個人輸入ビジネス成功のカギ!国内・海外ネットショップの仕入ノウハウを徹底解説!

個人輸入ビジネスをする際にまず悩むのが、どこから商品を仕入れれば良いのかということではないでしょうか。

販売方法に応じて、仕入先は国内ネットショップ、国内店舗、海外ネットショップ、現地買い付けなど色々あるかと思います。

仕入れ値次第で利益率が変動するため、仕入先の選定は安定的な売上げを確保するためにとても重要です。

今回は、個人輸入ビジネスをする上で必要不可欠な仕入れ先のリサーチ・選定方法、オススメの仕入先について解説していきます。

目次

個人輸入ビジネスを行う上で覚えておくべき!商品仕入れ先選定までの3ステップ

個人輸入業者が、商品の仕入れで注意しなければならないのが、仕入れ値が定価や市場価格と変わらない場合、利益を生む販売が出来ない為、商売として成立しなくなってしまうことです。

そのため、卸問屋から適正な卸値で商品仕入れを行う必要があります。また、他のネットショップと差別化を図るためにも、輸入商品を取り扱うなど独自性のある商品を仕入れしなければなりません。

Step1 売りたい商品をリサーチする

まずは、インターネットや実店舗でリサーチして、売りたい商品を見つけましょう。その際、人気のブランド名やカテゴリーから情報収集すると良いでしょう。

また、様々な商品が集められている展示会やイベントも開催されていますので、積極的に参加してどんな商品がどれくらいの価格で売れているのかリサーチしてみるのもお勧めです。

Step2 売りたい商品のライバル数や販売状況を確認する

人気の商品は、多くの店舗やネットショップで販売されているため、競合やライバルが多く需要があっても自分のショップから売りずらい可能性があります。

しかし、そのような人気ブランドや商品でも、日本ではあまり売られていないものも少なくありません。
また価格競争次第で売れる商品も多いため、様々な事を想定しながら「売りたい商品」を選定してみましょう。

Step3 仕入先の発掘・選定

売りたい商品が決まったら、どこから仕入れることができるのかを知る必要があります。
商品には原則として製造元、販売元等の情報が記載されている為、連絡を取り、卸価格での購入が可能かどうか確認するのも良いでしょう。

また、オンライン上でネットショップから簡単に商品仕入れを行うこともできます。無料でサイトに登録ができるところも多く、ショッピング感覚で楽しみながら商品を探すことができるのもネットショップ仕入れの利点です。

また、実店舗に出向いたり直接連絡をとる必要もないため、効率も良く仕入れることができ、利便性が高いのが特徴です。

個人輸入業者が国内ネットショップ仕入れをするメリットとは?

仕組みが単純で簡単

国内仕入れは、海外仕入れと違って「安く仕入れて高く売る」という単純な仕組みです。為替相場によって利益が変動するといったことはないため、為替リスクについて一切考える必要がないのが利点です。

言葉の壁がない

国内仕入れはもちろん日本語ですから、翻訳をする必要や新たに言語を学ばなければならないという心配もないのが安心です。はじめて副業を行う方にとっては心理的にもかなりのメリットになります。

販売までのスピードが早い

仕入れから発送までのスピードが早いため、お客様に安心して商品をお届けすることができます。また、入金までのサイクルが一番短いため、資金繰りを考えたときに、すぐ販売ができることはメリットが大きいです。

個人輸入業者が国内ネットショップ仕入れをするデメリットとは?

ライバルが多く価格競争に陥りやすい

実践するのが楽な分、稼ぎ続けるためには他のライバルとの差別化が必要になります。国内で人気で広く流通している商品は、競合が多いため、ライバルとの価格競争に巻き込まれてしまい、薄利・多売になりやすいというデメリットがあります。

価格差のある商品が少ない

海外から仕入れる場合は、ほとんどの商品に価格差があります。
それに対して、国内仕入れの場合、価格差が取れる商品が少ないため利益率が低いのがデメリットです。

個人輸入ビジネスでオススメ!国内ネットショップ仕入れ先3撰

トップセラー

トップセラー

こちらは、国内ネット仕入れで定番のサイトです。40万点弱という豊富な商品アイテムの中から好きな商品を選んで販売できます。さらに、在庫の買い取りはなく売れたときに仕入れが発生するだけのドロップシッピング形式なので、在庫を抱えるリスクがなく、資金がなくても安心して利用することができます。

NETSEA(ネッシー)

NETSEA(ネッシー)

こちらは、国内ネット仕入れで定番のサイトです。在庫を買い取るスタイルに向いています。

「すでにネットショップを運営していてアイテム数を増やしたい。」「新規の取引先を見つけたい。」という場合に重宝します。仕入れ会員もサプライヤーも利用無料なのも利用しやすいでしょう。

TOPWHOLE(トップホール)

TOPWHOLE(トップホール)

レディース・アパレル専門の卸サイトです 。注文を受けてから発注ができ、1点から仕入れが可能なのが特徴です。掛け払い(1ヶ月分まとめて翌日支払い)がOKで、月額3,000円で仕入れ放題なのもアパレル系専門でしたい方にはオススメのサイトです。

個人輸入業者が海外仕入れをするメリットとは?

海外で買う方が安く仕入れられるので利益が大きくとれる

基本的に、海外で仕入れる場合は、日本仕入れより安いケースが多いです。中でも欧米輸入では、販売の価格が高い商品が多いので、”利益額”が高くなりやすいのが最大のメリットです。

為替の影響もあるので常に安いわけではありませんが、海外で定価で購入しても日本では輸入品(特にブランド物)が高く販売される傾向があるため、利益を上乗せした場合でも売れてしまうということがよくあります。

需要のある商品が多いため、リサーチがしやすい

日本人はヨーロッパやアメリカの製品を好む傾向があるので、需要のある商品が多いため、リサーチしやすく仕入れた商品が売れやすい傾向があります。

輸入品を扱うショップが少ない

海外サイトでは、日本ではあまり売られていない珍しい商品がたくさんあります。こういったニッチ商品は、なかなか手に入らないため、少し高くても需要があるため他のネットショップと差別化を図ることができるのが利点です。

個人輸入業者が海外仕入れをするデメリットとは?

こちらでは、海外ネットショップ仕入れにおけるデメリットをご紹介します。送料や関税がかかること、修理・保証を受けられないことなど色々な問題があります。

保証がなく修理が受けられない

多くのメーカーやブランドでは、並行輸入品(日本の商社や代理店を通さないで海外から直接輸入したもの)は国内で修理ができず、保証がないものが多くあります。

不良品があった場合、返送費用を考慮すると、日本に輸入した後では交換返品ができないことも考えられるため、輸入前に対応する必要があります。

海外仕入れには送料と関税がかかる

海外から輸入する場合、商品とは別に送料と関税がかかります。特に大きなサイズの商品は、商品本体の価格よりも送料の方が高くなる場合があります。

送料と関税を含めて試算して、予め利益が出せるかどうかを考えておく必要があります。

商品が届くまでに時間がかかる

海外から仕入れをする場合、商品のお届けまでに2〜3週間程度時間がかかる場合が多いです。時間がかかっても欲しいお客様は多いので、事前に記載しておけば問題ないので心配しなくても大丈夫です。

個人輸入ビジネスでオススメ!海外ネットショップ仕入れ先3撰

商品を仕入れる際に、アメリカAmazonの他にも仕入れ先は数多くあります。国内と比べると、海外からの直接仕入れは割安です。海外で仕入れ可能な商品が卸サイトには多く掲載されているので、海外仕入れも検討してみてはいかがでしょうか。

こちらでは、数ある海外ネットショップの中で、3つのオススメの仕入先をご紹介いたします。

ebay

https://www.ebay.com/

eBayは世界のオークションサイトです。

日本にはヤフオクがありますが、まさにそのヤフオクの世界版だと思って下さい。

walmart

世界中に多数の店舗をもつ、アメリカ発の大手小売チェーンがウォルマートです。

超巨大なショッピングセンターを土地価格の安い地方部や郊外に設置しつつ、徹底した安売り戦略を武器に人気を集めています。

AliExpress

https://bit.ly/2LZJe4Q

AliExpress(アリエクスプレス)とは中国巨大オンラインB2Bマーケット「Alibaba.com」を運営している阿里巴巴集団(アリババ)が運営するB2Cオンラインマーケットサイトのことです。

かんたんに言うと日本の楽天やyahoo!ショッピングの中国版です。とにかく価格が安く、取扱商品が豊富です。

個人輸入業者が海外ネットショップ仕入れで気をつけること

詐欺サイトの見分け方について

ネットショップ仕入れの際に気をつけないといけないのが、詐欺サイトです。
こちらでは、詐欺サイトの見分け方について解説していきます。

  • どっかで見たことある通販サイトのデザイン丸パクリ
  • 各商品の値段が他ショップと比べ激安設定になっている
  • 激安商品ひとつから送料無料などお得感一杯
  • 他ショップで品切れ中の商品が、在庫ありでしかも激安

また、日本に限らず海外でも、商品をもっていない架空のネットショップであったりすることがあります。

このようなネットショップで商品を購入してしまうと、代金を支払ったにも関わらず、商品が発送されないということになります。

そのような事態にならないように、ネットショップが安全か安全でないかを必ず確認しましょう。

詐欺サイトを調べる方法

日本でも海外でもですが、商品をもっていない架空のネットショップがあることがあります。

このようなネットショップで商品を購入してしまうと、代金を支払ったにも関わらず、
商品が発送されないということになります。

そのような自体にならないように、ネットショップが安全か安全でないかを、
調べる方法をお伝えします。

まずはこちらのサイトをご紹介します。

◯Scamadviser.com

https://www.scamadviser.com

詐欺サイトの特徴にドメインが若いという点があるそうです。

ドメインが若いということは、取得してあまり経っていないということなのですが、それを調べることができるのが上記のサイトです。

使い方は至って簡単で、下記の画面のフォームにURLを入れ、「Check it now」をクリックします。

試しに詐欺サイトと思われるURLを入れ、Clickすると下記の結果が表れます。
見てみると、URLは日本語のサイトですが、韓国で作られていることがわかります。
文面はRiskyとなっており信頼度のメーターは49% Take careとなっています。 もう1点その下にその他のサイト情報が表示されていますが、その中の「Domain Age」という項目を確認してください。

ここが短いと、そのサイトが作られてまだ間もないということで、詐欺サイトである可能性がより高まります。

画像ではまだ62日となっていますので、メーターの結果と合わせて詐欺サイトである可能性がかなり高いということになります。

気になるサイトがあれば是非チェックしてみてください。

不良品の取り扱いについて

海外の商品には必ずといっていいほど不良品が発生するものです。日本では明らかに不良と思われるものが、海外では当たり前に良品とされて売られています。

自信を持って仕入れた商品でも、ブーム品やかなりのヒット商品でもない限り完売することは難しいということも頭に入れておくと良いでしょう。

まとめ

今回は、個人輸入業者が販売をする上で一番重要な『仕入先のリサーチ・選定方法』について解説しました。

個人輸ビジネス初心者の方でも、ネットショップ仕入れは参入がしやすく、特に輸入商品を扱うことで他のネットショップと差別化を図り利益率も高く取りやすいのが特徴です。

海外仕入先を開拓していたら、『実は、詐欺サイトだった』ということがないように、こちらでご紹介した『Scamadviser.com』を活用することで、安心して海外ネットショップ仕入もすることもできます。

商品や仕入先の新規開拓をし続けることが、安定した商売につながりますので、ぜひ覚えてもらえたらと思います。