メルカリの専用ページとは?コメント専用とどう違う?作り方と注意点

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリの専用ページについて知りたい
という方のために、専用ページやコメント専用ページについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. メルカリの専用ページがわかる
  2. メルカリの専用ページのデメリットがわかる
  3. メルカリの専用ページの作り方がわかる
  4. コメント専用ページについてわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではメルカリの専用ページについて解説していきます。

 

メルカリの専用ページとは?

メルカリを利用していると、購入者から「専用ページ」の作成を依頼される場合があります。

しかし、出品初心者だと専用ページの意味がわからないかもしれません。

疑問に感じた人のため、メルカリの専用ページとは何なのかを解説します。

商品取り置き専用ページのこと

メルカリの専用ページとは、商品取り置き向けページのことです。

たとえば、値下げ交渉をした人や、商品を取り置きして欲しい人から、

「専用ページにして欲しい」と依頼されることがあります。

購入者にしてみれば、値下げ交渉を成立させたのは自分なので、

自分専用にして欲しいと感じるでしょう。

また、同じ出品者が複数購入予定で、「まとめて買いたいので取り置きして欲しい」場合も、

専用ページの作成を依頼される場合があります。

ほかにも、セット売りをしていた商品をバラ売りで買う場合にも、

専用ページの作成を依頼されることがあるでしょう。

メルカリ公式機能ではない

メルカリの専用ページ作成は、メルカリ公式の機能ではありません。

取り置きできると便利なため、ユーザー間の独自ルールとして普及しました。

そのため、あくまでもメルカリ公式が推奨するページではないことは理解しておいてください。

メルカリ公式が推奨しているわけではないため、自己責任で活用するようにしましょう。

もし、購入者から依頼されたとしても、

出品者がトラブルを避けるため作成したくないと感じれば、断ることは可能です。

専用ページの作成によりユーザー間でトラブルが発生しても、

メルカリ運営側はサポートできません。

メルカリのコメント専用と専門ページの違いは?

メルカリの専用ページと似たものに、「コメント専用」があります。

どちらも専用の言葉が含まれているため、区別がつきにくいかもしれません。

出品者としてメルカリを便利に使うため、コメント専用と専用ページの違いを理解しましょう。

コメント専用は連絡用のページ

メルカリの商品のなかには、「コメント専用」の文字を見かけることがあります。

商品タイトルにコメント専用となっているものは、

出品者が購入希望者と連絡をとるため、独自に専用ページを作成したものです。

そのため、簡単に購入されないように、

商品価格を「9,999,999円」など高額に設定しています。

このような高額な商品を買う人はいないと想定した金額設定でしょう。

出品者がコメント専用ページを作成する理由は、

購入希望者から気軽にコメントしてもらうためです。

たとえば、以下のようなコメントに使うことができます。

• 些細なことを質問したい
• まとめ買いを依頼したい
• 値引き交渉をしたい
• 専用ページを作成して欲しい

コメント専用ページは、出品者に何でも質問できるページです。

ただし、メルカリ公式の使い方ではありません。

特定の人向けに出品するのが専用ページ

専用ページとは、商品タイトルに「〇〇様専用」と書かれているページのことです。

特定のユーザー専用にすることで、「他のユーザーは買えません」という意味を持たせています。

商品タイトルに専用の文字があれば、

他のユーザーが見れば誰かが商品をキープしているのがわかりやすくなるでしょう。

なぜユーザーが独自のルールを設けたのかというと、

メルカリには値下げ交渉のためのオファー機能がないからです。

以前はオファー機能もあったのですが、2020年10月15日で終了しました。

そのため、メルカリユーザーが値下げを利用するには、商品のコメントで交渉してから、

出品者に専用ページへの変更を依頼しなければなりません。

メルカリの専門ページのデメリット

メルカリの専用ページの意味を理解しても、活用するか迷っている人もいるかもしれません。

そのような人は、専用ページに設定してどんなデメリットがあるのか確認しておきましょう。

どちらかというと、出品者にメリットは少なく、購入者にメリットがある使い方です。

専門にしても購入してくれない場合がある

出品中の商品を専用ページにしても、購入希望者が買う約束をしたわけではありません。

あくまでも商品をキープしている状態です。

そのため、購入希望者の気が変わると、キャンセルされる恐れがあります

専用ページにすれば、他のユーザーは購入しづらくなってしまいます。

他の人の購入は可能ですが、専用ページになっていれば多くの人は購入を遠慮してしまいます。

すると、商品が売れ残ってしまうかもしれません。

もし、専用ページを作成するなら、購入までの期限を相手に伝えてください。

「〇月〇日まで購入手続きをされない場合は、専用ページの解除をさせていただきます。」など、

購入希望者にアナウンスするといいでしょう。

別の人に横取りされる恐れがある

メルカリで出品されている商品は、早い者勝ちで買うシステムです。

たとえ商品ページに「〇〇様専用」となっていても、他のユーザーが買うことができます。

専用ページ自体がメルカリ公式機能ではないため、別の人が購入しても規約違反ではありません。

しかし、専用ページ作成を依頼した人にしてみれば、横取りされると気分が悪いでしょう。

もしかしたら、クレームがくるかもしれません。

そのため、出品者が専用ページを作成するときは、横取りされない対策が必要になります。

こまめに連絡を取り合い、できるだけ早く購入してもらうようにしてください。

時間がかかるほど横取りされやすくなるため、スムーズに取引できる人のみ、

専用ページを作成する方法もあります。

また、横取りがあったとしても、むやみにキャンセルしないでください。

横取りした人であっても購入者のため、キャンセルせず優先して取引しましょう。

専用ページでのトラブルを避けたい

出品者にとって専用ページ作成はトラブルのもととなるかもしれません。

どう対応すべきか迷っているなら、以下の項目の内容を確認してみてください。

専用ページを作らない

メルカリでトラブルを防ぎたいなら、専用ページを作らないのが一番です。

公式機能でもないため、心配なら無理に専用ページを作る必要性はありません。

専用ページを作らないと決めたら、

プロフィールや商品説明欄に「取り置きお断り」と記載しておいてください。

はじめから専用ページを作らない出品者だとわかっていれば、

専用ページを作るよう依頼されにくくなります。

また、説明書きを読まない人もいますが、その場合は素直に断りましょう。

コメントで、お取り置きを断っていると伝えれば、相手も理解してくれるはずです。

どうしてもすぐに買いたい商品であれば、専用ページを作成しなくても、

購入希望者は買ってくれるため気にしなくても大丈夫です。

メルカリの規約違反の可能性がある

メルカリの規約で直接「専用ページの作成は禁止」だと書かれていません。

しかし、メルカリ規約の「第9条 商品の出品」の項目で、

専用ページ作成を禁止するような内容が書かれています。

注意すべき点は、

「特定のユーザーのみを対象とする販売を意図して商品を出品することができません。」

の部分です。

専用ページの作成は特定ユーザーを対象とした販売です。

メルカリ運営側が「特定ユーザーのみを対象とする販売」と判断すれば、

専用ページ作成は禁止事項になってしまいます。

つまり、最初から特定ユーザーへの販売向けに出品するのは禁止です。

ただし、出品中の商品を〇〇さん専用に変更する場合は、規約違反まではいきませんが、

メルカリ運営者の裁量でNGとなる場合があるということです。

メルカリ専門ページの2つの作り方

ここまで読み進めて、専用ページは購入者に便利なので作成したいと決めたのなら、

2つの作り方をチェックしてみてください。

どちらも簡単に作成することができます。

商品タイトルに【専用】文字を入れ直す

専用ページの作り方は、商品タイトルに「専門」の文字を入れ直すだけです。

商品タイトルに「〇〇様専用」の文字を付け加えましょう。

相手の名前の確認は、コメント上にあるユーザー名を確認します。

次に専用ページを作成したい「商品編集」をクリックし、商品タイトルを変更してください。

すでに入力されている「商品名」の項目に、「〇〇様専用」と付け加えるだけです。

値下げ交渉により商品価格が変更になった場合は、販売価格も変更しましょう。

最後に、ユーザー名と価格に間違いがないか確認してください。

専用ページにしたことと、価格変更をした旨を取引相手へコメントして伝えます。

新しいページの商品タイトルに【専門】を入れる

新しいページで「〇〇様専用」とする方法は、おすすめできないやり方です。

メルカリの規約違反の恐れがありますし、

取引しているユーザーにも新しいページがわかりにくいからです。

何らかのトラブルで出品ページを削除してしまった場合に限り、新しい商品を作成しましょう。

作成方法は、同じく商品タイトルに「〇〇様専用」と入れるだけです。

いつもと同じように出品作業をしてください。

新しいページを作成したら、

取引中の相手にコメントでページ変更を伝えるのを忘れないようにしてください。

メルカリの専用ページ作成は注意して使おう

メルカリの専用ページは、ユーザー間で使われている機能です。

公式の機能ではないため、トラブルを避けたい場合は、専用ページ作成を断っても構いません。

あえて作成したい場合は、スムーズな取引を心掛けましょう。

すぐに購入可能なユーザーのみ限定にすると、トラブルを防ぎやすくなります。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。