ebayの出品方法を徹底解説 初心者のための手順と注意点のまとめ

ebayの出品方法を徹底解説 初心者のための手順と注意点のまとめ

ebay輸出をこれから始めよう!と思う方が一番最初に苦戦するのが出品です。

日本の販売先と異なりebayは英語なので最初に見た時に難しいそうと思うかもしれません。

ですが1度出品をすると難しいことはありません。

最初は5分かかっていたものが3分、2分と短くなり最終的にはあたり前のようになってきます。

最初は慣れないかもしれませんがこれからebay輸出を始める最初の一歩ですのでぜひ挑戦をしてみてくださいね。

出品の流れについてyoutubeに動画をアップしましたのでこちらをぜひみてください。

注意点などはこちらの記事にまとめています。

ebayで出品する前の準備

ebayで出品をする前にまず準備をしましょう。

ebayのアカウントの作成、PayPalのアカウントの作成がまだできていない方はこちらでアカウントを準備しておきましょう。

ebayでは出品する国と最初に決めておきましょう。

初めての方は米国のebay.comに出品をしましょう。

米国以外にも出品をすることもできすので、米国以外に出品をするのは慣れてからで大丈夫です。

ebayで出品をする時は英語で出品をします。

なので英語の翻訳サイトを準備しておきましょう。

こちらのGoogle翻訳だけで十分になります。

準備するサイトはebay.comGoogle翻訳2つになります。

ebayで出品をする商品を決める

準備ができましたらebayで出品する商品を決めましょう。

在庫をすでに持っている商品であればその商品を出品。

初めて無在庫で販売をするのであれば、仕入先のサイトから決めましょう。

初めてのオススメはAmazon日本の商品です。

理由はAmazon日本であれば商品説明や型番、写真などがあるのでいちいち調べる必要がないからです。

Amazon日本からの出品に慣れてきたら他の仕入れ先サイトの商品もやってみましょう。

ebayで出品をする時の商品名のタイトルの付け方

ebayで出品する時のタイトルの注意点は80文字以内にすることです。

80文字以上だとエラーがでて出品することができません。

英語で初めて商品名をいれるのでどのような内容をどのような順番で入力したらいいか迷うと思います。

この時は日本の自分だったらどうかを考えるといいです。

例えばカメラを販売するのでしたら、SONYとメーカーやブランドで検索をする人と商品名で検索する人はいます。

またSONY RX-10と商品名や型番で検索する人もいます。

なので一概にはいえないですが、母数が多い方が先に合った方が検索エンジン的に良いので、

①メーカー(ブランド)
②シリーズ
③商品名
④型番
⑤検索される単語

1つの目安になります。

そうしましたら自分が用意した商品をgoogle翻訳に入れて、英語にしましょう。

そして先ほどの順番に変更して入力をしましょう。

ebayで出品をする時のメーカー名の入力

タイトルの入力が完了しましたら、メーカー名をいれましょう。

メーカー名でなくブランド名でもいいですか?とよく聞かれますが、どちらでも大丈夫です。

メーカー名がない骨董品や中古の商品の場合は、Dose not apply(D/A)と入力をしておきましょう。

Dose not apply(D/A)とは該当なしという意味です。

また注意点としては、ハイブランドの商品を間違え入力をすると偽物を勘違いされebayから警告がきた事例があります。

ハイブランドの商品を出品する時は注意しておきましょう。

ebayで出品をする時の型番の入力

型番の入力についてですが型番がわかる場合は入力しましょう。

メーカー名と同じく、メーカー名が不明の場合はDose not apply(D/A)と入力をしておきましょう。

型番を入れておくことによっって、お客様が商品ページを見た時にわかりやすくなります。

お客様の商品の型違いや色違いなどで誤って購入する機会も減らすことができます。

ebayで出品をする時のコンディションのについて

ebayで出品する時に商品のコンディションをいれる必要があります。

コンデションというと新品と中古が基本ですが、それ以外のコンデションがありますのでご紹介します。

New-新品です。未開封に状態になります。

Used-中古の商品です。中古の場合はコンディションに説明を加えることができます。

自由に記載ができるので箱がないなど、傷がついているなど記載することができます。

ebayで出品をする時のカスタムラベルについて

ebayで出品をする時にカスタムラベルという項目があります。

カスタムラベルとは簡単に説明をするとメモのような機能になります。

おすすめの使用方法はこのメモの部分に在庫管理番号をいれる方法です。

無在庫販売をしている方は自分が出品した商品が仕入れ先に在庫があるかを確認する必要があります。

カスタムラベルに在庫の管理番号、Amazon日本の在庫管理番号であればASINを入れることによって、在庫の管理が容易になります。

ebayで出品をする時の商品説明文(Description)の記入方法

ebayで出品をする時の商品説明文ですが、自分で商品説明文を考える大変です。

なのでAmazon日本の商品であればアマゾンの商品名をコピーしてgoogle翻訳で英語にしましょう。

その商品説明文をそのまま貼り付けて出品しましょう。

ebayで出品をする時の期間について(Duration)

ebayで出品期間を決めることができます。

出品期間については有在庫販売の方は、短い期間で商品が売れるかを短いサイクルで確認するのが良いので5日や7日といった期間がおすすめです。

無在庫販売の方は出品数が増えてくるのでGTC(Good till time)という売れるまで出品を継続することができるものがあるのでGTCを選択しておきましょう。

ebayで出品をする時の商品個数(Quantity)

商品個数については有在庫販売の方は持っている在庫の個数。

無在庫販売の方は仕入れ先に残っている在庫の個数にもよりますが、最初は1にしておきましょう。

というのは在庫を10として急に10個売れた時に在庫が仕入元に3個しかなかったという状況になった時に、

購入をしてくれたお客様に商品をお届けすることができなくなってしまうからです。

商品個数については無在庫販売の場合は確保できる個数にしましょう。

ebayで出品する時の画像のアップロード

ebayで出品をする時には商品の画像をアップロードします。

画像は500×500ピクセル以上のサイズにしましょう。

500×500ピクセル未満の画像の場合、エラーになりますので注意しましょう。

写真は12枚まで挿入することができます。

1枚目が商品の検索にでるサムネイルになります。

ebayで出品をする時の商品価格(Price)

ebayで出品する時の商品価格は海外の方が購入するので、ebay.comであれば米ドルです。

計算をする前に把握しないといけないものとして、

商品の仕入れ金額(国内送料込み)

商品の海外送料

ebayの手数料

paypalの手数料

があります。

計算項目としては

販売額=商品の仕入れ金額(国内送料を含む)  + 海外送料 +ebayの手数料+PayPalの手数料 + 求める利益になります。

この計算式に基づいて販売金額を設定しましょう。

関税に関してはebay.comで販売する場合は購入者であるお客様の負担になります。

ebayで出品をする時の送料設定方法(shipping)

ebayの出品で一番複雑なのが送料の設定になります。

国内の販売であればお届け先は日本だけになりますが、ebayで出品をする場合はお送くの国の方が購入をします。

初めて販売をする人におすすめの設定は送料を込みの値段で出品をすることです。

ebayで出品をする時は送料込みと送料を別に表示して出品をすることができます。

例えば、商品代金30$で海外送料が10$だった場合,30$+10$という表示をする方法と40$と表示をする方法と2つあります。

初めての方は30$+10$という表示をする方法は商品代金と送料と2つの数字を管理をするより、送料込みの40$1つの数字で管理をした方が管理がしやすいです。

お届けする国については最初はアジアと北米のみで実施しましょう。

欧州と南米にも販売することができますが、欧州と南米は送料が高いことと配送トラブルがあるので最初は出品するのをおすすめしません。

ebayで出品する時のハンドリングタイムHandling Time)の設定

ハンドリングタイムとは商品の決済が完了してから発送までの期間のことをいいます。

こちらはPST(アメリカの太平洋標準時)が基準となります。

ですのでeBay上では日本時間より17時間遅い(サマータイムだと16時間)時間となっています。

設定する日数は営業日ですので、土日・祝日(アメリカ)はカウントされません。

注文から発送ができる日数を確認して設定をしましょう。

ebayで出品をすることができない禁止商品

ebayで出品をすることができない商品についてお伝えするので、初めて出品をする方はまず確認をしていきましょう。

ebayが出品を禁止している商品

ebayでは出品をすることができない禁止の商品があります。

危険物、薬、アダルト、金銭そのものは出品が禁止されている商品の一例です。

カテゴリーごとに禁止の商品がありますので、公式サイトで確認しましょう。

ebayでの出品禁止商品リスト

ブランドやメーカーが販売を禁止している商品(Veroプログラム)

Veroプログラムとは、ブランドやメーカーが販売権利等を持っている商品になります。

そのため、販売権をもっていないまま販売することで、警告やその商品ページが削除になることがあるので注意しましょう。

Veroプログラムには、対象のブランドと対象国があるので確認しておきましょう。

Veroプログラム

国際郵便として送れないもの

航空危険物については、日本郵便のサイトの「国際郵便で送れないもの」というページがあります。

アルコールや、スプレーなどが該当するので注意をして出品をしましょう。

国際郵便として送れないもの

税関での禁止商品

また税関で禁止されている商品があります。こちらも確認をしておきましょう。

税関禁止商品一覧

ebayで出品ができたら最後に確認をしましょう

ebayで出品ができました実際に自分の商品が出品されているかを確認しましょう。

時に間違えた金額で出品をしてしまったというこもあるので最後の確認が大事です。

タイトルがわかりやすいか?

画像のサイズや画質は荒くないか?

詳細な説明が入っているかなど、

出品した商品をお客様から見て頂くと、よりよい出品ができるはずです。

ぜひ出品をしてebay輸出を楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です