メルカリのコメントに返信こない場合の対処法は?返信なしの理由も解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリのコメントに返信がこない場合について知りたい
という方のために、メルカリのコメントに返信がこない理由と対処法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. メルカリのコメントに返信がこない理由がわかる
  2. 返信がこない場合の対処法がわかる
  3. 返信なしにならないコメントマナーと注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、メルカリのコメントに返信がこない理由と対処法について解説していきます。

 

メルカリでは、出品者に質問コメントを送ったり、

購入者から値引き交渉があったので返信したりなどやり取りをする機会が多くあります。

スムーズならば問題はありませんが、コメントなどに返信がこない、

という困った状況に陥ることもあります。

メルカリのコメントに返信がこない理由

メルカリで、コメントをしたのに返信がこないと不安になるものです。

なぜ、返信がないのでしょう。

メルカリで返信がこない理由には、次のようなことが考えられます。

コメントに気づかない

理由の一つは、「コメントに気づいていない」です。

コメントがくると、メルカリのアプリに数字が表示されると同時に、

メルカリの画面にお知らせが届きます。

しかし、こまめにチェックしていないと気づくことができません。

メルカリにはプッシュ通知機能がありますが、

それを利用していなければスマホの画面にも表示されないため、気づきにくいのです。

出品していても、コメントがくるということを意識していないと、気づきにくいでしょう。

メルカリ初心者などは気づきにくく、返信が遅れる可能性があります。

忙しくて後回しになっている

仕事や家事などで忙しいと、コメントに気づいていても返信ができないこともあります。

返信の内容がすぐにできるものであればまだいいのですが、

確認や調べることが必要な場合は時間もかかるので、忙しいと後回しになってしまうでしょう。

忙しい人はアプリをチェックするなど、

メルカリ関連のことに時間を使える時間が限られてしまうため、

返信が遅れてしまうこともあります。

忙しいとメルカリのアプリを開くこともできず、コメントに気づきにくいという点もあります。

返信を忘れている

コメントに気づいていても、返信するのを忘れてしまうこともあります。

忙しかったり、何か急用ができたりなど、

タイミングが合わずそのまま返信するのを忘れてしまうということもあるでしょう。

質問に対して、ていねいな内容で書こうと後回しにしたら、

返信をするのを忘れてしまうこともあります。

コメントの文章を不快に感じた

うっかりではなく、意思を持ってコメントをしないケースもあります。

コメントの文章を不快に感じたり、印象が悪かったりすると、返信をためらってしまうでしょう。

このような文章を書く人と取引したくない、このような人に商品を売りたくない、

と思うと返信がこないこともあります。

このような相手と取引をしても大丈夫だろうか?何かトラブルに巻き込まれてしまうのでは?

と不安に思うと、返信できないものです。

値下げ要求が常識外れだったので返信しなかった

コメントで値下げ依頼をすることもあると思いますが、金額が常識的ではない場合、

返信がこないことがあります。

いきなり「半額にしてほしい」、1万円の商品を「2,000円なら買います」など、

常識外れな金額を提示されれば、不快な気持ちになるだけでなく、

取引そのものが不安になるでしょう。

相手のコメントに不信感を持っても本来なら返信はするべきですが、

無視という形で取引を拒否するケースもあります。

コメントするのが面倒になり無視をしている

もともと筆不精、文章を書くのが苦手という人は、

コメントの返信が面倒になってしまうことがあります。

または、何度も同じような質問をしてくる、

商品ページやプロフィールに書いてあることを質問してくるといった相手には、

返信しないケースもあるでしょう。

親切な人であれば、そのコメントにきちんと

「商品ページに書いてあるので見てみてくださいね」などと返信してくれます。

しかし、そのような親切な人ばかりとは限りません。

質問をする前に、商品ページやプロフィールはしっかり確認しておいてください。

購入者の評価が悪い

購入者の評価が悪いと、

「そういった人とは取引したくない」という出品者は返信しないことがあります。

メルカリのコメントを希望するのは、

相手はどのような人か知るためというケースが多いでしょう。

コメントの評価が悪い場合は、その理由を考え改善していくことが必要です。

過去の取引で印象が悪かった

過去に取引をした相手で、印象が悪いと返信がこない場合があります。

そのときはていねいな返信がきていたとしても、我慢していたのかもしれません。

同じ相手と取引しようとして返信がこない場合は、

過去の取引で相手にいやな思いをさせてしまった可能性もあります。

相手からの評価を確認すると同時に、自分の取引やコメントの内容を見直し、

相手に不快な思いをさせないよう心がけましょう。

何日待つ?返信がこない場合の購入者の対処法

コメントを送ってから返信がくるまで何日くらいかかるかというのは、

個人差があり一概には言えません。

スマホを利用しているケースも多く、そう長いこと放置する人は多くはないでしょう。

返信は何日くらい待つべきか、返信がこない場合はどのような対処をすれば良いのか、

を紹介します。

1~2日待って催促コメントを送る

基本的には、1日待つのがよいでしょう

コメントの内容が急ぎのものでなければ、2日程度待ってみてもよいかもしれません。

しかし、2日というのはスマホ利用者にとっては、長く感じます。

1日経っても返信がない場合は、相手に何かトラブルがあったか、

もしくは取引をしたくないと思われているかもしれません。

1~2日後に、再度コメントを送ってみてください。

商品の購入をあきらめる

時間を空けて、2回ほどコメントを送信しても返信がないなら、あきらめた方がよいでしょう。

出品者の都合で取引ができない状態になっているか、

商品が売れないまま放置している状態か、

またはすでにメルカリを辞めてしまっているかもしれません。

または、出品者に取引したくないと思われている可能性があります。

返信がこないなら、あきらめてほかの商品を探したほうがよいかもしれません。

もし、後で返信がきても、そのときに購入意思がなければ「返信がいただけなかったので、

別の商品を購入しました」と伝えましょう。

出品者をブロックする

特別な理由がない限り、返信をしてくれない相手と安心して取引ができません。

今後の取引をしたくない場合は、相手をブロックする方法もあります。

コメント削除?返信がない場合の出品者側ができる対処法

購入希望者からのコメントには、商品に関する質問や値引き交渉など、

さまざまなコメントがあります。

こちらが返信しても、必ずしも「ありがとうございました」や

「購入させていただきます」といった返信がくるとは限りません。

とくに、値引き交渉中に返信がこないと困ることも多いでしょう。

返信がない場合の出品者ができる対処法について解説します。

1~2日待つ

購入者にも、いろいろな事情があります。

1~2日は返信を待ってみましょう

とくに急いでいないのであれば、気長に待つというのも一つの方法です。

相手は、忙しくて返信できない状態なのかもしれません。

「コメント削除」の旨のコメントを送る

いつまでも待つわけにいかない場合は、

「〇〇日までに返信がないようでしたら、コメント削除をさせていただきます」と連絡し、

返信がなければコメントを削除しましょう。

コメント削除をすれば、その購入希望者には通知が届かなくなります。

また、値引き交渉中に返信がないと、

ほかの人が遠慮して購入を控えてしまう可能性があります。

販売のチャンスをなくさないためにも、値引き交渉に関係するコメントには注意が必要です。

購入者をブロックする

取引をしたくない相手と感じたら、そのユーザーをブロックしましょう。

値引き交渉中に返信をしなくなるのは、出品者にとってもほかの利用者にとっても迷惑な行為です。

出品者が、コメントに対する返信をしたのに一言も返事がない、というのは失礼なことといえます。

ブロックすれば、対象のユーザーはその出品者から商品を購入できなくなります。

取引をしたくないユーザーは、ブロックするのも一つの方法です。

返信がこない!メルカリでキャンセルを検討した方がよいケース

返信がこなくなり、相手と連絡が取れなくなるケースがあります。

メルカリではコメントやメッセージのやり取りがなくても、問題がなければ取引が成立します。

不都合がなければよいのですが、購入後にトラブルがあり、

相手と連絡が取れなくなると取引が先に進まず、対応に困るということもあるでしょう。

その場合は、キャンセルという対応が可能です。

メルカリで、キャンセルを検討した方がよいケースについて解説します。

商品代金の支払いがない

商品代金の支払いがない場合は、キャンセルを検討しましょう。

メルカリの商品代金の支払い期限は、購入手続きから3日です。

購入者には、メルカリから支払いをするようにメッセージが送られています。

購入者から何の連絡もなく、期限を過ぎても支払いがない場合、

取引をキャンセルし再度、商品を出品しましょう。

商品発送の連絡がない

支払いを完了したのに、出品者から何の連絡もないと不安になります。

取引メッセージは、利用しなくてはいけないものではありません。

しかし、通常であれば出品者から、購入のお礼や発送の連絡などがくる場合がほとんどです。

連絡はこなくても、商品が無事に送られてくれば問題ありません。

発送期日を過ぎても、商品を発送したというメッセージが届かない場合は、対処が必要です。

「発送までの日数」を超えても連絡がこない場合は、キャンセルを検討しましょう。

商品が届かない

商品は発送されたのに、手元に届かないケースがあります。

この場合は、自然災害や連休中で配送に時間がかかっているなど、

やむを得ない理由があることも多いでしょう。

また、宅配ボックスに入っていたり、ほかの家族が受け取っていたり、

または出品者に返送されている可能性もあります。

自分の周りをチェックして届いていないようなら、

出品者に連絡をして確認をしてもらってください。

もし、出品者から返信がない場合は、

その出品者とは今後の取引はしないほうがよいのかもしれません。

届いた商品にトラブルがある

商品が届いたからといって、すぐに受け取り評価をしないようにしましょう。

まずは、商品を確認し問題がないかどうかチェックしなければいけません

届いた商品が違っていたり、知らされていない破損があったりすれば、出品者に連絡が必要です。

メルカリでは、返信は24時間待つように記載されています。

返事がこない、相談にのってもらえない、などの場合は、メルカリに問い合わせてください。

メルカリで「返信なし」にならないためのコメントマナー

メルカリのコメントへの返信がないのは、

相手に責任があるだけでなく自分に原因がある可能性もあります。

「返信なし」にならないために、コメントのマナーについて解説します。

なれなれしすぎない言葉遣いをする

コメントの文章は、フレンドリーになりすぎないよう注意してください。

顔文字や絵文字などを、多用しない方がよいでしょう。

相手の年齢は関係なく、なれなれしい言葉遣いや、

親しくない人にフレンドリーな態度を取られるのを嫌がる人もいます。

相手の顔が見えない文面でのやり取りは、

ちょっとした言葉遣いや文章によって印象が決まるといっても過言ではありません。

「何となく信頼できない」と思われてしまうと、

小さなことでも不信感につながってしまいます。

信頼できないなどと思われないように、ていねいな言葉遣いを心がけましょう。

自分の返信が遅くなった場合は、「返信が遅れてしまい申し訳ありません」

と一言付け加えると、印象もよくなります。

無理な要望をしない

値下げをすることは可能ですが、常識の範囲内の金額を提示しなければなりません。

無理な要望は相手を困らせたり、不快な思いをさせたりするため、

返信がないどころかブロックされてしまう可能性もあります。

商品のコメント履歴をチェックし、

値引き交渉のコメントがあれば参考にするのも一つの手です。

交渉を断っている場合は、その理由なども確認しておきましょう。

コメントでの質問や要望は、「依頼」ではなく「相談」です。

商品を安くしてほしいと依頼する場合や、発送を早くしてほしいなど催促する際も、

相手を思いやりながらていねいな書き方を心がけてください。

たとえば、「〇〇円まで値下げしてください」と言われるより、

「〇〇円まで値下げは可能ですか?」と相談された方が、心地良く対応できるものです。

何度も同じ質問をしない

商品ページに書いていない商品の状態などについての質問はよいとしても、

すでに記載されている内容を質問しないように注意してください。

返信には、それなりの時間や手間がかかるものです。

出品者はとても忙しい人で、

質問されるのを避けるために商品ページやプロフィールに詳細を記載している場合もあります。

出品者のプロフィールや商品説明をチェックし、

相手に迷惑となるコメントは控えるようにしましょう。

プライベートな質問や個人情報を書かない

コメントにプライベートな質問や、個人情報にかかわる内容などは書かないようにしてください。

コメント内容は、誰でも見ることができます。

出品者と、購入希望者だけが見るものではありません。

住所やメールアドレス、電話番号などほかの人に見られて困るような内容は、

書かないようにしましょう。

もちろん、自分に関する個人的な情報も書かないよう注意が必要です。

質問には誠意を持って答える

購入希望者からの質問には、誠実にていねいな返答をしてください。

自分でもわからないことを聞かれたら、調べて回答すると購入希望者に誠実さが伝わります。

適当な回答や確実ではないことを伝えるのは良くありません。

しかし、「わかりません」「答えられません」など、

冷たく雑に感じられる言い方は避けた方がよいでしょう。

そうは言っても、聞かれていないことまで詳しく説明するとキリがないので、

質問に対して納得できる範囲で回答することです。

誤字脱字に注意

誤字脱字をしないよう、送信する前には自分で書いた文章を読み返しましょう

出品者には、複数の購入希望者からコメントがくることもあります。

回答相手や内容を間違えたり、勘違いしたりしないよう、しっかり確認することが大切です。

購入希望者は、コメント後に書いた内容の編集や削除はできません。

どうしても削除してほしい場合は、出品者にお願いをして削除してもらうことはできます。

出品者の判断なので時間がかかったり、削除してもらえなかったりすることもあるはずです。

短い文章でも、間違っていないとは限りません。

忙しいと慌てて書くので、ミスも起こりがちです。

ちょっとした書き間違いが誤解を生んだり、

相手を不快な気持ちにさせてしまったりすることもあります。

そのようなことを避けるためにも、送信前に一度チェックし誤字脱字がないか、

伝わりやすい内容になっているかなどを、確認するようにしましょう。

メルカリのルールに注意

メルカリでは、相手を罵倒すること、誹謗中傷を書くことを禁止しています。

また、ほかのサイトに誘導するようなメッセージや、直接取引することも同様です。

ルール違反がわかれば、今後のメルカリでの取引ができなくなる可能性もあります。

メルカリのルールを把握し、きちんと守ることが大切です。

また、万が一不快な思いをしても、

誹謗中傷など相手を傷つけるような言葉は決して書かないようにしましょう。

返信がこない理由を考え適切な対処をしよう

メルカリでコメントを書いても返信がこないと、不安になったり、

困ることになったりします。

返信をしない相手が、不誠実ということもありますが、

返信がこないのはもしかしたら自分に原因があるのかもしれません。

故意にではなくても、相手に不快な思いをさせてしまうこともあります。

返信がこない理由は何か考え、適切な対処をしましょう。

また、お互いが気持ちよくやり取りができるよう、コメントをする際のマナーを把握し、

ていねいなコメントを書いて送ることが大切です。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。