BUYMA(バイマ)の仕入れ方を徹底解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
BUYMAでの仕入れ方について知りたい
という方のために、BAYMAでの仕入れ方について解説します。

この記事を読むことで、

  1. BUYMAでの仕入れを成功させるためのポイントが分かる
  2. BUYMAではどのような買い付けが行われるのか分かる
  3. BUYMAでの購入から受け取りまでの一連の流れが分かる
  4. 仕入先はどのように探すのがベターか分かる
  5. 仕入れを行う際に気をつけるべきポイントが分かる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではBUYMAでの仕入れ方と成功させるためのポイントを解説していきます。

1.BUYMAでの仕入れを成功させるポイント

BUYMAでは魅力的なアイテムが通常価格よりお得に販売されているので、仕入れる側にとっては大変魅力的なサイトです。
しかし、ショッパー(販売者)の手違いによって偽物を購入してしまうリスクもあります。

つまり、BUYMAでの仕入れを成功させるためには、いかにして「信頼できるショッパー」を見つけるかが鍵となってきます。
ただ、いきなり信頼できる販売者を見つけるといってもどうすればいいのか分からないという方が多いでしょう。

そこでまずチェックすべき項目が「ショッパーの評価」となります。

1-1.必ずチェックしよう!ショッパーの評価の見方とは

ショッパーは「応対の丁寧さ」、「返信の速さ」、「梱包の丁寧さ」をそれぞれ5段階で評価されます。
購入者から納得のいく取引を評価してもらえれば、最高評価の「5」を付けてもらえる仕組みです。
この3要素の評価ポイントを平均したのが「総合評価」であり、4.5以上なら安心して取引することができるでしょう。
最低でも4以上はほしいところです。

評価部分には5段階評価の対象となる要素以外に、「発送までの平均日数」、「注文実績」、「買付成功率(BUYMAは無在庫販売が可能で、注文が通らないことがありその場合は買付成功率が下がる)」が表示されますので、それらの数字を取引の際の参考にしてください。

次に評価部分以外で目を通してもらいたいのが「不満」のコメント欄です。
購入者が取引の際になんらかの問題を抱えると「不満」の欄にコメントが書かれますが、その内容をチェックしましょう。

例えば「商品の到着まで時間がかかる」と記載されていたケースについてだと、もし自分が商品の到着までの期間にこだわりがないのであれば、この評価は許容範囲内となるわけです。
「不満」のコメント数だけに目を向けるのではなく、どういった理由で購入者がクレームを入れているのかは必ず確認してください。

なかなか細かい部分まで目を通すのは難しいと感じるのであれば、「プレミアムパーソナルショッパー」を選ぶのも一つの手です。
「プレミアムパーソナルショッパー」とは、BUYMAが設けた基準をクリアした信頼できるショッパーのことです。

BUYMAでショッパーになる方は、購入者に安心して商品を取引してもらうために「プレミアムパーソナルショッパー」を目指します。
どのショッパーから購入しようか迷ったときに、一つの判断基準になるでしょう。

2.BUYMAでの買い付けの種類

BUYMAで商品を売買するには買い付けを行わなければいけません。
買い付けには具体的に海外から買い付ける方法と、国内で買い付ける方法があります。

2-1.海外買い付け

BUYMAで商品を出品する場合、メジャーなのは海外での買い付けです。
日本は比較的物価の高い国であり、同じブランド商品でも他国と比べると高価で販売されているケースがあります。
逆に海外では安く購入できるので、この価格差(内外価格差)で利益を出します。

ただし、海外で商品を購入した場合は付加価値税などが発生するケースも。
発送方法などによっては免税となる可能性があるので買い付けコストを下げたいのであれば、税金に関する知識をまずはつけましょう。

2-2.国内で買い付け

BUYMAでは海外での買い付けが一般的なため、国内での買い付けには感心が薄いショッパーも多いようです。
しかし、国内買い付けによるメリットもあります。

まず、「発送までの日数が短縮される」ということです。
海外から商品を買い付けようとしても、発送までに日時を要することがありますし、社会情勢によっては大幅に荷物の発送が遅延する可能性があります。
その点国内での買い付けなら発送まで時間を要しません。

次に、「日本での買い付けなら安心して消費者が購入するから」です。
BUYMAは買い付けた国を商品ページに表示する機能がありますが、日本で買い付けたのであれば安心という方も多いでしょう。

3.BUYMAでの購入から受け取りまでの流れ

BUYMAでは原則としてショッパー(販売者)に注文を入れてからショッパーが商品の買い付けを行うため、買い付けに失敗すれば取引自体がキャンセルとなります。
一般的なショッピングサイトとは異なり、注文ボタンを押せば必ず商品が届くわけではないことに注意しましょう。

無事ショッパーが商品を確保することができれば、順次商品が発送されます。
商品が手元に到着したら、まずは商品の状態を確認してください。
万が一商品の状態に問題があるなら、BUYMAに補償の申請を行ったり、鑑定サービスの利用申請を出したりすることが可能です。

BUYMAは安心して商品を購入してもらうためにさまざまな施策を展開しているので、初めて利用される方はそちらを必ずチェックしてください。
商品の状態に問題がなければ「取引を完了する」ボタンを押して終了です。
代金は基本的に後払いで、取引完了ボタンを押された時点で決済が確定します。

4.良い仕入先を見つける方法

BUYMAを始めとするショッピングサイトで利益を出したいのであれば、良い仕入先を見つけるのは必須条件です。
では、どうすれば良い仕入先を見つけることができるのでしょう。
その際に役立つのがGoogleです。

BUYMAで人気のあるアイテムの画像を右クリックすれば、画像でサイトを検索することができます。
すると、そのアイテムを取り扱っているサイトの一覧が表示されます。
そこからできるだけ仕入れコストの低いお店を見つけて仕入れましょう。

画像検索にはちょっとしたコツが必要で、できるだけシンプルな画像を選ぶのがおすすめです。
背景にいろいろ写り込んでいる画像だと、トリミングの程度によってまったく関係ない画像を検索にかけたことになってしまい、探したいアイテムを取り扱っているサイトにたどり着けない、ということもあります。

5.仕入れを行う時の注意点

ショッピングサイトを運営するために商品の仕入れをするときにはいくつか注意したい点がありますが、特に気をつけなければならないのは、「誤って偽物を仕入れてしまうこと」です。
たとえ故意ではなくても偽物を販売してしまった場合、とんでもなく大きなペナルティーがサイト側から課せられます。
最悪の場合は逮捕される可能性もあります。

偽ブランド品を販売するリスク

BUYMAに限らず多くのブランドアイテムを扱うサイトが最も警戒しているのは、「偽物商品が流通し、サイトの評判が下がること」ということです。

偽物商品がわずかでもサイト内に流通してしまうと、商品を購入する側は「偽物を掴まされるのではないか」という不安に苛まれ、安心して買い物を楽しむことができません。
そのため、BUYMAは無料の鑑定サービスを提供するなど偽物商品の排除に尽力しています。
そのようなサイトで偽物商品を出品するとどうなるでしょう。

まず、「サイト側からアカウントを削除」される可能性があります。
これはBUYMAに限ったことではないのですが、さまざまなサイトには利用規約というものがあり、この規約に抵触してしまうとサイトの判断でアカウントの停止・削除を自由に行うことが可能になります。

もしアカウントが削除されてしまったら、そのサイトを利用することはほぼ不可能になってしまいますので、ショッピングサイトで利益を出そうと思っているのであれば一番避けるべき事態です。

偽ブランド品を販売して逮捕されるケースも多い

ショッピングサイトで偽物商品を販売することはアカウント停止などのリスクがあることをお伝えしましたが、その程度の処分であればまだ寛大な対応と言えるかもしれません。
なぜなら、「偽物商品の販売は立派な犯罪」だからです。

具体的な罪状は「商標法違反」。
実際にフリマサイトなどで偽物商品を出品したことにより逮捕される例は数多くあります。
アカウント停止などのサイト内での処分で済めばいいですが、警察によって刑事処分が下されてしまうと私生活に大きな影響があります。

問題なのは偽物だと気づかず商品を輸入してしまい、それを販売することです。
偽物を販売する業者は巧妙に購入者を騙してくるので、偽物を見抜くスキルも身に着けなければいけません。

商品を仕入れる際に偽物商品を見分ける方法はある?

ショッピングサイトで何気なくブランドアイテムを購入したら偽物だった、なんてことはもう珍しくありません。
偽物を意図的に販売するサイトはいかにも本物のように見せかけることに長けているので、素人が本物かどうかを見抜くことは大変難しいです。

そのため、商品を仕入れる際には「信頼できる業者・サイト」を選ぶのが重要となります。
ネットの口コミから信頼できる業者を見つけて、慎重に買い付けを行うべきです。

ネットで商品を買い付ける場合はサイトを入念にチェックする

ネットを経由して商品を仕入れる際には、購入しようとしているサイトに問題がないか入念にチェックし、少しでも不安を感じるようであればそのサイトで仕入れることは見送りましょう。

まず見るべきポイントは、「公式サイトより低すぎる価格で販売していないか」。
通常何万円もするブランドアイテムが数千円で販売されているようなサイトには注意が必要です。

ネットショップで大きく利益を出すには、販売価格と仕入れ値の差をできるだけ大きくする必要があります。そのため、定価数万円のブランドアイテムが数千円なんて話を聞いたら思わず飛びついてしまいそうになるかもしれません。
あまりにも安い価格で売られている場合は、注意しましょう。

商品を輸入して転売することで利益を出すのであれば、地道な作業で薄利多売を目指していくということを忘れないでください。
ただ、訳あり商品のため特価で販売している可能性もあるので、どうしても気になるアイテムなら問い合わせてみるのがおすすめです。

目視だけではどうしてもそのサイトが安全かどうか確かめることは難しいかもしれません。
それなら、「アレクサ」や、「スキャンアドバイザー」を利用してみましょう。
これらのツールはサイトの安全性を格付けしてくれるもので、リスクを避けて買い付けを行いたいという方におすすめです。

その他に「サイトの画像の質が悪く明らかに転載だとわかる」、「問い合わせページにフォームしか掲載されておらず、運営会社の実態がつかめない」といったサイトは注意が必要です。
悪質なサイトかもしれません。

ショッピングサイトによっては買い付け不可のサイトがいくつかある

例えばBUYMAでアイテムを販売するときに注意しないといけないのは、仕入元によっては販売できないということです。
具体的には「日本人向けに日本語で運営されている通販サイト」(Amazon(日本版)、楽天など)、「利用者同士で売買できるサイト」(ヤフオク、メルカリなど)です。

この他にも偽物と思われる商品を取り扱っていたサイトから仕入れた商品はBUYMA上で販売することはできません。
フリマアプリのような感覚で仕入れて販売していると、買い付け不可のサイトからの商品を販売したことになってしまい、最悪の場合はアカウントが停止されてしまう恐れもあります。

基本的に停止されたアカウントは復活させることができず、それまでBUYMAで積み上げてきた実績は無価値になってしまうので注意しましょう。
具体的なサイト名については公式ホームページで確認してください。

ネットショップで確実に利益を上げていくのであれば、サイトの規約をしっかりと理解する必要があります。
サイトの規約というのはいわば法律のようなものであり、それに抵触することにより厳しい処分が下され、ネットショップの運営に支障をきたすかもしれません。
有利にネットショップを運営するために利用規約をしっかりと理解し、もしわからないことがあれば運営者に確認を取るようにしましょう。