【アリエクスプレス輸入】キャンセル・返金の方法を徹底解説!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
アリエクスプレスのキャンセル・返金の方法について知りたい
という方のために、アリエクスプレスのキャンセル・返金の方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. アリエクスプレスのキャンセルの方法やタイミングを知ることができる
  2. アリエクスプレスの返金方法やタイミングを知ることができる
  3. アリエクスプレスのopen disputeについて知り安心して買い物ができる
  4. アリエクスプレスのキャンセルや返金における注意点を知ることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、アリエクスプレスのキャンセル・返金の方法について解説をしていきます。

通販サイトで商品を注文したのに届かない、ということや商品をチェックしたら破損していた、注文と違ったものが届いた、ということがあるかもしれません。
特にアリエクスプレスは中国製の商品も多く、不具合があることも少なくないようです。

低価格というメリットはあっても商品に不具合があっては困ります。
状態や状況によっては、キャンセルや返金をした方がよいこともあります。

アリエクスプレスで購入した商品をキャンセルする方法

アリエクスプレスで商品を購入したけれど、やはりキャンセルしたい、間違って商品を注文してしまった、ということもあるでしょう。
ただしアリエクスプレスでは、基本的に発送された商品のキャンセルはできません。
キャンセルができるのは基本的に「Awaiting Shipment(発送待ち)」の状態のみです。

また、販売者が承認しないとキャンセルができません。
商品の発送は、手間や材料費などのコストもかかってしまいます。
オーダーメイド商品の場合もあるので、基本的には販売者の承認が必要です。

キャンセルの申込みが早ければ、承認してくれる可能性が高くなります。
キャンセルはできるだけ早めに、またキャンセルせずにすむよう、注文内容はしっかり確認することをおすすめします。

アリエクスプレスは信頼できる通販サイトですが、セラー(販売者)はすべてが信頼できるとは限りません。
キャンセル方法や返金方法をしっかり把握して、損をしないようにしましょう。
アリエクスプレスで注文した商品をキャンセルする方法を解説します。

スマホアプリからのキャンセル方法

スマホからキャンセルする流れは次の通りです。

トップページからMy Orders→View All(すべて表示)→キャンセルする商品を選択→Cancel Order(注文をキャンセルする)をタップ→キャンセル理由を選択→最終画面をチェックしCancel Orderをタップ。

キャンセルされたかどうかは注文情報画面で確認できます。
Seller agreed to order cancellation(販売者が注文のキャンセルを了解しました)という表示が出ていれば、キャンセルできたということです。

キャンセルと返金処理が完了すると、メールが届きます。

キャンセル理由には、
・この注文を希望しない
・セラーが値段を上げた
・選択した配送方法で発送不可のため
・セラーが質問に答えてくれない
・商品在庫切れ
・その他
があります。

自分の意思でキャンセルする場合は「この注文を希望しない」を選択します。

PCサイトからのキャンセル方法

PCサイトからのキャンセル方法の流れは次の通りです。

トップページからMy Orders→View Detail(詳細)をクリック→Request Order Cancellation(キャンセルリクエスト)をクリック→キャンセル理由を選択→キャンセル申請中の表示が出れば手続き完了。

荷物はキャンセルされましたと表示された場合

アリエクスプレスで注文をした後、「荷物はキャンセルされました」と表示されることがあります。
販売者が追跡番号を発行した後、期限を過ぎても荷物を発送できないとキャンセル扱いとなります。
この場合は販売者に問い合わせてみましょう。

アリエクスプレスの返金方法の種類

アリエクスプレスで取り扱っている商品の多くは中国製です。
そのため、不具合があったり、傷があったりする商品も少なくありません。

最初からそれを認識して、「仕方ない」とあきらめることもあると思いますが、中には高額商品だったり、納得できなかったりするケースも出てくるものです。
その場合、アリエクスプレスでは返金依頼ができます。

アリエクスプレスで返金を希望する場合、2つの返金方法があります。
一つはアリエクスプレスを通す方法で、もう一つはセラー(販売者)と直接やりとりをする方法です。

セラー(販売者)に直接返金依頼をする方法

一つはセラー(販売者)と直接やりとりをして返金を依頼する方法です。
販売者と直接やりとりができる画面で、返金依頼をしたいこと、その理由、証拠画像などを販売者に送信します。
具体的な提案がされ、解決できればそれで完了です。

アリエクスプレスを通して返金依頼をする方法

中には、返金依頼に応じないケースもあります。
その場合は、アリエクスプレスを通したopen disputeにおいて返金依頼をすることができます。

こちらから返金依頼をしても返信がなかったり、要望の返金金額に応じなかったりなど、本人同士で解決できない場合は、アリエクスプレスに仲介に入ってもらいましょう。

返金を依頼する方法

アリエクスプレスを通した返金方法と、セラー(販売者)と直接やりとりをして返金を依頼する方法、それぞれについて解説します。

セラー(販売者)に返金請求をする

注文履歴から返金したい商品を選択→セラーの社名・名前のメールマークをクリック→返金依頼画面で返金希望の理由を記入。

返金依頼の理由は、詳細に記載することが重要です。
写真を貼付できるようになっているので、不具合や破損などがあれば、わかるような画像を添付し説明してください。
販売者が納得できる内容の方が、スムーズに返金されます。

販売者によっては再発送を提案してくる場合もあります。
もし時間があるようであれば、提案を受け入れるのもよいでしょう。

返金依頼をする際には、受取確認をする以前に依頼をしてください
確認をする=商品に問題がなく受け取った、ということになってしまうからです。
この場合は、返金理由がなくなってしまうので、返金されない可能性が出てしまいます。

返金を依頼する場合は、早めに行いましょう。
期間があくほど返金が難しくなります。

アリエクスプレスを通して返金請求をする方法

正当な理由があるのにセラーが返金に応じてくれない場合は、アリエクスプレスを通して返金依頼をすると良いでしょう。
この場合、Open Dispute(オープン紛争)になります。

Open Disputeは販売者と購入者間がトラブルを起こさないよう、スムーズに取引ができるようアリエクスプレスが仲介に入り問題を解決する仕組みです。
アリエクスプレスでは販売者が購入者に対して不利な取引をしたり、対応が悪かったりすると、厳しいペナルティを課すことになっています。

ペナルティによっては、出店停止になってしまうこともあります。
当然、Open Disputeなどを起こされれば、ペナルティも覚悟しなければなりません。
Open Disputeは、販売者がトラブルの原因を作らないよう購入者を守ってくれる仕組みとなっています。

open disputeをする際は証拠を用意する必要があります。
商品が入っていない場合は、開封した際の動画があるとよいでしょう。
できるだけ正当性を証明できる画像が必要です。
商品画像や商品が届かない場合は追跡画面のスクリーンショットを用意してください。

販売者とのメッセージのやりとりも証拠になります。
販売者とどのような話し合いがあったか、これだけ話し合いをしても解決できなかった、ということを証明できます。

ただし、open disputeの言葉を出さない方がよいです。
こちらにそのつもりはなくても脅迫されたととられてしまう可能性があり、こちらにとって不利になることもあります。

Open Dispute(公開紛争)について

アリエクスプレスのopen dispute(公開紛争)には、部分返金と全額返金の方法があります。
それぞれ詳しく解説します。

部分返金って何?

届いた商品の色やサイズ、種類が違うなど、全額返金までは必要ないけれど、支払った金額に見合わないという場合、差額分を返金してもらうのが部分返金(一部返金)です。

アリエクスプレスでは全額返金を求める場合、販売者に返品をしなければなりません。
返品する際には送料もかかります。
そこまではしたくない場合は、部分返金をするのがよいでしょう。

部分返金を求める際も、証拠が重要になります。
色違いやサイズが違う場合なら、画像を添付すれば返金が認められやすくなります。
一方、質感が違うなどの場合画像でそれを伝えることが難しく、部分返金でも返金されないかもしれません。

部分返金は次の流れで行います。
My AliExpress→Order List→Order Detail→Open Dispute→Refund Onlyをクリック。
このページで、商品が届いているか、返金の理由、商品の状態などを入力します。
返金理由についてはできるだけ詳細に記載してください。

入力後、5日間の裁定期間に入ります。
裁定期間が過ぎるとアリエクスプレスから判定結果が出ます。

全額返金って何?

全額返金は、主に商品が届かなかった場合に行います。
商品が届いてしまってからの全額返金要求の場合、商品を返品しなければなりません。
その場合の送料は着払いではなく、購入者負担となります。
送料の負担を考えると部分返金の方を選ぶケースが多いようです。

商品が60日経っても届かない場合、全額返金を要求できます。
アリエクスプレスで商品を購入してから手元に届くまでの日数は平均で2週間です。
60日かかることはほとんどなく、届かないのは販売者が発送をしていないのかもしれません。

注文から10日経っても商品が届かない場合、販売者にメッセージを送ってみましょう。
それでも届かない場合は、発送していない可能性が高いです。
さらにメッセージを送り、60日経過した時点で、アリエクスプレスに全額返金を依頼します。

20日くらい待っても届かないと全額返金を要求したくなりますが、その程度では明らかに販売者の過失とは認められません。
確実性を高めるためにも、60日は待つことをおすすめします。

販売者には50日程度経過した時点で、返金を希望するメッセージを送りましょう。

全額返金は次の流れで行います。
My AliExpress→Order List→order Detail→Open Dispute→Refund Onlyをクリック。
このページで商品が届いたか、返金の理由などを入力します。
返金の理由については、「購入者保護が切れるか、まだ届かない」を選択しましょう。

入力後5日間の裁定期間に入ります。
この期間に販売者から何等かのメッセージが送られてくることもありますが、無視をするや拒否をすれば大丈夫です。

返金することが決まれば、使用したクレジットカードやデビットカードに返金されます。
いつ返金されるかについてはクレジットカード会社によって様々ですが、3日~20日とされています。
20日経過しても返金されない場合は、アリエクスプレスのカスタマーサービスに問い合わせてみてください。

アリエクスプレスのキャンセル・返金を確認する方法

アリエクスプレスでキャンセルや返金手続きをしても、それが完了していなければ手続きが進行しなかったり、申請できなかったりします。
しっかりと手続きができているか、どのような状態かを確認する方法を把握しておきましょう。

スマホアプリからの確認方法

また、手続きの内容は、Account→Orders→View All→商品選択→Refund informationで確認できます。

・Waiting for Refund(確認中)
・Refund Processing (返金処理を行っている状態)
・Refund Complete(返金が完了している状態)
・Refund Amount (返金された金額の表示)

といった表示が出ています。
完了した場合は、赤いラインがRefund Completeになります。

PCサイトからの確認方法

キャンセルされたかどうかは、注文情報画面で確認できます。
Seller agreed to order cancellation(販売者が注文のキャンセルを了解しました)という表示が出ていればキャンセルができたということです。

キャンセルや返金を依頼する際の注意点

アリエクスプレスにはさまざまな販売者がいて、販売者の方に落ち度があったとしてもスムーズにキャンセルや返金に応じてくれない場合もあります。
しかし、アリエクスプレスは購入者が安心して買い物ができる仕組みを作っているので、トラブルが生じたときにはきちんと対応をしてくれます。

ただし、必ずしも購入者の要求が100%通るとは限りません。
少しでも要望が通るように、キャンセルや返金をする際の注意点を把握しておきましょう。

商品が届かない場合は追跡情報を確認してみる

2週間経っても注文した商品が届かないからといって、慌てて販売者にクレームのようなメッセージを送らないようにしてください。
まずはきちんと配送がされているかどうか、追跡情報をチェックしてみることです。

スマホの場合:アカウント→確認待ちの商品をタップ
パソコンの場合:トップページ→マイページにログイン→My Order

該当する商品のTrack Orderをクリックすると追跡番号と配送状況を確認できます。
配送状況は配送後数日経ってから反映されることもあります。

荷物の所在がわかれば安心です。
きちんと追跡ができるのであれば、配送に時間がかかっているだけなので、大きく心配する必要はありません。
焦って販売者にクレームなどのメッセージを送ってしまうと、トラブルの原因となってしまう可能性があります。
まずは本当に商品が発送されているかどうかを確認しましょう。

そのためにも、できる限り追跡できる配送方法の利用をおすすします。
その方が返金してもらえる可能性も高まります。

メッセージのやりとりは英語か中国語

メッセージのやりとりは基本英語です。
英語が得意ではなくても、基本的な英語力に問題がなければ、スムーズに買い物はできます。

ただし、届いた商品に不具合があったので返金してほしい、商品が届かないなどのトラブルがあった場合、英語がまったくできないと、スムーズに意思疎通ができない可能性があります。

キャンセルや返金は商品の状況を詳しく説明したり、どうしてほしいかを伝えたり、相手からのメッセージを理解しなければなりません。
また、販売者によっては中国語しかできない場合もあります。

しかし、英語ができなければあきらめた方がよい、というわけではありません。
日本語翻訳機能を利用すれば、ある程度のことは解決できるでしょう。
ただし、日本語翻訳機能があれば100%安心、というわけではないので、自分で英語を勉強することも必要です。

返金を焦らない

商品がなかなか届かないと不安になってしまうものですが、焦りは禁物です。
輸入はタイミングなどによって1ヵ月以上かかる場合もあります。
そのため、商品が届かない、お金も戻ってこない、と必要以上に不安がる必要はありません。

アリエクスプレスには購入者保護があり、60日間経過しても商品が届かない場合はOpen Disputeで全額返金請求をすれば返金されます。
早く安心したいからとペイパルなどの外部サイトに返金してもらおうとすると、それがトラブルを引き起こすこともあります。
トラブルが生じるとアリエクスプレスで仲裁してもらえなくなってしまうので、焦らず冷静に対処しましょう。

キャンセルや返金のタイミングに注意

商品が届かなくても必要以上に焦る必要はありませんが、アクションを起こすタイミングには注意が必要です。
注文してから時間が経っていない商品のキャンセルは、販売者が発送する前にしてください。
注文を間違えてしまった、やっぱり取り消したい、などといった場合はできるだけ早めにキャンセルするようにしましょう。

何もトラブルがなければ商品が発送されてから60日間で取引は終了となり、出品者に代金が払い込まれます。
そうなってしまうと、商品が届いていなくても払い戻しができなくなってしまいます。
何等かのトラブルが発生したときは、60日の間に対応しなければなりません。

60日を過ぎても商品が届かない場合は、期間を延長することができます。
延長期間は購入者が決めることができますが、届きそうにない場合はOpen Disputeを依頼した方がよいでしょう。

輸入禁止の商品は購入しない

輸入が禁止されっている商品を購入してはいけません。
アリエクスプレスで販売されているからといって、すべての商品が日本国内に輸入できるとは限りません。
輸入禁止の商品は税関でストップします。

輸入が禁止されている商品は、税関で破棄されてしまうことも少なくありません。
販売者としては商品を送っているので、請求されることももちろんあります。
その場合、返金依頼などは受け付けてもらえないでしょう。

ただし、中国の税関でストップした場合、海外に輸出できないものを扱ったということで、販売者の責任も問われます。
その場合は、返金してもらえる可能性があるので、Open Disputeで依頼をするのも一つの方法です。

どちらにしても、スムーズに商品が手に入らない可能性が高く、時間もムダになってしまいます。
輸入が禁止されているものや制限があるものなどについては、購入する側がきちんと確認をする必要があります。

受け取り完了ボタンは商品を受け取るまでは押さない

商品が届いていないのに、焦ったり、何かアクションをしたりしなくてはと考え、「Confirm received」ボタンを押すのは止めましょう。

「Confirm received」ボタンは、商品が届き、注文通りの商品であり、不具合もなく確かに受け取ったことを確認してから押してください。
何ごとも早い方がよいからと「Confirm received」を押してしまうと、取引が完了してしまいます。
商品を確認する前に取引を完了させてしまうと、不具合があっても、商品が届かなくても、返金請求などは一切できなくなります。

Open Disputeの乱用はしない

問題が生じたときは、躊躇せずにOpen Disputeの利用をおすすめします。
しかし、Open Disputeを利用する際には明らかに販売者に過失があること、また日本の常識にとらわれないことなどを、注意した方がよいでしょう。

何度もOpen Disputeを利用していると、今度は購入者の方が問題ありと見られてしまうことがあります。
商品はすぐに届かない場合がある、発送状況の追跡画面が更新されないこともある、商品の箱がキレイでない場合もある、低価格の場合縫製が悪いなどクオリティが低いこともある、など、中国からの輸入でありがちなことを認識しておくことも必要です。

しかし一方で、明らかに問題のある対応がなされた場合は、具体的かつ詳細に問題点をアリスクスプレスに伝えてください。
問題の内容や状況によっては、すぐに返金処理などをしてくれるでしょう。

まとめ

アリエクスプレスは信頼できるサイトではありますが、販売者にはいろいろな方がいるので、中には不具合のある商品が送られてくるなどトラブルもあります。
販売者と直接やりとりをして解決するのが理想ですが、こちらが納得できない返答がくることもあります。

その際にはopen disputeで部分返金や全額返金を依頼してください。
要求を認めてもらうには証拠が重要なので、できるだけわかりやすい画像や動画を用意することです。
全額返金の場合は60日間待つ必要がありますが、確実に返金してもらうためには必要な日数なので焦らず待つようにしましょう。