配送業者Amazonの連絡先は?荷物を早く受け取る対処法

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
配送業者Amazonの連絡先について知りたい(わからない)
という方のために、連絡先電話番号と連絡方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 配送業者Amazonの連絡先電話番号がわかる
  2. ドライバーに直接電話がかけられるかわかる
  3. 急いでいるときの対処方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは配送業者Amazonの連絡先について解説していきます。

 

配送業者Amazonの連絡先は?

指定の時間に荷物が届いていない、不在にするので配達時間を変更したいなど、

直接ドライバーに連絡したい場合があるでしょう。

しかし、配送業者がAmazonになっている場合は、複数の業者が対応しているため、

どこに電話をかけたらいいか迷うかもしれません。

そんな人は電話番号を確認して、希望の配達方法に対応してもらってください。

電話番号

配送業者Amazonの電話番号は、Amazonのヘルプページに記載があります。

電話番号は、「0120899068」です。

どの配送業者であっても、一律の電話番号で対応してもらえます。

この電話番号は、Amazonの自動音声受付による再配達依頼専用番号です。

固定電話や携帯電話からもかけられるフリーダイヤルとなっています。

再配達依頼に電話料金はかからないため、安心して電話をかけられます。

電話をかける際には、12桁のお問い合わせ番号が必要です。

お問い合わせ番号は、不在票に書かれているため確認しておきましょう。

また、不在票がないか文字が読めないときは、Amazon注文履歴からも確認できます。

電話対応は自動対応のため、24時間利用可能です。

早朝や深夜の時間帯でも、時間を気にせず再配達の依頼ができます。

カスタマーサービス

電話によるお問い合わせは再配達受付のため、

それ以外はカスタマーサービスを利用してください。

Amazonのカスタマーサービスは、チャット・電話の2種類の対応です。

対応が早いという評判もあるため、配送に対してわからないことや、

配送の希望があるときにも利用してみるといいでしょう。

チャットの利用は、Amazonにログインしてから利用してください。

ログインした状態だと、カスタマーサービス側が注文履歴などの情報を確認できるため、

お問い合わせ時間の短縮になります。

カスタマーサービスの利用は、24時間365日いつでも対応可能です。

お問い合わせから該当の商品にチェックを入れるとスムーズです。

配送業者Amazonの連絡先の注意点

荷物の配送が「配送業者Amazon」になっている場合は、

ドライバーから直接連絡が来ることがあります。

Amazon配送業者の連絡先は、「05031311651」です。

ただし、ドライバーに直接連絡することはできないため注意してください。

ドライバーから連絡が来ることがある

Amazon配送業者のドライバーが直接電話をかけてくることがあるのは、不在の場合です。

連絡先を携帯電話番号にしているなら、不在中でも電話に出られるでしょう。

ドライバーからの電話に出られるなら、直接ドライバーと再配達のやり取りができて便利です。

また、置き配指定になっていない場合に、

置き配をしてもいいか確認の連絡があるかもしれません。

これは再配達よりも、置き配にするとお互いにとって手間がないためです。

基本的には置き配指定ではないときに、

ドライバーが勝手に置き配をすることはないため安心してください。

どのような状況でドライバーから連絡が来るかは、

業者によっても異なるでしょう。

「05031311651」の電話番号を覚えておくと、

ドライバーから来た電話にすぐに出られるためおすすめです。

ドライバーに電話をかけ直すことはできない

Amazon配送業者の「05031311651」の番号に、購入者側からかけ直すことはできません。

連絡してもドライバーに繋がらないようになっています。

表示される番号はドライバーで一律ですが、ドライバーごとに電話番号が異なるのでしょう。

Amazon配送業者の担当は、中小の配送業者や個人事業主もいるため、

ドライバーの電話番号は通知しない仕組みのようです。

ドライバーからの電話に出られず再配達を希望の場合は、

自動音声の電話かAmazon注文履歴から手続きしてください。

デリバリープロバイダごとの電話番号

Amazonの注文追跡機能や不在票でデリバリープロバイダの会社名がわかったら、

配送業者に直接連絡する方法もあります。

ただし、配送業者Amazonになっているときの連絡はAmazonサポートが基本のため、

直接デリバリープロバイダに連絡する方法はおすすめしません。

なぜなら、デリバリープロバイダに直接連絡しても、業者は荷物の追跡ができないためです。

紹介する電話番号は、参考程度にしてください。

TMG

TMGは、大阪府に本社がある軽貨物配送業者です。

大阪や東京などの一部地域の配送を担当しています。

電話番号は、荷物のお問い合わせ専用番号を利用するといいでしょう。

本社:072-634-2425
お問い合わせ:0120-130-661

SBS即配サポート

SBS即配サポートは、東京にある軽貨物配送業者です。

配達エリアは、東京や千葉などを担当しています。

本社:03-5633-8955

札幌通運

札幌通運は、札幌市に本社がある物流企業です。

北海道をはじめ、関東・関西・中部・東北地方の輸送サービスをしています。

本社:011-251-4111

ファイズ

ファイズは、物流サービスや軽貨物配送などに対応する大阪の会社です。

大阪にある本社以外にも、東京にも営業所があります。

ですが、すでに配送業者Amazonから外れたようです。

本社:06-6453-0250

丸和運輸機関

丸和運輸機関は、桃太郎便として東京で配送を担当することでも知られている業者です。

配送業者Amazonの対応エリアは、ほぼ全国です。

本社:048-991-1000

若葉ネットワーク

若葉ネットワークは、親切や丁寧がモットーの神奈川にある配送業者です。

配送業者Amazonのようなネット通販の商品、電話帳の配布をしています。

対応エリアはほぼ全国となっています。

お問い合わせ:0120-188-567

ギオンデリバリーサービス

ギオンデリバリーサービスは、神奈川県にある配送業者です。

配送業者Amazonの対応エリアは、東京都と神奈川です。

インターネット通販やネットスーパーの宅配を受けています。

本社::042-700-7337

ヒップスタイル

ヒップスタイルは、北海道札幌市に本社がある配送業者です。

デリバリー、宅配など小口配送を得意としている業者です。

配送業者Amazonの配達エリアは、神奈川県に対応しています。

本社:045-228-2200

遠州トラック

遠州トラックは、静岡県を中心とした配送業者です。

配送業者Amazonの対応エリアは、静岡や愛知など複数の地域です。

本社:0538-42-1111

ロジネットジャパン西日本

ロジネットジャパン西日本は、大阪・兵庫・中部を拠点とする配送業者です。

配送業者Amazonの対応エリアは、大阪・兵庫・京都などです。

本社:06-4797-6631

Amazonの荷物を早く受け取りたいときの対処法

荷物を早く受け取りたいときは、

希望の時間帯で受け取りやすい配送方法を選択するといいでしょう。

再配達の手間を考えると、最初から受け取りやすい方法を選択する方法もおすすめです。

置き配を利用する

自宅まで荷物を配送してもらいたいなら、置き配を選ぶのもよいです。

置き配を指定すると配送業者Amazonの配送となります。

ドライバーとのやり取りがなく、好きな場所に荷物を置いてもらうことができて便利です。

荷物を置く場所を指定しなければ、基本的に玄関前に荷物を届けてくれます。

玄関前に置くのが心配なら、メーターボックスやガレージの中などを指定してみてください。

盗難や雨に濡れる恐れがあるときは、ドライバーが判断して持ち帰ってくれるため安心です。

置き配は、集合住宅にお住まいなら使いやすい配送方法ではないでしょうか。

マンション入り口に共用の宅配ロッカーの設置があるなら、

置き配指定で好きな時間に荷物を受け取ることができます。

コンビニ受け取りにする

希望の時間に受け取りやすいのは、コンビニ受け取りの方法もあります。

コンビニ受け取りを指定すると、ヤマト運輸や日本郵便の配送が選択されます。

対応コンビニは、以下のお店です。

• ローソン
• ファミリーマート
• ミニストップ

24時間や深夜営業のコンビニなら、仕事で帰宅時間が遅くなる人でも、

Amazonの荷物を受け取ることができます。

自分で荷物を取りに行く手間はありますが、再配達のリスクはありません。

荷物がコンビニに届いたら、いつでも好きな時間帯に取りに行けます。

コンビニ受け取りでは届かないストレスがなく、時間を有効に活用したい人におすすめです。

またコンビニ受け取りは、配送業者Amazonは対応しません。

大手の配送業者が対応してくれる安心感もあります。

ヤマト運輸営業所受け取りにする

店頭受け取りを希望するなら、ヤマト運輸営業所止めの利用がおすすめです。

ヤマト運輸の営業所が家から近い場合や、

仕事帰りに立ち寄りやすいなら便利な方法といえます。

コンビニ受け取りと同様に、荷物が届かないストレスを感じなくて済みます。

荷物が届いたお知らせが来たら、あとは好きな時間帯に荷物を取りに行くだけです。

また、ヤマト運輸営業所受け取りでは、確実にヤマト運輸の扱いになります。

配送業者Amazonだと複数の業者が扱うため心配なら、営業所止めの利用がおすすめです。

ヤマト運輸の営業所止めは、ドライバーによる配達はありません。

コンビニのように24時間や深夜に受け取れるわけではないため、注意してください。

忙しくて受け取りができないと、Amazon倉庫に送り返される恐れもあります。

配送業者Amazonの連絡先を利用しよう

配送が「配送業者Amazon」になっていたら、

どの業者であっても共通の電話番号に連絡してください。

直接ドライバーに電話をかけられませんが、Amazonの電話サポートはスムーズです。

自動音声対応なら24時間対応可能で、いつでも気にせずお問い合わせができて便利です。

また、直接Amazonサポートに電話したいときは、まずはネットでお問い合わせください。

電話番号を入力すると、Amazonから折り返し電話がかかってくる仕組みです。

配送業者Amazonになっている配送方法のクレームや不明な点も、

Amazonの電話サポートを活用してみましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。