メルカリの断り方を知りたい!コメントの例文などをご紹介!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリの断り方について知りたい
という方のために、コメントの例文などついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 購入者側が値下げ交渉する方法を知ることができる
  2. 出品者側の値下げ交渉への対応方法を知ることができる
  3. 値下げ交渉された場合の断り方を知ることができる
  4. 断り方の例文を知ることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではメルカリの断り方について解説していきます。

 

【購入者編】メルカリで買わない時の例文コメント

メルカリで買いたいと思った商品があっても、

出品者とやり取りする中で購入しないと決める場合もあります。

そのような場合のコメントの例文からみていきましょう。

購入希望のコメントをしたが要らなくなった場合

1つ目は、購入希望のコメントをしたものの不要になった場合のコメント例文です。

“購入希望とコメントさせていただきましたが、諸事情によって購入不要となりました。
そのため、申し訳ありませんが今回は購入を控えさせていただきます。”

“先ほど、購入させてほしいとコメントさせていただいた者です。
しかし、写真の見落としがあってほしい商品ではありませんでした。
なので、今回は購入をやめさせていただこうと思います。
申し訳ありません。”

取り置き(専用ページの設定)をお願いしたが断る場合

2つ目は、取り置き(専用ページの設定)をお願いしたが断る場合のコメント例文です。

“取り置きをお願いしていましたが、購入の必要がなくなりました。
今回は、購入を見送らせていただこうかなと考えています。
専用ページを作っていただいたのに申し訳ありません。”

“ポイントで購入しようと思ってお取り置きをお願いしていたのですが、
ポイントがまだ入らないようです。
購入が難しくなるため、お取り置きはキャンセルとさせていただければと思います。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。”

値下げ交渉をしたが買いたくない場合

3つ目は、値下げ交渉をしたが買いたくない場合のコメント例文です。

“返答ありがとうございます。
金額を提示して頂いたのですが、予算をオーバーしてしまいます。
そのため、今回は購入を見送らせていただこうと思います。”

“値下げ対応して頂きありがとうございます。
しかしながら、諸事情により購入する必要がなくなってしまいましたので、
購入を控えることにしようと思っています。
大変申し訳ありません。”

商品の問い合わせをしたが想像と違った場合

4つ目は、商品の問い合わせをしたが想像と違った場合のコメント例文です。

“丁寧な回答ありがとうございます。
思っていたものと違ったため、今回は購入しない方向で考えておりますので、
よろしくお願いいたします。”

“返信ありがとうございます。
ほしいと思っていた商品とは少し違う部分がありました。
なので、今回は購入を見送らせていただきます。
よろしくお願いいたします。”

【出品者編】メルカリで値下げ交渉された時の断り方

メルカリでは、出品した商品の価格を値下げ交渉されることがあります。

しかし、出品者側も値下げ交渉を断りたいと思う場合もあります。

続いては、値下げ交渉時に知っておきたい断り方についてみていきましょう。

何らかの理由を付けて断る

1つ目の断り方は、「何らかの理由を付けて断る」です。

値下げ交渉された時に、

「無理です」とだけ伝えるのは雑な対応になってしまい、

他の人から購入してもらえる可能性を下げてしまいます

周りからの評価を下げないためには、理由を付けて断るようにするのがポイントです。

値下げ交渉を断る理由としては、

・販売されてからまだ時間が経っていないこと
・人気な商品であること
・値下げしないと商品説明欄に記載していること

などが挙げられます。

どうしても値下げしたくない場合は、

商品説明欄に値下げ対応をしないと明記しておくのがおすすめです。

明記されていれば、無理な値下げをしてくる人は少なくなります。

いいねを理由にして断る

2つ目の断り方は、「いいねを理由にして断る」です。

メルカリには、気になった商品に“いいね”ができる機能があります。

ユーザーが“いいね”を押すのは、

・他と比べてみたい
・購入したいと思っている
・値下がりするまで待っている

といった理由が考えられます。

“いいね”がたくさんつくのは、それだけ注目度が高まっている証です。

値下げをしなくても購入してもらえる可能性高いとも考えられます。

そのため、「いいねが多いから様子見をしたい」と伝えたり、

しつこい人には「値下げは考えていない」とはっきり伝えるようにしましょう。

値下げ交渉に対して出品者が考えていないとわかれば、潔く諦めてくれる人が大半です。

出品したタイミングを理由にして断る

3つ目の断り方は、「出品したタイミングを理由にして断る」です。

メルカリでは、値下げ交渉がある意味通過儀礼のようになっています。

値下げ交渉が成立すれば、購入者側はお得に買い物ができます。

少しでも安く買うために、販売開始直後であっても値下げ交渉をする人もいるかもしれません。

販売開始から間もないタイミングでは、まだ多くの人の目にとまっていない可能性が高いです。

そのようなタイミングで値下げしてしまうのは、出品者として納得できないでしょう。

そんな時は、

「まだ出品したばかりなのでもう少し様子を見てから対応を検討したいと思っています。」

と伝えてください。

ただし、少しでも早く在庫を消化したい、

値下げしても利益が出る金額で問題ないといった場合で、

出品者自身が納得できるならそのまま値下げ交渉に応じる場合もあります。

【出品者編】コメントで断る際の例文

値下げ交渉された時に断りたいけど断り方がわからないというケースも多く見られます。

続いては、コメントで値下げ交渉を断るコメントの例文をご紹介しましょう。

「○○円まで値下げできますか?」と聞かれた場合

値下げ交渉でも購入者側が丁寧な口調で聞いてくれると、

出品者側も快く応じたいと思うケースが多いです。

丁寧な口調で値下げ交渉された場合は、こちらも同じように丁寧に応じる旨を伝えましょう。

値下げ交渉されて断りたい時も、

丁寧な返信を心掛けると相手からの印象が良くなるので意識してください。

「○○円まで値下げできますか?」と聞かれた場合に対応が難しく、

断る場合の例文は以下の通りです。

“コメントありがとうございます。
この商品は、値下げをしない前提で出品している商品になります。
しかし、こちらの都合で値下げを行う場合もあるため、納得できる金額になった時にタイミングが合えば購入して頂ければと思います。”

丁寧な断り方をすれば、相手から反感を買うこともありません。

メルカリではなかなか売れないと出品者側のタイミングで値下げをするケースもあります。

絶対に値下げをしないわけではないと示唆するような内容にしておくのがおすすめです。

値下げ後の価格を提示してこない場合

メルカリでは値下げ交渉をするのが当たり前となっています。

メルカリのコメント欄に、「値下げして欲しいと思っていますが可能ですか?」

と書かれるケースが多いです。

はっきりとした値下げ金額を提示されないと、交渉に応じて良いか出品者は悩んでしまいます。

応じる場合は、いくらまでなら値下げ可能なのかコメントに書くようにしましょう。

相手に金額を任せてしまうと思っていた以上に値下げされてしまう可能性があるので要注意です。

値下げ後の価格を提示してこない場合の例文は以下の通りです。

“コメントありがとうございます。
大変申し訳ないのですが、この商品に関しては値下げ不可としています。
現在提示している金額で購入可能かご検討いただけますと幸いです。”

このような返信をすれば多くの場合、それ以上値下げしようとはしません。

しつこく値下げを迫ってくるのであれば、コメントの削除やブロックを検討しましょう。

思ったよりも大幅に値下げされてその価格以上だと買わないと言われた場合

思ったよりも大幅に値下げされてその価格以上だと買わないと言われた場合の例文は

以下の通りです。

・完全に断りたい場合の例文

提示された価格での取引が難しいなら、その旨をきちんと伝えるのがポイントです。

はっきり伝えないと、再度交渉してくる人もいます。

思っていた以上の値下げ交渉をされてしまい、断りたい場合は以下のように伝えましょう。

“コメントありがとうございます。
値下げに関してですが、その価格だとお受けすることはできません。
値下げ対象ではない商品でもあるため、現在提示している金額での購入を
ご検討いただければ幸いです。”

・交渉を検討する場合の例文

提示された金額まで値下げはできないけど、少しなら値下げして販売できるケースもあります。

そのような場合は、以下のように伝えましょう。

“コメントありがとうございます。
その金額だと残念ながらお受けできないのですが、価格を再提示していただければ交渉を検討させていただこうと思います。
こちらは○○円での販売を希望しています”

【出品者編】値下げ交渉に対応する方法

メルカリにおける値下げ交渉は、利用者によるある種の文化となっています。

値下げ交渉に対応できる場合とそうでない場合があるため、

どのように対応するのが良いのかあらかじめ出品者は把握しておく必要があります。

最後に、出品者が値下げ交渉に対応する方法についてみていきましょう。

値下げ交渉の可否は商品説明欄などに書いておく

値下げ交渉に関するやりとりが面倒だと思うなら、

できるかできないかを商品説明欄などに書いておくのがおすすめです。

・値下げ交渉は基本的に応じません。
・値下げ交渉に関する返信は致しません。
・こちらの商品は値下げ不可となっています。

上記のように書いておくと、値下げ交渉される確率がかなり低くなります。

絶対に値下げ交渉されないとは言い切れませんが、

商品説明欄に書いておけば断る理由にもなるので書いておくようにしましょう。

希望する金額で購入してくれる人もいるはずなので、

むやみに値下げしないようにするのが利益を高めるための1つのポイントになります。

値下げ交渉されたらできるだけ返答を早めにする

値下げ交渉されたらできるだけ返答を早めにするのも重要なポイントです。

返信が早ければ、出品者としての信頼も高まります。

値下げ交渉に関するコメントを無視したり、返信がまちまちだったりする出品者は、

購入者側から見ると「この人と取引をして大丈夫だろうか」と不安を感じてしまいます。

それでは購入してもらえるものも購入してもらえなくなるので、

きちんと返答するようにしましょう。

メルカリで断る際のコメントに関するまとめ

メルカリに商品を出品すると、値下げ交渉されるケースが多いです。

値下げに対応できる場合もありますが、そうでない場合ももちろんあります。

対応不可の場合は、丁寧な断り方を意識するのが重要です。

丁寧に断れば、相手も嫌な気持ちになりません。

しつこく値下げを交渉されるリスクも回避できるでしょう。

今回紹介したコメント例文を参考に、

断り方を念頭に置いてメルカリで物販ビジネスを進めてみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。