【ebay輸出】在庫管理方法と在庫切れの対処法を解説

ebayで無在庫販売をしていると、少なからず注文がきた商品の在庫がないという状況もでてきます。

注文した商品を購入者にお届けできないことはクレームやセラーパフォーマンス(セラーの評価)にも影響がでてきます。

今回は在庫切れにならない管理方法と、在庫切れになってしまった時の対処方法について解説をします。

ebayの無在庫販売における在庫切れ

在庫を仕入れずに出品をして、注文がきてから商品を仕入れてお届けをする無在庫販売。

無在庫販売は先に商品を仕入れないので、資金繰りが良く、不良在庫になるリスクが低い販売方法です。

多くの転売をしている方が資金繰りと不良在庫で苦しんでいるので、無在庫販売は心配がありません。

しかしながら無在庫販売は、注文がくるまで在庫を確保していません。

注文がきた時に出品をしていた、在庫がないという状態になることがありこれが無在庫販売における在庫切れになります。

従来の在庫を仕入れる有在庫販売の在庫切れとは、仕入れていた売り切れ状態であり購入者が購入を希望しているにもかかわらず、商品がないという機会損失の状態に対して、無在庫販売における在庫切れはすでに注文が入った商品の在庫がないということです。

ebayにおける在庫切れの影響

ebayでは在庫切れをして最終購入者に商品を届けることができない場合、注文をキャンセルする必要がでてきます。

注文のキャンセルについては、購入者都合のキャンセルと販売者都合のキャンセルがあります。

在庫切れは基本販売者都合のキャンセルとなります。

販売者都合の取引の欠陥にカウントがされ、セラーパフォーマンスに影響ができます。

取引の欠陥の割合(Transaction defect rate)は

0.5%以内であればトップレイテッドセラー

0.5%〜2%未満であればアボーブスタンダードであれば、

2%以上であればビロースタンダードになります。

この中でもビロースタンダードになると、ebay内での販売に制約がかかり商品が一気に売れなくなります。

この2%は維持する必要があるので、在庫切れには注意が必要です。

ebayの無在庫販売の在庫管理方法

最初から在庫管理を徹底する

ebayで無在庫をするのであれば最初から在庫管理をすることをおすすめします。

出品数が少なければ、在庫管理の徹底していないくても在庫切れをする確率が低いので気に出品をすることもできますが、出品が積み上がってくると在庫切れが発生してきます。

出品数が1000程を越えるぐらいから、在庫切れがポツポツよでてきます。

在庫切れが発生すると商品を探すことや、購入者に対応をするといった業務が発生するので、業務管理の視点からも在庫の管理を最初からしておきましょう。

カスタムラベルを商品管理番号で管理する方法

ebayでの在庫管理をするにあたり、まず商品管理番号を理解しなければなりません。

普段自分が買い物をする時に、商品にはバーコードがついています。

バーコードには商品管理番号がついており、その番号イコールその商品ということがわかるようになっています。

このようにebayで販売をする時には、自分が出品する商品がどの商品管理番号かをわかるようにする必要があります。

例えば、あなたがAmazonの日本の商品をebayに出品をするのであれば、Amazonにある商品管理番号であるASINを管理番号として使用します。

ヤフーオークションの商品であれば、オークションIDといった無在庫の仕入れ先の管理番号になります。

国内のネットショップであればネットショップの商品管理番号となります。

このようにしてまずは自分の無在庫の仕入れ先の商品管理番号を探してみてください。

カスタムラベルに商品管理番号を入力の工夫

ebayで出品をする時は、無在庫の仕入れ先の商品の商品管理番号をカスタムラベルに入力します。

そうすることで注文がきた時に、そのカスタムラベルに入力してある商品管理番号で仕入れ先の商品をすぐに探すことができます。

この商品管理番号がないと、出品した英語の商品名から日本語に変換をして、検索などで販売元を探すといった手間がでてきます。

カスタムラベルに商品管理番号を入力しておきましょう。

カスタムラベルに商品管理番号の考え方

カスタムラベルに入力する商品管理番号は、基本的に仕入れ先の商品管理番号に工夫を入れることもできます。

仕入れ先の商品管理番号の前や後ろに、文字や数字を追加することができるので、新品と中古で管理をするのであれば、管理番号の前の「New-」や「Used-」とつけることで管理すこともできます。

また商品管理番号の後ろに商品の仕入れ値を「-3000」といったように入力することもできます。

このようにカスタムラベルに自分が管理しやすいように入力することができます。

カスタムラベルをURLで管理する方法

カスタムラベルに商品管理番号でなく、URLを入力して管理することができます。

ebayはカスタムラベルに文字数の制限がないためURLをそのまま貼り付けることができます。

これによって仕入れ先のURLがわかるので、ワンクリックで仕入れ先の商品ページを確認することができます。

ebayの無在庫販売の在庫の確認方法

出品をする時にカスタムラベルに商品管理番号かURLを入力して、在庫管理の体制を整えたら在庫の確認になります。

在庫の確認方法は手動でするか、ツールで管理するといった3パターンだと思ってもらったら大丈夫です。

手動で在庫管理をする方法

ebayのカスタムラベルにいれた商品管理番号、もしくはURLで商品ページを訪れ在庫があるかないかを確認します。

出品数が少ない場合はこの方法で可能ですが、出品数が増えると時間がかかってしまいます。

方法として外注に依頼をして、在庫の有無を確認してもらうという方法があります。

またURLを確認する時にpastyというグーグルの拡張機能があります。

pastyはURLを一括で開くことができます。

1つ1つURLを開いて確認することは時間がかかるので、pastyを使用することで効率化することはできます。

ツールで在庫管理をする方法

ebayの在庫管理のツールについては在庫管理だけのツール、出品機能などと在庫管理がついているツールがあります。

在庫管理機能だけのツールであれば、HARUというツールとMEGAMIという在庫を管理のみのツールもあります。

在庫管理機能だけなので費用も手頃になります。

こちらのツールの機能としては、先ほどのURLを開いて在庫があるかを確認する作業をツールがしてくれます。

自分でURLを開いて確認する、外注に確認してもらうコストが上がってきた時に導入を検討してもよいです。

ただ、在庫を管理できるショップや件数などに制限などがあります。

在庫管理以外に機能がついているツールについては、SAATSコマースというツールがあります。

ebayのツールの中では昔からあるツールでアップデートを繰り返しています。

出品、在庫管理、受注機能などebayで使用する機能がオールインワンになっているので、これからebayを始めようという方であれば最初におすすめするツールになります。

在庫管理機能では在庫切れのアラート機能があります。

商品数が多くなるとアラートが増え管理がやや複雑になる点はありますが、優秀なツールになります。

在庫管理をしなくてもよい出品方法

ここまで在庫管理方法についてお話しをしてきましたが、無在庫販売でも在庫を管理をしないでも大丈夫な方法があります。

その方法はそもそも在庫切れをしない商品を出品するという方法です。

中古品や1点ものの商品であれば、その在庫がなくなった時点で在庫切れになってしまいます。

日用品、消耗品などであれば在庫切れをする可能性は非常に低いので在庫管理をしなくても、問題なく注文を受けることができます。

この方法はこれからebayを始める初心者の方は実践してみてもよいです。

経験者の方がしっかりを在庫管理をして、在庫切れのリスクを最小限にして大きな利益を得ることができる商品を出品しましょう。

ebayで在庫切れをしてしまった時に対処

他の仕入れ先の在庫を探す

在庫管理をしていた商品管理番号やURLの仕入れ先以外にも、同じ商品があることがあります。

商品名、型番、ASIN、JANコード、画像検索といった方法で商品を探し、仕入れ先があれば商品を仕入れましょう。

その時に仕入れ予定だった価格よりも高くなり利益が少なくなる、多少の赤字になるということもあります。

その時はセラーパフォーマンスの評価に状況によって、仕入れるかキャンセルを受け入れると判断をします。

在庫切れのキャンセルの対処法

ebayで在庫切れをしてしまった時は、キャンセルの処理をします。

販売者都合の処理、購入者都合の処理と選択をしなければなりません。

これが販売者都合となるとセラーパフォーマンスに影響がでてしまいます。

まず購入者に今回の商品がお届けできないことを伝えましょう。

その上で購入者都合で処理をしましょう。

連絡をしないまま、購入者都合でキャンセルの処理をするとクレームの元になるので注意しましょう。

ebayの在庫管理方法と在庫切れの対処法のまとめ

ebayの無在庫販売をするのであれば、最初から在庫を管理する体制を整えておきましょう。

出品数が増えるにつれ、在庫の管理は複雑になります。

最初は手動や外注に依頼をする管理方法でよいですが、出品数が増えてきましたらツールの導入も検討しましょう。

在庫管理をしていても在庫切れになってしまった時は、他の仕入れ先にあるかを探し、それでもない場合は購入者に連絡をしてキャンセルの処理をします。

在庫管理を徹底して対処を実践することで、セラーパフォーマンスを良い評価で維持することができるので実践してみてください。