メルカリShopsとメルカリのちがいは!?審査とキャンペーン情報あり

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリShops って何?
という方のために、メルカリとメルカリShopsのちがい解説します。

この記事を読むことで、

  1. メルカリShopsとは何か知ることわかります。
  2. メルカリShopsとメルカリは何は異なるのかを知ることができます。
  3. メルカリShopsを使うべき理由がわかります。
  4. メルカリShopsの審査ページを紹介しています。

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは「メルカリShops」について解説をしていきます。

メリカリShopsとは7月28日メルカリのお知らせのプレスリリースに、メルカリが「EC支援事業」に参入ということで、「メルカリShops」のプレオープンのの告知が掲載されました。

スマホ1つで誰でも簡単にネットショップを開設することできる、Eコマースプラットフォームというコンセプトは、すでにあるBASE・STORES・Shopifyに対抗をする勢力となっていくことが予想されます。

特に個人で気軽にネットショップを開設できるとなると、時価総額が3200億円を超えたBASEにも影響を及ぼしていくと考えれます。

この発表を受け、BASEの株価にも変化も見受けられています。

それでは今回はメルカリShopsについて、解説を行っていきます。

メルカリShopsとは

メルカリShopsのコンセプトは『かんたんで、売れる』

スマホ1つでネットショップを開設でき、ショップのオーナーが売りたい商品を直接販売することができます。

フリマアプリ「メルカリ」に出品するのと同様、簡単な操作を行うだけで誰でもメルカリのアプリ内にネットショップを持つことが可能です。

メルカリ内でショップを持つことができるため、個々の集客を行わずとも月間1,900万人

ともいわれているメルカリ利用者に届けられることが大きなメリットです。

メルカリShops開始の背景には、コロナ禍による在宅時間の増加によりメルカリ利用者の増加、また時短営業の影響を受けオフライン影響を行っていたショップのEC化の需要が高まったことがあります。

EC化の需要が高まったとはいえ、ECサイトの開設や運営・集客等のノウハウがない中小企業も多く、ECサイト参入に至っていない場合も多いのが現状です。

その点、メルカリShopsはメルカリの利用者といった基盤や、スマホ1つで出店できるといった手軽さが用意させているため、今まで二の足を踏んでいた企業のECサイト参入の可能性を大きく広げることになりそうです。

メルカリShopsのプレオープンの開設手続きと審査について

メルカリShopsは2021年9月に予定されている本格的なオープンに先駆け、2021年7月28日よりプレオープンの予約受付を開始しました。


・募集期間:2021年7月28日~9月(予定)
・出店概要:メルカリShopsの機能が利用し出品・販売が可能。
・対象者:クリエーター・生産者・小規模事業者
・注意事項:プレオープン期間は利用できる機能に一部制限あり

先行出店に際し、開設手続きと審査あり

・メルカリShopsプレオープン詳細公式ページはこちら

また、2021年8月2日より購入者を対象としたキャンペーンもスタートしました。

・実質半額キャンペーン
・期間:2021年8月2日~8月30日
・概要:対象期間内にメルカリShopsで商品を購入し評価を完了させることで購入合計金額    の50%分にあたるポイントを対象者に付与される。

(期間中合計5000ポイントまで)

メルカリShopsの特徴

ECサイトといえば、BASE・STORES・Shopifyといった有名な支援サイトが存在しています。

それらのECサイトとの大きな違いとなるのは『かんたんで、うれる』としている。

メルカリには幅広い年代のユーザーがすでに1900万人おり、アクセスしてもらえる環境が整っています。

さらに、出品までの流れは従来のフリマアプリメルカリとほぼ同じとされており、出品しやすいという点もあげられています。

ITの知識や、通販のノウハウがなくても始めやすい体制が初めから整っていることも大きな特徴です。

メルカリShopsで販売できるもの

ハンドメイド作品から農作物まで幅広く販売可能

メルカリShopsでは、クリエーターのハンドメイド作品や農家直送の野菜・果物、観光地の特産品、衣類や書籍、化粧品など様々な商品の販売が可能です。

利用には一定の審査や、販売禁止商品などもありますので事前に確認が必要です。

禁止されている商品

  • 生の肉、魚介類、乳製品(冷蔵・冷凍が必要な生鮮食品)
  • 金券類
  • 医薬品、管理用医療機器、高度管理医療機器
  • 農薬・肥料
  • 健康食品・サプリメント、化粧品を除く美容用品
  • 自動二輪車及び原動機付自転車
  • 酒類

許認可証の情報提供が必要な業種

  • 自家製の食品
  • 中古品(古物)
  • 自家製の化粧品
  • 自家製の医薬部外品

禁止されている商品

  • 生の肉、魚介類、乳製品(冷蔵・冷凍が必要な生鮮食品)
  • 金券類
  • 医薬品、管理用医療機器、高度管理医療機器
  • 農薬・肥料
  • 健康食品・サプリメント、化粧品を除く美容用品
  • 自動二輪車及び原動機付自転車
  • 酒類

許認可証の情報提供が必要な業種

  • 自家製の食品
  • 中古品(古物)
  • 自家製の化粧品
  • 自家製の医薬部外品

メクール便にも対応

メルカリShopsでは生鮮食品も扱えるようクール便での配送も対応する予定とのことです。

メルカリのグループ会社ソウゾウによると『メルカリを個人だけでなく、事業者を含む全ての人のマーケットプレイスに進化させる』としており、2020年以降のコロナ禍により打撃をうけた飲食店や卸先を失った漁師・農家、観光客の激減で打撃を受けた特産品を扱う事業者なども参入しやすい環境が整えられている。

メルカリshopsの出店方法

メルカリshopsに出店するために必要事項

メルカリShopsの出店申し込みには『個人事業主』『個人利用』『法人』の種類の申し込み方法があります。

・個人事業主
 法人を設立せず、税務署へ開業届を提出して自ら事業をおこなう個人

・個人利用
開業届を出おらず、活動している場合

・法人
株式会社・有限会社など法律上人格が認められたもの

それぞれ、開設時に必要な情報や準備するものが異なっていますので確認が必要です。

フリマアプリメルカリ出品とメルカリShops出店の違い

メルカリ出品とメルカリShops出店の違いは大きく分けて3点あげられます。

・アカウントの使い分け
・値下げ交渉の有無
・まとめて出品・在庫管理

アカウントの使い分け

すでにフリマアプリ メルカリアカウントを使用している場合でもメルカリShopsのアカウントを新たに登録できるようになっています。

そのため、フリマアプリは個人用としてメルカリShopsはお店として使用、といった使い分けが可能です。

値下げ交渉の有無

フリマアプリ メルカリでは出品価格から値下げ交渉が可能です。

しかしメルカリShopsでは提示価格での販売となるため交渉は必要なく、その分出品やものづくりに専念することができます。

まとめて出品・在庫管理

フリマアプリ メルカリでは1点ずつの出品となっていますが、メルカリShopsでは出品画面で商品の色・サイズ、各在庫数の設定を簡単に行うことができます。

 メルカリShopsのまとめ

メルカリShopsは「かんたん」「売れる」がコンセプトのため出店のハードルがとても低いのが特徴となっています。

ECサイトの需要は高まっていますが、IT知識がない・サイトを運営できる人がいないと通信販売に参入出来ずにいた業者にとっても始めやすくなっています。

またクール便対応同様、現在は開発中のため利用できませが匿名配送やWEBページ作成といった機能も追加予定とされています。

*参考元の記事
https://about.mercari.com/press/news/articles/20210728_mercarishops_preopen/

最後にネット物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、よろしければ下の記事ぜひ読んでください。