メルカリで使える定型文を紹介します!メッセージで悩まないために

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリで使える定型文ついて知りたい
という方のために、メルカリで使える定型文ついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. メルカリで取引メッセージを使うケースについて知ることができる
  2. メルカリで取引メッセージを送るタイミングやマナーがわかる
  3. 出品者側の定型文を知ることができる
  4. 落札者側の定型文を知ることができる
  5. プロフィールに使える定型文や、記載しておきたい情報がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではメルカリで使える定型文について解説していきます。

 

目次

メルカリの取引で悩みがちな取引メッセージ

メルカリは個人同士が取引をおこないます。

取引するときにはさまざまなメッセージが行き交います。

例えば、商品に関する問い合わせや購入に対してのお礼等、

お互いに気持ちよく取引するためにも

取引メッセージにも気を使うことは相手に対してだけでなく自分にもプラスです。

しかし、顔を合わせたことがない人とどうやって取引メッセージを

やり取りするのかと悩んでしまう人もいます。

メルカリで悩みがちな取引メッセージのお悩みを紹介します。

取引メッセージはどちらから?

商品を購入すれば、そこから取引がスタートします。

しかし、出品者と購入者どちらから取引メッセージを送るかは多くの人が疑問に感じています。

相手側から連絡がないからどうしようかと考え込む人もいるかもしれません。

取引メッセージ自体はどちらからでも問題ありません

取引相手もこちらのメッセージを待っている場合もあります。

悩むのであれば、自分から先にメッセージを送ってしまいましょう。

取引メッセージはいつ送る?

取引メッセージはメールやLINEのようにお互いのメッセージをやり取りします。

すると気になるのは、取引メッセージを送っても良い時間帯です。

メルカリは個人同士のやり取りなので、営業時間があるわけではありません。

しかし、一般的に非常識と感じられてしまう時間はさけるようにおすすめします。

目安としては10時から21時であれば、非常識にはならないでしょう。

どうしても時間帯が合わせにくい、すぐにメッセージを送れないという場合には、

プロフィール等で事前にことわっておく方法もあります。

多くやり取りしたほうが良い?

取引メッセージは、できるだけ丁寧にしたほうが良いと小まめに送る人もいます。

しかし、マナーの範囲内での回数、内容の取引メッセージであれば必要以上の回数、

長文の取引メッセージを送る必要はありません。

取引メッセージが多すぎることで、逆に煩わしいと感じる可能性があります。

必要最低限の取引メッセージでも感謝の気持ちは伝わります。

お互いに気持ちよく取引できるように、必要な分だけメッセージを送るようにしましょう。

取引メッセージで個人情報は伝えてもいいの?

取引の内容によっても違いがありますが、取引メッセージで個人情報を伝える場合があります。

メルカリのルール上は、名前や住所といった個人情報を伝えても問題はありません。

例えば匿名配送の予定だったが、

都合が悪くなり別の方法になった場合などは取引メッセージで配送先を伝える必要があります。

ただし、取引に必要がないのに個人情報を聞かれた場合には教えなくても問題ありません。

個人情報を伝えるのは限られたケースではありますが、

住所や名前を知られることに抵抗感がある人は少なくないでしょう。

個人情報を伝えたくない場合には、

その旨を伝えて匿名配送にするか、取引のキャンセルも検討してください。

取引メッセージをいちいち送るのは面倒くさい

取引メッセージについてのお悩みの中でも多くの人が抱えているのが、

面倒くさいという悩みでしょう。

特にメルカリでの取引件数が多くなれば、それだけ取引メッセージも増えて手間も増大します。

できるだけ手間を少なくしたい、

いちいち初めから取引メッセージを打ちたくないと感じるのは当然のことです。

取引メッセージを送ることが面倒になった場合には、

定型文を用意しておくようにおすすめします。

あらかじめ定型文を用意しておけば、

コピー&ペーストして送信するだけなので圧倒的にラクになります。

【出品者側】取引メッセージの定型文集

メルカリの取引は出品者側になる場合と購入者の立場になる場合があります。

ここでは出品者側として使う取引メッセージをまとめました。

メルカリは商品の購入前にも値下げ要求や質問への返信など、手間がかかる事が多いです。

返信がスムーズになるよう定型文を参考にしてください。

支払いが完了した時のお礼メッセージの例文

「お支払いありがとうございました。
商品は〇〇日に発送予定です。
今しばらくお待ちください。
よろしくお願いいたします。」

購入者からの支払いを確認したら支払いのお礼と発送予定を伝えてください。

購入者は支払いができているかどうか、いつ手元に届くかと連絡を待っています。

不安を与えないためにも、早めにメッセージを送りましょう。

商品が購入されたときのお礼メッセージ

「こんにちは。〇〇と申します。
今回、ご購入いただきまして誠にありがとうございます。
短い時間ではありますが、気持ちよく取引できるようよろしくお願いいたします。」

商品が購入された場合には、できるだけ早めにメッセージを送るようにしてください。

購入してもらったことに対するお礼と、これから取引するための挨拶をおこないます。

すでに入金が確認されている場合には、入金のお礼や発送予定日を合わせて伝えても良いでしょう。

まだ、入金が確認できていない場合には、支払い期限や支払い方法を案内しましょう。

値下げ依頼に応じる時に使う定型文

「コメントいただきまして、ありがとうございます。
ご希望の〇〇円に値下げいたします。
金額を修正いたしますので、ご購入のお手続きをよろしくお願いいたします。」

メルカリでは値下げ交渉も頻繁におこなわれます。

値下げを持ち掛けられたときには、応じても断っても問題ありません

値下げに応じる場合には金額を修正してください。

取引メッセージでは、値下げ交渉に応じる旨と金額修正するので購入に進んで欲しいと伝えます。

値下げ依頼を断る時に使う定型文

「コメントありがとうございます。
大変申し訳ございません。
こちらの商品は値下げすることができません。
ご希望に添えずに申し訳ございません。
現状の価格でご検討のほどよろしくお願いいたします。」

値下げができない場合には断ることもできます。

値下げを断る場合にも、相手に嫌な気持ちを与えないように丁寧で親切な文章を心がけてください。

取引メッセージの内容は、取引メッセージをやり取りしている当人たち以外も見られます。

コメント欄の内容で購入するかどうかを決める人もいるため、

相手が非常識な値下げをしてきたとしても怒ったり、失礼な態度は厳禁です。

丁寧に問い合わせに対するお礼と、現状価格で検討してほしい旨を伝えてください。

商品の質問に答えるときの定型文

「コメントありがとうございます。
お問い合わせの内容ですが、○○です。
ご検討のほどよろしくお願いいたします。」

商品の質問を受けた場合には、まずコメントにお礼をして、

問い合わせに回答しましょう。

中には、すでに商品説明で記載した内容を聞かれることもあります。

しかし、どれだけ初歩的な質問でも無視すると、感じが悪く見えてしまいます。

問い合わせがあまりに多い場合には、商品説明や写真に問題があるかもしれません。

わかりやすく出品しているかどうか確認しておきましょう。

商品発送後に使うメッセージ

「大変お待たせいたしました。
商品は先ほど○○便にて発送しております。
追跡番号は【○○】です。
受け取りをよろしくお願いいたします。」

商品を発送したら購入者に発送したことを通知します。

どのような配送方法で発送したのか連絡してください。

匿名配送でない場合、追跡番号があればそちらも伝えておくようにしましょう。

商品に問題があった時の定型文

「ご連絡ありがとうございます。
ご迷惑をおかけして、大変申し訳ございません。
商品については、キャンセル対応させていただきたいと存じます。
お手元にある商品はお手数ですが、着払いにて配送してください。
ご確認よろしくお願いいたします。」

商品の破損や不良品で連絡を受けた場合には、

まず丁寧に謝罪を述べてから対応について伝えます

対応は取引をキャンセルして返金して対応するのが基本です。

後々のトラブルを避けるためにも、

どのように対応するかまで取引メッセージで残すようにしてください。

購入者に非がある場合の定型文

「ご連絡ありがとうございます。
お問い合わせの内容について確認いたしました。
大変申し訳ございません。
お問い合わせの内容は商品説明にて記載させていただいております。
大変恐縮ではありますが、改めて説明欄をご確認ください。」

購入者側がミスしてしまう場合もあります。

商品説明をよく読まずに間違って購入してしまった場合に、

出品者に問い合わせやキャンセルの要望が寄せられることもあります。

購入者のミスであっても、丁寧に説明して理解してもらいましょう

丁寧に対応をすることで、次の機会に購入をしてくれるかもしれません。

【購入者側】取引メッセージの定型文集

購入者側でも取引のメッセージに悩むこともあるでしょう。

問題なく商品が届くときも多いですが、

購入後に商品が届かない・商品にトラブルにあう場合もあります。

簡単に、スムーズに取引ができるよう、

購入者側の取引メッセージの定型文を紹介しますので参考にしてください。

商品を購入した時のメッセージ

「商品を購入させていただきました。
短い間ですがよろしくお願いいたします。」

購入した時に送る取引メッセージは短くてもかまいません。

もしも振込やコンビニ払いの支払日がわかるようであれば、

「○○日の支払予定です。
お待たせいたしますが、よろしくお願いいたします。」
といったメッセージを添えると親切です。

商品について質問するときの定型文

「こんにちは。
出品されている○○ですが、○○でしょうか。
ご回答いただけますと幸いです。」

メルカリでは、商品について質問もできます。

何度もやりとりが必要にならないよう質問内容がわかりやすいようにコメントしましょう。

値下げ交渉したいときの定型文

「こんにちは。
大変恐縮ですが、出品されている商品を○○円に値下げしていただくことはできますでしょうか。
ご検討の程、よろしくお願いいたします。」

メルカリでは値下げ交渉が多いですが、

出品者は自分が妥当と考える金額で出品しているため、値下げは好ましくありません。

「いくらになりますか?」といった不躾なメッセージはNGです。

値下げ交渉はお願いする形で丁寧におこないましょう。

金額は購入者から希望金額を提示したほうが、検討しやすくなります。

出品者から発送連絡があった時に使う定型文

「お世話になっております。
発送のご連絡ありがとうございます。
届き次第受け取り確認して評価させていただきます。」

発送の通知を受けた場合には、

内容を確認したこと、商品を確認してから評価することを伝えます。

商品が届かない時に使う定型文

「お世話になっております。
購入させていただいた商品の発送はいつになりますでしょうか。
お忙しいところ恐縮ですが、ご連絡いただけますと幸いです。」

支払いをしたにもかかわらず、商品が届かない場合には取引メッセージで問い合わせましょう。

事情があって発送が遅れている可能性もあるので、丁寧に発送予定日を尋ねるようにしてください。

商品に問題があった時の定型文

「お世話になっております。
購入させていただいた商品なのですが、開封したところ○○が破損しておりました。
お忙しいところ大変恐縮ではありますが、ご対応いただけないでしょうか。」

届いた商品に問題がある場合には、上記のように具体的に問題点を伝えます。

対応は取引キャンセルで商品を着払いで返送するのが一般的ですが、

出品者によっては商品は返送を求められない場合もあります。

相手に非がある場合でも、返品、返金を迫るのではなく対応をお願いする形で伝えましょう。

受け取り評価するときの定型文

「今回はスムーズにお取引いただいてありがとうございました。
また、機会がありましたらよろしくお願いいたします。」

受け取り評価のメッセージはシンプルで構いません。

短い文章でも良いので、お礼を伝えてください。

メルカリのプロフィールも定型文なら簡単

メルカリのプロフィールも何を伝えればいいのかと悩むポイントです。

定型文があれば、必要な情報を埋めるだけでプロフィールが完成します。

例文集を紹介します。

基本のプロフィールの例文集

「はじめまして!
ご覧いただきありがとうございます。
私は長野在住の1児の母です。
サイズアウトになった服やおもちゃや、不用品を出品していこうと思っています。」

プロフィールの内容は基本的には自由です。

しかし、この人から買いたいと思ってもらうには、親密さや話しやすさが重要です。

どういった経緯で商品を出品しているのかを伝えることで、

継続して取引したいと感じてもらえるかもしれません。

例えば、子どものサイズアウト品などであれば、

ちょうどよい月齢の子どもがいる人がリピーターとして購入することがあります。

出品する経緯を書いておく方が、購入者も安心して取引しやすくなります。

コメントの返信時間等を伝えるプロフィール例文

「ご覧いただきありがとうございます(*^-^*)
趣味の品やハンドメイドアクセサリーを販売しております○○です。
日中は仕事をしておりますので、コメントの返信は21時以降です。
気持ちの良いお取引を心がけて参ります。」

プロフィールは必要な情報を伝えるツールとしても役立ちます。

プロフィールの例文集に入れておきたい要素

プロフィール設定は自分の情報を伝えて、

気持ちよく取引するためにも役立つ機能です。

どういった要素が必要なのか紹介します。

初心者であること

まだメルカリになれていない場合には、初心者であることを明記しておきます。

取引の用語や流れなどの理解が不十分であることを事前に相手に伝えておくと、

相手も対応しやすくなります。

メルカリの使い方になれたら、初心者であるという内容は外しても良いでしょう。

喫煙者かどうか

喫煙者かどうかは商品に影響を与える要素です。

自分では気が付かない匂いが洋服や家具についてしまっていれば、

クレームになってしまうかもしれません。

プロフィールで喫煙者であると伝えたうえで、

理解してから購入してもらうように記載しておきましょう。

また、喫煙者であっても対策をしている場合には、

その旨記載してアピールすることもできます。

発送について

メルカリでは、どこからの発送になるのか、どのような配送になるのかも重要な情報です。

例えば曜日によって発送できない場合であれば、

「土日祝日は即日発送不可」といった形で記載しておきましょう。

また、梱包も気にする人が多いので、緩衝材を使っていることをアピールすることもおすすめです。

値下げ交渉への対応ついて

値下げ交渉が可能かどうかは重要な情報です。

値下げ交渉に対応できない場合には、

プロフィールに記載しておくと値下げ対応の手間を省くことが可能。

値下げを希望している人もプロフィールで対応不可となっていることを確認できるので、

不必要なコメントをしなくて済みます。

逆に対応可能な場合には、「値下げもご相談ください」といった形で記載します。

ペットの有無

商品の状態に影響するペットの有無もプロフィールに記載してください。

犬や猫等、匂いや毛がついてしまうことがあります。

あらかじめ理解している人だけと取引できるようにした方が、クレームやトラブルを回避できます。

定型文なら慣れていなくても気持ちよく取引できる!

メルカリは個人同士で顔が見えない取引です。

コメントや取引メッセージのやり取りで関係を築くことになるため、

敬意を文章で伝えるようにしてください。

自分が丁寧で親切に対応することによって、相手も取引しやすくなり、自分の利益にもなります。

定型文も上手に活用して取引メッセージをやり取りしましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。