【ebay輸出】最初から効率よく評価を集める方法とは

リアルの店舗で商品を販売するときでも、インターネットで商品を販売をする時でも購入をしてくれた方からの評価は重要です。

とくにebay輸出をしている人であれば、インターネットで全く知らない人から商品を購入をするので、評価が低い人からか高い人からかであれば、高い人から商品を購入します。

今回はebay輸出で良い評価を増やす方法についてお伝えをしていきます。

ebayの評価(フィードバック)について

ebayの評価は

Positive(良い)
Neutral(普通)
Negative(悪い)

3段階になります。

ストア名の右にはこれまでの評価数が表示され、評価数で星マークの色や形が変わります。

1万回の評価で流れ星になり、1番評価の高いシルバーの流れ星は評価が100万回以上になります。

ebayの評価がなぜ必要か?

国内のインターネットの販売でも、評価は非常に重要です。

インターネットでの物のやりとりでは、対面することがないのでこの評価が1つの基準であり、評価が多い方が信頼できる販売者であり、購入者であるとされます。

ebayの場合は、日本だけでなく世界中の方が販売、購入をして商品も海を越えてお届けすることも多いので、国内のインターネットの販売よりも、より評価が重要になります。

ebayの評価はどのようにされるのか?

ebayの評価は1つの取引で販売者と購入者で、お互いにします。

販売者は購入者が、良い購入者だったのか?は

Positive(良い)
Neutral(普通)

2つから評価をするので、

Negative(悪い)

はありません。

またコメントを書くことができます。

購入者は販売者が、良い販売者だったのか?は

Positive(良い)
Neutral(普通)
Negative(悪い)

3つから評価します。

こちらもコメントを書くことができます。

ebayでの評価はいつするのか?

購入者が販売者を評価するタイミング

ebayでは購入者は購入をして支払いをすると評価をすることができます。

ただ商品が到着する前に評価をつけてしまうと、商品到着後に対応がよくなかった場合などに評価を修正しなければならないので、商品が到着して商品に問題がないかを確認してから評価しましょう。

商品が到着する時期に販売者から評価をお願いしますといった内容の連絡がくることもあります。

販売者が購入者を評価するタイミング

販売者は購入者の手元に商品が到着してから、評価をするのが基本になります。

理想は購入者が販売者の評価をしてから、販売者が購入者を評価をしてからですが、全ての購入者が評価を先にしてくれるわけではありません。

なのでその場合は購入者に、「商品は到着しましたか?もしよろしければ評価をしてください」と連絡をして様子をみてから評価をするというタイミングもあります。

ebayでの評価の方法

購入者が販売者を評価する方法

まずはebayのトップページにいき、購入した商品を確認します。

「My ebay」から「Purches History」をクリックします。

すると購入した商品が表示されます。

ebay輸出評価1

$のマークが表示されていましたら、購入が完了していて支払いが完了しているという意味になります。

$のマークがない場合は、購入は完了しているが支払いは完了していないということになります。

箱のマークは販売者が発送した表示になります。

なのでまだこの商品は販売者から発送がされていない状態です。

鉛筆のマークは購入者が、販売者を評価をした場合に表示されます。

逆にメールのマークは販売者が購入者は評価をした場合に表示されます。

この写真に場合は、商品がまだ販売者から発送されていないので、販売者から発送され商品が届いたら、評価をしましょう。

商品が到着しましたら、右にあるボタン「Leave feedback」をクリックします。

ebay輸出評価2

すると販売者を評価をする画面になります。

今回の取引について、販売者を評価しましょう。

ebay輸出評価3

評価は3段階になります。

・Positive→良い
・Neutral→普通
・Negative→良くない

になります。

「I’ll leave Feedback later」は後で評価するになります。

「Tell us more」に「Thank you very much」「Grate Seller」等、
お礼、感想、評価を入力しましょう。

「Did the item arrive on or before 〜」
こちらは、商品が〜までに到着したかになります。
こちらは期間内に到着したら、「Yes」
到着していなければ、「No」をクリックしましょう。

「Rate details about  this purchase」では今回の取引を星で5段階で評価します。

「How accurate was the item description?」は
商品の説明通りであったか?

「How satisfied were you with the seller’s communication?」は
対応はよかったかになります。

「How quickly did the seller ship the item?」は
早く発送してくれたか?になります。

これらの評価が完了しましたら、
左下の「Leave feedback」をクリックしましょう。

こちらで購入の確認から、販売者への評価は完了になります。

ebayで商品を購入をしましたら、販売者が商品を発送してくれるので商品が届くまでまちましょう。

商品が届きましたら、商品に問題がないかを確認して販売者の対応などを踏まえて評価しましょう。

特に問題がなければ、良い評価をつけましょう。

こちらが良い評価をつけると、販売者も良い評価をつけてくれる傾向にあります。

販売した時の評価の方法

ebayで注文を受けたら、相手に良い評価をもらえるように対応しましょう。

注文をした購入者すべてが評価をしてくれる訳ではないので、下記のような流れで評価を依頼しましょう。

ebay輸出で商品を購入したと時の注文の確認方法とその商品を販売しているセラーの評価をする手順について解説をします。

ebayの評価稼ぎの考え方

これからebayで効率良く評価を得たいという方、販売をして評価を得るのでなく商品を購入して評価を得ましょう。

ebayでは販売と購入の合計の評価と、販売で得た評価と、購入で得た評価があります。

販売で評価を得る場合は商品のリサーチをして出品をする作業もあり、時間ががかかります。

まずは商品を購入して販売と購入の合計の評価を稼ぎましょう!

ebayで評価集めで適した商品

ebayの評価集めに適した商品は、販売でも購入でも低額な商品になります。

金額で言えば、110ドル程度のものにしましょう。

1ドルのものを5個購入することで、5つの評価を集めることができます。

*注意点として同じセラーから、5つ商品を購入しても1つしか評価はつきません。

販売をする場合は最初は100円均一のような低額な商品の販売をオススメします。

評価を集めることが目的なので、利益はほとんどとらずとりあえず購入してもらうことを意識して、

価格の設定をして販売をしましょう。

評価の依頼方法

①商品注文確定時の連絡

注文のお礼をメールで送りましょう。

内容は購入してありがとうございます。といった内容で大丈夫です。

お支払い後発送の手続きをするということも伝えましょう。

②商品の入金が完了した時の連絡

入金のお礼をメールで送りましょう。

この時に発送方法と商品到着までの目安をお伝えしましょう。

③注文後、2日経過しても支払いをしない場合の連絡

入金が完了していないことを伝え、不明な点があれば問い合わせをしてくださいと伝えます。

<発送済みの連絡>

商品を発送したことを連絡しましょう。

追跡番号は購入画面で確認できることを伝え、追跡番号の追跡サイトを送りましょう。

⑤商品が到着日の約1週間後

商品が無事に届いたかの確認の連絡と、可能であれば評価をしてもらうよう伝えます。

ここで無理に評価を依頼をすると、悪い評価を付けられてしまうこともあるので注意しましょう。

評価は任意なので購入者の方の意思になります。

1ヶ月経過しても評価がない購入者への連絡

お礼の言葉と、商品の到着の確認の連絡。

可能であればフィードバックをしてもらうよう伝えます。

ebayの評価自動ツール

Manage communications with buyers(自動メール送信機能)を使用することで、購入者の状況に合ったメールを5種類、自動でおくることができます。

これによって、いままで以上の評価数をもらえることが見込めます。

こちらは“Selling maneger pro”を契約していると使用することができます。

自動でメールを送信する機能があるので、購入者の状況に合わせて、送る内容も自分で変更することができます。

注文数が少ない時は自動ツールを使用しなくても、手間はそこまでかかりませんが注文数が増えてきましたら、導入を検討しましょう。

とめ

重要な1つの指標が評価です。

もちろんインターネットの販売以外のリアルの店舗も評価は大事です。

海外で取引をする上での1つのポイントは評価になります。

国内との取引とはちがい、輸出では海を越えて取引をします。

そのため、購入者が商品ページに訪れた時に、安全に取引ができる信頼感が必要です。

まずは自分で購入をすることで評価を早く稼ぐことができます。

その上で自分で販売をして、販売における評価を増やしていきましょう。

評価は任意なのでできるだけしてもらう工夫が必要です。

それには、良いサービスの提供と購入者への連絡が重要になってきます。

どんなに良いサービスをしても、購入者が評価をすることを忘れていたら、良い評価をもらうことができません。

逆に購入者に連絡をしても、良いサービスを提供をできていなければ、悪い評価を付けられてしまいます。

良いサービスの提供と購入者への連絡が非常に重要です。

また受注件数がふえてくると、すべての購入者に連絡することは、時間と労力がかかってしまいます。

その際は自動ツールを使用して、効率化をして実施しましょう。