チャイナポストで日本到着後の輸送の流れを徹底解説!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
チャイナポストから配送された荷物が、日本到着後どうやって届くのかについて知りたい
という方のために、チャイナポストから配送された荷物が日本に到着した後の輸送の流れ、また、荷物を受け取れなかった場合の再配達の方法、日本到着後の追跡方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. チャイナポストで発送された商品の日本到着後の流れがわかる
  2. チャイナポストで発送された荷物を受け取れなかった場合の再配達の方法がわかる
  3. チャイナポストで発送された荷物の確認方法と追跡の方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、チャイナポストから配送された荷物が日本到着後にどう輸送されるのか、荷物の受け取りや再配達、追跡方法について解説をしていきます。

中国国営の郵便事業「チャイナポスト」は、配送の遅さで知られています。

注文してから1カ月以上経つのにまだ荷物が届いていない場合、チャイナポストからの配送だった、ということもあります。

チャイナポストが遅れる要因は中国国内の事情で、日本に到着すれば安心、と思っている人もいるかもしれません。

確かに、中国国際交換局から発送され、日本の国際交換局に到着すれば、荷物はすぐに到着する可能性が高いです。

チャイナポストは日本に到着後、どのような流れで自宅に届くのでしょう。

また、不在で荷物が受け取れなかった場合は、どうすれば良いのか紹介します。

チャイナポストで発送された商品は日本到着後にどう輸送されるかを解説

チャイナポストで発送された商品が、中国国際交換局から無事に発送されると日本国際交換局に到着します。

その後の流れはどのようになっているのでしょう。

日本に到着後の輸送について把握していれば、万が一商品が到着しない場合も落ち着いて対応できます。

チャイナポストで発送された商品が、日本到着後にどのような流れで届くのかを解説します。

チャイナポストからの荷物は日本国際交換局に到着

中国国際交換局の通関を問題なく通った後は、日本の窓口となる日本国際交換局に到着します。

日本国際交換局で行うのは、国際郵便物の通関手続きです。

国際交換局では、輸出税関・輸入税関などの手続き、航空便への搭載、国内への仕分けなどが行われています。

日本の国際交換局は1カ所ではありません。

東京や大阪、神奈川や那覇など、全国で6つの郵便局が国際交換局の業務を担当しています。

国内の届け先住所によって、それぞれの郵便局に到着し、購入者の住所に配送されます。

国際交換局がある郵便局

国際交換局の役割を担う郵便局は、次の6つです。

  • 東京国際郵便局(東京都江東区)
  • 川崎東郵便局(神奈川県川崎市)
  • 中部国際郵便局(愛知県常滑市)
  • 大阪国際郵便局(大阪府泉南市)
  • 新福岡郵便局(福岡県福岡市)
  • 那覇中央郵便局(沖縄県那覇市)

荷物追跡調査で、「国際交換局に到着」と記録されている場合、上記のいずれかの郵便局に商品が到着しています。

中国国際交換局から日本の国際交換局に到着する日数は、EMSなら早ければ2~3日、もしくは1週間程度、郵便書留の場合は2週間程度かかると考えてください。

ただし、中国国際交換局からの距離や国際情勢、フライト出発状況、現在ではコロナウイルスの影響もあり、一概に言えません。

国内の住所によって到着する郵便局が異なる

6つの郵便局のうちどこに届くかは、国内の配達先の住所によって決まります。

配達先が北海道、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、新潟の場合は、東京国際郵便局に到着。

静岡、長野、岐阜、愛知、三重、福井、富山、石川の場合は、中部国際郵便局に到着。

大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀、広島、岡山、島根、鳥取、山口、香川、徳島、愛媛、高知の場合は、大阪国際郵便局に到着。

福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島の場合は、新福岡郵便局に到着。

沖縄の場合は、那覇中央郵便局に到着します。

また、船便の場合は、送り先の住所とは関係なくすべて川崎東郵便局に到着します。

それぞれの郵便局から配送までの日数は?

それぞれの郵便局から購入者の住所への配達は、1~3日といったところです。

北海道や東北、四国は2~3日かかることもありますが、ほかは1~2日で届くケースが多いです。

それぞれの国際交換局で問題がなければ、日本に到着後はスムーズに配達されます。

国際交換局から発送のまま更新されないのはなぜ?

チャイナポストからの荷物が日本の国際交換局に到着後、追跡調査で「国際交換局から発送」のまま更新されないケースがあります。

考えられるのは、次のような理由です。

・税関で止まっている
税関では厳しいチェックが行われます。

その際に、何かしら問題があると判断されると、チェックに時間がかかることがあるようです。

・配送途中のトラブル
輸送中に何かしらトラブルがあったと考えられます。

交通事情やフライト状況、悪天候などによって正常に配送できないこともあります。

・郵便局のミス
郵便局で情報(追跡)処理が行われなかった、処理に時間がかかっている、追跡番号のバーコードをスキャンし忘れた、といった処理の問題であることも少なくありません。

まれに、郵便局で荷物を配送し忘れているというケースもないとは言い切れません。

不安になったら問い合わせをしてみる

チャイナポストからの荷物が日本に到着し、税関を問題なく通過すれば国内に発送し、購入者が荷物を受け取れば配達完了です。

なかなか荷物が届かない、追跡しても更新されないなどといった場合は、郵便局に問い合わせてください。

郵便局によっては人材不足や時期による混雑などで、荷物がどこかに行ってしまっていたり、配送にまわっていなかったりすることもあります。

追跡番号を用意して、連絡をしてみましょう。

チャイナポストで発送された荷物の再配達について検証

日本での通関を経て、国際交換局から地域の郵便局に到着した荷物は、購入者の住所に届けられます。
しかし、ポストなどに投函できないサイズの荷物は、受け取ってもらえない場合、配達員が持ち帰ることになります。
その場合、ポストには不在通知(郵便物等ご不在連絡票)が入っているので、それに従って再配達を依頼しましょう。

郵便局の場合は、こちらから連絡しないと再配達してもらえません。
保管期日に注意し、早めに連絡してください。

郵便局に再配達を依頼する方法

「郵便物等ご不在連絡票」に従い、再配達の受付を済ませます。

24時間自動受付に電話をすると、音声ガイドがスタートするので、ガイドに従い番号を押していけば再配達の依頼が完了します。

再配達依頼は日本郵便のホームページからも可能です。

「配達のお申込み受付」から追跡番号を入力し、必要な情報を入力し依頼をします。

再配達依頼は、不在連絡票に記載されている情報が必要になる場合があるので、失くさないようにしてください。

・基本的な再配達依頼の手順
1. 希望の配達先を選択
自宅、近所、勤務先、配達担当の郵便局の窓口での受け取り、ほかの郵便局窓口での受け取りから絵選択します。

2. 郵便物の種類を選択
書留、税付国際通常、国際通常、国際小包・EMS、税付国際小包など、「ご不在連絡票」に記載している郵便物の種類を選択します。

3.配達先の詳細を入力
配達希望日や時間帯、依頼者情報などを入力します。

受付可能な時間帯は、時間指定なしのほか、午前中、12時~14時、14時~16時、16時~18時、18時~20時、19時~21時です。

入力内容を確認し、問題がなければ登録をして受付完了です。

再配達の注意点

・再配達の時間帯
再配達の時間帯は、地域の郵便局によって異なります。

時間帯によっては当日配達も可能ですが、通常は17時までなら当日配達してくれます。

ただし、受付時間は郵便局によって異なるので、不在通知を確認してください。

早く荷物を引き受けたい場合は、早めに連絡すると良いでしょう。

・保管期間に注意
再配達になってしまった場合、「ご不在連絡票」が届いた日から、期限内まで保管されます。

郵便物の保管期間は、原則7日間。

7日を過ぎてしまうと、差出人に返送されてしまう可能性があるので、注意が必要です。

郵便物の種類によって保管期限が異なるので、「ご不在連絡票」をよく確認しましょう。

代理人への配達は、基本的に同じ地域、勤務先への配達は本人の勤務先のみの配達です。

再配達の時間変更・キャンセル方法

再配達を依頼した後、申し込んだ時間に外出することになったなどで時間の変更をしたい場合や、再配達をキャンセルしたい場合は、電話やインターネットから手続きできます。

・インターネットで依頼
再配達をインターネットで申し込んだ場合に限り、インターネットから時間の変更などが可能です。

「再配達受付」のページからキャンセルや日時が変更できます。

・電話で依頼
電話のほうが早く伝わるため、おすすめです。

できれば24時間自動受付ではなく、地域担当の郵便局に電話をしたほうが早いです。

チャイナポスト日本到着後の確認の仕方と追跡方法を解説

チャイナポストから日本に到着した後、荷物はどうなっているのか、いつ頃配達されるのかなど気になるかもしれません。

日本到着後の荷物を確認する方法について解説します。

日本郵便のサイトから追跡

チャイナポストから配送された荷物は、日本郵便のサイトから追跡可能です。

追跡番号を入力すれば、荷物の配送状況がわかります。

中国交換局からの配達状況の表示内容は、

引受→国際交換局から発送→国際交換局に到着→保税運送中→通関手続中→国際交換局から発送→到着→お届け先にお届け済み

といった内容です。

・保税運送中とは?
中国からの郵便物が購入者の住所とは違う国際交換局に到着した場合、所定の受持国際交換局に送られ、そこで通関手続きが行われます。

到着した国際交換局から、受持国際交換局に荷物を発送した場合に表示されるのが「保税運送中」です。

追跡サービスサイトで確認

チャイナポストからの荷物は、次のような追跡サービスサイトでも確認できます。

・AfterShip(アフターシップ)
AfterShipは、チャイナポストの追跡でもよく利用されている追跡サービスサイトです。

世界約800社以上の配送業者に対応しているサイトで使い勝手もよく、人気があります。

複数の配送業者の追跡を一度にできたり、3時間ごとに配送状況が更新されたりするのもメリットです。

追跡用のメールアドレスを登録することで、配送状況を定期的にお知らせしてくれます。

・17TRACK
配送状況を迅速に、また状況を詳細に教えてくれるサイトです。

複数の配送業者を一度に検索できるほか、追跡番号と商品名を登録すれば、動きがあった場合に通知されます。

・Parcel Monitor(パーセルモニター)
世界600以上の運送会社の追跡が可能。

シンガポールを拠点とした追跡サービスで、日本語にも対応しています。

チャイナポストをはじめ、EMSやFedEx、DHL、UPS、USPS、さらに佐川急便やクロネコヤマトなどの配送業者に対応しています。

通関手続きで止まってしまう理由

チャイナポストから発送された荷物が、日本の国際交換局に到着した後は、通関手続きが行われます。

通関が問題なく通ると「国際交換局から発送」となります。

荷物に問題がなければ国際交換局から発送され、購入者の住む地域の郵便局に到着するまでは1~2日、郵便局からお届け先住所に1~2日程度で到着するでしょう。

しかし、通関手続き中(保留中)のまま状況が変わらない場合、通関で何か問題があった可能性があります。

荷物が多く、通関手続きに時間がかっているだけかもしれませんが、輸入できないと判断された荷物の可能性もあります。

調査によって問題がなければ1日程度で動きますが、そうでない場合配達されません。

国際郵便として引受できない物品についても、把握しておいてください。

通関で止まってしまうものは、火薬類やガス類、引火性液体や毒物などのほか、環境有害物を含む有害物質や物品などの危険物があります。

マッチやライター、漂白剤やバッテリーなども含まれるので注意しましょう。

中国国際交換局においても厳しいチェックが行われているので、たいていはスムーズに通関手続きが行われます。

しかし、ブランドやアニメの模造品やコピー商品など、偽造品や海賊品などには注意が必要です。

中国では偽造したものや違法にコピーしたものなどが、数多く販売されています。

知らずに購入してしまうと、税関で止まる可能性もあります。

チャイナポストからの発送は、ただでさえ時間がかかるもの。

少しでも早く配送されるためには、国際交換局での通関手続きで問題とならない買い物をすると良いでしょう。

中国国際交換局から発送されてもすぐに到着するとは限らない

チャイナポストから発送される荷物の追跡をしていると、中国国際交換局に到着後、通関を経て「国際交換局から発送」となっていると、安心するかもしれません。

「国際交換局から発送」となっていれば、通関でストップするような商品ではなく、中国を出た商品はもうすぐ日本に到着し、日本の住所に届けられるということです。

日本の国際交換局に到着すれば、ほどなく自分の手元に商品が届くはずですが、なかなか商品が届かない、というケースもあります。

荷物を追跡してみると、「国際交換局から発送」のまま、情報が更新されていない場合もあるようです。

そうなると、不安に思うかもしれません。

飛行機に乗ったはずなのになぜ日本に到着しないのか、配送中にトラブルがあったのか、情報が間違っているのか、など、様々な疑問が生じるでしょう。

「国際交換局から発送」というのは、飛行機に荷物が積まれて空港を飛び立った、という意味ではありません。

中国国際交換局から航空会社に荷物が渡った、ということです。

そのため、荷物がどのフライトに乗るのかは航空会社の都合によるものです。

中でもEMSは優先されますが、そのほかの一般郵便物は後回しになります。

社会情勢や航空会社のフライト数によっては、本数が少ないケースもあり得ます。

そういった事情から、中国国際交換局から日本の国際交換局に到着するまでに時間がかかっているのかもしれません。

日本の国際交換局に到着後は、問題がなければ基本的にはスムーズです。

チャイナポストで配送される荷物の到着後のプランは、日本の国際交換局に到着してから考えたほうが良いでしょう。

チャイナポストで日本到着後の輸送の流れのまとめ

チャイナポストで配送された荷物は、中国国際交換局を発送した後、日本の国際交換局に到着します。

日本の国際交換局は現在6カ所あり、届け先住所によって、それぞれ担当の国際交換局がある郵便局に到着します。

それぞれの郵便局で通関手続きを済ませた後は、届け先住所のある郵便局に送られ、購入者の元に商品が届くという流れです。

もし、商品を受け取れなかった場合は、再配達を依頼しましょう。

再配達はインターネットや電話から申し込めます。

配達されなかった荷物は郵便局で保管されますが、保管期間があるので注意してください。

できるだけ早く再配達を依頼し、荷物を受け取ることをおすすめします。

注文から商品が手元に届くまでは長い時間がかかると言われているチャイナポストですが、日本の国際交換局までくればあと一息で、商品到着後の予定も立てやすくなります。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。