eBay輸出で活躍するツールをまとめて紹介!!有在庫と無在庫で可能!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
eBay輸出のツールについて知りたい
という方のために、eBay輸出のツールについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. eBay輸出でツールを導入するメリットがわかる
  2. eBay輸出でツールを導入する際の注意点がわかり失敗を防げる
  3. eBay輸出に役立つツールの選び方がわかり自分に合ったものを選べる
  4. eBay輸出で役立つ無料ツールと有料ツールを知ることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではeBay輸出に役立つツールについて解説をしていきます。

eBay輸出のメリットは全世界を相手にビジネスができることです。
日本の製品は質がよく、信頼されているので需要も見込めるでしょう。
国内だけの輸出ビジネスにとどまるより、やり方次第では利益を増やすことが可能です。

特に無在庫であれば、赤字を出すリスクが低くなるのでeBay輸出を無在庫で行っている人も少なくありません。
eBay輸出において無在庫で出品数を増やしていくことで利益アップも期待できるのですが、その分手間がかかります。
それをサポートしてくれるのがツールです。
ツールには在庫管理や出品をサポートしてくれるもののほか、リサーチツールなどもあります。

eBay輸出でツールを導入するメリット

eBay輸出ビジネスでツールを導入するメリットには次のようなことが挙げられます。

出品の手間や時間が省ける

eBay輸出ビジネスで出品数が増えると、その分手間が増えます。
商品を梱包したり、宛先のラベルを作成したりといった作業を手作業で行うのは大変です。
数個なら時間はかかりませんが、50個、100個となると時間もかかるし体力的にも疲れてしまいます。

特に英語に慣れていない場合、スペルを間違えてしまうこともあるかもしれません。
宛名に間違いがあれば返送されます。
そうなると、購入者に届かない、時間がかかるなど、デメリットが生じます。
届いたとしても名前などにミスがあれば、嫌な思いをさせてしまう可能性も。
ツールを活用すれば、そういった心配ごとが少なくなるでしょう。
商品が確実に、早く購入者に届けることも可能になります。

また、出品作業に手間取ることもあります。
ツールには自動で出品してくれるものがあるので、それを使えば作業を効率的に進めることも可能です。
クリックするだけで自動出品してくれるツールは便利で、作業時間もかかりません。
大量出品が可能になれば、その分利益アップにもつながります。

出品作業や出荷作業の時間が短縮されれば、空いた時間で商品リサーチをしたり輸出ビジネスの勉強をしたりすることができ、スキルアップできます。

リサーチの時間を減らすことができる

eBay輸出ビジネスではさまざまなリサーチが必要です。
eBay市場で何が人気なのか、売れ筋商品が何か、国際郵便の送料や為替、関税などのリサーチをしなければなりません。

eBayに輸出する商材に関するリサーチは、利益に結びつけるためには欠かせない作業です。
売れ筋商品は何か?いくらで売れているか?などの基本的な情報から、いつ、どのようなタイミングで何が売れているのか?などを把握しておかなければなりません。

また、ライバルがどのような商品を販売しているか?などライバルに関するリサーチも大切です。
売れているライバルの商品の選び方や販売タイミングなど、参考になる情報を得ることが利益アップにつながります。

リサーチしなければならないことは様々あるため、膨大な時間がかかります。
正確な情報をたくさん得るためには、丁寧なリサーチをしなければなりません。
しかし、リサーチに時間を取られていては、販売のタイミングを逃してしまうこともあります。
仕入れたい商品が売り切れになってしまうことも。
リサーチツールがあれば、そういった点をサポートしてくれます。

eBay市場の売れ筋商品や現在、過去のランキングといった情報を得られるだけでなく、リサーチをしたうえで価格設定を自動で変更してくれる機能があるものなど、様々な機能が搭載されているツールもあります。
そういったツールを活用することで、リサーチ時間を短縮できると同時に、売れる可能性の高い商品や方法を見つけやすくなるでしょう。

在庫切れなどのミスを減らせる

在庫切れなどをしないよう、一括管理ができるツールもあります。
在庫があるかどうかを一点ずつ確認する作業は時間がかかります。
一括でチェックできれば作業時間も減るでしょう。
チェック漏れをして在庫切れに気づかず、出荷できないというミスを防ぐことも可能です。

無在庫販売の場合は受注をして出荷できないとなると、信用問題に関わります。
在庫管理は漏れのないようにしなければなりません。
在庫管理ツールなどを使えば、管理しやすくなります。

言葉の壁をクリアできる

eBay輸出において、言葉の壁に悩むケースもあるでしょう。
基本的な英語さえできればeBay輸出ビジネスは可能ですが、外国語ができないせいでトラブルに発展したり、損をしてしまったりすることもあります。

そのようなときに便利なのが翻訳ツールです。
翻訳ツールにもいろいろあり、無料で使用できるものも少なくありません。
しかし、文字制限があって何度も翻訳しなければならなかったり、精度が低く意味がわかりにくかったりすることもあります。
また、使うのは英語だけとは限りません。
英語以外がまったくわからないという場合にも対応できるツールが必要です。

ワンクリックで大量の翻訳ができたり、輸出ビジネス向きの翻訳ができたりするツールを使えば、作業がしやすくなります。
購入者に対しても、マニュアル通りの文章ではなく相手にとってわかりやすく、親切な文章を書くことも可能です。

eBay輸入のツール導入で気を付けるべきこと

作業の効率化が図れて、利益アップにもつながりやすいなどメリットの多いツールですが、導入するにあたり気を付けたいことがあります。

有料と無料がある

ツールには有料のものと無料のものがあります。
有料のものだと月額制になっているものも多く、1万円前後、もしくはそれ以上かかることも少なくありません。
その分がコストとなるので、利益計算をしたうえで損をしないことが大切です。

高額なツールは無料のツールよりも機能が豊富だったり、使いやすかったり、メリットも多いです。
しかし、それを使いこなせないと損をしてしまうかもしれません。
機能が多いとかえって使いにくいこともあるので、自分に必要な機能がある使いやすいツールを選びましょう。

慣れるまで時間が必要なこともある

機能が豊富だったり、わかりにくかったりするツールだと、慣れるまで時間がかかることがあります。
どの機能がどう働くのかを把握するのも、初心者だと簡単ではないでしょう。
また、英語で書いているツールもあるので、理解しにくいと思うかもしれません。
あきらめずに、慣れていくことが大切です。

使いやすいかどうかを見極める

ツールが操作しやすいかどうかは重要です。
慣れても操作に時間がかかるものだったり面倒な操作が必要だったりすると、使うたびストレスになってしまいます。

英語が得意ではないのに、英語で書かれているものを使えば翻訳だけでも時間がかかります。
日本語に対応しているものなど、理解しやすいものを選ぶようにしましょう。
初心者向けか経験者向けかを確認し、選ぶことも大切です。

ツールを導入しても必ず利益アップにつながるわけではない

ツールを導入しても、必ずしも利益アップにつながるとは言い切れません。
リサーチツールで売れ筋商品がわかり、それを輸出しても売れるとは限りません。
ライバルも同じ商品を扱っている可能性が高く、結果価格競争になり低価格で売らなければならない、という事態になるからです。

ツールを使えば作業の効率化を図ることできます。
しかし出品数が少ない場合に自動で出荷できるツールを使っても、費用がかかりすぎて赤字につながることもあります。
コストを計算すると同時に、自分に本当に必要なツールを導入することが大切です。

eBay輸出に使える無料ツール

こちらでは、無料で使えるツールを紹介します。

File exchange(ファイルエクスチェンジ)

商品データをエクセルなどからeBayにアップロードしやすく、出品作業が楽になります。
在庫や価格変更も簡単にできるようになります。
商品ごとの出品データを作り、データをアップロードするという手順を踏めば、まとめて出品することも可能です。

eBay公認の出品ツールで、eBayにも標準搭載されているため、ダウンロードすれば使用できます。
ただし、eBayに登録後90日が経過している、毎月50個以上出品している、といった条件を満たしていないと使用できません。

オークタウン for eBay

eBayへの出品作業が効率化できるツールです。
出品用のデータはCSV形式にしておけばダウンロードできるので、一から作成する必要がありません。
一括編集・入力が可能なので、大量に出品する際に作業時間の短縮につながります。
テンプレートがあるので、出品作業に慣れていない人でも操作は難しくありません。
決済や返品ポリシー、配送、入札制限など、日本語に対応しているのも安心です。

Pasty(ペイスティ)

一括で大量のURLのブラウザを開けるので、商品の在庫を管理しやすくなります。
大量のURLを一つずつ開くのは時間がかかるものです。
漏れがないとは限りません。
Pastyを利用すれば、50個でも100個でも希望するすべてのURLをまとめて開くことができます。
エクセルやスプレッドシートに記載したURLを、ワンクリックで開けるので、手間もかからずスピーディに在庫確認ができるでしょう。
Google Chromeの拡張機能の一つなので無料です。

WUANTO

商品リサーチを効率化できるツールです。
入札された数の多い商品やウォッチ数が多い商品(注目されている商品)、落札された商品、入札がなく終了しそうな商品の検索が可能です。
中でも、注目されている商品を把握できるのは大きなメリットと言えるでしょう。
スマホからも操作可能なので、どこでもリサーチできるのも便利です。

eBay輸出に使える有料ツール

こちらでは、有料のツールを紹介します。

SAATS Commerce(サッツコマース)

出荷作業を効率化できるツールです。
おすすめ機能の一つが、画像拡大機能です。
画像のピクセル調整を自動で行うので、一つ一つを自分で修正する手間が省けます。

eBayの出品データに照らし合わせた、EMSやイーパケットなどの国際郵便ラベルの発行が簡単にできます。
作成された送り状は追跡機能も搭載されているので安心です。

Nijuyon

過去の落札利益や特定商品の出品ができたり、商品説明文のコピーペーストや翻訳を自動でできたりします。
eBay用など適した画像サイズに自動修正してくれる機能も。
また、事前に利益率を設定すれば、価格に利益をのせたものをドルに変換し、設定することができます。

リサーチ機能としては、商品内容、売れたタイミング、価格、数量といったデータを分析可能です。
日本のセラーが出品した商品と、実際に販売された商品をターゲットにリサーチできます。
さらにスマホ我見に対応しているので、外出先でも操作でき、便利です。
過去の商品情報を利用して再出品できるので、必要な部分を修正するだけですぐに出品できます。

30日間の無料トライアルがあるので、興味のある人は試してみるとよいでしょう。

テラピーク

eBayの過去の取引や人気の商品などをリサーチすることができます。
商品価格や商品の状態、期限、日本から出品商品など条件を絞って検索可能です。
検索結果は価格順位や日付、販売個数などで並び替えができます。
商品に関する詳細な情報を得ることができ、商材選びに役立つでしょう。

7日万の無料とリアルがあるので、使ってみて検討することをおすすめします。

HURU

在庫管理をするのに役立つツールです。
在庫情報や価格に変動ないかを自動でチェックしてくれます。
変化があった場合は、商品リスト一覧のセルカラーが変わるので一目でわかります。
在庫切れなどのミスを防ぐことができるでしょう。

在庫管理ができないと、仕入れ価格が上昇したときい対応できず、赤字のリスクが生じます。
また、在庫切れだと取引がキャンセルになることも。
そういったリスクを減らせるツールです。

ebay輸出で使用できるツールのまとめ

eBayで無在庫販売をする場合、数が多くなることもあるでしょう。
出品数が増えれば、商品の発送にも時間がかかります。
そういった際には出荷作業を自動化できるツールが便利です。

また、eBay輸出では注目されている商品や販売個数の多い商品など、リサーチが欠かせません。
しかし一つずつリサーチするにはやはり時間がかかるものです。
リサーチ機能を使用すれば、詳細な商品情報を迅速に得ることができます。

ツールを選ぶ際には、使いやすさや費用などを確認し、自分にとって効率化が図れるものを選ぶことも重要です。
さまざまなツールを導入し、作業の効率化を図ることは商品が早く届くなど、購入者にとってもメリットがあります。
ツールを導入し売れる商品を分析し、売上アップにつなげましょう。