MyUSの転送料金を安くする方法を解説

アメリカから日本に商品を転送する時に、通常より安くできる方法を知っていますか?

アメリカから日本へ商品を輸入する時に、販売元から直接日本に輸入することができないことがあります。

多くはアメリカの販売元が日本に発送ができないケースになります。

このような場合はアメリカの発送代行業者に依頼して、アメリカで自分の代わりに荷物を受け取ってもらい日本に送ってもらうことができます。

アメリカ国内にはこのように発送を代行する業者が多くありますが、その中でも多くの方が依頼しているMy USという発送代行業者があります。

今回はアメリカの発送代行業者であるMyUSの料金について徹底解説をして、配送料が安くなる方法などお得な情報をお伝えしていきます。

MyUSとは

MyUSはアメリカのフロリダ州サラソタにある発送代行業者です。

20年以上にわたり、世界中多くの方が米国の商品を自分の国に輸入するために依頼をしてきた老舗の発送代行業者です。

MyUS2008年から急成長している5000の民間企業に7回選ばれ、毎年25,000万ドル以上の通販での商品を受け取り世界にお届けしています。

MyUSの月額料金の会費について

まずは、MyUSの料金プランを見ていきましょう。

MyUSには以下の3つの料金プランがあります。

SINGLE PACKAGE

PREMIUM

PREMIUM+MAIL

各プランを選ぶ際のポイントとなりますので、続いて各料金プランの詳細をご紹介していきます。

シングルパッケージプラン(Single Package)

  • 月会費:無料
  • Premium Shipping Discount(送料割引) : 送料割引なし
  • One-time Setup Fee:(初期手数料) : 10ドル
  • Free Package Storage (無料保管期間) : 5日

月会費はかかりませんが、無料保管期間が5日で商品の保管料が1日につき1ドルかかるので、転送料金が結果として高くなることがあります。

プレミアムプラン(Premium)

  • 月会費:7ドル
  • Up to 80% Consolidation Savings(最大80%の連結経費削減)
  • Free Package Repacking(再梱包が無料)
  • Free Package Storage(在庫保管が30日間無料)

プレニアムでは輸送箱を1つにまとめる事ができるので、輸送費を削減することができます。

また届いた商品を無料で再梱包してくれるので、日本への輸送時も安心です。

輸入で利用する際に十分な機能が全て備わっています。

申し込みをしてから30日の無料期間があります。

それ以降は月会費が7ドルかかるプランです。

商品の保管料は30日間で無料なので、余裕ももって発送の指示の連絡ができます。

+mailプラン

  • 月会費: 25ドル
  • Free Package Storage (無料保管期間) : 30日
  • Premium Shipping Discount(送料割引) : 20%
  • One-time Setup Fee:(初期手数料) : 35ドル

プレニアムと基本的なサービスは同じですが、VIPでは更に無料でオプションを利用出来ます。

  • 月会費:25ドル
  • 更に10%割引
  • 優先パッケージログイン
  • 優先顧客サービス
  • エクストラケア用パッキング
  • 無料パッケージ写真
  • 無料のパッケージ返品手数料
  • 無料の特別な指示
  • フリーアドレス補正

このように優先してサービスを利用できるるようになっています。

月会費が25ドルと高くなりますがその割にはメリットがないのでお勧めしません。

真ん中のプレミアムがおすすめのプランですが、登録をするだけの方はシングルパッケージのプランを選んでもよいです。

MyUSの転送料金について

MyUSではアメリカから日本へ転送する時にDHL、FedEx、UPS、USPSと複数の業者から選ぶことができます。

それぞれの配送料とお届けまでの日数が表示されるので、比較して選択することができます。

MyUSの送料は容積重量

MyUSの荷物の転送料金は国内の配達業者のようにサイズでの料金の計算ではありません。

計算方法は容積重量になります。

サイズと重さでそれぞれ計算をして、料金が高い方が転送料金になります。

なので例えサイズが小さい商品でも重ければ重さで転送料金が決まり、逆に重さが軽くてもサイズが大きければサイズで転送料金が決まります。

容積重量の計算式は

容積重量=(長さ×幅×高さ(インチ)/ 139)になります。

計算が面倒な方はMyUSのこちらサイトで、簡単に確認することができます。
http://www.myus.com/en/international-shipping-rates/

MyUSではまとめて発送するとお得

MyUSでアメリカから日本へ転送する際には、1つ1つの送る荷物で転送料金を決まるのでなく、商品をまとめてパッキングする箱のサイズもしくはその重さで決まります。

また重量が重くなればなるほど、1kgあたりの転送の単価を下げることが出来ます。

なので1、2個で転送をするよりも、10個、20個とまとめて転送する方が1個当たりの転送料が安くなります。

MyUSでアメリカから1個の商品を日本へ送付すると、2kgで約5千円かかります。

ここで2kgの商品を2つをまとめて転送の依頼をすると、重量の合計は4kgで転送料の合計は約6500円になり、1個当りの送料を3250円になります。

150パウンド(約68kg)までキープして発送すると、1kgにつき約660円まで安くなります。

なのでMyUSで荷物をまとめて発送することで、転送料をお得になります。

MyUSの「least expensive option」見積もりは良いのか?

MyUSの配送プランで「least expensive option」といってもっとも安い方法という表示があります。

MyUSが計算をしてもっとも安い配送プランを表示してくれます。

しかしながらもっとも安い配送プランであっても、日本に到着するまでに日数がかかってしまうものもあります。

これは高いプランは飛行機の貨物室に、優先的に積み込まれるので到着も早く予定通りに到着することが多いです。

安いプランの場合は後回しにされる傾向にあり到着までが遅くなってしまうことや、予定通りに到着しないことがあります。

「least expensive option」はもっとも安い配送料ですが、到着日を確認しながら状況によって使い分けましょう。

MyUSの転送料金に関税は含まれていない

日本でない特定の国への転送料金の場合には、関税込みの価格の場合がありますが、MyUSで計算される日本への転送料金には関税は含まれていません。

関税はMyUSに支払いのではなく、配送業者に支払う形になります。

MyUSの転送料金とは別に燃油サーチャージの支払いはない

燃油サーチャージの料金については、MyUSでは会員に料金の請求はありません。

MyUSの商品の保管料

アメリカで購入した荷物をMyUSに送り、すぐに転送をすることで保管料はかかりません。

シングルパッケージプランであれば5日まで無料、プレニアムプラン以上であれば30日まで無料ですが、それ以上の期間の間、荷物を転送せずにMyUSに保管をすると保管料が1日につき1ドルかかります。

MyUSのオプション料金について

MyUSでは通常に発送に料金を支払うことで、追加のオプションサービスを依頼することができます。

ステッカーや緩衝材の追加など様々なサービスがありますので、お伝えしていきます。

MyUSの梱包オプション

Fragile stickers ( 2ドル )
こわれもの注意のステッカーを貼ってくれます。
転送する商品がこわれものの時におすすめです。

Extra padding ( 5ドル)
緩衝材を追加してくれます。
同じく転送する商品がこわれものの時におすすめです。

Discard Shoe Boxes ( 2ドル )
靴を購入した時に箱を捨て梱包量を減らすことができます。

Ship in Original Boxes(無料)
ショップから届いた箱(ダンボール)を開封せず、そのままの状態で出荷します。
梱包が二重になるので商品が破損しにくくなりますが、配送体積が大きくなるので送料が増える可能性があります。

MyUSの写真オプション

Photo(2ドルもしくは10ドル)
アメリカからMyUSに送った荷物を写真で撮影してくれます。
2$の場合は1枚、10$の場合は複数枚になります。

どの商品がMyUSに届いたのか?商品の状態を確認する時に使用することが多いです。

MyUSの発送オプション

Max weight per box/Multi-piece shipment(MPS) ( 5ドル)
1つの段ボールあたりの最大重量を決められます。

Urgent Handling
24時間以内に商品を発送をしてくれます。
指示をする曜日・時間によって金額が若干変わります。

Add pallet for shipment
出荷用のパレットを追加できます。
大型商品を転送する時に活用できます。

MyUSの保険オプション

Insurance(商品の金額の100$に対して2.99$)
配送保険です。デフォルトでチェックが付いています。
配送中に破損または紛失した場合の保証になります。

荷物が何か問題で破損または紛失した時に保険をかけていないと、損害または損失の請求を行うことはできません。

保険は申告された金額に加えて、必要に応じて国際送料を請求することができます。

輸入税および税金、国内送料は請求することができません。

またアンティーク、ビンテージの商品、宝石、テレビ、電子機器、禁止商品は対象外になります。

メーカーの箱、梱包材の損傷も保険では保証されません。

その他オプション

Special Instructions ( 8.5ドル )
特別な要望があれば内容を入力できます。

MyUSの支払いのタイミングは?

月額料金は毎月に設定をしている支払い方法で請求され、配送料金は発送の依頼をするタイミングで支払いに請求されます。

MyUSの支払いの通貨は?

MyUSでの支払いの通貨は基本アメリカドルになります。

クレジットカードで支払いをすると、クレジットカード会社のレートで現地の通貨に替わり請求となります。

MyUSの基本設定で請求自体を現地の通貨にすることができます。

その場合為替のレートはMyUSの基準のレートになります。

MyUSの支払い方法

MyUSに登録者情報を入力ができましたら、支払いの設定をしていきましょう。

MyUSはクレジットカードとデビットカードで支払い可能

クレジットカードのブランドはAmerican Express、Visa、MasterCard、Diner’s Club、JCB、Discover、Union Payで可能です。

後ほどご説明をしますがクレジットカードを選択した場合、割引が適応になるブランドがあるので、割引適応のクレジットカードがおすすめです。

またVISAデビットカードを使用することができます。

VISAデビットカードでしたら、クレジットカードを同じようにVISAの割引が適応になります。

MyUSはPayPalでも支払い可能

PayPalでも支払いをすることができます。

なのでPayPalに残高がある方は残高から支配をすることができますが、割引きが適応されません。

PayPalに連携してクレジットカードで支払いする形で、クレジットカードを使用しても割引の適応になりませんので注意しておきましょう。

MyUSの支払いキャンペーン割引

MyUSの支払いはアメックスで30%割引

先ほどお伝えしたクレジットカードで割引について説明します。

MyUSでは支払いのカードのブランドによって割引が適応されます。

AMEXの場合は30%
VISAの場合は20%
JCBの場合は15%になります。

料金の割引率が非常に高いのでぜひ活用しましょう。

割引のリンクをお伝えします。

MyUS送料割引リンク>
AMEX  https://www.myus.com/welcome/amex/ja/
VISA    https://www.myus.com/welcome/visa/
JCB
     https://www.myus.com/welcome/jcb/jp/

MyUSのアメックスの割引の確認

MyUSでAMEX・JCB・VISAクレジットカードを利用すれば、それぞれ割引適用になるのですが割引が適応されていないケースがあります。

割引になっていないので時は、MyUsに申請をしましょう。

チャットで連絡をする内容は、

「AMEX,VISA,JCBのカードを使用しているが割引が適応されていませんので、割引を適応してくれませんか?」と伝えましょう。

この時に先ほどの割引リンクも合わせて送ると、相手も早く対応してくれます。

MyUSのアメックスの割引キャンペーンが終了?

問い合わせをした時に、スタッフに「割引は終了しました。」と言われることがあります。

これですが、後日問い合わせると別のスタッフが「割引しますね!」と普通に対応しているのでmyUSのスタッフによっては割引に対応してくれないこともあるようです。

もし割引が適応されなかった場合は、時間を空けて問い合わせしてみましょう。

MyUSの問い合わせ方法

MyUSのカスタマーサポートは電話とチャットとメールがあります。

英語を話すことができる方は電話で問い合わせをしてもいいですが、英語が苦手な方はチャットかメールで問い合わせをしましょう。

急ぎの内容であればチャット、詳しく聞きたい場合はメールでしましょう。

アメリカの発送代行なので日本の昼に連絡をすると、アメリカが夜中なのでカスタマーサポートと連絡がとりづらいので注意しましょう。

問い合わせはMyUSのサイトの下にあります。

チャットの場合は、画面右下に「Chat Now」というボタンをクリックしてください。

MyUSの評判と口コミ

MyUSを多くの方が利用している

MyUSはアメリカの老舗の発送代行業者なので、圧倒的に料金が安いです。

他の発送代行業者と比較をするとわかるのですが計算をすると、配送料にかなりの金額の差があります。

これは老舗であることの信頼と圧倒的な物量があることで、輸送会社と料金の交渉がされていると思われます。

またMyUSでの発送は非常に早く、アメリカにある商品もすぐにお届けの国に輸入されます。

そのためアメリカの商品を輸入する時は、多くの方がMYUSを利用しています

MyUSは早くて安いが日本と比較すると梱包は雑

MyUS以外のアメリカの代行業者にもいえることですが、日本の梱包と比較すると雑です。

アメリカから日本について実際に届いた商品を見てみると、箱が潰れてしまっているような商品があることも少なくありません。

アメリカは日本の配送業者のサービスほどクオリティが高くないことを理解しておきましょう。

また国内の配送でなく、アメリカから海を越えて長い距離を商品が送られてくるのでその点は考慮は必要です。

高額な商品や壊れやすい商品は、他の発送代行業者を利用することも検討をするのも1つになります。

まとめ

今回MyUSの料金について徹底解説しました。

MyUSの料金には月額と配送料と保管料とオプションがあることは理解できましたでしょうか?

料金プランではプレニアムプランを選んだ方場合は、30日間の無料期間が過ぎると月会費で7$の料金がかかります。

もしすぐに発送を依頼しない場合は、シングルパッケージのプランに変更しておきましょう。

またクレジットカードの割引が適応されているかを確認し、可能であればアメックスのカードを用意しておきましょう。

割引率もVISAとJCBと比較すると10%〜15%差があります。

物量が増えれば増えるほど、発送料金で損をしてしまうので最初からアメックスのカードにしておきましょう。

もしアメックスのカードをお持ちでない場合は、私が紹介できるアメックスの担当の方がいますのでご紹介させて頂きますので、お気軽にご連絡ください。

こちらのLINEに「アメックス紹介」をご連絡くださいませ。

ぜひMyUSを活用してアメリカの商品を日本に輸入してみてください。