【Amazon輸入初心者向け】Amazon欧米輸入の特徴

Amazon無在庫輸入ビジネスは、在庫を抱える必要がないため資金がない初心者の方でも取り組み易く、 再現性の高いビジネスモデルです。

資金ゼロの戦略としては、まずクレジットカード枠をうまく使い、 キャッシュフローを常に意識してビジネスを進めていくことが大切です。

今回は、Amazon無在庫輸入ビジネスにおいて資金力ゼロから稼ぐための戦略をご紹介していきます。

Amazon輸入無在庫販売とは?


Amazon輸入の無在庫販売は、お客様に商品を購入されてから仕入れをするので、ノーリスクで稼げるビジネスです。

在庫を抱える心配もいりませんし、倉庫や保管するスペースも必要ありません。

先に商品を仕入れることもないので、まとまった資金も不要です。

「利益が出る商品を出品して、売れれば仕入れて、発送をする」

この工程を繰り返します。

売れなければ出品を取り消すか、放置しておいても費用はかかりません。

自宅でパソコンが1台あれば初心者でもすぐに始めることができます。

物販の中でもAmazon無在庫物販を選ぶ理由

物販をする上で1つ気になることがあります。それは、資金を使用して在庫を仕入れることです。

最初から在庫を何十万、何百万と仕入れるビジネスはリスクが高く、その資金を誰しもが用意できるものではないので、再現性が低いと言えます。

在庫を先に仕入れる物販は有在庫物販というのですが、先に在庫を仕入れずに販売をすることができる無在庫物販という方法があります。

無在庫物販であれば、初期費用や在庫を抱えるリスクがないので、副業の方でも気軽に始めることができます。

ビジネスに大事なのは、大きな成功よりも小さな成功を積み重ねていくことです。

その点でもリスクが低い無在庫物販は、初心者の方にも最適なビジネスです。

有在庫販売と無在庫販売の仕組みと資金の比較

有在庫販売の仕組みと資金について

最初に商品を仕入れる有在庫販売をこれから始める方の1番最初の悩みは、初期投資です。
たとえ、初期費用が安いインターネットビジネスでも、商品を仕入れるとなると資金が必要になります。

有在庫販売の販売までの流れを見ていきましょう。

Step1 売れる商品をリサーチする。

Step2 商品を仕入れる。(支払いをする)

Step3 商品をAmazn.comやebayに登録する。

Step4 商品が売れる。

Step5  入金がある

Step6 商品を発送する。

となります。

有在庫販売ですと、Step2で先に支払いをします。
このまま商品が売れないと、Step4まで進むことができず、商品が不良在庫となり、資金が減ってしまいます。

資金が減ってしまうと、Step2の商品を仕入れる量が減り、販売する商品がなくなるという悪循環になります。

そのため、Step1での商品リサーチのスキルが最初から必要で、適当に商品を仕入れると、取り返しのつかないことになります。

無在庫販売の仕組みと資金について

無在庫販売ではお客様から受注が入った後に、仕入れ、発送を行うため、在庫を抱える必要もなく初期費用がかかりません。

先に在庫を仕入れないので、資金力がなくても始めることができるのが安心です。国際送料や関税を引いても、価格差も大きく手元にお金が残ります。

具体的な方法は以下の通りです。

Step1売れる商品のリサーチ (安く仕入れて、高く売れる商品を見つける)

Step2出品 (商品をAmazn.comやebayに登録する)

Step3 購入(出品した商品が売れる)

Step 4  入金(売れた商品の入金を確認する)

Step 5  仕入れ(出品した商品をアメリカのAmazonから輸入する)

Step 6  発送(商品が届き次第、発送する)

となります。

この工程を繰り返し、利益を生み出していきます。

Amazon輸入無在庫販売の4つのメリット

在庫リスクがない

有在庫販売と比較した場合、仕入と販売のタイミングが逆になります。

無在庫販売では、受注してから仕入をするため、有在庫販売のように、商品が売れず在庫として残ってしまう心配がありません。つまり、在庫リスクがない、というわけです。

資金繰りがいい

無在庫販売では、売れてから商品を仕入れます。

なので、先にお客様からお金を頂いてから、仕入れをするので手元の資金は増えます。さらに商品の仕入れをクレジットカードで決済すれば、支払いは先延ばしされます。

このように入金は支払いの前、支払いは先延ばしという無在庫販売では、資金繰りがとてもよくなります。

緻密なリサーチの必要がない

無在庫販売では、精密なリサーチスキルを必要としないということです。

たとえ売れなくても在庫リスクがないので、有在庫販売のように「絶対に売らなくてはいけない」というリサーチではなく「売れるかもしれないから、とにかく販売してみよう」というリサーチができるわけです。

もちろん、いい加減なリサーチを良しとしているわけではありませんが、自分のアンテナにひっかかった商品を販売してみたら大きな利益になったということが無在庫販売ではあり得ます。

有在庫販売ではこのようなテスト販売は在庫リスクがあるのでなかなかできませんね。

仕入れ先が無限にある

無在庫販売ではさらに注目すべき点があります。
それは、仕入れ先が無限にあるということです。

有在庫販売では仕入れた商品の数だけを、海外の販売サイトに商品登録します。
一方無在庫販売では、販売したい商品を日本を含めた世界中から探します。
そうした商品を販売サイトに登録するだけなので、登録できる商品は無限にあります。

このように、世界中にある商品を先に登録するだけなので、仕入れ先は無限にあるわけです。
不良在庫がたまらず、資金繰りが良く、最初からスキルが必要でない、無在庫販売でなら、誰でも資金が手元に残りお金が貯まっていきます。

Amazon輸入無在庫販売のキャッシュフローを把握する

Amazon輸入無在庫販売で気をつけないといけないのが、キャッシュフローです。

Amazonの入金サイクルは2週間となっています。売上げがあったとしても、最短で2週間後にしか入金されません。

クレジットカードの支払い日に間に合わなければ、ビジネスが成り立たなくなってしまいます。クレジットカードの支払い日と入金日をしっかり把握しておくことが大切です。

Amazon
引当金とは

Amazonの引当金は、購入したお客様様からの返金や払い戻しに対応する為に、一時的に売上げ金から留保される金額のことです。

引当金は、2016年8月15日以降に作られた出品アカウントへ設定されています。2週間毎に行われる振り込み手続きの際、後半1週間の売上金を引当金として留保されます。

例えば、

「10万円の売上げがあった場合に、その売上げから5万円が引当金として留保され、返金や払い戻しがあった場合にその金額から引いて対応する」と言うものです。

Amazon販売で『売上げの50%が引当金』として充てられると考えておけばよいでしょう。

引当金の留保期間

引当金の留保期間は、【次の決済日】までになります。

Amazonは14日毎に決済が行われますので、決済日が14日に行われるとしたら、28日まで引当金が留保されますので、それから振込み手続きが開始されます。

振込み手続きから振込み期間までを合わせると、引当金の振込みが行われるのは1ヶ月先となります。

ですが、引当金は初月以降から徐々に留保される割合が少なくなっていきますので、50%がずっと留保される訳ではありません。

また、最終的には引当金は解除されますので、そこは安心して下さい。

クレジットカードで決済している人は、Amazonからの入金にラグが発生しますので、「支払い期日までにお金を用意できない。」というような事がないように、クレジットカードを複数用意して、前半カードと後半カードに分けるなど、充分注意しておきましょう。

また、キャッシュフローの管理ミスを防ぐために、

・損益計算書

・貸借対照表

・クレジットカード管理表

を事前に準備しておくことで、現状を数値化して正しく把握することができます。

ExcelやGoogleスプレッドシートで簡単に作成することができますので、まだ使用していない方は活用してみてください。

まとめ

Amazon輸入無在庫販売は、資金がなくてもすぐに始めることができて、在庫を抱えることもないのでリスクが低いビジネスです。

再現性が高いため、初心者の方でも他のビジネスに比べて利益を出すことが簡単ですが、継続して販売していくためにもキャッシュフローには十分に注意をしていきましょう。

最速で駆け上がるためには、なるべく早く資金を回転させ多くの経験を積み、稼ぎを再投資する事が大事になります