個人輸出での為替での注意点 Amazon輸出とebay輸出での為替の影響

海を挟んでビジネスをする方は、為替の影響を受けます。

取引高が大きくなれば、それそれだけ為替の影響が大きくなります。

個人輸出をしている人であれば、輸出で得た利益も為替が悪くなれば利益が減り、よくなればより利益も増えます。

今回は個人輸出でよく販売される、Amazon輸出とebayの輸出ですが同じ輸出でも為替への影響の受け方がことなるので、注意点につい解説をしていきます。

Amazon輸出の入金の受け取り方

Amazon輸出では商品が売れた後に、Amazonの入金の周期は2週間になります。

この振り込み先は、日本の口座でなく、米国の口座 (World FirstPayoneer)になります。

なのでAmazonの場合、購入者から入金が確定後、~14日ほどで振り込みがされます。

Amazonから米国の口座への送金までは、23日かかります。

そのため米国の口座に入金されるまでには、2日~16日の期間がかかります。

米国の口座につきましたら、ドルを円に替える。

日本の口座に送金をすることができます。

Amazon輸出の為替の影響

Amazon輸出では購入者の入金が確定後、2日~16日ほどの間ドルから円に替えることができません。

そのため、この期間に為替の変動をうけてしまいます。

もちろんこの期間に為替が良い方向にいく場合もありますし、悪い方向にいく場合もあります。

ただ問題なのはこの期間に自分でコントロールすることができないということです。

ebay輸出の入金の受け取り方

ebay輸出では商品が売れるとそのまま自分のPayPalに入金がされます。

特にebayに一旦入金を貯まりまとめて振り込まれるのでなく、1つの商品が売れる度に自分のPayPalに入金がされます。

ebay輸出の為替の影響

ebayの入金はリアルタイムにPayPalに入金されます。

Amazonのように14日間のでなく、そのタイミングになります。

なので為替の変動をうけるのは期間が短く、自分ですぐに円に替えることができます。

またebayの場合は自分のPayPalに入金がされてから、ebayの手数料を支払いをします。

なのでもし為替が急に円高になった場合は、PayPalの外貨でそのまま手数料の支払いをすることもできます。

そうすることによって通貨を替えることなく支払いができるので、手数料分ではありますが外貨の残高を調整することが可能です。

まとめ

今回はAmazon輸出とebay輸出での為替影響について解説をしました。

Amazon輸出とebay輸出では入金の流れが異なるので、為替の影響の受け方も変わってきます。

Amazon輸出の方が自分で為替を変更ができるまでに時間がかかるので為替の影響を受けやすく、ebay輸出は自分で為替を変更できるまでの期間が短いです。

輸出をしているのであれば、為替の影響についても理解した上で販売をしましょう。

また個人輸出では物の販売で利益を得ることが軸なので、為替が良くなるかもしれないから外貨を変えないでそのままにしておくといったことは、個人輸出の利益を得るそもそもの方法とは別のことをしていることになり目的が異なるので、為替の変動で利益を得るようとはしないようにしましょう。