メルカリのコメント例文!購入者と出品者のメッセージテンプレ

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリのコメントの書き方について知りたい
という方のために、メルカリのコメントで利用できる例文について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. メルカリの購入者側のコメント例文がわかる
  2. メルカリの出品者側のコメント例文がわかる
  3. メルカリのコメントに関する注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、メルカリのコメントの例文や書き方について解説していきます。

 

メルカリのコメントを利用したいけれど、何をどう書けばよいかわからない、

または文章が下手なので困っている、という人もいるでしょう。

メルカリのコメントはメリットもいろいろありますが、

書き方によっては相手を不快にさせてしまうこともあるので注意が必要です。

メルカリのコメント例文!購入者が使えるテンプレ

メルカリのコメントには、商品についての質問や値引き依頼など、

いろいろな内容を書くことができます。

もちろん、個人情報がわかるような内容やプライベートな質問などはNGですが、

マナーを守れば出品者によい印象をもってもらえます。

しかし、最初は、どのように書けばいいのかわからない人も多いでしょう。

それぞれのケースで利用できる例文を紹介しますので、参考にしてみてください。

購入の意思を伝える際の定型文

メルカリでは購入する前にコメントをすること、といったルールはありませんが、

購入前にコメントを欲しがる出品者もいます。

購入の意思を伝える際の定型文を紹介しましょう。

「こんにちは。
こちらの商品を購入させていただきたいと思っています。
手続きをさせていただいてもよろしいですか?」

「コメント失礼します。
こちらの商品の購入手続きをさせていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。」

など、購入をしたい意思を簡単に伝えるメッセージで大丈夫です。

出品者の中には、「コメント不要」としているケースもあります。

その場合は、コメントなしで購入した方がよいでしょう。

コメントが欲しいと思っている出品者は、

購入者がトラブルを起こしそうな人かどうかを判断したいと思っています。

最初に、「こんにちは」「コメント失礼します」など、

一言あいさつを入れてコメントをした方が好印象です。

在庫確認をしたい

出品してすぐであればまだ安心ですが、時間が経っている場合は在庫がないのでは?

と不安になるかもしれません。

その際には、在庫確認のコメントを入れてみましょう。

「コメント失礼します。
こちらの商品は出品からお時間が経過しているようですが、在庫はありますか?」

「コメント失礼いたします。
こちらの商品を購入したいのですが、在庫はまだありますでしょうか?」

など、在庫があるかどうか、シンプルに質問してください。

値下げ交渉をしたい

値下げ交渉ができるのも、メルカリのコメントのメリットです。

値下げ交渉する場合の例文としては、

「コメント失礼します。
購入したいと思うのですが、2,000円で購入可能でしょうか?
ご検討、よろしくお願いいたします」

「こんにちは。
商品の購入をしたいのですが、予算の都合上あと500円程度値下げしていただくことができますか?
無理を言って申し訳ありませんが、ご検討いただけるとうれしいです。」

など、具体的な希望金額を書いた方が、出品者は判断しやすいです。

値下げ交渉は、一切受け付けない出品者もいます。

プロフィールや商品ページに記載されていることがあるので、必ずチェックしましょう。

購入後の支払いに関する文章

商品を購入した後のコメントは、基本的に必要ありませんが、送ることで出品者も安心し、

購入者の印象もよくなります。

「こんにちは。
商品を購入させていただきました〇〇です。
先ほど支払いを済ませましたのでご報告まで。
商品が届くのを楽しみにしています。」

「失礼いたします。
商品を購入しました〇〇と申します。
本日〇時までに商品代金の支払いをいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。」

など、商品を楽しみにしている内容や、支払いの期日や時間などを伝えるとよいでしょう。

落札後のコメント

商品を落札できたときも、一言メッセージを送るのもよいでしょう。

特に値下げをしてもらった場合には、感謝の言葉を添えてメッセージを送ります。

「こんにちは。
この度は商品の値下げに応じていただき、ありがとうございます。
おかげ様で欲しかった商品を購入することができました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。」

「こんにちは。
商品を購入させていただきました〇〇と申します。
明日、支払いをする予定です。
どうぞよろしくお願いいたします。」

支払いの予定がわかれば、記載しておくと出品者も安心です。

届いた商品に問題があった場合のコメント

何かのトラブルで届いた商品が破損していた、違うものが届いたなど、

問題があった場合はすぐに連絡をしましょう。

「失礼いたします。
商品を送っていただいきありがとうございます。
残念ですが、破損しているところがあります。
恐れ入りますが、今後の対応をご相談させていただいてもよろしいでしょうか?」

「こんにちは。
本日商品を受け取ったのですが、状態を確認したところ傷がついていました。
目立つ傷なので大変恐縮なのですが、返品を考えております。
ご連絡をいただけますでしょうか?」

気分が悪くても、クレームのような言い方は控えることです。

メッセージを送っても返信がない場合は、メルカリ事務局に連絡をしてください。

到着予定日を過ぎても商品が届かない

到着予定日を大幅に過ぎても商品が届かない場合は、何かしら発送トラブルがあったり、

発送されていなかったりします。

確認の連絡を入れましょう。

「こんにちは。
商品の到着予定日から〇日が過ぎましたが、まだ商品が届いておりません。
お忙しいところ恐縮ですが、ご確認いただきご連絡いただけますでしょうか?」

「お世話になっております。
発送のご連絡から〇日経ちましたが、商品が届かないのでご連絡させていただきました。
何かトラブルがあったのでしょうか?
お手数ですが、一度ご連絡いただけますよう、よろしくお願いいたします。」

遅れている原因が出品者にあるとは限りません。

相手を責めるような言い方は避け、心配や不安を伝える内容にしましょう。

発送コメントに対する返信コメント

出品者が商品を発送し、発送完了のメッセージが届いたら、

次のようなメッセージを返信しましょう。

「こんにちは。
早々に発送のお手続きをしていただき、ありがとうございます。
商品が届き次第、受け取り評価をさせていただきます。」

「商品発送のご連絡、ありがとうございます。
商品が届きましたら、すぐに受け取り評価をさせていただきます。
商品が届くのがとても楽しみです。」

商品を受け取ったら、購入者が受け取り評価をすると出品者が取引に関して評価ができ、

その後、出品者に販売利益が反映されます。

受け取り評価を忘れていないことを伝えると、出品者は安心するでしょう。

受け取り評価のコメント

購入者が受け取り評価をしないと、出品者が評価できずる利益を得ることができません。

商品を受け取ったら、迅速に受け取り評価をしましょう。

受け取り評価の例文としては、

「本日、商品が届きました。ていねいな対応をしていただき、スムーズに買い物ができました。
ありがとうございました。」

「商品を受け取りました。
思っていた以上にすてきで、大変うれしく思っています。
また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。」

など、商品に対する言葉や出品者の対応について書くと喜ばれます。

メルカリのコメント例文!出品者が使えるテンプレ

出品者がコメントの内容で相手を判断するように、購入者もコメントの返信によって、

安心したり、不信感を持ったりするでしょう。

コメントの返信を失敗すると購入の意思があったのに、

購入をやめてしまう可能性が高くなります。

出品者が使える例文を紹介しますので、参考にしてください。

購入意思に対するメッセージ

購入コメントは希望していなくても、ていねいにコメントを送ってくれた購入希望者には、

ていねいな返信をしてください。

そうはいっても、長々と書く必要はありません。

「コメントありがとうございます。
購入可能なので、よろしくお願いします。」

「コメントありがとうございます。
はい。
お手続きお待ちしています。」

など、短くシンプルなメッセージを迅速に送りましょう。

在庫確認コメントへの返信

出品期間が長いと、在庫を気にする購入者もいます。

在庫確認のコメントには、次のような返信をしましょう。

「コメントありがとうございます。
在庫は心配ないので、どうぞよろしくお願いいたします。」

「コメントありがとうございます。
在庫はありますので、いつでもお手続き可能です。
どうぞよろしくお願いいたします。」

値下げ交渉コメントへの返信

値下げ交渉をしてくる、購入希望者も少なくありません。

値下げを承諾する場合の例文を紹介します。

「コメントありがとうございます。
ご要望通り、1,000円で販売可能です。
価格を変更しましたので、お早めにお手続きしていただけると幸いです。」

「コメントありがとうございます。
ご希望には添えないのですが、1,500円までなら値下げ可能です。
ご検討のほど、よろしくお願いいたします。」

値段を具体的に提示した方が、交渉はスムーズです。

値下げを承諾できない場合は、

「コメントありがとうございます。
大変申し訳ありません。
ギリギリの価格設定なので、値下げはできかねます。」

「コメントありがとうございます。
商品を気に入っていただけたとのこと、ありがとうございます。
大変申し訳ないのですが、値下げ交渉はしておりません。
ご了承いただけますよう、よろしくお願いいたします。」

値下げできない場合は、きちんとできないことを返信しましょう。

相手が常識外れな値下げ交渉をしてきても、

感情的にならず冷静な文章で対応することが大切です。

購入コメントへのお礼

購入したことを報告してくれる購入者もいます。

例文としては、

「このたびは、商品を購入していただきありがとうございます。
入金を確認した後、すぐに発送させていただきます。」

「このたびは、商品を購入していただきありがとうございます。
本日16時までに入金確認ができましたら、本日の発送が可能です。」

購入者がすでに入金した場合は、

「このたびは、商品をお買い上げいただき、ありがとうございます。
発送の準備ができ次第発送させていただきます。引き続き、よろしくお願いいたします。」

など、お礼を兼ねて発送予定などを書いておくと安心してもらえるでしょう。

商品の発送完了コメント

発送方法によっては、購入者に自動的に発送通知が届くこともあります。

しかし、出品者が発送完了の連絡をした方が、

よりていねいで誠実な印象を持ってもらえるでしょう。

「こんにちは。
発送手続きを完了しました。
商品が届くまで、今しばらくお待ちください。」

「こんにちは。
本日、郵便局から定形外郵便で商品を発送させていただきました。
商品が届きましたら、ご確認後、受け取り評価をよろしくお願いいたします。」

どこから、どのような方法で発送されたのか、

改めて記載すれば確認にもなり安心感を持ってもらえるかもしれません。

商品の発送が遅れる場合

何らかの事情で、発送が遅れてしまう場合もあるかもしれません。

その場合の例文は、

「大変申し訳ございません。
本日発送をする予定でしたが、急用ができ発送ができませんでした。
明日の午前中には発送いたしますので、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
どうぞよろしくお願いいたします。」

予定から遅れるとわかったら、すぐにその旨を連絡しましょう。

発送予定を伝えられれば、購入者も安心します。

連絡が遅れてしまうと、最悪の場合クレームになってしまうことがあります。

商品が届かないコメントに対する返信

発送したはずなのに、商品が届かないといったコメントが届いた場合は、

迅速に配送状況を確認し、返信しましょう。

「大変申し訳ございません。
発送した郵便局で確認し、再度ご連絡させていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、少々お待ちいただけますよう、よろしくお願いいたします。」

「ご迷惑をおかけし、大変申し訳ありません。
至急、確認させていただきますので、少々お待ちいただけますでしょうか。」

今後の対処法と、予定を詳しく伝えてください

購入者に、不信感を持たれないコメントが大切です。

受け取り評価がされない場合

購入者が、うっかり受け取り評価を忘れてしまう場合もあります。

その場合は、次の例文を参考にしてメッセージを送ってみてください。

「先日は商品のお買い上げありがとうございました。
商品は無事到着したでしょうか?
お忙しいとは思いますが、不備な点がないか確認をしていただき、受け取り評価をしていただければと思います。」

「先日は商品を購入していただき、ありがとうございます。
商品のご確認はお済でしょうか?
もし問題がないようであれば、お手数ですが受け取り評価をしていただけると助かります。」

受け取り評価をしてもらえないと、何か不備があったのか、

無事商品が届いたかなど、不安になるでしょう。

しかし、購入者を責め立てるような言い方はしないようにしてください。

今まで好印象だったのに、最後に悪い印象を持たれてしまいます。

感情的にならず、ていねいにお願いをしましょう。

購入者への評価コメント

購入者が評価をしたら、出品者が評価をします。

取引を完了させないと、売上になりません。

早めに評価をしてください。

購入者への評価コメントの例文を紹介します。

「お世話になっております。
〇〇様との取引は安心感があり、スムーズにおこなうことができました。
また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。」

「この度はお取引をさせていただき、ありがとうございました。
〇〇様とのていねいな取引で、問題なくスムーズに取引ができました。
購入された商品に問題などがありましたら、遠慮なくご連絡ください。」

相手が気持ちよくなるコメントを記入しましょう。

間違って発送してしまった場合の例文

間違って発送してしまうこともあるでしょう。

その際の例文を紹介します。

「こんにちは。
先日発送させていただいた商品ですが、私のミスで違ったものを送ってしまいました。
大変申し訳ありません。
至急、再送の手続きを取らせていただきましたので、少しお待ちいただけますでしょうか。

もちろん、再送の配送料はこちらが負担いたします。
ご迷惑をおかけして、大変申し訳ありませんでした。」

「大変申し訳ございません。
こちらの不手際で購入した商品とは違うものを発送してしまいました。お手数をおかけして大変恐縮なのですが、お手元の商品を着払いで返送していただけますでしょうか?
商品は至急、再発送させていただきます。
配送料はこちらで負担させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。」

商品に対するクレームへの返信

「思っていたものと違う」など、ネットショップでは送られてきた商品に違和感があると、

クレームになることもあります。

まずは、ていねいに謝罪をして、今後の提案をしましょう。

「この度はご迷惑をおかけして、大変申し訳ありませんでした。
こちらの確認不足のせいで、〇〇様にはご迷惑をおかけしてしまいました。
つきましては、取引のキャンセル・返金の対応をさせていただきたいと考えておりますが、いかがでしょうか?
お手数をおかけして申し訳ありません。
ご検討のほど、よろしくお願いいたします。」

返信は冷静に、ていねいな文章で対応してください。

メルカリコメントに関する注意点

メルカリのコメントはメリットもありますが、注意して書かないと評価が悪くなってしまう、

取引ができなくなるなどのデメリットもあります。

メルカリコメントに関する注意点を把握しておきましょう。

出品者はコメントを見られるようにしておく

出品者はコメントをこまめにチェックし、すぐに返信できるようにしておいてください

返信が遅いと感じる感覚は個人差がありますが、スマホ利用者が多い現在、

半日しか待てない、という人もいるでしょう。

コメントが来たときにお知らせする機能をONにしておき、

こまめにチェックすることをおすすめします。

コメントを削除するタイミング

出品者は、値下げ交渉に関するコメントは早めに削除しましょう。

コメントはほかの利用者が見ることもできるため、

値下げ交渉に関する内容も知ることができます。

値下げ交渉中に返信が来ない場合は、削除してしまった方がよいです。

削除しないまま放置しておくと、ほかの購入者が遠慮してコメントを書かない、

購入できない、という状態になることがあります。

商品に関する質問などは、ほかの利用者の参考にもなるので残しておいてもよいでしょう。

コメントに返信が来ない場合

コメントに返信が来なくても、1日程度は待ってみましょう

再度コメントを送信し、それでも返信がなければあきらめた方がよいかもしれません。

出品者は待っても返信がない場合は、コメントを削除することができます。

必要のないコメントは、削除した方が間違い防止にもなります。

削除する際は、「〇日までに返信がないようであれば、コメントを削除させていただきます」

と連絡をして、削除しましょう。

「即購入OK」にコメントは必要?

「即購入OK」と書いてあれば、基本的にコメントなしで購入してよいでしょう。

もともとメルカリでは購入前にコメントをする、というルールはありません。

購入前のコメントはユーザー間の独自ルールで、

購入前にコメントはした方がよいという風潮になっているだけです。

「即購入OK」と書いているということは、

「コメントのやり取りは必要ないので、購入希望者はそのままお買い上げください」、

という意味ととらえてよいでしょう。

商品購入後は取引メッセージでやり取り可能

購入前はコメントでのやり取りですが、購入後は取引メッセージで、

出品者とのやり取りができるようになります。

コメントはほかの利用者も閲覧できますが、取引メッセージは購入者のみとやり取りです。

例文を参考に適切なコメントをしよう

コメントでのやり取りは、相手に好印象を与えることが重要です。

不必要なことを長々と書く必要はありません。

簡潔で、ていねいな文章で書くようにしてください。

また、必要なことははっきり伝えることも大切です。

その際も、相手の立場になり気持ちよくやり取りできることを第一に考えながら、

メッセージを送りましょう。

マナーを守り、好印象を与えるために、例文を参考に適切なコメントをしましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。