メルカリのコメントマナーとは?出品者の注意点やトラブル解消法

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリのコメントマナーについて知りたい
という方のために、基本的なマナーや注意点について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. メルカリのコメントマナーがわかる
  2. メルカリのコメントの使い方がわかる
  3. メルカリのコメントのトラブル解消法がわかる
  4. メルカリのコメントの注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではメルカリのコメントマナーについて解説していきます。

 

メルカリで注意したいコメントマナー

メルカリでは、出品者と購入希望者間でコメントができます。

ネット上のコメントは相手の顔が見えないため、

言葉使いによってはトラブルに発展する恐れがあります。

メルカリを利用する前に、基本的なコメントマナーを覚えてみましょう。

挨拶や丁寧な言葉遣いを心掛ける

コメントの最初に、挨拶の言葉を入れると気持ち良い取引がしやすいでしょう。

たとえば、「こんにちは」「おはようございます」「はじめまして」などの挨拶です。

メルカリのコメントで、挨拶は必ずしなければならないものではありません。

しかし、ネット上のやり取りとはいえ、人と人とのコミュニケーションです。

挨拶をしてから質問してくる人と、質問だけしてくる人を比較するとどうでしょうか。

ちょっとしたことですが、一言挨拶するだけでも印象が違います。

また、丁寧な言葉遣いを心掛けるようにしてください。

メルカリは幅広い年齢や国籍の人が利用しています。

同世代の人との取引だとは限らないため、敬語を使うのが基本です。

年齢によりわかりづらい言葉の使用や、差別用語も避けるのが無難です。

個人情報を書かない

メルカリのコメントは、誰でも見ることができます。

特定ユーザーだけの公開ではないため、個人情報を書かないようにしてください。

たとえば、本名・住所・メールアドレスなどの個人情報です。

勤務先や学校名など、本人が特定できるような情報も避けるべきでしょう。

メルカリのコメント欄は会話を楽しむ場所ではなく、商品のやり取りをする場所です。

万が一個人情報を書きこんでしまうと、悪用される恐れがあります。

取引したユーザーが悪用しなくても、

誰でも閲覧が可能なため悪用目的で情報を収集されているかもしれません。

個人情報を書きこまないルールは、自分の情報だけでなく相手の情報も含めてです。

メルカリのコメントの使い方

コメントマナーの基本を理解したら、次はコメントの使い方をマスターしましょう。

メルカリのコメントは簡単に使うことができます。

コメントを確認してコメントをするだけで、2ステップで使ってみてください。

コメントの通知がきたら確認する

メルカリのコメントがきたら、ホーム画面に通知される仕組みです。

ホーム画面を開いたら、右上にあるベルマークに赤の数字がないかチェックしましょう。

コメントは新着順に表示されます。

メルカリの出品中は、コメントがきているかこまめにチェックしてください。

こまめに返信ができない場合は、商品ページに「24時間以内に返信」と書いておき、

1日1回チェックするようしましょう。

そうすることで、質問等をコメントした人もすぐに返信がなくても心配をしなくて済みます。

また、メルカリのお知らせ通知は、オンとオフの切り替え設定ができます。

お知らせを受け取りたいときは、メルカリアプリを使用してください。

マイページの「お知らせ・機能設定」からオンとオフの切り替えができます。

緑色になっていればオン、白色はオフになっているため、コメント項目を確認してください。

商品ページからコメントをする

メルカリのお知らせ通知でコメントがきているのを確認したら、クリックしましょう。

すると商品ページに飛ぶので、コメントを確認してください。

コメントに返信する場合は、商品ページの一番下までスクロールします。

「コメントする」をクリックすると、内容を入力できます。

内容を確認してから、「送信」ボタンをクリックすると、コメントが送信できます。

自分のコメントが送信されているか確認する場合は、商品ページから確認してください。

送信したコメントが反映されているなら、

相手も同じく商品ページからコメントを読むことができます。

メルカリのコメントの注意点

メルカリでコメントをする場合は、いくつかの注意点があります。

トラブルを避けてスムーズな取引を心掛けるため、事前に注意点を確認しておいてください。

一度投稿したコメントは編集できない

コメントを送信してしまうと、内容を編集することができません。

たとえば、「誤字脱字に気がついた」

「間違った内容を送信した」場合に内容を修正したいと思うかもしれませんが、

投稿したコメントは編集できないため注意してください。

間違った内容でコメントしたら、改めて修正したコメントを送信します。

「すみません間違えました」とコメントに付け加えれば、問題はないでしょう。

誤字脱字を防ぎたいなら、送信前に文章を見直してください。

また、内容が間違っていないかも確認しておきましょう。

コメントを記入したらすぐに送信するのではなく、一度確認する癖をしておくと安心です。

何度も修正コメントを投稿している出品者だと、

購入希望者が不安に感じるかもしれないので、送信前の確認がおすすめです。

コメントの削除は出品者のみ

間違った内容でコメントを投稿しても、出品者はコメントを削除できます。

コメントの削除は、コメントの右側にあるゴミ箱マークをクリックするだけです。

削除したら、新しくコメントを作成して送信してください。

また、購入希望者のコメントも、必要に応じて出品者が削除しましょう。

コメント数が多くなると、コメント欄が見にくくなってしまいます。

不要なコメントがあるようなら、削除して見やすくしてください。

ただし、削除したコメント欄には、「出品者がコメントを削除しました」という文章が残ります。

コメントしても返信がこない場合がある

購入希望者からコメントの返事がないと、対応に困ってしまうでしょう。

しかし、必ずしも返信がくるとは限らないため注意してください。

相手が返信しない場合は、以下のようなケースが考えられます。

• 忙しくてコメントできない
• 通知オフで気づいていない
• 返信方法がわからない
• 購入したいと思っていない

すぐに相手から返信がくるとは限らないため、1~2日は待ってください。

通知オフで気づいていない場合では、返信が遅れやすくなります。

また、メルカリ初心者だとコメント機能の使い方がわからず、返信できないのかもしれません。

そもそも、相手が購入したいと思っていなければ、返信せずスルーする場合もありえます。

コメントは他の利用者も見ることができる

メルカリのコメント欄は、すべてのユーザーが共通して見られる項目です。

特定のユーザーのみに返信はできないため、注意が必要です。

あなたがコメントした内容は、他のユーザーにも見られています。

感情的になり相手とトラブルになった内容も、すべて見られていると認識してください。

メルカリを利用している人は、コメントで出品者の人柄を判断しているものです。

ささいな言葉でも、多くの人を不快にする言葉に注意してください。

出品者なら炎上したコメントは削除できますが、

削除するまでのやり取りは誰に見られているかはわかりません。

基本的に、大人の対応をしていれば心配する必要はないでしょう。

社会人としての常識を守りコメントを投稿するようにしてください。

メルカリのコメントのトラブル解消法

マナーを守ってコメントを使っていても、何らかのトラブルに巻き込まれることがあります。

問題が起きた場合にも焦らず対応ができるよう、対処方法を覚えておきましょう。

コメントを忘れた・遅れた場合

誰でも忙しくて、コメントが遅れてしまう場合があります。

たとえば、仕事のトラブルに巻き込まれて返信ができない、

小さな子どもがいてコメントがチェックできないなどのケースです。

出品者も人のため、体調不良で返信が遅れることもあるでしょう。

コメントの返信が遅れたら、まずは謝罪してください。

謝罪の言葉を入れてからコメントに答えると、相手に安心感を与えることができます。

何らかの事情により返信が遅れる可能性があるなら、

プロフィールや商品ページにその旨を記載しておくといいでしょう。

しかし、すぐに返事が欲しい人は、自然と離れてくようになります。

返信が遅くなりやすいと購入希望者は減りやすいため注意するようにしてください。

横取りされても最初の購入者と取引

メルカリには、利用者の独自ルールとして「〇〇様専用ページ」があります。

あくまでもユーザー同士の取り決めのため、専用ページでも強制力はありません。

もし、別の人に横取りされても、最初の購入者と取引をしましょう。

出品者としては、専用ページのユーザーと取引しようとして、

横取りをキャンセルしたいと考えるかもしれません。

しかし、横取り自体は問題がない行為です。

それよりも、横取りを理由に出品者がキャンセルすると、

出品者にペナルティとなる場合があります。

基本的に、メルカリは早い者勝ちの取引です。

専用ページの作成ルールはメルカリ公式にはありません。

専用ページを作ったことによるトラブルがあっても、

事務局は対応をしない可能性があるので注意してください。

購入者に対してコメントを強制しない

メルカリには、ユーザー独自のルールとして、購入前にコメントする決まりがあります。

たとえば、「買ってもいいですか?」と事前確認をするルールや、

挨拶してから購入するルールです。

これらは、ユーザーが勝手に決めているルールにすぎません。

メルカリ公式が決めているわけではないため注意してください。

もし、購入者がコメントなく商品を買っても問題はないのです。

出品者が「コメント必須」とするのは、

複数のフリマアプリで1つの商品を出品しているからでしょう。

商品がないのは出品者の自己都合です。

購入者には関係がないことのため、出品するなら購入できる状態にしてください。

また、「よろしくお願いします」など購入者が一切のコメントがない場合もあります。

気持ちはよくないかもしれませんが、コメントするかは任意で、

コメントの強制力がないと理解しておきましょう。

コメントによる誹謗中傷は相手をブロック

もしコメントで誹謗中傷されたら、相手をブロックしましょう。

ブロックされたことは相手に知られることはありません。

取引中の相手をブロックしても、取引は継続できるため安心して利用してください。

特定のユーザーをブロックする場合は、メルカリアプリを利用します。

ブロックしたい相手の会員ページに移動し、

右上にある「…」マークをクリックしてから、「この会員をブロック」を選択します。

安心してメルカリ出品できるようコメントマナーを把握しておこう

メルカリは、購入希望者と積極的にコメントがやり取りされています。

事前の質問や、値下げ交渉によるコメント投稿ができるので、

メルカリ初心者はコメントの使い方を覚えて活用しましょう。

また、コメントには最低限のマナーがあるため、送信する前に一度確認してください。

お互いが気持ちの良い取引ができるよう、マナーを守ってコメントをしてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。