても、

ドライバーは来ないということです。

ドライバーが配達に来ていないので、不在票も入れられません。

最近Amazonの口コミで、

「勝手に不在扱いにされた」という声が多いのも、

ドライバーの負担が大きい理由のためです。

人によっては、荷物を受け取るため仕事を休んでいたかもしれません。

しかし、ドライバーが荷物をさばききれない現状があるため、

約束の日時に荷物が届けられない問題があります。

通販需要の増加

荷物の量とドライバーの割合が合わない現状は、何も配送業者Amazonだけの問題ではありません。

Amazon以外の通販業界も売り上げが伸びており、配送業界全体の人手不足があります。

もともと配送を支えていたのは、大手配送業者のヤマト運輸や佐川急便でした。

ところが、通販需要の増加により、大手業者のドライバーも不足しています。

また、ドライバーは重い荷物を運ぶこともあるため、

体力的にキツイ仕事です。

結果的にドライバーになりたい人が減っており、

運送業界全体で人が足りていない現状があります。

配送業者全体で人が足りない現状で、

配送業者Amazonだけが人材を十分に確保できるとは限らないでしょう。

人手が足りないと、1人あたりの負担が大きくなり、

どんどん悪循環にはまる問題があります。

配送業者Amazonの配送が遅い場合の対処方法

配送業者Amazonの現状を理解しても、

荷物を受け取る側としてはできるだけ早く配送してほしいのという方が多いです。

どのようにしたら、配送業者Amazonで早く配送してもらえるのでしょう。

具体的な対策は2つあるため、試してみてください。

Amazonプライム会員になる

いつも配送業者Amazonからの配達が遅くなるなら、

Amazonプライム会員への入会を検討してみましょう。

Amazonプライム会員は、以下の配送サービスが無料となるためおすすめです。

• 対象商品のお急ぎ便
• お届け日時指定便

お急ぎ便は、いち早く荷物を届けるオプションのことです。

Amazonプライム会員とPrime Student会員は無料ですが、

一般のアカウントでは送料が別途かかります。

また、お届け日時指定便は、希望の日時の指定が可能なサービスです。

同じく、Amazonプライム会員とPrime Student会員は無料ですが、通常は料金がかかります。

ただし、お届け日時指定便は、Amazonマーケットプレイス商品には使えません。

また、一部の地域ではお急ぎ便が使えないため注意してください。

Amazonプライム会員は月額500円または年4,900円ですが、

月に1回でもお急ぎ便や日時指定便を使うならお得です。

日時指定便を利用する

Amazonプライム会員が無料で使えるお急ぎ便と日時指定便は、

どちらが早く届くか気になるかもしれません。

通常ならお急ぎ便のほうが早く配達される感じがするでしょう。

しかし、おすすめなのは日時指定便です。

お急ぎ便は「いち早く商品をお届け」となっていますが、

何日で配達すると限定しているわけではありません。

できるだけ早く届けることを心掛けるサービスだと考えてください。

地域によっては注文から2日後に荷物が届くことがあります。

配送が遅くなりやすい理由は、

利用者が多ければドライバーが荷物をさばききれないためです。

では、お届け日時指定便はどうでしょうか。

お届け日時指定便は、日本郵便が対応してくれることがあります。

配送業者Amazonだとドライバーが荷物をさばききれないかもしれませんが、

日本郵便なら詳細な荷物追跡もあるため安心です。

ただし、お届け日時指定便でも配送業者Amazon対応の場合もあります。

Amazonの発送が遅れる原因

そもそも、Amazonの発送自体が遅れることがあります。

配送業者Amazonの問題ではないこともあるため、

原因を考えてみましょう。

特定の事情により配送が遅れやすい原因をいくつか紹介します。

プライムセール中

Amazonのセール中は注文が多くなるため発送が遅れやすくなります。

たとえば、以下のようなセール期間は注意しましょう。

• Amazonタイムセール
• Amazonプライムデー
• Amazonブラックフライデー
• Amazonサイバーマンデー

セール中は注文数がかなり増えるため、Amazon倉庫からの発送が遅れがちです。

注文から数日たってから発送されたというケースもあります。

セール中は通常よりキャパシティを超えているため、

多少遅れると考えておいてください。

Amazonプライムデーは、年1回のセールです。

タイムセールは月1回のため注意してください。

ブラックマンデーは11月、サイバーマンデーは12月のセールです。

また、Amazon倉庫から商品が発送されても、

運送業者の対応が難しいかもしれません。

年末年始はAmazon以外にも、

お歳暮などの発送も増えるため注意してください。

商品の在庫が切れている

Amazonで在庫が切れた場合も、発送が遅れる原因のひとつです。

十分な在庫を確保していますが、販売者や商品の種類により在庫が切れることがあります。

注文したタイミングと在庫が切れるタイミングが重なると、

注文を受け付けてしまうことも。

販売者は3タイプありますが、どの販売でも在庫切れリスクはあります。

• Amazon公式が販売
• Amazon倉庫から発送
• 販売者が直接発送

とくに在庫切れがおこりやすいのは、人気商品です。

一度に注文が集中する商品では、

Amazonでなくてもどのお店も品切れになるでしょう。

また、個人出品で在庫数が少ない場合も注意が必要です。

無在庫出品は禁止されているため、

在庫がない商品の出品ではありませんが、

限定品は品切れがおこりやすくなります。

配送業者が変更された

一度に多くの注文があると、

配送業者が変更されることがあります。

配送業者が変更されれば一旦荷物が送られる先が変わるため、

届くまでの時間も遅くなる可能性があります。

どの業者が選ばれるかは購入者側が選ぶことはできません。

セール期間中など、Amazonの注文数が増える時期は注意するようにしましょう。

配送状況が気になるときは、Amazon購入履歴から確認してください。

なかなかAmazon倉庫から発送されないときは、

Amazonカスタマーサービスへの問い合わせがおすすめです。

天候や災害の影響

天候や災害の影響は、Amazonにもどうすることができません。

輸送全体が遅れているため、回復を待つしかないでしょう。

天候で配送が遅れやすいのは、以下のようなケースです。

• 台風の影響
• 大雪の影響

航空便や船便自体が止まっているかもしれません。

また、配送業者までは荷物が届いても、

配達の車を出せない場合もあるでしょう。

災害では、地震や洪水などの被害に注意してください。

配送の遅延は利用側に問題があることも

最後に、利用者側が注意したいことを紹介します。

配送業者Amazonの問題ではなく、

購入者が少し工夫すれば配送が早くなるかもしれません。

配送先の住所が間違っている

何度もAmazonで購入したことがあるなら、

配送先の住所は自動で入力されます。

しかし、はじめてAmazonで購入するときは

自分で配送先の住所を入力しなければなりません。

また、贈り物などでこれまでとは別の発送先を入力する際にも注意してください。

住所が間違っていると、

配送ドライバーは届け先を見つけにくくなります。

地図やアプリを使って探すため、

配送に時間がかかってしまいます。

もしかすると、ドライバーが配送先を見つけられないかもしれません。

見つけられないとドライバーが荷物を持ち帰ってしまい、

翌日以降の配達となってしまいます。

表札や番地プレートがない

配達先の住所に間違いがなくても、

届け先に表札がないとドライバーは配達していいのか迷う可能性があります。

インターフォンを押して確認すればいいのですが、不在だと確認ができません。

1人暮らしなどプライバシーのため表札を出したくないときは、

建物に番地プレートがあるか確認してみてください。

番地とマンションの部屋番号がわかれば、配達しやすくなります。

配送業者Amazonでは置き配のことがあるため、

ドライバーが判断できるよう表札や番地プレートを確認しましょう。

指定時間にいなかった

お届け指定便では、

ドライバーからの手渡しが必要です。

指定の時間で不在だと、

ドライバーは荷物を持ち帰ってしまうことになります。

荷物が届く時間にいなかったときは、再配達になっても仕方がありません。

誰でも、何らかの事情で不在にしなければならないときがあります。

お届け指定便で不在にしても問題はありませんが、

ドライバーの負担を少なくするため、

できれば家族などに荷物の受け取りをお願いするといいでしょう。

配送が遅れても慌てず対処しよう

配送業者Amazonで配送が遅れてしまったら、

紹介した対処法を試してみてください。

Amazonの配送といったら、スピーディさで有名でした。

ところが、配送業者Amazonの割合が増えることで、

配送が遅れる問題が出てくるようになりました。

そんな場合でも慌てず、

紹介した方法を試して、荷物を早く受け取りましょう。

何度も配送業者Amazonの配送が遅れるようなら、

Amazonプライム会員になってお急ぎ便やお届け日時指定便の利用もおすすめです。

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。