BASEのURLの変更方法を解説!!URLでのブランディングの活用方法とは!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
BASEで取得したURLを変更する方法ついて知りたい
という方のために、BASEのURLの設定や変更の取り扱いについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. BASEでURLを設定する方法を知ることができる
  2. BASEで使うURLの設定や変更の注意点を知ることができる
  3. 独自ドメインAppで好きなURLを設定することができる
  4. 独自ドメインをショップ戦略に活用することができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではBASEのURLの設定や変更の取り扱いについて解説をしていきます。

まだBASEに登録をしていない方は30秒でBASEに登録ができるのでしておきましょう。

BASEのショップURLはどうやって決まる

BASEは登録することで、自分のネットショップを立ち上げることができるサービスです。
BASEでアカウントを登録するときにはまず、メールアドレスとパスワード、希望のショップURLを入力します。

ショップURLは「https://○○○(お好きな文字例).○○○.○○ (10種類のドメインから選択)」という形で作られます。
ここで入力する好きな文字列は、ローマ字で3文字以上と指定されているので注意が必要です。

ショップカードやSNSでもショップURLとして記載するURLになるので、お客様にもそのショップだとわかりやすい文字列を選びましょう。
ショップ名やその略称を選ぶことも多くみられますが、お客様が検索するときに簡単なように、長くなりすぎないように調節するのも大切です。

BASEではドメインも10種類から選択することができます。
ドメインとはURLの後ろの文字列。
例えばかわいいものを販売するのであれば、「kawaiishop.jp」、ファッション関連であれば「fashionstore.jp」、手作りなら「handcrafted.jp」というように、ショップのテイストや扱っている商品によって変えることができます。

BASEで作ったショップのURLは変更できる?

BASEでショップを立ち上げた後に、何らかの理由でURLを変更したいという場合もあるでしょう。
しかし、残念ながら一度登録したURLを変更することはできません。

どうしても変更したいという場合は、一度退会してから別のURLで新規登録することになります。
なお退会してから同じURLを使うこともできないので、慎重に検討してください。

またBASEでは複数のショップを運営することもできます。
複数のショップを運営する場合は、複数のメールアドレスを用意してそれぞれのメールアドレスでショップを作成してください。
一つのメールアドレスで複数のショップを立ち上げることはできないので注意しましょう。

独自ドメインAppを使ってみよう

BASEでは好きなURLや独自ドメイン、すでに持っているURLを利用することも可能です。
その場合は独自ドメインAppを利用しましょう。

独自ドメインにするには、独自ドメイン取得サービスでサブドメインのCNAMEを設定します。
BASE管理画面で独自ドメインAppをインストールしてから、ドメイン名を指定して保存してください。

独自ドメインの管理や取得は各ショップが行うことになります。
ドメイン管理サービスにはいろいろありますが、日本最大規模のドメイン管理サービスのお名前.comや個人の利用が多いムームードメインなどが有名です。

例えば会社やブランドですでにドメインを持っていて、そのまま利用したいという場合は独自ドメインAppを使うと良いでしょう。
またBASEであらかじめ用意しているドメインで空きがない場合、独自ドメインであれば設定できることもあります。
独自ドメインにすることでブランディングに合わせたURLを設定することが可能です。

また独自ドメインにすることで、より信用力があるという評価につながるケースもあります。
集客効果、お客様の流入数を増やすためにも、独自ドメインは戦略的に活用できるアイテムです。
独自ドメインAppをショップ戦略に活用してみてください。