輸出転売は違法なのか!?初心者でも分かるように徹底解説!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
輸出転売ついて知りたい
という方のために、そもそも輸出転売とは何か、違法性やメリットなどついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 輸出転売の基本がわかる
  2. 輸出転売のメリットとデメリットがわかる
  3. 輸出転売をする際の注意点を知ることができる
  4. eBay輸出とAmazon輸出のポイントがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは輸出転売について解説をしていきます。

副業においても人気のある輸出転売ですが、転売と聞くと違法ではないのか?と不安になる人もいるかもしれません。
自分もやってはみたいけれど、怪しいし本当に稼げるのか?と疑問を抱いている人も少なくないでしょう。
輸出転売で必ず稼げると断言はできませんが、日本で作られた商品は海外で高い評価を受けることも多いです。
リスクをしっかり認識しながら、始めるかどうかを検討してみてください。

輸出転売とは

転売は仕入れた商品に利益を乗せて、販売するビジネスです。
輸出転売とは海外に向けて転売をするビジネスのことで、商品を仕入れて海外のECサイトで販売をします。

副業でAmazon輸出やeBay輸出などをする人も増えています。
市場規模が大きい海外の人気サイトで販売をすることで、国内で転売をするよりも利益を得やすいというメリットがあるからです。
日本製品は質がよく、人気のある商品も多いため、稼げる可能性が高いとも言われています。

英語ができないことに不安を覚える人も多いかもしれません。
もちろん英語など外国語ができた方が便利ですが、翻訳ツールなどを利用すれば大丈夫です。
国内よりライバルが少ないため、Amazon輸出など海外に目を向ける転売屋も増えているようです。

輸出転売は違法じゃないのか

転売をしてはいけないという法律はなく、転売は違法にはなりません。
eBay輸出転売もAmazon輸出転売も違法ではないということです。
ただし、違法となるケースもあるので覚えておきましょう。

一つは転売する商品に注意することです。
お酒やたばこ、医療機器、チケットなど販売に許可が必要なものがあります。
偽ブランド品やブランドの権利を侵害するものなどは、転売できません。

また、中古品の転売には古物商許可証を用意しなければならないケースがあります。
基本的に国内で中古品を転売する際には、古物許可証が求められます。
新品を転売する際には持っていなくても問題ありません。
未使用品であっても、一度でも取引されているものは中古品となるので注意してください。

メーカーや小売店などから新品を購入し転売する場合、古物商許可は必要ありませんが、eBay輸出においてヤフオクやメルカリで購入した商品を転売する際には、古物商許可を取得しておいた方がよいでしょう。

ただし、転売目的で買った物でなければ、古物商許可を受けなくても販売可能です。
自分で使用する商品を買い、それが不要になったのでリサイクルショップで売るとき、中古品でも古物商許可がなくても売ることができます。

輸出転売は稼げるのか

eBay輸出で年収アップができた、という声をネットなどで見ることもあるかもしれません。
輸出転売をする人が増えているのも、稼ぐことができると言われているからです。
根拠の一つは、eBay輸出やAmazon輸出は、市場規模が大きいため。
日本だけでビジネスをするより、世界を対象にした方が需要が増えるのは目に見えています。

また、日本ではあまり稼げない商品でも、海外では高額で売れる商品もあります。
アイドルグッズやゲームなども売りやすいでしょう。
日本製品は高品質という理由で、日本製品を求める人が海外では少なくありません。

無在庫販売がしやすいということも、輸出転売が稼げると言われる理由です。
無在庫販売とは、注文を受けてから仕入れる販売方法です。
在庫を持つ必要がないので、損をすることがありません。
ただし、国内では無在庫販売を禁止しているサイトも多いため、無在庫販売はしにくい状態です。

一方、eBayでは規約で無在庫販売を禁止してはいません。
そうはいっても、eBay輸出において無在庫販売で注文を受けたのに在庫切れでキャンセルしたり、商品の発送が約束より遅れたりすることが重なればアカウント停止などになることもあるので、注意が必要です。

輸出転売は誰もが稼げるわけではありません。
eBay輸出やAmazon輸出転売で売上をアップさせるには、eBayやAmazonなどのルールを守り、評判のよい販売者になること、売れる商品や輸出について勉強することなど努力が伴います。

副業で輸出転売をするのはアリ?

輸出転売はネット環境があればできます。
無在庫なら初期投資も必要ないので、副業としても始めやすいでしょう。
特に資格などもいらないので、やり方さえ把握できればすぐにでも始められます。

稼ぐためにはリサーチなどに時間がかかったり、商品の数が大量になれば発送に手間がかかったりしますが、量が少なければそれほど大変ではありません。
隙間時間でできるため、副業には向いていると言えます。

輸出転売のメリット

転売ビジネスをしている人は増えていますが、輸出転売をしている人はまだ多くはありません。
輸出転売は購入者とのやりとりが英語だったり、国際送料や関税など国内転売ではかからないコストがかかったり、とデメリットが目につくからです。
しかし、その分ライバルが少ないため稼げる可能性は高くなると言えます。

また、市場規模が大きくなるため、商品も売りやすいでしょう。
日本製品が国内よりも高値で売れる可能性が高いのも、輸出転売のメリットです。

海外には日本製品のマニアなどもいます。
そのような人に気に入ったものを販売できれば、リピーターになってくれたり、商品価値を高くしてもらえたりするかもしれません。
日本製品の良さを再確認できるのもメリットの一つです。

輸出転売にひそむリスク

eBay輸出転売やAmazon輸出転売には次のようなリスクが考えられます。

英語ができないとトラブルが生じることがある

eBay輸出やAmazon輸出ビジネスでは、基本的に英語でのやりとりをします。
商品のリサーチや購入者との交渉、質問への対応など英語が必要です。
翻訳ツールもあるので、英語ができなくてもビジネスはできますが、まったく英語ができないとトラブルに発展しやすくなることも。

トラブルまではいかなくても、理解するまでに時間がかることもあるかもしれません。
また、不利益な条件で販売してしまうリスクもあります。
英語ができないとストレスになることもあるので、英語の勉強はしておくと良いです。

商品が届かないことがある

国内でのやりとりでは商品が紛失したり、届かなかったりというトラブルはほとんどありませんが、海外の物流事情は日本のように整っていないため、商品がどこに行ってしまったのかわからなくなることもあります。
税関で止まってしまいなかなか届かないということもよくあります。

また、海外では商品を雑に扱われてしまうこともあるため、破損してしまうことも。
届いた商品が壊れていれば、返品となってしまい、送料がかかります。
国際送料は日本よりも高額になるので、返品されるとなると費用がかかるのもデメリットです。

為替相場に注意しなければならない

eBay輸出やAmazon輸出では、基本的に米ドルでのやりとりになります。
そのため為替相場によっては、利益を得やすくなることもあります。
しかし、毎日同じではないのでしっかりチェックしてコスト管理をしなければなりません。

輸出が禁止されている商品には注意が必要

輸出が禁止されているものを販売すれば、違法となります。
さらに、アカウントの停止などのリスクがあります。
知らなかったではすまないこともあるので、ルールはきちんと把握して守ることが必要です。

輸出転売できるサービスを紹介

こちらでは、輸出転売を禁止していないサービスを紹介します。

Amazon

知名度が高いAmazonは、圧倒的な集客力を誇ります。
集客が多いということは、それだけ商品も売りやすいということです。
商品ページも用意されているので、それを利用するだけで出品することができます。
商品説明や画像などの作成に時間をかけずに出品できるのもメリットです。
また、出品数にも制限がないため、自由な数を出品できるのも特徴です。

ただし、知名度がある分ライバルも多いため、価格競争になりやすいでしょう。
また、Amazonは制限やルールをこまめに変更することも多く、守っていないとアカウント停止になるリスクが高いと言われています。

eBay

190ヵ国に出品可能な世界最大級と言われるEC・オークションンサイトです。
商品カテゴリーは3,000以上、出品数は12億以上です。
決済システムにPayPalが導入され、安心して利用できる仕組みになっています。
アカウント作成、出品、決済などの操作がわかりやすいのもメリットです。

日本製品のファンも多く、特にアンティーク製品など希少なものは高額で売れることもあります。
ファンがつけば、リピートして購入してくれるケースもあり、安定した利益を上げることも可能です。

eBayには最初、出品金額と出品数の制限があります。
制限をなくすには、実績を積まなければなりません。
eBayで利益を出せるようになるまでは、時間がかかることも少なくないでしょう。

輸出転売のまとめ

海外輸出転売は、英語でのやりとりや国際送料などを考えると、リスクも少なくありません。
しかしライバルが少なく、世界でも人気のある日本製品は高額で売ることも可能です。
市場規模が大きいのも、売上アップにつながりやすい点です。
海外の人とつながることで、日本の魅力や製品の良さを再確認できるのもメリットでしょう。