BASEで出店方法を解説!!メリットと始める前の注意点とは!?

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
BASEで出店する方法がわからない
という方のために、BASEで出店する方法ついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. BASEに出店する方法を知ることができる
  2. BASEに出店することで得られるメリットがわかる
  3. BASEに出店するときに注意しなければいけないポイントがわかる
  4. ネットショップを立ち上げるために必要な戦略を組み立てることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではBASEで出品する方法について解説をしていきます。

まだBASEに登録をしていない方は30秒でBASEに登録ができるのでしておきましょう。

BASEでショップを開設するには?

BASEは簡単にネットショップを開設できるサービス。
簡単な入力だけでショップを開設して、ショップオーナーになることができます。
では、実際にどのような手続きでショップを開設できるのか紹介します。

1.アカウントを登録しよう

BASEでショップを開設するには、初めに登録画面からショップのアカウントを作成します。
ここで必要となるのは、メールアドレスとパスワードとショップURLです。
メールアドレスはBASEからのお知らせやお客様からのコンタクトがあった時に必要となります。

もともと使っているメールアドレスでも問題ありませんが、ショップ立ち上げをきっかけに新しいメールアドレスを用意しておくと、プライベートのメールと混同しにくくなり便利です。
ショップURLは「https://○○○(好きな文字例).○○○.○○ (10種類のドメインから選択)」という形で作成されます。
ショップ名などが一般的ですが、検索しやすいように長すぎない文字列がおすすめです。

全て入力が完了したら、「利用規約に同意する」ボタンにチェックをして「ショップ作成」をクリック。
最後に反社会的勢力でないことの表明・確約に関する誓約書の画面に移動します。
チェックボックスにチェックを入れてから「上記に同意する」ボタンをクリックして、アカウントの作成は完了です。

2.BASEに情報を登録しよう

メールアドレスを登録すると、そのアドレス宛てにメール認証が届きます。
メールを開くと認証用のURLが記載されているので、そのままクリック。

メール認証後、運営に関する情報の設定(特定商取引法に関する表記)の入力に進んでください。
特定商取引法ではトラブル防止や、お客様保護のために事業者が守るべきルールが定められています。
ここで記入した内容はショップの「特定商取引法に基づく表記」ページに表示され、お客様はそれを見ることで安心してショッピングを楽しむことができるでしょう。

必要事項には事業所の名称や所在地、電話番号などがあります。
入力に注意が必要な項目ではひな型も用意されているので、参考にしながら自分のショップに合わせて入力して下さい。

3.決済方法を選択しよう

決済方法を選択すると、ショップをオープンできる状態になります。
BASE内の決済は「BASEかんたん決済」と呼ばれるサービスを使用します。

BASEかんたん決済は、クレジットカード決済、キャリア決済、銀行振込、コンビニ決済 / Pay-easy、PayPal、後払い決済から選ぶことができるエスクロー決済。
BASEがエスクロー決済の仕組みを通じて仲介することによって、ショップもお客様も安心してスムーズに取引することができます。

決済方法を入力するには、「特定商取引法に関する表記の入力」ページにある「決済方法の設定」をクリックしてください。
「BASEかんたん決済 利用申請」タブをクリックして、決済方法を選びましょう。

決済方法の選択をしたら、次は屋号や事業者情報の入力です。
それらを入力することで、カード履歴にショップ名が記載されます。
また住所の入力が必要です。
法人の場合は代表者個人の住所、個人の場合は住民票に記載されている住所を入力します。
これらは申請上必要な情報ですが、サイト上に公開されることはありません。

最後にショップカテゴリを選択して「保存する」ボタンを押して完了です。
これで晴れてショップをオープンすることができます。

4.BASEで商品を出品してみよう

ショップがオープンできる環境が整うと、いよいよ商品を出品できる状態になります。
いきなり商品を出品するのが不安な場合は、後で削除できるのでテスト用でも問題ありません。
ホーム画面の「商品を登録しましょう!」ボタンをクリックするか、メニューにある「商品管理」から「商品を登録する」ボタンをクリックします。

商品登録画面から商品の画像や詳細情報を入力してください。
登録できる写真は最大で20枚です。
写真をドラッグすることで自由に並び順を変更することができます。

商品写真としてメインで使用する画像は一番左側に配置します。
また表示・公開のチェックボックスは後から変更することも可能です。
一番上に表示のボックスをチェックすることで一覧ページのトップに表示されます。
一押しの商品があるときなどはチェックを入れてみてください。

また商品によってはサイズやカラーでバリエーションを作って展開しているでしょう。
その場合は「種類を追加する」ボタンからバリエーションを追加します。
それぞれ在庫を設定することができるので、在庫切れの商品を販売してしまう心配もありません。
最後に「登録する」ボタンをクリックして終わりです。
メニューの「商品管理」に商品が表示されるのを確認してください。
テスト用の商品の場合も「商品管理」から削除、もしくは非公開にすることができます。

5.ショップを公開してみよう

ショップを立ち上げたら、自分のショップがどのようになっているか確認してみましょう。
メニューの「デザイン」ボタンからショップデザインを確認することができます。
問題がなければそのまま公開します。
テスト用に登録した商品がある場合はメニューの「商品管理」から、削除もしくは非公開にしてください。

ショップを公開するには右上のショップアイコンをクリックしてから「ショップ設定」に進みます。
「ショップ設定」の一番左にある「ショップ情報」タブをクリックして、「ショップ公開状況」を確認してください。
「公開」のチェックボックスにチェックを入れて保存ボタンをクリックすれば、ショップが公開されます。
公開されたショップは右上のショップアイコンをクリックして、「ショップを見る」からいつでも確認することができます。

6.ショップのデザインを変えてみよう

他のショップと差別化をはかり独自のブランディングをアピールするためにも、ショップのデザインは重要です。
自分のショップがどのようなデザインになっているのか、メニューの「デザイン」ボタンから確認することができます。

ショップのデザインは無料の11種類のほか有料のテンプレートもあり、有料のテンプレートには無料テンプレートにはない機能やデザインも用意されている点が魅力です。

またショップのロゴは自動的にショップ名が記載されたロゴが入力されています。
フォントの種類を選ぶことはできませんが、ボタンを押すことで色合いを自由に変更することが可能です。
ショップロゴを別に持っている場合は、その画像をアップロードすることでロゴとして使用することができます。
無料サービスとしてロゴを作ることができる機能もあるので、活用してオリジナルのロゴを作っても良いかもしれません。

デザインメニューでは、他にも背景を好きな画像や色にしたり、メニューの色を変更したりすることができます。
BASEのデザインメニューを活用すれば、テンプレートだけでも十分にショップのテイストを表現することができるでしょう。

BASEで出店するにはお金はどれだけかかるの?

ネットショップ以外の実店舗では、出店するときにさまざまな費用がかかります。
お店を借りれば家賃やテナント料がかかり、さらに保証料としてまとまった金額が必要なケースもあるかもしれません。
また、お店を開いてからも水道光熱費や人件費などが毎月必ずかかります。
ではBASEで出店した場合、どのような費用がかかるのでしょうか。

BASEなら費用ゼロでも出店できる

BASEでは登録料や手数料は一切かかりません。
また、月額費用、年間料金も一切かからないので、無料でショップを出店することができます。

お店を出したいけれど、初期費用やお店の運転資金が捻出できないという人は多いはず。
お金を借りて費用を用意すると利息がかかり、またお店の売り上げが思ったように伸びない場合に返済ができなくなるなどのリスクがあります。
しかし、BASEであれば初期費用がなくても出店することができるので、コストやリスクをかけずにショップオーナーになることが可能です。

また実店舗だと売り上げがあってもなくても家賃や水道光熱費、人件費はかかってしまいます。
一方でネットショップであれば運用資金はかからないため、ショップの売り上げを観察しながら気長に売り上げが伸びるのを待つこともできるでしょう。

BASEは商品が売れた時にだけ手数料が発生する

BASEは月額費用や年会費は不要です。
なぜそれが可能かというと、BASEは商品が売れた場合にのみ手数料がかかる仕組みだからです。

BASEでは商品が売れた時にBASEかんたん決済手数料とサービス利用料がかかります。
さらに売り上げをショップの口座に振り込む場合も手数料と事務手数料がかかります。
それぞれの手数料は以下の通りです。

・BASEかんたん決済手数料 (各注文ごとに)3.6%+40円
・サービス利用料 (各注文ごとに)3%
・振込手数料 一律250円
ただし振込申請額が2万円未満の場合、事務手数料が500円かかります。
振込申請額が2万円以上の場合0円です。

売り上げた時どれだけかかるか計算してみよう

商品を売り上げてからその売上金額が手元に届くまで、さまざまな手数料がかかります。
実際にどのくらいになるのか計算してみましょう。

例えば1,000円の商品を3つ売り上げて送料が500円かかる場合を考えてみます。
注意しなければいけないのが、BASEかんたん決済手数料とサービス利用料は注文の合計金額、つまり商品代金+送料にかかるという点です。
このケースでは、商品代金3,000円に送料500円を足した3,500円に対して、BASEかんたん決済手数料とサービス利用料がかかります。

BASEかんたん決済手数料は3,500円×3.6%+40=166円。
サービス利用料は3,500円×3%=105円です。
つまり注文金額合計である3,500円から、BASEかんたん決済手数料166円とサービス利用料105円を差し引いた3,229円がショップの受け取り分になります。

上記の売上金はBASEで預かっている状態なので、引き出すときには振込申請が必要です。
振込手数料は一律250円ですが、事務手数料は振込金額が2万円未満の場合500円、2万円以上の場合は0円です。

先ほどの例に挙げたケースだと、3,229円の受取金額をそのまま振込してもらう場合750円さらに差し引かれることになります。
3,229円-750円=2,479円が手元に入る金額ということです。
事務手数料は2万円以上になるとかからないので、可能であれば2万円以上になってから申請したほうが良いでしょう。

振込申請の方法は?

ショップの売上金を振り込むには、メニューにある「お金管理」の「振込申請をする」より「口座情報」を入力してから行います。
「振込申請金額」に金額を入力してください。
スマートフォンから操作する場合は「お金管理」から「振込」に進みましょう。
振込予定日は土日祝日を除いて申請から10営業日です。

できるだけ早く振り込んで欲しい時はどうする?

ショップ運営をしていて、早く手元に資金が欲しいと感じることは多いでしょう。
ショップ運営が軌道に乗って早く商品を充実させたい場合、仕入れや制作費用として資金が必要になることがあります。

BASEでの売り上げは通常振込申請をしてから10営業日で入金されますが、キャッシュフローを円滑にするためもっと早く入金してほしいという声も上がっています。
そんな要望に応えてBASEでスタートしたのが「お急ぎ振込」です。

お急ぎ振込は、通常の振込申請なら10営業日かかるところを、最短で翌営業日まで短縮することができるサービス。
売り上げがすぐに手元に入るので、仕入れやプロモーションの資金繰りに利用することができます。

お急ぎ振込の使い方は、通常の振込申請と同様にメニューの「お金管理」から手続きをします。
「振込方法」の欄で振込予定日を確認してから「お急ぎ振込」を選択しましょう。
「振込申請」ボタンを選択すれば申請は完了です。

審査を通過すれば最短で翌営業日に売り上げが振り込まれます。
午前10時までに振込申請した分は翌営業日、午前10時以降の申請は、2営業日後の入金となるので早めに手続きを行ってください。

また「お急ぎ振込」は振込申請金額の1.5%の手数料がかかり、残高が762円以上から振込申請を受け付けています。
利用できるショップは順次拡大しているので、うまく活用しましょう。

考えておきたいネットショップ出店にかかる費用

インターネットの普及とともに多くのネットショップが生まれました。
時間と手間を最小限にして出店できるネットショップは瞬く間に増加しています。
BASEであれば、商品が売れるまでは一切の費用がかかりません。
しかし、ショップを立ち上げるためにある程度の費用がかかることは念頭に置いておきましょう。
実際にネットショップを立ち上げるためには、どのような費用がかかるのでしょうか。

仕入れや材料費

売る商品がなければショップを立ち上げる意味がありません。
例えばハンドクラフトの商品を売る場合でも、材料費や仕入れ費用がかかります。
オリジナルグッズを製造するのであれば製造にかかる費用、既存の品を仕入れる場合は仕入れ費用がかかります。
BASEで出店しているショップの約75%はオリジナル商品を販売していますが、製造にコストがかかる商品の場合は初期費用も大きくなってしまうでしょう。

発送用の梱包材

意外と忘れがちなのが商品を梱包する包材類。
購入したお客様に「買って良かった」、「またこのショップで買い物をしたい!」と感じてもらうためには、丁寧な梱包も大切です。
例えば段ボールや丈夫な封筒などの資材は専門店でも販売していますし、BASEではラッピングセットをプレゼントするAppも公開しています。

段ボールに商品を入れただけでは、隙間が空いて商品が破損してしまうこともあります。
エアークッションや発泡スチロールも必要に応じて準備しておきましょう。
特に時計や装飾品などの高価な品の場合、商品が入った小箱をさらに外箱に入れるようにすると良いです。
またデリケートな商品の場合は下積み厳禁、逆さま厳禁、こわれ物などのお知らせシールを貼ることをおすすめします。

商品写真を撮るための道具

ネットショップは、お客様が商品を直接手に取ってみるわけではありません。
そのため商品写真の良し悪しが売り上げにダイレクトに反映されます。

商品写真が悪くても販売すること自体は可能ですが、「より商品の魅力が伝わるようにしたい」「色みや素材感を伝えたい」と考えるのであれば商品写真にもこだわると良いです。
商品写真にこだわることで、画面で見た色と違うといったクレームをある程度防ぐこともできます。

質が良い商品写真を撮影するためには、投資としてカメラも良いものを用意しましょう。
商品によって必要があればカメラマンやモデルを用意してください。

写真で特に重要となるのが明るさ。
撮影用の照明としてLEDや小型のストロボを使うのがおすすめです。
また光を調整するためにはディフューザーやレフ板も用意します。
背景も紙や木材、布など数種類準備してあらかじめ撮影用のブースを作っておくと便利です。

広告宣伝費用

せっかくネットショップを立ち上げてもショップに人が来なければ売り上げアップは期待できません。
集客を行うにはいろいろな方法があります。
例えばショップに関連したサイトにバナー広告を出すネットワーク広告や、検索結果に広告を出すリスティング広告などの方法です。
これらの広告はターゲット層を絞って広告宣伝を行うことができるため、より効果的に商品をアピールすることができます。

しかし、ショップを立ち上げてすぐに広告宣伝費をかけるのは不安という人もいるかもしれません。
そのような場合は費用がかからないSNSを使った宣伝がおすすめです。
Instagram、Twitter、FacebookなどのSNSはショップの特徴やブランドをアピールできるツール。
SNSを活用すれば、費用をかけなくてもお客様に商品の良さをアピールすることができるでしょう。
BASEではSNSと連携した機能もあるので、上手に活用すればSNSからの多数の流入が期待できます。

商品の宅配はどうする?特徴や料金を比較して選ぼう

ネットショップとして出店するときに事前に考えておきたいのが商品の発送作業。
商品の発送作業は配送会社を利用するのが一般的です。
配送会社によってサービスや特徴があるので、自分のショップで扱っている商品に適した配送会社を選択しましょう。
例えば、まとめて出荷するとお得になる配送会社や集荷サービスが充実している配送会社など、ニーズに合わせて選ぶようにしてください。

小さくて軽いものと重くて大きいもののように商品によって配送業者を使い分けてもいいかもしれません。
小さいものをお得に配送してくれる配送業者や、大きいものや多数のものをお得に送ってくれる配送業者など、業者によって得意不得意があるので、商品によって柔軟に変えることで料金を安く抑えることができます。

かんたん発送Appで手軽に

配送業者を選ぶのが大変、できるだけ配送に手間をかけたくないという人におすすめなのがヤマト運輸と連携したかんたん発送Appです。
かんたん発送Appであれば送り状をQRコードから発行して、ファミリーマートの端末やヤマトの営業所からすぐに商品を発送することができます。
面倒なあて名書き作業は一切不要で、さらに追跡と保証も付いているので安心して任せることができるでしょう。

選べる配送方法は「ネコポス」「宅急便コンパクト」「宅急便」の3つで、集荷依頼もできます。
また全国一律の配送料なので、遠方への発送だととてもお得です。
また通常窓口で支払う送料も、かんたん発送Appであれば売上金から自動で引き落とし可能。
支払いや費用の管理も手間がかかりません。

BASEで売れる商品ってどんなもの?

BASEではオリジナルのハンドメイドアイテムや海外から仕入れた商品、アート作品などさまざまな商品を販売しているため、誰でもアイディア次第でショップを出店することができます。
さらにBASEでは形が無い、無形商品を販売することも可能です。

例えば、チケットなどがないセミナーやイベントなどの参加費があります。
また占いや鑑定、カウンセリング、コンサルティングなどの技能を販売したり、掃除やお墓参りなどの代行サービスを商品にしたりすることもできます。

デジタルコンテンツも販売できる

近年は電子データの販売も一般的になりました。
デジタルコンテンツ販売Appを使うことで、写真データやテキストデータ、音楽データなど形式を問わずに、さまざまなデジタルコンテンツを販売することができます。
購入されたデジタルデータは、お客様が購入後のメールに記載されているURLをクリックしてダウンロードする仕組みです。

在庫なしでオリジナル商品を販売することもできる

ネットショップであっても商品を用意するには材料費や仕入れ費用がかかります。
しかし、BASEではそんな常識を打ち破るサービスを提供しています。
BASEと連携しているオリジナルサービスでは受注販売形式となっているため、商品が注文されてから発注して売り上げることが可能。
つまり、商品を用意したり在庫を持ったりするコストは一切かけずに商品を販売することができます。

BASEと連携しているサービスを4つ紹介します。

・canvath(キャンバス)
canvath(キャンバス)はイラストや画像をアップするだけでオリジナルグッズを作れるサービス。
低価格で1つからでもオリジナルグッズを作ることができます。

・pixivFactory(ピクシブファクトリー)
pixivFactory(ピクシブファクトリー)の特徴は制作できるオリジナルグッズの種類が多いことです。
アクリルブロックやサコッシュなど50種類以上のグッズを制作できます。

・monomy(モノミー)
monomy(モノミー)はオリジナルアクセサリーをディスプレイ上で製作できるサービス。
3,000種類以上のアクセサリーパーツを組み合わせて自分だけのアクセサリーを作ることができます。

・オリジナルプリント.jp
オリジナルプリント.jpはTシャツやマグカップ、タオルなど1,500種類以上のオリジナルグッズを簡単に作ることができるサービスです。
作ることができるオリジナルグッズ数が豊富なので、アイディア次第でいろいろなアイテムを作ることができます。

上記はBASEと連携しているオリジナルグッズサービスですが、それ以外にもオリジナルグッズを作成できるサービスはたくさんあります。
オリジナルグッズはハンドメイドだけではありません。

自分のショップがどういった付加価値を生み出したいのかを考えて、適したサービスを見つけましょう。
BASEと連携できるオリジナルグッズ作成サービスなら、販売までの流れもスムーズです。
初めは小規模なショップからスタートして、軌道に乗ってからショップの規模を大きくしていくこともできます。
時代の変化とともに、個人でもアイディア次第で大企業と同じフィールドでビジネスをすることが可能になりました。

まずはBASEに出店して自分だけのアイディアを世界に公開しましょう。

まだBASEに登録をしていない方は30秒でBASEに登録ができるのでしておきましょう。