Amazon物販で副業する際の流れと方法は?商品の選び方も解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
Amazon物販を副業にする際の流れと方法について知りたい(わからない)
という方のために、Amazon物販で副業する際のな流れと方法、また商品の選び方について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Amazonで副業する際の物販の流れや方法がわかる
  2. Amazonで副業するメリットがわかる
  3. 仕入れる商品の選び方がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Amazon物販で副業する際のな流れと方法、

また商品の選び方について解説をしていきます。

 

集荷力も高く、ページ作成などの手間もかからないAmazonでの物販はメリットも多いものです。

時間をあまりかけられない副業にも適していると言えるでしょう。

Amazon物販で副業するには、流れや出品方法などを知っておく必要があります。

また、そのような商品を選べなよいのかも、知っておきたいものです。

Amazon物販で副業するメリット

オンラインショップでの販売を副業にしたいと考える人は多いと思いますが、

どのようなプラットフォームで販売をするかを誤ると、成功しにくくストレスが溜まるばかりです。

さまざまあるプラットフォームの中でAmazonは人気があります。

Amazon物販で副業するメリットについて解説します。

ショップページ作成のコストや手間がかからない

Amazon物販のメリットの一つは、ショップページ作成の際のコストや手間がかからないことです。

Amazonに小口出品をする際には、相乗りという、

Amazonにすでに出品されている商品ページに出品することになります。

商品ページがすでにあるので、自分で一からページ作成をする必要はありません。

自身が出品する商品の情報を入力するだけで出品できます。

デザインやレイアウトを考えたり、コメント欄や会員登録欄を作成したり、

サイトの構築も必要ないので、手軽に出品可能です。

サイトを作成する際のアプリを購入する必要もないので、費用もかかりません。

デザインやWebサイト構築の勉強をするための教材も買わずにすみます。

撮影をする手間も、カメラマンに依頼する費用もかかりません。

副業を始める際に手間やコストがかからないのは、大きなメリットと言えるでしょう。

発送業務が委託できる

AmazonにはFBA(フルフィルメント by Amazon)というサービスがあり、

こちらのサービスを利用することで発送業務委託ができます

本業のかたわら、商品の発送をするのは手間も時間もかかります。

個数が多ければ郵便局などに持っていくのも一苦労でしょう。

集荷を依頼するとしても、その時間に家にいられるとは限りません。

家族にお願いするのも限界があるものです。

そういった問題を解決してくれるのがFBAです。

FBAはAmazonの専用倉庫で、そこに商品を納品しておけば発注管理や発送、

返品や問い合わせの対応などを行ってくれます。

FBAに納品する手間や手数料などはかかりますが、

効率的に作業が進められるので副業する際には便利なサービスです。

さらにFBAを利用することで、送料が無料になる、

Amazonからの発送で信頼されやすくなるなどのメリットがあり、

出品者としての信頼度アップにもつながります。

集客力がある

Amazonを利用している人は多く、集客力が期待できます

ニールセンデジタルの調べによると、

オンラインショッピングの月間利用者数が最も多かったのがAmazonで、

その数は5,138万人にものぼります。

物販において売上を伸ばすには、多くのユーザーに商品を見てもらうことが必要です。

認知されなければ、商品を見てもらうこともできません。

個人でオンラインショップを起ち上げても、すぐにお客様が集まるということは少ないです。

Amazonという知名度があることで、お客様は自然と多く集まり、

商品を見てくれるチャンスが広ります。

また、Amazonは商品を検索する際に上位に表示されやすいのも集客につながります。

上位に表示されることで、商品ページの閲覧につながりやすく、購入にもつながるでしょう。

Amazon物販で副業する際の準備

手軽にすぐにでも副業を始められるAmazonですが、準備も必要です。

Amazon物販で副業する際、どのような準備が必要なのか解説します。

インターネット環境

Amazonはオンラインショッピングですから、インターネット環境が必要です。

スマホでも管理可能ですが、パソコンの方が見やすくわかりやすいでしょう。

接続が悪い、遅いといった環境では、イライラしたり作業が進まなかったりするので、

快適にインターネットができる環境にしておくことをおすすめします。

Amazonセラーアカウント

商品をする際のセラーアカウントの登録が必要です。

アカウント登録には、

• メールアドレス
• 電話番号
• 本人確認ができる身分証
• クレジットカード
• 銀行口座

が必要です。

身分を証明するものとして、運転免許証やパスポート、

過去180日以内に発行された取引明細書

(クレジットカードの利用明細、インターネットバンキング取引明細、

預金通帳の取引明細書、残高証明書のいずれか1点)を用意しておきましょう。

資金

クレジットカードがあれば、現金がなくてもAmazonでの副業を始めることができます。

商品を購入する資金はないけれど、

すぐにでも副業を始めたい場合はクレジットカードを利用しましょう。

ただし、クレジットカードを利用する際には、支払い日を確認しておくことです。

できれば支払い日の前に売上があった方が資金繰りがうまくいきます。

そのためにも売れやすい商品を選び、出品することが必要です。

すべてをクレジットカードで支払っていると、

アッと言う間に限度額いっぱいになってしまうでしょう。

Amazonの手数料や梱包に使う材料費、パソコンやスマホなどの通信費など、

副業する際にかかる費用は積み重なるものです。

クレジットカードが使えなくなれば、仕入れができなくなります。

コストを考えたクレジットカードの利用が大切です。

販売する商品

Amazonで販売する商品を準備します。

Amazonでは商品を1個から販売可能です。

大量に仕入れいても売れなかった場合は在庫を抱えてしまうことになるので、

売れるかどうかわからない場合は仕入れる量を少な目にしておいた方がよいでしょう。

売れない商品をずっと保管するとなれば、保管スペースが必要です。

素材によっては時間が経つと劣化したり、素材や色が変わってしまったりすることもあります。

材質が変わってしまったものは、二度と売れません。

損失を出さないためにも、大量仕入れは慎重に行ってください。

また、Amazonでは売れた場合に販売手数料がかかります。

販売手数料は商品によって8%~45%と違いがあるので、確認しておきましょう。

副業の時間

Amazonで物販をする際に必要な時間を確保することも必要です。

オンラインで販売や商品管理が可能なので、いつでもどこでもできるとは言え、

本業に影響があってはなりません。

物販には商品の梱包や発送のほか、販売する商品を選ぶためのリサーチや、

在庫管理などもする必要があります。

時には店舗を回って売れ筋商品をチェックすることもあるでしょう。

本業に影響を及ぼさず、

また副業にも専念できるようスケジュールを立てて取り組むことが大切です。

Amazon物販の流れ

Amazon物販で副業する際の流れを把握しておきましょう。

商品リサーチや仕入れ先、出品方法などについて解説します。

商品リサーチ

Amazonで何を売るか?を考えることは重要です。

売れる商品を選らばなければ、副業する意味がありません。

商品リサーチの目的と方法について解説しましょう。

目的

商品リサーチの目的は、売れ筋商品を見つけることです。

どのような商品が人気なのかをチェックし、

なおかついくらで販売すれば利益になるのかを計算します。

販売価格を参考にしないと、売れない、もしくは利益にならない、

ということになりかねないので注意しましょう。

リサーチをして売れる商品を見つけても、

ライバルが多く価格競争も激しいAmazonで利益を出すのは簡単ではありません。

しかし、リサーチを繰り返していくことで、経験を積むことができます。

売れ筋商品を見極め、利益を出せるようになるでしょう。

リサーチの方法

売れている商品をリサーチするには、同じ商品に出品者が複数いる商品に着目しましょう。

複数の出品者がいるということは、売れる可能性が高い商品と考えている人が多いということです。

また、商品ページの下の方に

「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」という部分があります。

関連商品を販売するのも一つの方法なので、チェックしておきましょう。

商品の仕入れ

商品の仕入れ方法は、店舗から仕入れる方法と、インターネットで仕入れる方法があります。

副業の場合はインターネットの方が手間がかかりませんが、

店舗で掘り出し物を発見する可能性もあります。

取り扱う商品によって使い分けるのもよいでしょう。

店舗から仕入れる

店舗から仕入れりには、実際にお店に足を運んで商品をチェックします。

わざわざお店に行くのは面倒だし、時間もない、と思うこともあるでしょう。

しかし、セールなどのタイミングで行けば希望の商品を安い価格で仕入れられる可能性もあります。

ネットよりも一度に幅広く商品を見られるので、

商品探しに迷っている場合はきっかけが見つかるかもしれません。

会社帰りなどに立ち寄れるお店があれば、チェックしてみるとよいでしょう。

インターネットで仕入れる

インターネットならいつでもどこでも商品をチェックし、仕入れることができます。

時間の短縮にもなり、体力も使いません

交通費もかからないので、ネットで仕入れる方法はメリットも多いものです。

インターネットならさまざまな仕入れ先をチェックできるので、

仕入れ価格を比較することも可能です。

海外の仕入れサイトなどを利用すれば、掘り出し物が見つかる可能性もあります。

仕入れる際には支払い方法や期日をチェックすると同時に、

信頼できる仕入れ先かを確認することも重要です。

Amazonに出品

Amazonへの出品方法は、大口出品と小口出品があります。

大口出品は月額登録料(4,900円税別)と販売手数料かかりますが、

成約手数料はかかりません。

相乗り出品も新規の出品も可能です。

小口出品は月額登録料はかかりませんが、

売れた際に基本成約料が1点につき100円(税別)、販売手数料かかります。

Amazonのカタログにある商品のみに出品可能です。

Amazonに出品する際には、どちらかの出品方法を選ぶ必要があります。

相乗り出品

相乗り出品とは、Amazonの商品カタログにある商品と同じ商品を出品することです。

Amazonでは1商品につき1ページと決まっているので、

同じ商品を出品する際には、すでにある商品ページに相乗りをして出品します。

商品ページができているので、自分でページを作成する必要がないのはメリットですが、

ライバルが多く価格競争になる可能性が高いです。

相乗り出品ではとくに、ショッピングカートを獲得することが売れるために必要。

ただし、カートが獲得できるのは大口出品者のみです。

自分でページ作成

商品カタログにない商品を出品する際には、自分でページを作成します。

オリジナル商品などを販売する際には、新規の出品となり、ページ作成が必要です。

新規で出品できるのは大口出品のみなので、小口出品の場合は相乗り出品となります。

新規で出品するには、JANコード(製品コード)や商品画像を用意し、

商品タイトルや商品説明などを入力し、ページを作成します。

レイアウトやデザインは決まっているので、

必要な項目だけの入力ですむので難しくはありません。

商品の発送

商品が売れたら発送します。

FBAを利用している場合はFBAから発送されますが、

利用していない場合は自分で商品を梱包し、発送しなければなりません。

自分で発送

商品を自分で発送する場合は、Amazonからの発送であることを意識して梱包しましょう。

顧客はAmazonから購入した、という意識が強いので、梱包が適当だとクレームになりかねません。

破損しないよう、ていねいな梱包が必要です。

コストを削減するために、無理にサイズを小さくして包んだり、

梱包に手を抜いたりしないようにしましょう。

段ボール箱なども、キレイでしっかりしたものを使用するのがおすすめです。

FBAを利用

FBAを利用していれば、注文が入った場合にFBAから発送されます。

返品があった場合は対応もしてくれます。

出品する商品をFBAに納品しておくのですが、

その際の手間と配送代行手数料や在庫保管手数料料が必要です。

受注のたびに商品を梱包し配送手続きをしなくてすむのは便利でしょう。

在庫を保管しておけるのも便利です。

在庫管理

FBAに商品を納品しておけば、Amazonセラーセントラル上で在庫管理ができます。

クイック検索で在庫を検索できたり、補充通知を設定できたり、便利な機能があります。

Amazon物販で扱う商品の選び方

Amazon物販で売上を伸ばすには、どのような商品を選べばよいのでしょう。

商品の選び方について解説します。

相乗りできる商品

一つは、相乗りできる商品を探しましょう。

先に述べたように、相乗り出品であれば自分で商品ページを作成する必要がありません。

副業として物販をするうえで商品ページの作成をしなくてすむのは、時間と費用の節約になります。

相乗りしている出品者が多いほど、人気がある商品とも言えます。

相乗りできる商品の販売価格をチェックし、それより安く仕入れればよいのです。

すでに出品されている商品なので、ルール違反などを調べる必要もありません。

販売価格も付けやすいでしょう。

ただし、相乗り出品は全く同じ商品を出品するのがルールです。

色違いや型番違いなどの商品は出品できないので注意してください。

また、Amazonが販売している商品や、あまりにも出品者が多すぎる商品が避けた方が無難です。

価格競争で負ける可能性が高く、勝っても利益が少なくなってしまいます。

ニッチな商品

ニッチな商品を選ぶのも一つの方法です。

ニッチな商品というのは、特定の人にとって魅力的であったり、必要であったりする商品のこと。

対象が限定されますが、その代わり必要な人にとっては高額でも購入する可能性が高いです。

市場は小さいですが、一定以上の需要があるものが多く、売上をアップさせるにはおすすめです。

ペット関連

癒し効果もあると言われるペットを飼う人は多いものです。

犬や猫などペットを飼うことのできる賃貸住宅も増え、ペットを飼う人は増えています。

ペットを飼うにはトイレやリード、ブラシやペットフードなどさまざまなペット用品が必要です。

ペットを飼うには必ず必要な商品は少なくありません。

ペットをかわいがる人は多く、

犬や猫用の洋服やペットフードなどにお金をかける人も多いものです。

ペットを一人にしておいても部屋の様子がわかる

ペット用のカメラや、オーガニックなどのペットフードなどもあります。

ペットフードなどは定期的に購入するものですし、

ペット用品などは1点が高額になることも少なくありません。

高い利益率が期待できるでしょう。

ゲーム

ゲームはターゲットの対象が幅広く需要が高いのがメリットです。

種類も多く、ゲーム本体のほか、

コントローラーやブルーライトカットメガネなどの需要も少なくありません。

ゲームを快適に行う環境づくりといった視点から、

売れそうな商品を探してみるのもおすすめです。

防犯関連

近年では車の盗難や空き巣被害などのニュースも多く、防犯対策に力を入れる人も増えています。

女性の一人暮らしなども、防犯対策をするケースも多いものです。

監視カメラや防犯アラーム、鍵などのほか、

外から中を見えにくくするフィルムや防犯対策ステッカーなど、いろいろな種類があります。

一人暮らしをさせている親御さんなども、防犯対策ができるアイテムには興味を持っています。

高額なものからリーズナブルな価格で買えるものまで、

価格帯も広いので選びやすいでしょう。

在宅ワークグッズ

コロナ禍で在宅ワークをする人が増えたため、在宅ワークグッズも人気です。

リモートで会議をする際は、顔を明るくキレイにみせるための照明が欲しいものです。

部屋をキレイにみせるシートや、資料を見やすくするスタンドなどがあれば、

快適に会議に参加できたり、仕事ができたりするでしょう。

自宅の仕事場を快適にするためのデスクや引き出し、イスなども需要があります。

パソコンの疲れを緩和させるアイテムなども人気です。

便利な掃除用具

自宅にいることが増え、掃除をするようになった、という人も増えていますが、

仕事と家事を両立する人にとって、便利家電は重要アイテムです。

料理家電の人気もさることながら、楽に掃除ができるアイテムも人気です。

掃除が苦手でも便利グッズがあればキレイに、手間なくできます。

休日はゆっくり休みたい、外出をしたいという要望もあり、

掃除は時間をかけずに行いたい、機械がかってくれるなら便利、という人も多いものです。

自動で掃除機をしてくれるロボット、軽量で使いやすい掃除機など、

値が張るものでも売やすいでしょう。

自分の得意分野

自分がよく知っているものなど、得意分野の商品を選ぶのもおすすめです。

好きな分野であれば、売れ筋商品を見極めやすいものです。

何が売れているのか、今後どのような商品が売れていくのか、もわかりやすいでしょう。

わからなくても、自分が得意とする分野であれば調べやすいものです。

ただし、自分の好みを反映するのではなく、

客観的な視点で商品の売れ行きを分析することが大切です。

さまざまな視点からリサーチをして、売れ筋商品を見極めてください。

オリジナル商品

大口出品ならオリジナル商品に挑戦してみるのもよいかもしれません。

オリジナル商品なら相乗りされる心配もなく、価格設定も範囲が広がります。

内容によっては高額でも売れる可能性が高まるでしょう。

ノーブランドの商品にロゴを印字したり、

縫いつけするだけでオリジナル製品として出品することもできますが、

シールなどすぐに取れてしまうような方法はルール違反となるので注意してください。

Amazonでの物販の流れや方法を把握しスムーズに副業に取り組もう

Amazonでの物販は、Webサイトの構築やページデザインなどをする必要がなく、

手間や費用をかけずに出品できます。

本業のかたわら、物販をする副業の場合、

手間やコストはできるだけおさえたいものなので、Amazonでの物販は副業に向いています。

配送などもFBAを利用すれば、手間がかからず在庫管理もネット上で可能です。

Amazonでの物販の方法を把握すると同時にAmazonのメリットを生かし、

副業で収入を増やしましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。