Amazon輸入で複数アカウントを運用する利点について解説

Amazonでは名義1つで1アカウントの運用になります。

ただAmazonの販売では1つのアカウントだけでなく、複数のアカウントを運営をすることができることで、販売方法に幅がでて大きく売り上げを上げることができます。

今回はAmazonの複数アカウント活用方法と利点についての話しになります。

現在1つのアカウントの方も、複数のアカウントがあるとこのようなことができるといった視点で読んでいただけたら幸いです。

複数アカウントで販売のバリエーションが増える

複数アカウントで運営することで、複数の販売方法をすることができるようになります。

例えば、1つのアカウントは有在庫の販売、もう1つは無在庫の販売という方法。

2つのアカウントを有在庫で販売、もしくは無在庫販売をすることができます。

それぞれ有在庫と無在庫で運営をする場合は、それぞれ特徴を生かすことができます。

無在庫の販売はを仕入れずに多くの種類の商品を扱うことができるので、無在庫のアカウントを2つで販売をする場合は、商品のカテゴリー別に分けるなど分類をして販売をすることができます。

有在庫の販売の場合は、在庫を仕入れないと販売をすることができないので扱う商品数は無在庫より少ないので、無在庫ほど戦略的に有用でないことが多いので、1アカウントは無在庫で運営をするのがおすすめです。

複数のアカウントで販売の評価が早くなる

複数のアカウントがあることで、同時に販売方法を試すことができます。

物販に限らずビジネスでもPDCAサイクルをいかに早く回すことは重要なことになります。

また評価もアカウントを分けることで評価がしやすくなります。

複数アカウントにおける売り上げの増加

売り上げについては無在庫にの販売では売り上げを大きく上げることができます。

無在庫の販売については出品数を増やすことが、売り上げに大きく影響するからになります。

1つ目のアカウントでの出品で売り上げ100万円であれば、2つ目のアカウントでは別の商品を販売することで、同じように売り上げをあげていくことが可能になります。

有在庫の販売の場合は、仕入れた商品を2つのアカウントに分けても売り上げは上がらないので、複数アカウントで大きく売り上げをあげることができるのは無在庫の販売になります。

複数アカウントによる入金サイクルの安定

複数のアカウントを運営することで、Amazonからの入金のサイクルが安定します。

例えば1つのアカウントの場合、入金が2週間のごとに1回であったものが、2つのアカウントの入金のサイクルを、交互にすることで、毎週1回の入金にすることができます。

物販をする上でキャッシュフローは重要です。

特に有在庫の販売をしている方にとっては、キャッシュフローが悪くなると仕入れる資金がなくなり死活問題になります。

無在庫の販売の方は在庫を仕入れずに販売をするので、キャッシュフローはもともと良いのですが、よりキャッシュフローがよくなります。

複数アカウントでアカウントヘルスの維持

Amazonの売り上げに影響を及ぼすアカウントヘルスの維持についても、複数のアカウントを持っていると対策をしやすいです。

アカウントヘルスが悪くなるカートの取得にも影響し、急激に売り上げが下がることがあります。

アカウントヘルスの悪化時には、無理な販売やリスクのある商品を販売をすることを避けることが重要です。

当たり前のことですが、1つのアカウントですと売り上げを下げることができず、アカウントヘルスが良くない状態でも無理をして販売を続けてしまっているのをよく見ます。

複数のアカウントがあると、アカウントヘルスの良くないアカウントを販売を休止する。

安全な特定の商品だけの販売をするといった選択肢がでてきます。

アカウントに負荷をかけず運用をすることができます。

複数アカウントによるアカウント停止のリクスヘッジ

Amazonはプラットフォームの販売ですので、運営側がアカウントの停止を判断することがあります。

1つのアカウントの場合、アカウントが停止となると販売をすることができなくなってしまいます。

そんな時にもう1つアカウントを運営していると、停止してしまったアカウントで扱っていた商品をもう1つのアカウントの移して販売することができます。

有在庫の販売をしている方にとっては、在庫を仕入れたまま販売ができないことは大きな問題ですので、そのことに対処することができます。

複数アカウントのまとめ

Amazonでは原則、名義1つで1アカウントの運用ではありますが、複数のアカウントも運営すすることで、販売のバリエーションが増え評価もしやすくなります。

また売り上げの増加やキャッシュフローの安定といった、入金関係にも良い影響があります。

安定した運営をする上でも複数アカウントでの販売は有効なので、ぜひ実施してみてください。