初心者がBUYMA(バイマ)で出品する方法を徹底解説!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
BUYMAで初めて出品しようと思ったけれどどうすればいいのか知りたい
という方のために、BUYMAで出品する方法について解説します。

この記事を読むことで、

  1. BUYMAでリサーチを行う重要性がわかる
  2. 実際に商品を出品する際の注意事項がわかる
  3. BUYMAの作業を外注する時のポイントがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではBUYMAで出品する方法について解説していきます。

 

1.リサーチ

BUYMAでアカウントを開設した後に最初にするべきことは、リサーチではありません。
まずするべきことは、「戦略を立てること」です。

どのような商品をどのような規模で取り扱い、どのように利益を上げていくかを考えます。
やみくもに商品を仕入れて販売しているだけでは、思ったように利益を上げられないどころか赤字になってしまう恐れもあります。
そのため、戦略をしっかりと立てることは大変重要です。
ただし、この戦略はBUYMAで活動していくうちに変わっていくことになるかもしれません。

戦略を立てる際に決めておきたいこととして、取り扱う商品の種類に加えて、「有在庫、もしくは無在庫」で運営していくか、という点がポイントです。
無在庫は手元に在庫を置かず、注文を受けてから仕入先へ商品を発注し、それを購入者へ発送する方法です。
一方で有在庫は、その名の通り先に商品を仕入れてから販売する方法になります。
慣れないうちはリスクの低い無在庫からスタートするのがいいでしょう。

少しずつ慣れてきたと思ったら、僅かながらでもいいので有在庫にも挑戦していってください。
有在庫にはメリットを感じられないという人もいるかもしれませんが、BUYMAでは無在庫ならではの「注文をしたけれど在庫を確保してもらえず、結局商品を手に入れることができなかった」という事態を避けることができます。
また、配送期間を短縮することができるので、より商品を買ってもらいやすくなります。

1-2.BUYMAの初回審査って一体何をするの?

BUYMAで商品を販売するためにはパーソナルショッパーとして登録する必要がありますが、登録が完了したからといってすぐに商品を販売することはできません。
まず、BUYMAによる「初回審査」が行われます。
審査と聞くとなんだか厳しそうなイメージがありますが、BUYMAが規約などをしっかりと理解しているか確認しているだけなので、そこまで慎重になる必要はありません。

具体的な審査方法は、「新規出品」によって行われます。
まずテストで1商品出品することにより、BUYMAのルールを理解しているか確認されます。
ここで出品に問題があったとしても、不合格となって今後一切出品できなくなる、ということは無いので安心してください。

もし出品に問題があったとしたら、BUYMAから修正依頼のメールが送られてきますので、その内容に従って修正作業を行えば何も問題はありません。
確実に初回審査を通過したいのであれば、大手サイト・ブランドを利用するのが無難です。

1-3.ここでやっとリサーチ開始!リサーチの具体的な方法とは

初回審査を無事に通過したら、いよいよリサーチに挑戦です。
リサーチの方法によって収入が大きく左右されます。
この記事でもいくつかリサーチの方法を紹介しますので、参考にしてください。

まずトライしてもらいたいリサーチの方法は、「人気順でのリサーチ」です。
BUYMAで最も一般的なリサーチの方法である「人気順のリサーチ」は、その名前の通りBUYMAで販売されているアイテムの中でも、特に注目度の高い商品をピックアップして調べることができます。

しかし、人気順と言われてもどのような基準で決めているのかはわかりにくい部分です。
もちろんBUYMAの独断で人気を決めているわけではありません。
ポイントは商品ページに掲載されている「ほしいもの登録数」と「アクセス数」です。
これらを組み合わせた数値をランキングして表示しています。

「ほしいもの登録数」と「アクセス数」について触れましたが、こちらも詳しくチェックしておきましょう。
「ほしいもの登録数」と「アクセス数」、どちらを重視するべきかと言えば、やはり「ほしいもの登録数」といえます。
なぜなら、ほしいものに登録するということは、購入意欲がかなり高いことを示しているからです。
BUYMAではほしいものに登録しておくと、場合によってはその商品を対象にクーポンが発行されることがありますので、そのことも頭に入れておいてください。

次に「アクセス数」について知っておきましょう。
「アクセス数」とはその名前の通り、商品に対してどれだけの人が反応したかを示しています。
しかし、アクセス数が多いにも関わらず「ほしいもの登録数」が振るわないケースもあるようです。
そのような商品は恐らく値段の付け方に問題があると考えられます。

もし同じ商品でもディスカウントしたりすれば、商品を売れる可能性が大いにあります。
また、このアクセス数というのは厄介で、商品の魅力だけで増えるわけではありません。
BUYMAは一定の基準を満たした「プレミアムパーソナルショッパー」をSEO上で優遇しているので、そのようなショッパーの商品ページは検索エンジンからのアクセスが、一般的なショッパーに比べて飛躍的に増加します。

リサーチの際はさまざまな数値を指標として使うわけですが、その数値はどうして高いのか、そして低いのかを考えることが重要です。

次にトライしてもらいたいのが、「BUYMAでも人気のあるショッパーの販売履歴」からリサーチする方法です。
BUYMAでは販売履歴を表示する機能があるため、どのショッパーがどのような商品を販売したのかがすぐ分かるようになっています。
簡単に言うと成果を上げている人の真似をするというわけですが、初心者がまずするべきことは「成功している人の真似」です。

どうしても真似をすることに抵抗がある人は我流で仕入れを行ってしまいがちですが、失敗するリスクが高まるだけなのでおすすめできません。
オリジナリティを出すのはBUYMAである程度成功し、コツを掴んでからでも遅くはありませんし、成功している人を参考にするのは成長への最短ルートなのです。
この方法のことは「モデリング」と呼ばれているので参考にしてください。

BUYMAでモデリングするのは大切なことですが、ここで問題となるのは「どのパーソナルショッパーに対してモデリング」を行うのか、ということになります。
利益を大きく出したいと思い、トップランナーをモデリングする方もいるかもしれませんが、そのような人は仕入れからしてレベルが違うので真似することは非常に難しいです。

まず参考にするべきパーソナルショッパーは「BUYMAに登録してから日が浅い」ことが条件になります。
また、自分が狙っているジャンルと近い商品を取り扱おうとしているショッパーならなお良いでしょう。

次にマスターして欲しいのが「新着順でのリサーチ」です。
こちらもその名前の通りBUYMAで出品された商品の中で新しい順にソートする方法なのですが、ここで「ほしいもの登録数」が異様に伸びているアイテムがあれば、それに狙いを定めるのがおすすめです。
しかし、新着順でリサーチを行う方法はオーソドックスなため、競合ショッパーが多いことを忘れてはいけません。
あくまで数ある方法の中の一つであることを意識してください。

次はBUYMAから離れたリサーチ方法を紹介していきます。
まずは「ファッション雑誌」を利用したリサーチ方法です。
出版不況と言ってもファッション雑誌は健闘している方で、現在もさまざまなジャンルのファッション雑誌が販売されています。
消費者はトレンドをチェックするためにファッション雑誌を購入し、どのようなアイテムが流行するのかチェックします。
このとき紙面で取り上げられたアイテムを仕入れることができれば、しっかりと売上を上げることができるでしょう。

ファッション誌を活用したリサーチで気をつけなければいけないのは、「自分が得意とするジャンルのファッション誌をまず見つけること」です。
ファッション誌は細分化されたジャンルに沿って出版されているので、なかなか自分に合ったものを見つけるのは難しいかもしれません。
また、毎月ファッション誌を購入するのが経済的な負担にもなります。

もしファッション誌の購入費用を少しでも節約したいと思っているなら、雑誌の定額読み放題サービスに加入がおすすめです。
電子書籍で雑誌を読むことができるので、部屋に古雑誌が溜まらないというメリットもあります。

最後に紹介するのがSNSを利用したリサーチ方法です。
近年SNSの利用者は増え続けているため、リサーチの際には欠かせない情報源となっています。
SNSにもTwitterやFacebookなどさまざまなものがありますが、BUYMAで仕入れ商品を探すためにリサーチをするならInstagramをチェックするのがいいでしょう。

Instagramでどのインスタグラマーの投稿を参考にするかも重要です。
そのようなときはつい有名人の投稿を参考にしてしまいがちですが、同じようなことを考えているBUYMAでの競合がいるので仕入れるのが難しくなってしまいます。
そのため、一般人でありながらもファッションセンスを感じさせるフォロワーの多いインスタグラマーを狙うべきでしょう。

また、チェックする投稿は1人に偏らせるのではなく、常に複数人を対象にしてください。
トレンドを追っていても、どうしても人間には個性があり、好みというものがあります。
1人だけを追いかけると、その人の個性や好みに影響されてしまいやすいので、仕入れ面で悪影響となってしまいます。

ここまでいくつかリサーチの方法について紹介してきましたが、大事なのは「1つの方法に固執しない」ということです。
できるだけ多くのリサーチ方法をマスターし、多角的にトレンドを分析することが大切です。
なかなかそこまで手が回らないという方は、まず序盤で紹介したBUYMAでのリサーチを確実に行ってください。
リサーチを制することができれば、BUYMAで大きく利益を上げることができるでしょう。

2.出品ページの設定

仕入れる商品を決定したら、次は出品ページの設定を行っていきます。
具体的にはマイページの「出品する」をクリックし、画面の指示に沿って各項目を設定していきます。
この設定で特に注意してもらいたいのが、「カテゴリ」、「商品名」、「商品コメント」、「通常出品価格/参考価格」です。
一つずつ見ていきましょう。

まず「カテゴリ」ですが、これを適切に設定しないと購入者が商品を見つけてくれません。
カテゴリの数もそれなりにあるので、出品しようとしている商品がどのカテゴリに入るのかわからないのであれば、似た商品を出品している別のショッパーを参考にしましょう。
また、出品を繰り返していると「直近で出品したカテゴリから選択」という項目が出現するので、複数商品を出品する際はカテゴリ別に行うと効率が良くなります。

次に「商品名」です。
BUYMAで商品を販売する際に一番重要なテキスト部分がこの「商品名」と言っても過言ではありません。
商品名を設定するときに意識するべきなのは、「適切にキーワードを盛り込む」ということです。
関連キーワードをしっかり盛り込むことができれば検索に引っかかりやすくなるので、どのようなキーワードが有効なのか試行錯誤しながら出品してください。

商品を具体的に説明するために欠かせないのが、「商品コメント」です。
この部分で商品に対する説明を行い、商品以外の発送に関する情報も記載しておきます。
ここで記載ミスがあると、後々クレームに発展する可能性があるので十分注意してください。

最後に「通常出品価格/参考価格」です。
この項目は必須では無いのですが、日本で販売されている定価が分かるのであれば、記載して損はありません。
BUYMAを訪れる人は、できるだけ安く商品を手に入れたいと考えています。
そのため、日本の価格差をアピールすることができればそのまま購入に進んでもらえる可能性がグッと高まります。

3.画像の取り込み

BUYMAで商品を販売するなら、画像の設定にも気をつけなければいけません。
無在庫だと実物を撮影することができないので、商品画像を別のサイトから引用することになりますが、この際に日本のサイトから画像を引用しないように注意してください。
場合によっては引用元のサイトからクレームが入ってしまい、出品そのものが差し止められてしまう可能性があります。

購入者が商品を探すときに最初に目に入るのが商品画像です。
そのため、できるだけ見やすく、なおかつスタイリッシュに画像を仕上げることが販売へつながる重要な要素となります。

しかし、商品画像の編集経験が無い方にとっては少し大変かもしれません。
最低限覚えてほしいのは、「統一感をもたせて」、「商品を大きく」見せること。
これだけ覚えておけば、とりあえずOKです。
細かい編集作業などの方法は、少しずつ覚えていきましょう。

4.BUYMAでの出品作業に慣れてきたら外注も考える

BUYMAで特に大変なのが出品に関する作業です。
ずっと一人でやっているとなかなか時間が取れません。

そんなときにぜひ試してもらいたいのが作業の外注です。
ネット上でさまざまな仕事を請け負っているワーカーがいますので、作業を代理でお願いします。
日本で代表的なクラウドソーシングサイトと言えば「ランサーズ」、もしくは「クラウドワークス」です。
この2つのサイトを利用すれば、多くのワーカーに声をかけることができるでしょう。

作業を外注するためには外注費が必要となりますが、どれだけの費用を設定するかは、他の依頼を参考にするとよいです。
BUYMAに関する作業を外注しているショッパーは多数いるので、仕事の検索ボックスに「BUYMA」と入力すれば関係する仕事がいくつかヒットすると思います。

ワーカーを選ぶ際に気をつけるべき点は、「BUYMA」に関する作業をしていたかどうか、です。
たとえ他の作業に関して実績があったとしても、BUYMAについて作業経験が無いワーカーに対しては1から説明をする必要があります。
そうなるとなかなか効率よく作業が進まないので、出品数を伸ばすことができません。

とにかくショッピングサイトというものは薄利多売ですので、出品数がものを言います。
ワーカーを選ぶ際はできるだけBUYMAに精通している方を選ぶのが無難です。