輸入転売ビジネスは儲からない!?リサーチ・ツール・仕入れが成功の鍵!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
輸入転売の成功について知りたい
という方のために、輸入転売を成功させるコツについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 輸入転売ビジネスのメリットを知ることができる
  2. 輸入転売ビジネスを成功させるコツを知ることができる
  3. 輸入転売ビジネスのリスクを把握し失敗を避けられる
  4. 輸入転売においておすすめ商品を知り利益アップにつなげられる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは輸入転売ビジネスを成功させるコツについて解説をしていきます。

副業で転売をしている人は少なくありません。
さらに国内だけでなく海外サイトを利用して輸入し、転売するビジネスを手掛けている人も増えています。
中国輸入ビジネスなどは、仕入れ価格を抑えられて、売値との差額が大きくなるということで人気もあります。
ただし、薄利多売になりやすいとも言われています。

輸入転売は関税や国際送料などコストもかかるし、儲からないのでは?と思っている人もいるかもしれません。
しかしやり方次第では稼ぐことも可能です。

輸入転売ビジネスは儲かるのか

輸入転売を副業で始めたいという人や、脱サラして本格的にやってみたいなど起業として考えている人もいるでしょう。
国内転売ではライバルが増え、なかなか利益を出せないという人が海外に目を向けるのも当然のことです。
しかし、輸入となるとハードルが高いと感じる人も多いかもしれません。

転売輸入は国際送料も高い上に関税もかかるなど、経費がかかります。
仕入れても納品までに時間がかかり、スケジュール管理をしないと売れるタイミングを逃してしまうこともあります。
語学ができないばかりにトラブルになり、仕入れたいものが予定していた価格で買えないかもしれません。

デメリットばかりで儲からないのではないかと思うかもしれませんが、儲かるメリットもあります。

輸入転売のメリット

・日本では買えないものを仕入れられる
海外サイトでは日本では売っていないレアな商品や限定品、販売が終了してしまったものなどを見つけ、仕入れることができます。
ブランド品などに興味のある人やコレクター、マニアなどは高額でも購入するという人が多いです。
販売できれば高い利益を出すことができます。

・安く仕入れられる
中国輸入転売が人気なのは、仕入れ値が安いことが理由の一つです。
日本では考えられないほど安く仕入れることができ、国内で販売する価格の差額が大きいため、稼げる可能性が高いと言われています。

・効率的に稼げる
欧米輸入転売などはハイブランド製品が多く、商品1点が高額になりがちです。
輸入転売において高額商品は、高い利益率が期待できるので効率的に稼ぐことができるとされています。

・ライバルが少ない
輸入転売は国内の転売ビジネスに比べるとまだライバルが少ないです。
ライバルが多いと価格競争になりやすく、薄利多売になってしまいます。
薄利多売になれば労力だけで稼ぎが少なく、モチベーションの低下につながってしまうでしょう。

輸入転売で儲けられる人の特徴

デメリットやリスクもある輸入転売ですが、成功させている人も少なくありません。
輸入転売で赤字を出さず利益を出している人は、そういったデメリットを克服し、成功するコツを把握して実践している人です。

輸入転売で儲かる人の特徴は次のような点が挙げられます。

・輸入のルールを把握している
・嘘をつかない
・言葉がわからなくても誠意をもって対応している
・輸入に関する勉強を怠らない
・コスト管理をしている
・税金について正しく理解している
・商品リサーチをていねいにしている
・利益を出す方法を常に考えている
・作業の効率化を図っている

以上のような点を実践することで、輸入転売のメリットを生かすと同時に輸入転売のリスクを回避し、輸入転売を成功させることができるでしょう。

輸入転売はリサーチ・ツール・仕入れが成功の鍵

輸入転売のルールや商品リサーチの方法など、具体的に知っておかないと実践できません。
輸入転売を成功させるコツを紹介します。

輸入転売のルールを理解

輸入転売を成功させるコツの一つは、輸入転売をする際に守らなければならないルールを理解することです。
輸入転売で最低限守るべきルールには、次のようなものがあります。

・輸入してはいけない商品がある
海外のECサイトで出品されているものがすべて輸入できるとは限りません。
商品には輸入できるものとできないものがあります。
けん銃や爆発物などの危険物、貨幣や模造品はもちろん、医薬品なども薬事法で決められているため輸入禁止です。
刀やエアガンなども税関で止められてしまう可能性があります。

ヘビやワニなどの革製品や楽器などにも注意が必要です。
食品や化粧品のなどの輸入転売も許可が必要だったり、資格が必要だったりします。
輸入禁止や規制は法律なので、守らないと違法行為になります。
判断に迷った場合は税関に問い合わせましょう。

・税関に虚偽の申請をしない
輸入する際には関税がかかります。
関税は商品の合計額や商品の種類、個人輸入や商用(小口)輸入かによって金額が変わります。
個人が使用目的のために輸入する場合は個人輸入ですが、輸入転売をするために商品を輸入する場合は商用(小口)輸入です。

商用輸入は個人輸入よりも、関税額が高い金額になります。
虚偽の申請をして税金を安くするのは、コスト削減ではなく脱税という法律違反です。
適正な税金を払うのも、輸入転売のルールであることを認識しておきましょう。

良い仕入れ先の見極め

輸入転売の仕入れ先もさまざまあり、その中から良い仕入れ先を見極めることも成功のコツです。
仕入れ先を選ぶポイントは次のような点が挙げられます。

・質の良い商品がそろっている
輸入転売では商品の質の良さを確認することが大切です。
服やバッグ、靴などアパレル商品、腕時計やアクセサリーなどのブランド品は国内のECサイトでも人気があり、輸入転売の商品として取り扱うことも多いです。
そういった商品は高額であることも多く、少しでも傷があったり、汚れていたりするとクレームになる可能性があります。

海外のECサイトでは少しくらい傷があったり、破損したりしていても気にせず出品していることもあります。
出品者に悪気はなく、これくらいなら問題ない、と考えられていることが多いです。
そういった点は日本では考えられないかもしれませんが、海外ではよくあります。
もちろん、そういった出品者ばかりではありませんが、商品の品質には注意が必要です。

海外のECサイトの中には、偽造品や不良品が多く出回っているケースもあります。
サイトの傾向もあるので、高品質が求められる商品を扱う際には、信頼できる仕入れ先を選びましょう。

・仕入れ価格が安い
仕入れ価格が安ければ安いほど、利益アップにつながります。
同じ商品なら安い価格で仕入れられるところを見つけましょう。
特に、卸売りなどまとめて購入することで、安く仕入れられるケースもあります。
中にはロット単位でしか仕入れられないこともあるので、その場合は、計画的な仕入れを検討する必要があります。

ただし、仕入れ価格が安くても品質に問題があると、後々トラブルの原因になりやすいので注意してください。
その場合は、品質においてはそれほど神経質にならないものを選ぶなど、商品によって仕入れ先を選ぶとよいです。

・安心して取引ができる
輸入には不安がつきまとうものですが、安心して取引ができる仕入れ先を選ぶことも必要です。
それに伴い不安だという方が多いのが、語学でしょう。
輸入転売ビジネスでは、語学ができなくても問題ないとも言われています。
翻訳ツールなどを利用すれば問題ないとされているからです。
しかし、実際は英語や中国語などでやりとりをしたり、商品を把握したりしなければならないことも多いです。

輸入転売で翻訳ツールは確かに便利ですが、正確性に欠けることもあります。
その点、日本語対応の仕入れ先なら問題ありません。

また、クレジットカードを使いたくない場合、支払い方法がクレジットカード以外の方法を選択できると安心です。
仕入れ先の中には、運営サイドでトラブルがあった場合にサポートをしてくれるシステムになっているところもあります。
お金を払ったのに商品が届かない、などのトラブルがあっても返金してくれるなどの補償制度がある仕入先もあります。
そういったサポートが充実している仕入れ先なら安心して取引ができるでしょう。

・ECサイトが使いやすい
ECサイトがわかりやすく、使いやすいことも重要です。
どのサイトも使えないほど難解ということはありませんが、英語だけで日本語に対応していない、面倒な操作があるなどといった点があると、初心者の場合はそれだけでくじけてしまうこともあります。
最初は特に操作がシンプルでわかりやすい、日本のサイトと同じで使い慣れている、など操作にストレスのない仕入れ先を選ぶのがおすすめです。

また、仕入れ先のサイトにはリサーチ機能がありますが、リサーチがしやすいことも重要です。
輸入転売の成功はリサーチなしではありえません。
多角的リリサーチができる、知りたい情報がすぐに得られるなど、リサーチ機能が充実していれば効率的に売れる商品を見つけることができるでしょう。

・ECサイトの特徴を把握する
さまざまな仕入れ先の特徴を把握し、使い分けをしたり、自分のビジネスに合った仕入れ先を選択したりすることも必要です。
主な仕入れ先には、中国のアリエクスプレスやタオバオ、アリババ、アメリカのAmazonやeBayなどがあります。
どの仕入れ先も規模が大きく、さまざまなジャンルを取り扱っていますが、品質や価格、サポート体制、入金のタイミングなどは異なります。

それぞれの仕入れ先のメリットとデメリットを把握し、自分の行う輸入転売ビジネスに合ったものを選びましょう。

利益率UPの工夫

利益率UPのためにはどうすればよいか、何をすればよいかを考え、実践してください。

・利益率の高い商品をチェックする
商品単価の高いものは、利益率も高くなります。
利益率が高くなれば、時間をかけずに利益を出すことができ、キャッシュフローがよくなります。
安定したビジネスができるようになり、貯金ができればより高額な商品を仕入れ転売できるでしょう。

・回転率をチェックする
いつまでも売れ残っていては利益を上げられないので、回転率のよい商品をチェックすることが大切です。
商品によっては、季節などによって売れやすいものもあります。
その時期にどういったタイミングで販売すれば売れやすいか、高く売れるタイミングはいつか、などをリサーチしてください。

また、輸入転売ビジネスは為替に影響されることも少なくありません。
輸入転売は円高のときは仕入れ値が下がり、販売利益が上がるため儲かりやすくなります。
一方で、円安になると仕入れ価格が上がり、国内での販売価格も上昇しやすいです。

そういった仕組みがあるため、円安では稼ぎにくいと言われています。
しかし、そういったときこそライバルが減り、ビジネスがしやすくなる可能性もあります。
ビジネスチャンスを逃さないことも、輸入転売の成功につながるでしょう。

・コストを削減する
コストの削減は、輸入転売におけるコストを管理することが必要です。
国際送料や為替相場、ECサイトの手数料など、かかる経費を細かくチェックし利益計算をしてください。
また、個人事業主として輸入転売ビジネスをすれば、節税ができます。

ツールの利用

リサーチツールや在庫管理ツールなど、ツールを利用するのもおすすめです。
商品のリサーチには時間も手間もかかります。
ツールを使えば、売れている商品や注目されている商品、回転率など、商品選びや販売タイミングなどの参考になる情報を、スピーディに得ることが可能です。

また、価格の自動調節や利益計算、自動で購入者にサンクスメールや評価依頼をしたりしてくれるツールもあります。
このようなツールを利用することで作業の効率化が図れると同時に、正確で有益な情報を迅速に入手できるようになります。

ビジネスの仕組み化

輸入転売ビジネスを自動化することで、作業効率がアップします。
作業効率がアップすれば、自分の時間が増え、時間を有意義に使うことができます。
新規商品の開拓に力を注いだり、転売に関するセミナーを受けたり知識をつけることで、さらに輸入転売の成功に近づくでしょう。

ビジネスの仕組化は在庫ツールなどツールを利用するのも一つの方法ですが、外注化するのもおすすめです。
輸入転売に必要な作業の中で外注化しやすいのが、発送作業です。
購入者に発送するには、梱包資材を用意し梱包、住所ラベルを作成し貼付、集荷に来てもらったり、運送会社に持っていったりしなければなりません。

発送する量が多ければ、睡眠時間を削って作業をしなければならない、ということもあるでしょう。
発送作業は時間もかかり、体力も消耗してしまいます。
発送作業を外注化すれば、精神的にも身体的にも楽になり、時間を有効に使うことができます。

売れ筋の商品の把握

売れ筋商品を把握し、仕入れ販売すれば、売れる可能性が高くなります。
人気商品や日常で使用するものは回転率もよく、売りやすいのがメリットです。
ただし、価格競争になりやすく、利益が少なくなるのがデメリットと言えます。

利益を上げるには、売れ筋商品の関連商品もチェックしましょう。
売れ筋商品を購入している人はほかにどのような商品をチェックしたり、購入したりしているのかをリサーチし、関連商品を販売するのもおすすめです。
また、転売先の特徴を把握し、それぞれの売れ筋商品をチェックすることも必要です。

輸入転売でおすすめの商品とは?

輸入転売では何を売ればよいのでしょう。
輸入転売でおすすめの商品と、注意が必要な商品について解説します。

おすすめ商品

輸入転売における商品選びでは、できるだけ小さく、破損しにくいものがおすすめです。
海外から輸入すると長い距離を運ばれてくる上、梱包がしっかりされているかどうかもわかりません。
失敗を避けるためにも、壊れにくいものがよいでしょう。

また、送料を考えると大きなサイズより小さいもの、重量のあるものより軽量のものの方がコストはかかりません。
おすすめ商品としては、次のようなものが挙げられます。

・家電
小型自動掃除機やパソコン、薄型テレビ、扇風機などは一定の売り上げが期待できるとされています。
コーヒーメーカーやポット、電動歯ブラシなどもおすすめです。
テレビやパソコンのモニターなどを壁かけできる器具など、関連商品も多数あるのでリサーチしてみるとよいでしょう。

・アパレル
服や帽子、靴などは需要も多く、さまざまなアイテムがあるので得意分野を選ぶのもおすすめです。
季節ごとに帽子やサングラス、日傘やサンダルなど関連商品も数多くあり、仕入れやすく売りやすいものを見つけやすいとされています。

・ブランド品
日本で買うより安く買えることが多く、高い利益率が期待できるでしょう。
仕入れ価格が高くなるので資金が必要ですが、短時間で高い利益を得られる可能性が高いです。

・スマホやタブレット
需要が多く、新製品が次から次へと発売されるので、常に売りやすい商品です。
海外のサイトでは安く仕入れることが可能です。

・ペット用品
ペット用のキャリーバッグやおもちゃ、洋服やペット用のシーツなど、ペット商品を買い求める人も多いです。軽くて送料のコストカットにもつながります。

注意が必要な商品

・化粧品
日本では買えないものも多い化粧品は、輸入転売商品としては扱いたいものの一つでしょう。
しかし、化粧品の輸入・販売には化粧品製造販売業許可が必要です。
メイク用品をはじめ、スキンケア用品、石鹸、シャンプー、リンス、香水、歯磨き粉などは当てはまるので注意してください。

・おもちゃ
乳幼児が口に入れたり、手に取って口に運んでしまったりするリスクのあるもの、また口に接触するおもちゃなどは、届け出が必要になる場合があります。

・食品
食品は体内に入るもので健康に大きく影響します。
そのため、種類によっては数量の制限があるなど食品衛生法などにおいて厳しい規制があり、中には輸入に際して届け出が必要なものもあります。
食品に関する規制は多岐に渡るので、輸入転売で食品を扱う場合は税関のサイトをチェックしてください。

・ブランド品
人気商品であり、輸入転売のおすすめ商品ですが、偽物やコピー商品には注意しなければなりません。
万が一ということもあるので、ブランド品を扱う場合は信頼できる仕入れ先を選びましょう。
また、新品のハイブランド品の販売は、ブランドが許可した正規店しか認められていません。

・中古品
販売者が日本在住の場合など、古物商許可が必要なケースがあります。
中古品を扱う場合は注意しましょう。

・破損しやすいもの
配送の際に破損しやすかったり、傷がつきやすかったりするものはできるだけ避けた方がよいです。
ガラスなどは傷がつきやすく、クレームになりやすいのでガラスを使った商品を扱う際には慎重にチェックし、梱包にも配慮が必要です。

輸入転売ビジネスのまとめ

輸入転売ビジネスはやり方次第で稼げる方法です。
国内の転売では売上が上がらないと悩んでいるなら、海外の仕入れに目を向けてみるのもおすすめです。
輸入転売ビジネスを成功させるためにも、仕入れ先を研究したり、ツールを利用したり、売れ筋商品のリサーチなどをしっかりしましょう。
ビジネスを自動化すれば、効率的に作業ができ、勉強をする時間も作れます。

関税や国際送料など、輸入に関する知識をつけ、語学も勉強すればトラブルや失敗のリスクを減らすことができます。
おすすめ商品や注意が必要な商品についてもまとめたので、参考にしてみてください。