初心者注意!ebayで損をしないための返品と返送の流れを解説

ebayで損をしないための返品と返送の流れを解説

物販をしていると少なからず商品の返品の依頼があります。

ebay輸出であれば日本の商品を海を越えてから返品の依頼です。

国内で販売している場合の返品とは状況が変わってきますので、国を越えてからの返品への対応方法について解説をしていきます。

ebayでの返品の一連の流れを理解する

まずebay輸出での返品の流れを理解しましょう。

ebayではメッセージで「Return Request」という内容で返品の連絡がきます。

まずはメッセージの返品の理由が明確か必要な情報があるかを確認します。

返品の理由がただ単に「返品希望」だけでなく正当な理由であるか?

その返品をしたい商品の写真があるかなどを確認しましょう。

正当な理由でない場合や写真がない場合は、再度送るように連絡をしましょう。

ebayで出品をしてる商品の返品ポリシーについて確認をする

返品については自分が出品をしている時の返品のポリシーを確認をしましょう。

こちらのポリシーに該当していない場合が原則返品を受け入れる必要はありません。

しかしバイヤーによってはエスカレーションというクレームをいれてくる場合もあるので注意しましょう。

ebayで販売した商品の返金額と返送料の調整

返品を受け入れる時の一般的なパターンとしてこのようなものがあります。

①商品代金(送料含む)と返送料を全額返金
②商品代金(送料含む)を返金するが返送料はバイヤー負担
③商品代金を返金をして送料と返送料はバイヤー負担
④商品代金を一部返金

このパターンの使い分けとしては、取引をした商品の返品のポリシーや返品の原因によってセラーとバイヤーで金額を調整します。

セラー側に原因があればセラーが負担する金額が多くなりますし、バイヤー側に原因があればバイヤーが負担する金額が多くなります。

ebayで販売した商品の返品を受け入れる時に事前にバイヤーに伝えること

返品を受け入れる時はまず事前にバイヤーに伝えることがあります。

・商品を返送するの発送業者どこか?
・商品の返送の発送方法はなにか?
・発送方法は追跡番号がある発送方法を選択すること
・発送票のアイテム欄に「Return Item」と記載すること
・発送票のアイテム欄に「Return Item」と記載しないで関税がかかる場合はセラーは受け取れない
・発送票のアイテム欄に「Return Item」と記載しないで関税がかかる場合はバイヤー負担となる
・発送前の商品と著しく状態がことなる場合は、商品代金の返金額が全額でないこと
・発送前の商品の付属品がない場合場合、商品代金の返金額が全額でないこと
・返品時の輸送中の商品の紛失と破損はセラーに責任ないこと
・商品がこちらに到着後に返品手続きが完了とになり返金となること

発送票に「Return item」と記載してもらうのは、返品であることを提示するためです。

この記載がないと税関で輸入品という扱いになり、受け取り側のセラーに関税を請求されてしまいます。

必ずバイヤーに記載してもらいましょう。

ebayで販売した商品の返品を受け入れる時のバイヤーの返送方法は?

バイヤーは返送について慣れていなかったり、何も考えずに行動することもあります。

とくに返送料をセラーが負担をする時は、バイヤー自分の負担でないので勝手に料金が高い発送方法を選択することがあります。

例としては、DHLやFedExなどで発送をするケースです。

なので事前にどの発送会社の発送方法で輸送をするのかを確認しましょう。

商品のサイズにもよりますが、料金で無難な発送方法はアメリカの郵便局であるUSPSになります。

バイヤー負担で返品をする場合は問題はありませんが、セラー負担の時は注意をしましょう。

こちらで返送方法を提示することや指定することもできますので、その時はバイヤーが可能な発送方法で金額と商品が届く日数も説明して調整をしましょう。

ebayの返品商品の返金のタイムングはいつか?

焦ってバイヤーから連絡がきてすぐに返金をするのは止めましょう。

焦って返品の申請がきて、先に返金をしてしまうと商品が戻ってないこともあります。

返品商品の返金のタイミングは商品がセラーの元に戻ってきて、商品を確認をして問題がないか確認しましょう。

もともとの商品の状態から傷がないか、付属品があるか、箱の状態などを確認しましょう。

そこで問題がなければバイヤーに連絡をして、返金の手続きになります。

もし商品に何か問題がある場合は、バイヤーに連絡をして返金額の再調整をしましょう。

返金の手順は「Return Request」からebay上で商品が届いたことを伝えて返金しましょう。

「Return Request」から処理をすることによって自動的にPayPalから返金されます。

ebayで販売した商品の返品と返送の対応の注意点

ebayの返品の対応についてお伝えしました。

ebayに限らず物販をしていれば、少なからず返品の申請はあります。

まずはバイヤーの返品の理由などをしっかり確認してから焦らずに対応しましょう。

そしてebayの場合は海を越えてからの返品のやりとりなので、返送する際の発送代行業者や発送方法っといった調整がでてきます。

この調整で事前に伝えることを忘れてしますと損をしてしまうので、しっかりコミュニケーションをとって対応していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です