eBay輸出は外注化すべき!?発送代行業者選びのポイントを解説!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
eBay輸出で利用できる外注化について知りたい
という方のために、発送代行業者のメリットやSOHOとの違い、おすすめの発送代行業者などについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. eBay輸出で外注化すべき理由がわかる
  2. eBay輸出で外注化する方法について知り利用しやすくなる
  3. eBay輸出で発送代行業者とSOHOの違いがわかる
  4. 発送代行業者の選び方がわかる
  5. eBay輸出でおすすめの発送代行業者を知ることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではeBay輸出における外注化について解説をしていきます。

eBay輸出で商品の数が増えてくると、梱包や発送に時間がかかります。
手間もかかるため、発送作業がストレスになるかもしれません。
そんな時に検討したいのが、「面倒な作業を外注化すること」です。

大量に商品を発送する際には、1日などアッという間に過ぎてしまいます。
1日の大半を、eBay輸出のための発送作業で終わらせてしまうのは残念です。
その時間があればリサーチや仕入れ先探しなど、売上アップのために使えるのに、と思ったことがある人も多いでしょう。
そこで、eBay輸出で利用できる発送代行業者についてまとめました。

eBay輸出で外注化すべき理由

eBay輸出で商品を発送する際に、自分で商品を梱包し発送している人も少なくないでしょう。
発送までの作業は時間がかかり、大変です。
梱包や発送作業をなくす方法として、外注化があります。

eBay輸出において外注化できる作業には、リサーチや出品作業、仕入れ、バイヤーの顧客対応などさまざまなものあります。
eBayはフォーマットがあるので、出品作業はさほど難しくはないでしょう。
しかし、価格調整やリサーチなどを外注するとなると、誰に、どういった所に外注するかは吟味する必要があります。

外注化できる作業の中でも梱包・発送は外注化しやすいと言われています。
梱包・発送は基本的に単純作業なので、依頼しやすいためです。

しかし、外注化すれば費用もかかるし、信頼できる?と不安になる人もいるかもしれません。
eBay輸出で外注化をした方がよい理由を挙げてみます。

梱包・発送作業のストレスが減る

eBay輸出において外注化した方がよい理由の一つが、梱包・発送作業のストレスが減ることです。
購入者に発送する商品を梱包し、ラベルを作成し、印刷して貼り、発送する、という作業は時間がかかります。

破損しやすいものだと、梱包資材や梱包の方法にも配慮しなければなりません。
サイズや重さを正確に測り、できるだけコストを減らすサイズで梱包をすることも必要です。
商品を少しでも早く発送したくて、焦って作業をすればカッターやハサミを使うので、ケガをしてしまうことも考えられます。
ていねいな梱包をしなければ、購入者からクレームをつけられる恐れも。

さらに発送をする際に郵便局や配送業者に持参する手間や時間もかかります。
集荷を依頼すれば時間を拘束されることになるでしょう。

商品の数が多いほど、梱包や発送作業は体力的にも大変で、精神的なストレスにもなります。
外注をすれば、そういった苦労やストレスがほとんどなくなります。

商品の到着を早めることができる

商品を少しでも早く届けるためにも、外注化は必要です。
発送作業はかなり慣れている人でなければ、時間がかかってしまいます。
クレームにならないようにと丁寧に作業すればする程、商品の発送が遅れ到着も遅れてしまいます。

国内なら翌日に商品を届けることも可能ですが、海外となるとそうはいきません。
遠方だったり、時間のかかる配送業者に依頼したりすれば、2~3週間かかる場合もあります。
少しでも早く商品が欲しいという購入者も多いです。
海外だからと少しは待ってくれるかもしれませんが、かなり待たされたり商品ページに記載されている到着日に着かなかったりすれば、クレームになってしまうこともあります。

クレームになってしまうと、評価は下がるし評価の低い販売者は信頼を失います。
信頼されなくなれば、商品は売れなくなってしまうでしょう。
そのようなことを避けるためにも、外注化が必要です。

リサーチなどに時間を使える

今まで発送作業に追われていた時間がなくなれば、空いた時間に他のことができます。
eBay輸出で売上をアップさせるには、商品選びや仕入れ先の研究などが大切です。
eBayについて研究したり、輸出ビジネスについて講座を受けたりすることも、セラーとしてのスキルアップにつながるでしょう。

商品リサーチはしっかり行わなければなりません。
どのような商品が、どういったタイミング売れているか、どのような年代に何が売れているのか、最近注目されている商品は何かなど、データを集め分析をすることで商品の詳細を把握できます。
リサーチツールを使うなら、ツールについても勉強した方がよいです。

また、コストの削減も重要です。
そのためには、安く仕入れる方法を探したり、利益計算をしたりして、正確な利益を把握しなければなりません。
コストを減らせる部分を探したり外注化したりすることで、時間を作り出すことができます。

時間ができればeBay輸出ビジネスだけでなく、自分の自由時間も増えます。
趣味に費やしたりリラックスしたり、のんびり過ごす時間も大切です。

住所記載ミスなどが減る

発送する荷物が多いと、住所の入力ミスなどが増えてしまうことがあります。
住所が間違っていれば、購入者に届けることができません。
海外の物流事情は日本のように安全ではないので、荷物が紛失してしまうこともあります。
名前などが間違っていれば、購入者は良い気分にならないでしょう。

梱包する商品を間違えたり、商品に必要なパーツを入れ忘れたりしてしまう可能性もあります。
ダンボールが破損したり、商品を入れた袋が破けてしまったりということも考えられます。

梱包ミスは商品の紛失や購入者からの信頼を失うなど致命的なことになりかねないので、注意が必要です。
しかし、個人で作業をすれば、ミスも出やすくなります。
外注化すればそのような人為的ミスを防ぐことができます。

家族や友人に手伝ってもらうよりメリットが多い

発送代行を依頼すれば作業はなくなり、気分的にもスッキリします。
自分の時間も増えて好きなことができるなどさまざまなメリットはありますが、やはり費用がかかるのはデメリットでしょう。
その場合、家族や友人などに手伝ってもらうという方法もあります。

家族なら無料で、友人でも業者に頼むほどの費用はかからないでしょう。
しかし、家族や友人は梱包や配送の専門業者ではないので、質的に問題が生じてしまうことがあります。
依頼するには、梱包の方法や注意点などをていねいに指示しなければなりません。
教えてもできなかったり、理解してもらえなかったりすると、お互いストレスになってしまいます。

家族に頼んだ場合だと、作業が原因で気まずくなってしまうこともあるかもしれません。
友人にはお互い気を遣ってしまい、思っていることを言えないことも。
そのため、途中で「やっぱりできない」と手伝いを拒否されてしまうことも考えられます。

業者であればそのようなストレスはありません。
こちらか細かい指示を出さなくても、質の高いサービスを提供してくれます。
気になることがあれば、気を遣うことなく注文をつけたり、問い合わせができたりします。

ebay輸出の外注化の方法とそれぞれのメリット・デメリット

外注化の方法には、発送代行業者に依頼する方法とSOHOを利用する方法があります。
それぞれのメリットとデメリットを把握しておきましょう。
どちらを選ぶかは、発送する商品の数やタイミング、自分の作業の方法などによって検討してください。

発送代行業者

・メリット
発送代行業者のメリットは、大量の商品をスピーディに発送してくれる点です。
業者の規模が大きければ作業はシステム化され、eBay輸出など海外への配送に慣れているスタッフが多いです。
発送指示などをする必要はなく、梱包や配送の質が高いので安心して任せることができます。

配送業者と特約を結んでいるため、1個あたりの送料も安くなります。
業者によっては数日で配送してくれる業者もあるので、スピーディな配送が期待できる点もメリットです。
配送業務だけでなく、商品の在庫管理や保管、ラベル貼りなどをしてくれる業者もあるので、自分の希望によってさらに仕事を効率化できるでしょう。

特に大量の商品を扱う場合、倉庫で保管・管理をしてくれる業者もあります。
家に商品を保管する必要もなく、別に倉庫を借りるよりコストを抑えられます。

・デメリット
1番大きいデメリットは、手数料が高くなることです。
月額利用料などが必要な業者も多く、発送状況によってはコスパが悪くなることもあるでしょう。
代行業者は数が多く、比較検討をするのも簡単ではありません。
中には悪質な代行業者もいるので、そういった業者に引っかからないように注意が必要です。

SOHO

・メリット
代行業者よりもコストを抑えられることが多いです。
融通が利きやすく、自分の都合に合わせて、自分がやりやすいように作業を依頼できるケースもあります。
優秀なスタッフであれば、仕事もしやすいでしょう。

・デメリット
配送に関する専門家とは限らないので、海外への配送に関する作業についてレクチャーしなければならないこともあります。
また、自分が仕事をしやすいよう、約束事や決まりを作り、理解してもらう時間が必要です。
場合によっては、細かいマニュアルなどを作成する必要があり、手間がかかるかもしれません。

スタッフが優秀とは限らず、マニュアルを作成しても従わなかったり、納期に間に合うよう作業が進められなかったり、といった人材に当たってしまう場合もあります。
優秀な人材に出会うまで、同じ指示を何度も繰り返さなければならないこともあるでしょう。

また、信頼関係ができ、スタッフの作業レベルを把握できるまでは作業の進行具合を管理しなければなりません。
商品の数が多い場合は、スピーディな作業というわけにはいかないので、適していない可能性もあります。

ebay輸出の発送代行業者選びのポイント

発送代行業者はたくさんあります。
それぞれ価格をはじめ、サービス内容やシステムなどが異なるので、自分に適した発送代行業者を選ぶには比較検討が大切です。
発送代行業者選びのポイントを紹介します。

費用を比較

コストはできるだけ削減したいものなので、価格をきちんと確認しましょう。
他の業者と比較する際には、何にどれくらいの費用がかかっているかをチェックしてください。
依頼する予定のない作業費用が入っていたり、送料が相場より高かったりすることもあります。

費用が安すぎると、商品の到着までに時間がかかるかもしれません。
送料や代行料など基本料金だけで他はオプション料金だったりすると、作業を追加するごとに費用がかかり、結果高くなってしまうこともあります。
費用の内訳はしっかりチェックしましょう。

サービス内容を確認

発送代行業者によってサービス内容が異なるので、確認することをおすすめします。
配送だけなのか、ラベル貼りなどをしてくれるのか、必要な場合は荷物を保管してくれるのか、無在庫販売に対応しているか、などをチェックしましょう。
自分の希望するサービス内容があるか、また予算と照らし合わせて適したプランがあるかどうかを確認することがポイントです。

さまざまなプランがあれば選びやすいため、プランの多い業者を検討するのもおすすめです。

対応が丁寧か

対応が雑だったり、レスポンスが遅かったりする業者は信頼しにくいかもしれません。
商品も雑に扱われてしまうのではないか、トラブルが生じたときに責任を取ってもらえないのではないか、など不安を感じる業者には依頼しない方が無難です。

問い合わせをした場合に回答が早い、誠実な対応をしてくれる、メールだけでなく必要な場合はチャットや電話対応をしてくれるなど、誠意のある対応をしてくれる業者に依頼しましょう。

実績があり評価が高い

実績のある代行業者は信頼しやすいです。
ノウハウも蓄積されているので、トラブルが生じたときも迅速に適切な対応をしてくれます。
口コミなどをチェックし、評判の良し悪しを確認するとよいです。

ebay輸出のおすすめの代行業者

数ある発送代行業者の中で、おすすめの業者を紹介します。
自分のビジネスに適した発送代行業者探しの参考にしてください。

オープンロジ

固定費なしで商品は1個から利用できます。
配送料金は1個あたり370円~。
多様な検品方法で商品の数量やサイズの確認をしてくれるほか、包装、梱包、封入、ギフトラッピングなどさまざまな対応をしてくれます。
一度に大量の商品を入荷することも可能です。
バーコードでの在庫管理、管理画面からの確認、補充など商品の保管機能も充実しています。

エフェクト

月額利用料は無料で、標準サイズであれば1個あたりの発送手数料が250円です。
入荷、ピッキング、伝票作成、配送追跡、在庫管理、梱包、出荷とサービス内容も充実しています。
日本郵便とシステム連携をしているので配送追跡もでき、安心です。
eBay輸出をする際に、何等かの事情で商品を預かってほしい場合も、倉庫保管もしてくれます。
入荷は郵送でも、直接倉庫に持参してもOKです。

バゲッジフォワードコム

海外発送・海外転送を行う業者です。
日用品などの小物から、自転車が家電など大型サイズのものまで対応してくれます。
土日も発送処理を行い、スピーディな対応を心がけています。
会員登録をすればすぐにでも利用可能です。
海外発送サービスのほか、落札代行サービス、買い物代行サービスも行っています。

オークレボ

月額利用料は5,800円。
海外発送サポートでは、EMS、eパケットライト、eパケット、小型SAL書留付きの方法を導入しています。
eBay輸出においては、撮影・成約後にオークレボから発送も可能です。
関税の立て替え、商品の検品、梱包、発送、商品の在庫管理も行っています。

HASSO JAPAN

月額利用料は10,000円と高めですが、充実したサービスがメリットです。
フィギュアやキーボードなど、破損したすいデリケートな商品も、しっかり保護し破損のないように梱包・発送してくれます。
1個口の発送手数料はかかりますが、梱包材や緩衝剤、再梱包手数料、同梱手数料は無料です。
海外発送もEMSをはじめ国際小包SAL便、書留小形包装物航空便、FedExなど8種類から選べます。

ebay輸出の外注化と発送代行のまとめ

eBay輸出で扱う商品が増えると、出品作業や顧客対応などの作業量も増えていきます。
特に、商品の梱包や発送は数が多くなると、時間も手間もかかります。
発送作業に時間を取られて、大切な商品リサーチがおろそかになってしまうと、売上アップにはつながらないかもしれません。

売上アップのためにも、外注できるものはした方がよい場合も多いです。
発送代行業者にはさまざまな種類があるので、費用やサービス内容を確認し、自分のビジネスに適した業者を選びましょう。