BUYMA(バイマ)で返品したい時の手順と対処法を徹底解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
BUYMAで商品を購入したが、返品できるのか知りたい
という方のために、BUYMAで返品したい時の対処法について解説します。

この記事を読むことで、

  1. BUYMAでの返品は可能なのか、その具体的な方法が分かる
  2. BUYMAが返品をサポートしてくれるオプション「あんしんプラス」について理解できる
  3. BUYMAで実際に返品する際の流れが分かる
  4. 取引が完了してしまった後に返品する方法が分かる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではBUYMAで返品したい時の対処法について解説をしていきます。

1.そもそもバイマで注文後の返品・交換は可能なの?

これはBUYMAに限ったことではありませんが、購入後にサイズが合わなかったり、自分のイメージに合わなかったりという経験をしたことがあるという方は多いでしょう。
そうなると商品を交換、もしくは返品してもらうことになるのですが、残念ながらBUYMAでは基本的に購入者の自己都合で返品することはできません。

ただし、例外はあります。
いくつか条件があるのですが、具体的に示すと
・取引完了前であること
・BUYMAの補償制度である「あんしんプラス」に加入していること
・商品に初期不良などの問題がない
・未使用かつ新品であること
・一部のカテゴリの商品は対象外
です。
この条件を満たしているのであれば、返品することが可能です。

また、返品可能な商品は検索結果ページに「返品補償制度の対象商品です」、「返品可能」というアイコンが表示されています。

1-1.あんしんプラスとはどのような補償制度?

先ほど商品を返品できる条件として、「あんしんプラス」に加入していることを条件として挙げました。
では、この「あんしんプラス」とはどのような制度なのか、紹介します。

「あんしんプラス」によって受けられる補償は大きく分けて、「初期不良補償制度」、「紛失補償制度」、「返品補償制度」の3つです。
まず「初期不良補償制度」について紹介します。

注文した商品に汚れや破れなどの不具合、不備などが合った場合に「初期不良補償」を申請することができます。
どのような状態であれば補償が適用されるかについては、「BUYMA品質ガイドライン」に記載されているのでチェックしておきましょう。
ガイドラインをチェックした結果、初期不良補償の対象であると分かったらすぐに仮申請を行ってください。
この「商品到着後すぐに申請を行う」というのが重要なポイントで、申請が遅れてしまうと申請そのものを受け付けてもらえなくなる可能性があります。

申請を行う際は、コメント欄に具体的な問題点を記載してください。
問題のある箇所を写真で撮影をすると、スムーズに初期不良が認められるでしょう。
サイト上での申請が完了したら必要書類を商品に同封し、BUYMAへ追跡可能な方法で送付します。

このときの送料は購入者負担ですが、初期不良が認められたら送料分をBUYMAポイントで付与してもらえます。
発送期限はサイト上での仮申請から7日以内で、もしこの期間を過ぎてしまったら申請自体が行えなくなってしまうので注意してください。

商品の到着後1~3営業日程度で審査を行い、初期不良が認められたらBUYMA事務局が出品者に商品交換を依頼してくれます。
在庫がない、出品者が対応しない場合は取引そのものがキャンセルとなり、購入時の代金は返金されます。

次に紹介するのは「返品補償制度」です。
ブランド商品を購入したけれど、イメージが合わなかった、自分の体型では着られない、そんなときに利用するのがこの制度です。
初期不良補償制度と異なるのは、返金が現金ではなくBUYMAポイントで行われる点です。
また、この際に付与されたポイントには有効期限があるので注意してください。

「返品補償制度」を利用する流れとして、まず購入者が返品補償制度の申請を行います。
返品補償の申請条件とBUYMA品質ガイドラインの基準を満たしたことを確認したら、指定された到着期限日までに指定された書類を同封し、BUYMAへ送付します。
なお、このときの配送料は購入者負担となるので注意してください。
BUYMAに商品が到着したら、5~10営業日程度で審査が行われ、補償が無事適用されれば購入時の代金がBUYMAポイントで付与されます。
適用外となった場合、商品は返送となります。

最後に紹介するのは「紛失補償制度」。
注文した商品が発送されたにも関わらず手元に届かないというときに利用できる制度です。
追跡のある方法で発送されていれば商品代金の全額、追跡のない方法で発送されていた場合は5万円まで補償してもらえます。

制度の利用を申請できるのは、出品者から発送通知があってから53日目以降からです。
明らかに商品の到着が予定より遅い時点で「決済保留」を行ってください。
決済保留をし忘れると自動で取引が完了してしまうので注意しましょう。

紛失補償制度の仮申請を行ったら、書類に必要事項を記入してBUYMAへ郵送、もしくはメールで送付してください。
書類が到着次第、BUYMAが紛失補償制度の対象になるか審査を行います。
審査の結果、紛失補償の対象と認められたら取引自体がキャンセルとなり、代金は返金されます。

基本的に追跡サービスがある場合はトラッキングされているので荷物が紛失される可能性は非常に低いです。
万が一紛失と認定されたら配送を担当した郵便局、もしくは配送会社に紛失証明書の発行を請求してください。
紛失証明書があればスムーズに補償を受けることができます。

1-2.「あんしんプラス」を利用する際に必要な料金

商品購入の際に幅広く補償してくれるとあって、オプションの利用料金はどのぐらいになるのか気になる方は多いでしょう。
利用料金は「商品価格の1.47%」、「商品価格が2万円以下の場合は一律293円」(共に税込)と定められています。

さまざまな補償を展開しているにも関わらずこの料金というのは大変魅力的です。
また、高額商品にも適用できるのでとても便利な制度となっています。
少しでもBUYMAでの商品購入に不安を感じているのであれば、利用を検討してみてください。

1-3.「あんしんプラス」は出品者にもメリットあり

ここまで「あんしんプラス」について紹介しましたが、購入者にとってメリットが大きく、出品者は商品を返品されたら負担が大きくなると考えるかもしれません。
しかし、出品者にとってもメリットがあるのが「あんしんプラス」の凄いところです。

購入者のイメージ違いなどで「返品補償制度」を使用された場合、その商品が補償の対象内であれば購入者に代金がBUYMAポイントで付与されるだけでなく、出品者にも正規の代金が支払われます。
交換の際に新しい商品の送料は出品者が負担する必要がありますが、それを差し引いても手厚いサービスを提供していると言えるでしょう。
残念ながら商品の購入後に「あんしんプラス」に加入することはできませんので、商品のコメント欄などで「あんしんプラス」の魅力をアピールして購入時に加入してもらうようにお願いしてみるのもいいかもしれません。

2. 購入商品が返品保証制度の対象かチェックしよう

購入しようと思った商品が返品補償制度の対象商品になっているかは、商品の横に表示されているアイコンで分かります。
返品補償制度を利用できる商品なら、「返品可能」、「返品補償制度の対象商品です」などと表示されますので、必ず確認してください。

3.返品・交換の手順

「あんしんプラス」に加入している場合の返品・交換の手順については上に示した通りなので、この項目では「あんしんプラス」に加入していないと仮定して説明します。

「あんしんプラス」に加入していなければ、基本的に購入者の都合で商品を返品・交換することは不可能です。
ただ、出品者に明らかな間違いがある場合は返品のお願いをすることができます。
例えば、注文した商品とは別のものが届いた、商品情報の記載に誤りがあった、配達された商品に初期不良があった、などです。

しかし、このような場合でも基本的には「当事者間での解決」が求められますので、出品者に事情を説明して、返品・交換に応じてもらわなければいけません。
交渉というのは骨の折れる作業であり、できればしたくないという方もいるでしょう。
その点、「あんしんプラス」に加入していればBUYMAが交換・返品を仲介してくれるので大変便利です。

4.取引完了後の返品は基本的に自分で交渉することになる

BUYMAで商品を返品する際は、「あんしんプラス」に加入していればさまざまな返品理由に対応してくれることを紹介しました。
しかし、「あんしんプラス」に加入していたとしても、一切BUYMAでは対応できないケースがあります。
それは「取引がすでに完了してしまった」ケースです。

「あんしんプラス」には利用条件があり、商品ステータスが「発送済み」(取引が完全に完了していない)の場合に限り補償の対象外となります。
購入者が取引完了ボタンを押してしまえば、もうBUYMA側では対処することができなくなってしまいます。
それでもどうしても返品したいのであれば、まずは出品者に問い合わせてみましょう。

しかし、取引が完了しているにも関わらず返品に対応してくれる出品者はほとんどいません。
そのような要求に対応していたら手間もかかりますし、トラブルの原因になりかねないからです。
もし出品者が大変良心的で返品に応じてくれる場合は、送料や振込手数料は購入者が負担するべきでしょう。

幅広い補償で買い物時のトラブルを解決してくれるのが「あんしんプラス」の魅力です。
しかし、取引を完了してしまったらその補償を一切受けられなくなってしまいます。
そのため、商品が到着したら問題がないか細かい部分までしっかりとチェックしてください。
きちんと確認して「商品に問題がない」と判断してから、取引を完了しましょう。