メルカリでの再出品はペナルティになる?再出品の目安や方法を紹介します

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリでの再出品はペナルティになるかどうかついて知りたい
という方のために、メルカリの再出品で受けるペナルティについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. メルカリで再出品するとペナルティを受けるかどうかがわかる
  2. ペナルティを受けているのか判断する方法がわかる
  3. メルカリのペナルティにどういったものがあるのか知ることができる
  4. メルカリのペナルティを避ける方法を知ることができる
  5. ペナルティを受けずにメルカリで再出品するコツがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではメルカリでの再出品はペナルティになるかどうかについて解説していきます。

 

メルカリで再出品するとペナルティになる?

メルカリでは、すでに出品した商品の公開を停止して再公開できるほか、

削除してから再出品もできます。

メルカリには、一度出品した商品の内容をコピーして再出品する機能はありません

再出品する場合には、まず出品している商品を削除してから再度初めから出品することになります。

メルカリでは、再出品を禁止するといった明確なルールはありません。

しかし、再出品の仕方によっては、ペナルティを受ける対象になってしまうことがあります。

どういった場合にペナルティを受けるのかは、

このページの下部で解説しているのでご確認ください。

メルカリで再出品したのに閲覧されない

メルカリでペナルティになった場合、

ペナルティの対象になったと連絡があるわけではありません。

ただ、ペナルティの処置になるだけです。

そのため、ペナルティを受けていても気が付かない可能性もあります。

ペナルティを受けているかもと疑うべきなのは、

メルカリで再出品しているのに閲覧数が増えない場合です。

どういったペナルティがあるのか解説しています。

圏外飛ばしの可能性

メルカリを利用するなかで、圏外飛ばしといった言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。

圏外飛ばしとは、商品を出品しても新着商品や検索結果で上位に表示されなくなることを言います。

通常であれば、出品したばかりの商品はすぐに検索で見つかる上位に表示されます。

しかし、圏外飛ばしなってしまうと上位表示されず、人目につきにくくなるのです。

検索から見つけにくい商品はそれだけ売れにくくなってしまいます。

メルカリでは、ペナルティとして圏外飛ばしになることを明言しているわけではありません。

しかし、実際に圏外飛ばしなった人はたくさんいます。

そもそもメルカリは個人同士でのやり取りが前提のフリマサービス。

しかし、業者であっても個人として登録していれば業者であるかどうか判定困難です。

業者等の大規模な取引を制限するために、このような措置が採られていると考えられます。

再出品した時には閲覧数や「いいね」を確認しよう

メルカリを始めたばかりだと、圏外飛ばしになっている状況がわかっていない、

判断できない場合もあるでしょう。

圏外飛ばしになっているかどうか調べるには、

自分が出品している商品をキーワードやタイトルでヒットするように検索します。

出品したばかりで圏外飛ばしになって無ければ問題なければ、検索してすぐに見つかるはずです。

新着商品は上位表示されるため、探すのに時間はかからないでしょう。

しかし、自分が出品した商品よりも前に出品されている商品のほうが上位に表示されている場合や、

何回かスクロールしても見つからない場合には圏外飛ばしになっているかもしれません。

再出品した時には、

念のために自分で検索してみて上位に表示されているか確認するようにおすすめします。

また、閲覧数がずっと増えない場合にも圏外飛ばしを疑ってください。

ペナルティになっても数ヶ月で解除されることが多い

対策をしても圏外飛ばしになることはあります。

残念ながら圏外飛ばしを解除する方法はわかっていません。

圏外飛ばしになった商品は、なかなか売れなくなってしまうので、

しばらくは再出品もせずそのままにしてください。

圏外飛ばしが解除されるのは、早ければ1~2週間、遅くても1~2ヵ月です。

その間はどうしようもないと考えて、再出品以外の作業を進めたり、

他のフリマサービスやネットオークションを試したりして見ても良いでしょう。

メルカリのペナルティにはどんなものがある?

メルカリのペナルティは、

わかっていないものも多くどのようなペナルティがあるのか明確に規定されてはいません。

どのようなペナルティがあるのか、わかっているものを紹介します。

利用制限

メルカリのペナルティの中でもわかりやすいのが、ルール違反による利用制限です。

例えば24時間等時間を限定して、メルカリの一定のサービスが利用できなくなります。

メッセージ機能の利用のほか、出品やプロフィールの編集、

コメントといった機能が一定時間使えなくなります。

利用制限のペナルティは、最も軽くて24時間です。

24時間なら問題ないと感じる人もいるかもしれません。

しかし、ユーザーの中には1週間の利用制限になったという声もあります。

利用制限されると売上に直接影響してしまうため、1週間はかなりの痛手です。

無制限の利用制限

24時間や1週間のペナルティ以外に無制限の利用制限もペナルティとして存在しています。

無制限の利用制限になると、いつになったら利用再開できるのかはわかりません

いつ利用できるか目途が立たないと、サービスとして利用し続けるのは困難でしょう。

気長に待つか、他のサービスを探すことになります。

アカウント停止

ペナルティの中でも最も重いのは、アカウント停止です。

これは事実上の強制退会で、メルカリの事務局で退会手続きされてしまいます。

強制退会になると再登録ができません。

メルカリは、原則としてひとつの電話番号に対してひとつのアカウントです。

つまり、新しい電話番号で登録しない限りはメルカリに再登録できません。

また、名前や住所等で記録されている場合にはその情報では二度と

メルカリを使えない可能性もあります。

メルカリのペナルティを避けるために注意すべきこと

メルカリは多くの人が利用しているフリマサービス。

できるだけ利用者が多いメルカリで不用品を売却したいと考える人は多いはずです。

しかし、ペナルティを受けてしまえば出品や販売に大きく影響します。

ペナルティにならないためにはどのような点に注意すればよいのかまとめました。

画像はオリジナルのものを

メルカリでのペナルティを避けるために、必ず意識してほしいのが画像です。

輸入商品を出品している人の中にはECサイトで使われている商品画像をそのまま

使っている人もいます。

転載した画像は検索すればすぐにわかります

画像を転載すれば、転売業者とみなされてペナルティを受ける可能性は高いでしょう。

メルカリで出品するときには、面倒でも自分で写真を用意するようにしてください。

写真は商品の色や内容がわかれば、スマホで撮影したものでも問題はありません。

簡易でも撮影ブースを用意しておくと出品するときに便利です。

短時間の連続出品は避ける

大量出品もペナルティの対象になります。

ただし、たくさん出品している人は少なくありません。

ペナルティを受けやすいのは、短時間で大量に出品している人。

急に20個も30個も出品すれば、

不審に思われてしまいます。

ペナルティになる基準はわかりませんが、

目安としては1日で10出品を超えるとペナルティのリスクが高まります。

また、毎日出品するようであれば、数はもう少し減らしましょう。

不用品を一気に処分する人は珍しくありませんが、

毎日大量に出品し続けると業者と疑われてしまうかもしれません。

大量に出品する場合には、数日あけるようにしてください。

再出品はくり返し過ぎない

再出品は商品の注目度を上げるために効果的な手段です。

そのため、売れない商品は全て再出品して売り切ろうとする人もいるかもしれません。

しかし、再出品の繰り返しはペナルティのリスクを高めます。

出品してすぐに売れないからと削除、再出品するのではなく、

しばらくは閲覧数等の動向を見守ってみましょう

出品した商品が売れなかったとしても、対策は再出品だけではありません。

例えば、商品のタイトルや説明文を書き換えることもおすすめです。

商品がなかなか売れない場合には、

購入者が検索で使うキーワードがタイトルや商品説明に入っていないのかもしれません。

これらを変えることで商品を見てくれる人が増えれば、より売れやすくなります。

どのようにタイトルや商品説明を変えればいいのかわからないといった場合には、

同じジャンルで出品されている商品のタイトルや商品説明を参考にしてください。

同じ理由で、カテゴリーや出品価格も購入希望者のニーズを把握してから再設定してみましょう。

同じ商品をたくさん出品しない

メルカリでは手元にない商品の出品が禁止されています。

再出品するときに、ついついやってしまいがちなのが元の商品を残したままにして

再度同じ商品を出品してしまうこと。

先に元の商品を削除しておかないと、同一商品の出品になってしまいます。

万が一、両方の商品が売れてしまうと大変なので、必ず先に削除してから再出品しましょう。

画像や商品説明を使いまわさない

色違い商品の出品やハンドメイド品の出品等は、

面倒なので画像や商品説明を使いまわしている人もいるかもしれません。

しかし、同じ画像や商品説明で大量に出品していると業者であると

判断されてしまう原因になります。

面倒でも写真は別に撮り直し、タイトルや商品説明を変えて出品してください。

大量出品や大量削除はしない

大量に出品すると業者と思われてしまうことは前述しましたが、

大量の削除も避けたほうが無難です。

大量に削除した場合、今度は大量に再出品することになれば

ペナルティを受ける可能性があります。

規約やルールは確認しておこう

メルカリでペナルティを受けないような対策はいろいろありますが、

ペナルティの条件が明確でない以上確実な方法はありません。

基本の立ち返ると、メルカリでペナルティを受けるのは、

規約やルール違反となる可能性があるときです。

あまり目にしたことがない人もいるかもしれませんが、

規約やルールは確認しておくようにしましょう。

メルカリで購入してもらうためのコツ

メルカリで再出品となるのは、商品が売れない時です。

商品が売れないことで、何度も出品しなおしたり、

大量出品してしまったりすることがあります。

スムーズに購入してもらうことができれば、再出品は不要です。

購入してもらうためのコツをまとめました。

購入者が閲覧する時間帯を狙う

メルカリで出品するときには、タイミングが重要です。

出品して新着で上位に表示されても、誰も見ていないような時間では効果が薄くなってしまいます。

大切なのは、購入者が閲覧するタイミングを把握することです。

会社員をターゲットにした商品であれば、昼休憩や帰宅して寝る前の時間が狙い目。

自分が出品する商品が誰向けの商品なのか、

ターゲットがメルカリを見る時間がいつなのかを把握することで、

効果的な時間に出品できるようになります。

購買意欲が高まる時期を狙う

商品によって売れやすい時期と度そうでない時期があります。

例えば、プール用品やレジャー関連用品は夏休み前に需要が高まりやすい商品です。

商品を出品するときには、

検索する人が多い、見られるチャンスが増える時期を狙うようにしてみましょう。

せっかく需要が高まっていても、

そのタイミングで検索の上位に表示されていないと見つけてもらえません。

出品する商品がどの時期に購買意欲が高まるのか意識して効果的なタイミングで

出品してみましょう。

写真は商品がわかりやすいものを用意する

メルカリで商品を探すユーザーがまず目にするのは写真です。

多く並んでいる商品から、良さそうと思ってもらうためにはテクニックも必要。

例えば、出品写真の1枚目は必ず全体が映っている写真を選びます。

光の加減や角度を調整して、色や質感、形がわかりやすいように撮影します。

洋服であれば、ハンガーにかけるよりも床に置いたほうが綺麗に移しやすいでしょう。

タイトルや紹介文を丁寧に設定する

メルカリで商品を探すときに使われているのがキーワード検索です。

キーワード検索では商品名と商品説明で検索しているため、

商品情報により多くのキーワードを入れてくことでヒットしやすくなり、

商品を見てもらう機会がずっと増えます

例えばスニーカーを出品するのであれば、そのブランド名や商品名以外にもレディース、

メンズ、もしくはサイズやランニングといった用途も入れ込みましょう。

単純にキーワードを羅列するとペナルティ受けることがあるため、

できるだけ文章に入れ込みましょう。

相場を反映した価格帯で出品する

商品タイトルや写真が良くても価格がユーザーとマッチしなければ商品は売れません。

売る側は少しでも高くと考えるものの、購入者は少しでも安いものを探しています。

そのため、確実に売るのであれば、相場からみて妥当な金額で売るのが鉄則。

出品する商品と同様の商品を探してみて、相場を調べてみてください。

中でも「SOLD」となっている商品の価格は、すでに売れているということなので参考になります。

メルカリの再出品は適切であればペナルティも怖くない

メルカリにはペナルティがあります。

スムーズにメルカリを利用し続けるには業者と疑われるような

出品の仕方は避けることをしましょう。

メルカリの再出品も、タイミングややり方に注意すればペナルティのリスクは下げられます

再出品は画像や商品説明、

出品のタイミングによる売れ行きを確認するためにも効果的な手法です。

上手に活用して、メルカリでの取引を円滑に進めましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。