Amazon輸入で販売をする方法を解説!販売までの全体像と手順について

Amazon輸入(欧米)をこれから始めたい方のために、スタートするための手順についてお伝えします。

はじめて実践する方はこの流れにそって、準備をして実践していきましょう。

Amazonのアカウント作成

まず最初にすることはAmazonのアカウントの作成です。

Amazon輸入(欧米)をする場合は、日本のアカウントと米国のアカウントが必要になります。

Amazonには購入アカウントと販売アカウントと2つあり、少しわかりづらいので欧米輸入で準備するアカウントについてお伝えしていきます。

Amazonの日本の購入アカウントを作成

まずAmazonの日本の購入アカウントを作成しましょう。

すでにAmazonの日本で商品を購入している方は購入アカウントが作成しているので、改めて作成する必要はありません。

購入アカウントだけでは、販売ができずAmazon輸入(欧米)ができないので、購入アカウントを準備してから販売アカウントを作成します。

Amazonの日本の販売アカウントを作成

Amazon輸入(欧米)をするという事で販売する先は、Amazonの日本になるので、Amazonの日本の販売アカウントを作ります。

購入者アカウントから、そのまま販売者のアカウントを作成しましょう。

Amazonのアメリカの購入アカウントを作成

日本のアカウントが準備ができたら、米国のアカウントを準備します。

米国のアカウントも同じように、購入アカウントから作成します。

Amazonの日本で販売する商品を、Amazon米国で購入するので準備しておきましょう。

Amazonのアメリカの販売アカウントは必要か?

仕入れ先であるAmazon米国の販売アカウントは必須ではありません。

Amazonの米国で販売する訳ではありませんので登録する必要はありませんが、Amazon輸入のシステムなどを使用する場合は販売者の登録が必要なケースがあります。

システムを使用しない場合は販売アカウントは必要ありませんので、準備をしなくて大丈夫です。

Amazonの日本の販売アカウントを大口出品にする

Amazonでは小口出品と大口出品の販売のプランがあります。

小口出品は無料からスタートすることができますが大口出品は4,900円(税別)がかかります。

大口出品とは商品が売れた時に発生する手数料が優遇されます。

売れる商品が増えてきますと大口出品の方が手数料が安くなりますので、大口出品に変更しましょう。

Amazonのアメリカで売れている出品をリサーチする

アカウントを作成でき、出品プランが決まりましたら商品を販売することができます。

ただやみくもに出品をしても商品が売れるのか?利益がとれるとは限りません。

なのでまずはリサーチをしましょう。

リサーチの基本は販売先で商品が売れていることが重要です。

まずはAmazonの日本で売れている商品を見つけましょう。

Amazonの日本で欧米の商品を探す時は「並行輸入品」と検索をして、価格を2万円以上とすると米国の商品がでてきます。

その米国の商品をモノレートで確認して売れているかを確認して、売れているのであれば、米国と日本の価格差を比較して価格差がある商品を探しましょう。

Amazonの日本に商品を出品する

リサーチした商品を日本のAmazonに出品しましょう。

Amazonではすでに自分が出品したい商品の商品ページが用意されていることがあります。

この場合はその商品ページを使用することができるので、自分で商品の写真や説明文を用意する必要はありません。

簡単に出品をすることができます。

Amazonに自分が商品がない場合は、自分で商品ページを作成する必要があります。

その場合は写真や商品説明を自分で用意する必要がでてきます。

Amazonの日本に出品できた商品を評価する

出品することができましたら、出品した商品を評価しましょう。

商品が売れた場合は一番わかやすいですが、売れていない商品もどのくらいの注目されているか?

他の販売者は何人いるのか?最安値はいくらかなどを確認して、自分の出品を評価しましょう。

出品をしたまま放置をしていても、商品はそれ以上に売れることはありません。

評価をして他の商品を販売した方がいいのか?

販売価格を変更した方がいいのか?などを考え修正しながらすすめていきます。

Amazonの日本で注文を確認して発送

出品をした商品が売れたら、購入された方に商品をお届けします。

購入した方からの支払いはAmazonで管理されます。

Amazonに商品代金が貯められ、そのあとに販売者に振り込まれます。

講習者の方の住所などの情報もAmazonの管理画面で確認することができるので、その住所に商品を発送します。

発送伝表に購入者の住所を記載して、発送業者に依頼をすれば完了です。

まとめ

Amazon輸入(欧米)をこれから始めたい方のために、スタートするための手順についてお伝えしました。

今回はイメージがつくように、具体的な内容はお伝えをしていませんが、初めてする方にとっては全体像が掴めたのではないかと思います。

これから実際に始める方はこの流れにそって、1つずつ確認して進めていいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です