チャイナポストの配送が遅い理由と対処方法を解説!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
チャイナポストの配送が遅い理由について知りたい
という方のために、チャイナポストの配送が遅い理由と対処法について解説します。

この記事を読むことで、

  1. チャイナポストの配送が遅い理由がわかる
  2. チャイナポストの配送が遅い場合の対処法がわかる
  3. チャイナポストの配送の遅延を避けるコツがわかる
  4. チャイナポストはEMSなら遅延しないのかどうかがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、チャイナポストの配送が遅い理由と対処法について解説していきます。

 

チャイナポストから配送される荷物がなかなか届かない、と不安を抱えてひたすら荷物の到着を待ったという人もいるかもしれません。

いくら輸入だからと言って、配送に1カ月も2カ月も待たされるのは困ってしまいます。

チャイナポストは平均で2~3週間はかかり、商品到着予定日より何週間も遅れるというケースも少なくありません。

チャイナポストの配送が遅いのには理由があります。

チャイナポストが遅すぎる理由の解説

チャイナポストは、中国国営の郵政事業です。

そのため、日本の日本郵便のようなものと言えます。

国が運営している事業なら安心できる、という人もいるかもしれません。

しかし、チャイナポストに関する評判や口コミはあまり良いものではありません。

特に、荷物の遅れに関する口コミは多数見受けられます。

チャイナポストからの配送はなぜ遅いのでしょう。

中には1カ月以上かかって届いたというケースもあります。

チャイナポストの配送が遅すぎる理由について解説をしていきます。

荷物が集まってから配送

チャイナポストの配送が遅い大きな理由として、荷物が集まってから配送することが挙げられます。

荷物が一定の量にならずに配送すると人件費がかかるため、まとめて配送しコストを削減するためです。

そのため、チャイナポストでは、国外配送の荷物がある程度になるまでそのままにされます。

国内配送が主な業務のチャイナポストでは、一定の量に達するまでに時間がかかることもあるようです。

また、代行業者を利用している場合は、代行業者からチャイナポストに荷物を引き渡す際にも、荷物が集まってから届けます。

それぞれのステップにおいて、荷物がストップしてしまうことが多く、それが配送の遅さにつながっています。

日本へ配送する荷物が溜まった状態でタイミングよく購入すればタイムラグは避けられますが、荷物がほとんどない状態のタイミングで購入すると、発送でにかなりの時間がかかるかもしれません。

中間業者が多いケースがある

おおまかな配送のステップは、販売者→チャイナポスト→中国国際交換局→日本国際交換局→日本の住所に到着、というものです。

しかし、販売者とチャイナポストの間に代行業者が入るなど、中間業者が増えることがあります。

特に、中国は広く、国内配送だけでも中継が複数あるケースもあり、中間業者が入るほど、配送には時間がかかります。

地域によっては1週間以上の差が出ることもあるようです。

深圳や広州より、北京や上海などの方が、少し時間がかかると言われています。

大型連休がある

中国には大型連休があります。

大型連休により作業が止まってしまうことも、配送が遅れる要因のひとつです。

春節や国慶節では1週間から10日、それ以上の連休になり、配送業者も郵便局も休業します。

販売者も休暇を取って旅行に出かけたり里帰りをしたりするので、配送作業も販売も休むケースも少なくありません。

さらに清明節や労働節、端午節など3連休になる祝日も多く、その度に作業はストップします。

休暇前後は作業が増えるため、チャイナポストも忙しくなり、荷物の配送手続きにも時間がかかるようです。

通関手続きに時間がかかる

通関手続きに時間がかかることもあります。

中国ではブランドの模造品やコピー商品が出回っていることが多く、怪しい物品には調査が入ります。

調査が入れば、中国国際交換局でストップするでしょう。

政治や宗教に関するメディア製品なども輸出できないので、チェックが入ればすぐに配送されません。

確認した上で正規品を購入したとしても、偽ブランド品が多く出回っている中国では、念入りに調べられることが多いです。

ブランド品を購入する場合は、通関で時間がかかることを認識しておきましょう。

また、輸出に適した梱包がされていない場合も返品の理由になります。

何度も販売者の元に返品されていれば、その分時間がかかります。

追跡調査において、国際交換局で止まっている、保留となっている場合は、通関手続きに時間がかかっている証拠です。

無在庫で販売している

手元に商品がない状態で販売する、無在庫販売も商品の配送が遅れる理由のひとつです。

無在庫販売は注文を受けてから商品を調達します。

そのため、商品をすぐに発送できないことがあります。

商品が揃えられないこともあり、商品を手に入れられるまで配送準備中になってしまうでしょう。

注文後、なかなか追跡番号が送られてこない場合は、商品を仕入れている状態である可能性が高いです。

チャイナポストが遅いときの対処方法を解説

チャイナポストの到着が遅い場合、気長に待つというのも方法のひとつですが、販売者に問い合わせてみると問題が発覚し、解決するケースもあります。

チャイナポストからの荷物がなかなか届かないときの対処法について解説します。

販売者に問い合わせてみる

基本的にチャイナポストの配送は遅く、到着予定日に届かないことは珍しくありません。

そんなときは、予定日を過ぎた時点で、一度問い合わせをしてみてください。

販売者に問い合わせると、次のようなメリットがあります。

・出荷し忘れていたことに気付ける
販売者が配送をうっかり忘れているケースも無きにしもあらず、です。

連絡をすることで、出荷を促せます。

すでに出荷している場合、どれくらい遅れてしまったのかも把握できます。

・配送遅れの原因を教えてくれる可能性がある
遠い日本より、近くの中国にいる人の方が国内の状況については詳しいです。

配送が遅れている原因について、何か知っているかもしれません。

チャイナポストが混み合っている、代行業者からチャイナポストに引き渡していない、飛行機が欠航しているなど、遅延の要因となっていそうな事柄を教えてくれるでしょう。

また、信頼できる販売者であれば、サポートをしてくれるかもしれません。

・プレッシャーをかけることができる
販売者の中には、出荷していないのに出荷済みとしている場合もあります。

配送の準備さえしていないケースもあるので、問い合わせするとプレッシャーをかけることにつながり、配送を促せます。

荷物の追跡調査をしてみる

荷物の追跡をしてみれば、荷物がどこで止まっているか、もしくは出荷準備中かなど現在の状況を把握できます。

追跡サービスサイトを利用すれば、複数の荷物の追跡も可能です。

サイトによっては、より詳細な情報を得られるかもしれません。

おすすめの追跡サービスサイトには、次のようなものがあります。

・AfterShip(アフターシップ)
世界約800社以上の配送業者に対応しているサイトで、チャイナポストの追跡でもよく利用されています。

それぞれの配送業者の追跡を一度にできるのもメリットです。

また、3時間ごとに配送状況が更新されるので、安心です。

追跡用のメールアドレスを登録すれば、配送状況を定期的に把握できます。

・17TRACK
配送状況がスピーディに詳しくわかるのがメリットです。

複数の配送業者を一度に検索することができます。

・Parcel Monitor(パーセルモニター)
シンガポールを拠点とした追跡サイトで、世界600以上の運送会社の追跡が可能。

日本語にも対応しています。

・日本郵便
日本郵便のサイトからも荷物の追跡が可能です。

日本のサイトなので使いやすいでしょう。

ただし、追跡番号が反映されるまで時間がかかるのがデメリットです。

日本郵便では国外で追跡できなくなった荷物の調査をしてくれます。

電話では依頼できないので、追跡請求書を郵便局の窓口に提出してください。

追跡請求書は日本郵便のサイトからダウンロード可能です。

とにかく待つ

チャイナポストからの荷物が来るまで、焦らず、気長に待つしかない場合もあります。

追跡をして荷物の場所がわかっても、遅延の理由がわかるだけで荷物を早く届けてもらうことはできません。

チャイナポストは荷物の到着が遅い、荷物は届いても箱がボロボロなど評判はあまり良くありませんが、最終的に荷物はきちんと届くケースがほとんどです。

荷物が届かないと不安になるものです。

特に、追跡できなかった場合はさらに不安が大きくなるかもしれません。

しかし、追跡できないからと言って、荷物が紛失したとは限らず、処理が遅れているという可能性もあります。

むやみに不安になったり、イライラしたりせず、待てば来る、と考え気長に待ちましょう。

商品をあきらめ返金を申し込む

荷物の到着に時間がかかった場合、購入した商品が必要なくなる場合もあるかもしれません。

その際は、返金を申し込むのもひとつの方法です。

販売者に連絡し、商品が届かない旨と返金を希望する旨を伝え、申し込みます。

Amazonの場合は、マーケットプレイス保証という制度があるので、それを利用するのも一つの方法です。

マーケットプレイス保証制度は、商品が届かない、不備があるなどといった際に、販売者が返品や返金に応じてくれない場合、返金保証をしてくれる制度です。

もし、申請をした後に商品が届いても、申請の取り消しをすることができます。

ただし、何度も利用していると悪質だと判断され、保証してもらえないこともあるようです。

荷物が届かないからと言ってすぐに利用する前に、販売者に相談するなど、できることをしてから利用を検討してください。

チャイナポストの遅延を防ぐには?

チャイナポストからの配送が遅延している際、待って入れば荷物は届くとわかっていても、注文した商品はできるだけ早く手に入れたいものです。

日本では翌日に届くようなスピード配送が一般的なため、到着予定日より遅れて届くことに納得できない人もいるかもしれません。

商品が予定通りに届かないと困るケースもあるでしょう。

チャイナポストの遅延を防ぐためには、次の点に注意してください。

・信頼できる販売者から購入する
販売者には様々な人がいます。

中には悪質な販売者もいるので注意が必要です。

信頼できる販売者から商品を購入してください。

信頼できるかどうかは、評価をチェックすると良いです。

対応が悪かったり、商品の到着が遅れるケースが多かったりすると、評価は低くなります。

荷物の遅延だけでなく、何かしらトラブルが生じた場合に誠実な対応をしてくれる販売者が理想です。

・連休前後の購入は避ける
中国の祝日など大型連休の前後に商品を購入するのは避けましょう。

連休中は販売も配送も休業してしまうので、連休前後は作業が増え配送手続きにも時間がかかることが多いです。

春節や国慶節、清明節、労働節、端午節、中秋節などの祝日スケジュールを把握しておくことをおすすめします。

・木曜日を目安に購入
土日を挟んでしまうと、出荷が月曜日になってしまいます。

販売者が全てすぐに出荷してくれるとは限りませんが、早めの出荷をしてくれる販売者でも、金曜日に購入すれば配送手続きは月曜日になる可能性が高いです。

できるだけ木曜日までの購入を心がけてください。

・荷物の到着予定日を確認
到着予定日を確認しましょう。

購入から配送までの期間が20日以上などと長い場合は、無在庫販売の可能性があります。

万が一商品が揃わない場合は、到着予定日どころかさらに遅延するケースも考えられます。

最悪の場合、商品が手に入らないこともあるかもしれません。

商品の到着予定日は、10日以内を目安に選んでください。

・通関で止められる可能性がある商品が購入しない
少しでも通関で疑われるようなものは、購入しないようにします。

爆発物や銃などの危険物はもちろん、動物や植物など法に触れるものは購入してはいけません。

食器や調理器具、おもちゃ、電線や変圧器など、規制があるものにも注意が必要です。

補聴器やコンタクトレンズなどの医薬品や医療機器の輸入には、製造販売業や製造業の許可がないと行えません。

健康器具や美容機器などにも注意してください。

著作権など侵害する商品にも注意が必要です。

ブランド商品の偽物などは買わないよう、しっかり確認しましょう。

チャイナポストはEMS配送では遅延するのか検証

EMS(国際スピード郵便)は、国際郵便の中で最速の配送方法です。

荷物を早く届けてほしい場合は、EMSがおすすめです。

しかし、EMSを利用したからと言って、チャイナポストの遅延はなくなるのでしょうか。

EMSとは?

EMS(国際スピード郵便)は国際郵便の中で最も早い配送サービスです。

世界120以上の国や地域に配送が可能で、重量は30kgまでとなっています。

損害賠償制度があるので、破損や内容物の不足などがあった場合、最高200万円までを補償してくれます。

料金が国際宅配便よりも安い点もメリットです。

EMSなら遅延を防げる可能性が高い

EMSを利用すれば、ほかの配送手段と比べて遅延を防げます。

EMSの配送日数は2~3日です。

国際航空便は1週間程度、SAL便は2週間程度かかります。

問題なく配送ができれば、チャイナポストから最短2日で荷物が届きます。

EMSでも遅延するケース

EMSでも遅延を防げないケースがあります。

それは、販売者がチャイナポストに荷物をすぐに引き渡さない場合です。

荷物の出荷に時間がかかれば、チャイナポストに届けることができません。

代行業者を利用している場合、代行業者がすぐにチャイナポストに届けないこともよくあります。

なぜなら、コスト削減のため、一定の量の荷物が集まるまで、チャイナポストに届けないからです。

また、手元に在庫が無い状態で注文を受けた場合も、遅延は防げないでしょう。

商品を調達する時間が必要で、商品が調達できないとますます荷物の到着が遅くなります。

まとめ

チャイナポストの配送が遅いのは、コストを重視する中国の考え方が影響しているようです。

荷物はある程度集まらないと、次のステップに進みません。

また、祝日を大切にする中国では大型連休があり、その間は配送も販売もストップします。

連休明けは作業が多く、配送手続きも遅れがちになるでしょう。

それらは国の事情によるため、チャイナポストからの配送は遅延するものと認識し、荷物の到着を気長に待つのが良いです。

しかし、少しでも荷物の遅延を防ぎたい場合は、大型連休を避けること、木曜日までを目安に購入すること、さらに信頼できる販売者から購入することがポイントです。

また、輸入が禁止されていたり、規制がかかっていたりする物品は購入しないようにしてください。

税関でストップしてしまうと、遅延につながります。

特に、中国ではブランドやアニメなどのコピー商品が多く出回っているので注意が必要です。

チャイナポストからの配送が遅れるのは、チャイナポストだけに全て原因があるわけではありません。

販売者に責任があることも多いものです。

購入する際には信頼できる販売者を選ぶようにしましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。