BASEの評判と口コミからわかるBASEの良い点と悪い点を解説!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
BASEの評判について知りたい
という方のために、BASEの評判や口コミついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. BASEやネットショップ開設サービスについて知ることができる
  2. BASEだからできるサービスがわかる
  3. BASEの良い口コミ、悪い口コミがわかる
  4. BASEに向いているショップとそうでないショップを知ることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではBASEの評判について解説をしていきますが、まだBASEに登録をしていない方は30秒でBASEに登録ができるのでしておきましょう。

無料で簡単にネットショップを作る方法って?

昔はお店を開くといえば専門の学校に通ったり、他のお店で修業したりして勉強からスタートするのが当たり前でした。
しかし、時代は変わりネットショップであれば数分で開設して商品を公開することができるようになっています。

BASEをはじめとしたネットショップ作成サービスは、商品を販売したいと考えている人が簡単にネットショップを立ち上げることができるサービスです。
以前であれば自社のネットショップを作成するために、カート機能やデザインなどを外注して一から作成することになり、多大な費用と時間がかかっていました。

しかし、BASEのようなショップ作成サービスができたことによって、誰でも無料かつ簡単にネットショップが作れるようになったのです。
そのため商品さえあれば、もしくはイラストやサービスなどの付加価値を提供することができれば、誰でもショップオーナーになることができるようになりました。

BASEだからできることって?

簡単にネットショップを始めることができるサービスはいくつもあります。
その中でも高い人気を誇るBASEにはどのようなメリットや特徴があるのでしょうか。
BASEだからできることを紹介します。

BASEに登録するだけで決済手段を用意できる

ネットショップを開こうとするときに、まず課題となるのが決済手段です。
希望の支払い方法が選べなければ購入は見送るというお客様は少なくありません。
多彩な決済手段を用意することは売り上げに直結する戦略と考えましょう。
特に利便性が高くて広く利用されているのがクレジットカード決済ですが、クレジット会社それぞれに申請して契約するのは時間も手間もかかります。

そこでBASEが用意したのが「BASEかんたん決済」です。
「BASEかんたん決済」であれば、クレジットカード決済、コンビニ決済・Pay-easy、銀行振込、後払い決済、キャリア決済、PayPal(ペイパル)決済の6つの決済方法を申請してすぐに利用することができるので、お客様に支払方法を多くの支払い方法から選んでいただけます。

BASE専用アプリがある

BASEとほかのネットショップサービスとの大きな違いの一つが専用アプリです。
BASEには専用アプリがあり、アプリからの集客を見込むことができます。

楽天などのモール型のネットショップはモール自体に集客力があるため、他店からの顧客流入が期待できますし、またモールのキャンペーンや販売促進イベントで売り上げが上がることも多いでしょう。
一方で単独のネットショップを開設した場合、プロモーションや集客は自分で行うことになります。

BASEなら専用アプリからお店を見てもらうことが可能です。
近年ネットショッピングの市場規模は拡大しています。
中でもスマートフォンからのショッピングの割合は増加傾向にあり、これからも増えていくことが予想されています。
なんとなくスマートフォンを眺めていたら欲しいものがあった、という経験を持つ人も多いかもしれません。

どんなに良い商品でも人の目に触れなければ販売に結び付きません。
しかし、BASEに出店していれば無名のショップでもアプリを使用している人から見てもらうことができます。
BASEのアプリは2020年1月には600万ダウンロードを突破しました。
それだけ多くの潜在顧客を持つことができるのは、他のネットショップサービスにはない強みです。

機能の追加が可能

BASEで提供しているのは単純なショッピングカート機能だけではありません。
ショップの成長とともに多彩なBASEの機能を使いこなせば、自身のブランディングにも適したショップ戦略が可能になります。

例えば会員や卸先などの特定のお客様に向けてパスワード設定したシークレットECや、国外のお客様向けにショップを英語表示にして通貨切り替えへの対応も可能です。
お酒や電子タバコなどを扱うショップには年齢認証を追加できる機能もあります。

また販売手法も多岐にわたります。
販売期間設定や定期便での販売、抽選販売や予約販売などさまざまな販売方法があるため、ショップに合わせて適したものを活用することができるのです。

オリジナルアイテムを作ることができる

将来的にお店を持ちたいという人の中には、アイディアやデザインはあっても商品化、製品化が進んでいないという人もいるでしょう。
BASEでは商品を準備したり、販売したりするための機能もあります。

具体的には画像データだけで簡単にTシャツやスマホケースを作ることができる機能が挙げられます。
またpixivFACTORY (ピクシブファクトリー)ではトートバッグやアクリルキーホルダー、マグカップなどオリジナルグッズをBASEに簡単に出品することが可能です。

好きなデザインやイラストをもっと知ってほしい、アイディアはあってもどうやって商品化すればよいかわからないという人にはBASEのサービスが役立つはずです。

ノウハウサポートやチャットサポートがある

ショップを開設するのが初めての人は、開設してから何を実践すべきか、集客のためのプロモーションなど、分からないことがいろいろとあるものです。
そこでBASEでは開設や運営、販促のノウハウをホームページで紹介しており、また質問があればチャットでも相談できるので、安心してショップ運営に集中することができます。

BASEの評判はどう?

さまざまな機能を備え、充実したサービスを誇るBASEですが、実際に利用した人からの評価はどうなのでしょうか。
BASEを使ってみた人の声を集めました。

無料でこのサービスはすごい!!

BASEの評判でよく聞かれたのが、無料でこれだけ充実したサービスが受けられるのはすごいという声です。
ショップ開設や商品登録もすぐに行うことができるので、誰でも簡単にショップをオープンすることができます。

利用するときにもフォームからの登録だけなので面倒な手続きもありません。
またすべての支払いをBASE内の管理画面でかんたんに管理・確認できることも大きな強みでしょう。
BASEを利用している人からは、金銭管理から顧客とのコミュニケーションまで、これまでのサービスを無料で受けられるということに対する高い評価が寄せられました。

フリマアプリと併用しているという口コミも

BASEのショップランキングのオーナーの中には、他のフリマアプリやハンドメイド作品販売サイトを利用しているという声もありました。
BASEは金銭管理や顧客管理機能も充実していて、感覚的に操作しやすいサービス。
他のサイトと併用を考えている人にも気軽に使いやすいでしょう。
また実店舗を出店している人がより多くのお客様に商品を届けるために、BASEを利用していることもあります。
お小遣い稼ぎから販路拡大まで幅広くBASEは利用されています。

BASE×インスタで売り上げアップ

BASEを評価する声の中にはインスタとの相乗効果が高いという声もありました。
売上を上げるためにはショップへのお客様の流入数を増やすことが大切になります。
そこで、流入を増やすために重要となるのがSNSです。
特に情報に敏感な若い世代が多いInstagramは大きな影響力を持っています。

BASEでは商品とInstagramを連携させることで商品をタグ付けして、商品ページに直接リンクさせることができます。
特に公式Instagramを運用しているショップからは、売り上げアップしたという声が聞かれました。

ショップランキングでモチベーションも上がる

BASEではショップのPV数やショッピングアプリのフォロワー数、アプリで見られた数やお気に入り数などのデータを閲覧することもできます。
またショップランキングという項目があり、自分のショップがBASEでどの位置にいるかを知ることが可能です。ショップランキングが上がることによって、商品検索時に上位に表示されやすくなり、よりお客様にショップを知ってもらうことができるようになります。

ランキング上位になるには認知度を高めるために集客したり、SNSを活用したりするほか、お客様目線でのショップ運営が欠かせません。
ショップのプロモーションは手間がかかり、大変な仕事ではあります。
しかしショップの施策が数字としてかえって来たときには、他では得られない達成感を味わえるでしょう。

100万ショップ以上ある中で上位に入るのはとても困難です。
それだけにショップランキングが上がっていくことがモチベーションにつながっているという口コミもありました。

BASEの口コミからは厳しい評価も…

BASEには多くの高い評価が寄せられています。
その一方で厳しい口コミも少なくありません。
どういった意見が寄せられているのか紹介します。

自由度が低くてブランディングに不向き

BASEでショップのデザインや商品ページを作成する場合、すでに用意されたものを組み合わせてデザインすることになります。
テンプレートが決まっているため、デザインの融通が利かないという声が聞かれました。

自分の好きなようにショップをデザインしたいという人にとっては窮屈に感じてしまうことがあるでしょう。
多くのショップがあるインターネットで、他のショップとの差別化を図りたいという人には不向きかもしれません。

ただし、デザインの融通が利かない一方で、デザインやパソコンの知識がない人でも簡単にショップを作ることができるシステムになっています。
また、より自由にカスタマイズしたいという人にはHTML編集Appという機能も。
インストールすることでHTML/CSS/JavaScriptが可能になり、より自由にデザインすることができるでしょう。

販売手数料が高いケースもある

BASEは登録料無料でショップを作ることができるため、初期費用がなくても開設できます。
しかし、利用していて一切の費用がかからないわけではありません。

BASEで1回の売り上げの総合計(送料含む)に対して3%がサービス利用料としてかかります。
また決済手数料としてBASEかんたん決済手数料が1回の注文の総合計(送料含む)に対し、3.6%+40円別途必要です。

サービス利用料は、ショッピングアプリ「BASE」への集客プロモーションのほか、各種機能強化、サポート体制の充実などに使われています。
充実したシステムを維持するための費用ではありますが、サービス利用料とかんたん決済手数料がそれぞれかかるため、高く感じる人も多いでしょう。

例えば商品が3,000円、送料が500円だった場合、注文合計は3,500円になります。
そこにBASEかんたん決済手数料が3,500円✕3.6%+40=166円。
さらにサービス利用料として3,500円✕3%=105円かかってしまいます。
結果、振込申請を行う金額は小数点以下を四捨五入して3,229円。
さらに売り上げをショップの口座に振込みしてもらうためには、振込手数料、事務手数料もかかります。

BASEかんたん決済手数料については、取引1回当たりの額で計算されることにも注意が必要です。
例えば10,000円のものを1回販売するとBASEかんたん決済手数料は10,000×3.6%+40円=400円。
一方で100円のものを100回販売した場合、100円×3.6%+40円=44円で取引一回ごとの手数料が44円になります。
それが100個になるので4,400円が手数料です。

つまり、かんたん決済手数料を考えると薄利多売で安いものをたくさん売るという場合には、手数料面で圧倒的に不利になってしまいます。
またどうしても売り上げが上がるほどにコストがかさんでいくシステムになるため、どんどん売り上げをアップしたいと考えるのであれば、固定月額費用しかかからない料金設定のネットショップサービスのほうが向いている場合もあります。

集客や売り上げにはショップ自身のブランディングや戦略が必要

BASEではアプリやリアル店舗のようなプロモーションへの取り組みがあるものの、大手であるAmazonや楽天ほどの知名度はありません。
そのため出店したからすぐに集客につながるというようには考えないほうが良いでしょう。

また簡単にネットショップが始められるということは、それだけライバルが多くて、これからも増え続けるということを意味しています。
他のショップと差別化を図るための戦略や、集客力を高めるための戦略が必要となります。

トラブルには要注意

BASEのシステムはだれにでも利用しやすく、また消費者にとっても利便性が高いものになっています。
しかし、システムをしっかり理解していないとトラブルに発展してしまうケースもあるので注意してください。

後払い決済がトラブルに発展してしまった

BASEの特徴の一つが「後払い決済」という支払い方法です。
これは商品が届いた後からお客様が代金を支払うという決済方法。
ショップ側が発送するとBASEから請求書はがきが送付されて、記載の方法で支払う仕組みとなっています。

お客様にとっては先に商品を受け取ることができる利便性の高い支払い方法です。
また、追跡番号を元に商品の着荷が確認でき次第、購入された商品代金をBASEが立替えてくれるので、ショップ側としても利便性の高い支払い方法といえます。

この方法は通常であれば、お客様とショップ双方にメリットがある支払い方法ですが、トラブルに発展しまったという声もあります。
後払いシステムでは指定の配送サービス以外で発送を行い着荷が確認できない場合や、発送処理時に配送サービス名・伝票番号の入力を間違った場合にはBASEによる立替えは行われません。

つまり、指定の配送方法以外の場合は購入者が支払いを行うまで、売上を受け取ることができないのです。
BASEもショップの売上の保証はしていません。

実際に後払い決済で販売したものの決済されていないというトラブルが起きています。
BASEではショップの開設はできるものの、その後のお客様とのトラブルに関しては基本的に当事者同士で解決することになります。

トラブルを未然に防ぐためにも、後払い決済の場合は指定の配送サービスを利用するなど、ショップが損害を被らないような対策をしておきましょう。
できるだけ多彩な支払方法を用意することは、お客様へのホスピタリティを高めて売り上げアップにも貢献します。
後払い決済を利用することで、お客様にとっても初めてのショップで安心して買い物をすることができます。
お客様とスムーズに取引するためにも配送方法には注意して、気持ちよく取引できるように心がけてください。

振込申請をしないと売り上げが失効してしまうことも…

ショップで売り上げた売上金は、BASEからショップに対して振り込む必要があります。
せっかく売り上げがあっても手元にお金が残らなくては、ショップ運営資金も確保できません。
BASEでは預かった売上代金については、ショップが振込申請をしてショップの銀行口座に振り込むシステムとなっており、そのまま放っておいても振り込まれることはないので注意が必要です。

またこの振込申請は、その都度振込手数料と事務手数料がかかってしまいます。
振込手数料は一律250円。
事務手数料は2万円未満の場合は500円。
2万円以上の場合は0円です。

振込申請をするたびに手数料がかかってしまうため、できるだけまとめて振り込んでもらいたいという人もいるかもしれません。
しかし、ここでもトラブルに発展したケースがあります。

その原因はBASEの振込申請には期限があるという点です。
BASEでは売り上げが計上された日から180日間が期限になっています。
これはBASEでは売上金を長期間預かることができないため、ルールとして設けられたもの。

しかし、ショップ運営をしていると180日はあっという間です。
忙しくて振込申請をうっかり忘れてしまったというケースもあります。
そのため売り上げが失効してしまったという口コミも少なくありません。
BASE利用規約第6条第18項には売上金の振込申請期間についての記述があるものの、確認していない、もしくは忘れていて売り上げが失効したというショップも多いでしょう。
BASEではそのようなトラブルを受けて、確実に振込申請を行ってもらうためにショップ管理ページでお知らせをしたり、登録メールアドレス宛に複数回案内をしたりしています。

またトラブル頻発を受けて、2019年12月1日からは失効金額から所定の振込手数料・事務手数料を差し引いた金額を、指定口座へ失効期限後に自動的に振込するようになりました。
ただし、これも過去に振込申請をして正常に振込完了した履歴がある場合に限られます。
今まで振込申請をしたことがない場合は、この自動振り込みは行われません。
期限までに必ず振込申請を行いましょう。

BASEの口コミからわかるBASEに向いている人とは?

BASEの口コミからはサービスや機能を絶賛する声がある一方で、向いていなかったという声も聞かれました。
BASEでのショップ運営が向いているに人はどのようなタイプなのでしょうか。

ショップ運営初心者

BASEは店舗運営やパソコンの知識がなくてもすぐにショップを開設できる仕組みがそろっています。
アカウントの開設から、テンプレートを利用したショップデザイン、簡単な商品登録などネットショップの運営管理に必要な操作を感覚的に簡単に行うことができるでしょう。

またBASEでは開設後のサポートも充実。
チャットによるオンラインサポートがあるため、困ったときにも安心して相談ができます。
セミナーではネットショップ運営のノウハウを発信しています。
実際に多くのショップを立ち上げているBASEだからこそ、生の声を聞いてノウハウを学ぶことができるのです。

独自の集客ルートがある人

集客力がすでにある人、例えばブログやTwitterなどである程度知名度がある人もBASEが向いています。
独自の集客ルートがあれば自身でお客様を呼び込むことができるため、売上も期待できるでしょう。
今まではフリーマーケットやイベントだけで出品してきたという人も、ネットショップを立ち上げることで多くのお客様を呼び込むことが可能です。

初期費用を用意できない人

BASEは月額固定費用をかけずにショップをオープンすることができます。
無料でホスピタリティが行き届いたサービスを受けることができるというのは、BASEを利用する大きなメリットです。
BASEでは商品が売れるまでは一切手数料がかかりません。
そのため「売れるかどうかまずはお試しでやってみたい」という人も、コストをかけずにチャレンジすることができます。

BASEではショップの維持費や独自ドメイン、決済機能のほか、メールマガジンや顧客管理といったコミュニケーションツールまで無料で利用することが可能です。
BASEの機能を活用することで、十分にショップ運営はできます。
将来的には実店舗を持ちたい人、自分のブランドを広げていきたい人のスタートの場としてもBASEは活用できるでしょう。

売る販路を広げてみたい人

昔であれば、実店舗はそれ以外に販路を持たないことも普通でした。
しかし、無料でインターネットショップが気軽にオープンできるようになった現代では、売る販路を広げるお店が増加しています。

オンラインオフラインを問わずに売り上げを増やしていきたいというショップにとってはBASEに限らず、ネットショップをオープンできるサービスは効果的な施策になります。
例えば実店舗はあるけど遠方の人にももっと商品の魅力を知ってほしい、ネットショップやSNSで知った人を実店舗に誘導したい、そんな人にもBASEはおすすめです。

BASEが100万ショップ突破

BASEはネットショップ作成サービスの中でも高い支持を集めています。
その結果、ネットショップ開設数は急速に伸び、2020年の5月には100万ショップの開設数を達成しました。
ネットショップ開設実績3年連続No.1を獲得し、ネットショップ立ち上げの際に最も多くのショップから選ばれています。

この背景には今までネットショップを利用して販売していた人々に加えて、新しくネットでの運営に参入してきたショップが増加していることも要因です。
対面での取引よりもネットでのショッピングを選ぶ人が増加し、実店舗の運営をしている人やイベントや催事での販売をメインにしていた人も、ネットショップに参入しています。

また、観光事業を営んでいる人など、今までネットショップを必要としていなかった人も次々にネット販売をスタートしているのが現状です。
販売者、消費者両方のニーズの上昇を受けて、ネットショップのBASEは今後もサービス向上や機能の拡充を進めていくと考えられます。

個人や小規模でのビジネス立ち上げが活発化していることによって、BASEのようなショップ開設サービスは社会から求められるようになりました。
アイディア一つで活躍できる場として、今後も高い需要が予想されています。

BASEの評価と口コミについては以上になります。

BASEを始めてみようという方は30秒でBASEに登録ができるのでしておきましょう!