メルカリのコメントは削除できる?具体的な手順と注意点を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではメルカリのコメント削除方法について知りたい
という方のために、削除の可否や具体的な手順、注意点などについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. メルカリのコメントを削除する理由がわかる
  2. メルカリのコメントを消す手順がわかる
  3. コメントを削除するときの注意点がわかる
  4. コメント削除が相手に通知されるかどうかがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、メルカリのコメント削除方法について解説をしていきます。

メルカリのコメントを削除する理由

メルカリは、オンラインで利用提供されている、フリマサービスです。

もともと、スマートフォンアプリとして誕生したメルカリですが、

現在ではパソコンからも利用でき、ユーザーも増加しつつあります。

メルカリには、出品者に対し、購入希望者がコメントを投稿できる機能があります。

運営者の中には、このコメントを削除したい、と考える方もいますが、

いったいなぜコメントを削除するのでしょうか。

ユーザーを不快にさせてしまう

メルカリの販売者ページには、購入希望者や検討している方がメッセージを投稿できます。

コメントで気軽にやり取りできるのも、メルカリの特徴ではありますが、

中には人を不快にさせるような投稿をするユーザーもいます。

乱暴な表現や、誹謗中傷のようなコメントをする方も中にはいるため、

そのようなコメントをほかのユーザーが目にしてしまう可能性があるのです。

このようなコメントは、見ていて気持ちのよいものではありません。

出品者にまったく落ち度がなくても、そのようなコメントが残ることで、

「問題のある出品者」と思われてしまう可能性があります。

自身はまったく気にしていなくても、ほかのユーザーを不快にさせてしまう、

不安を抱かせてしまうおそれがあるため、コメントを削除するといったケースは少なくありません。

値引きした履歴が残るデメリット

メルカリでは、コメントのやり取りで値引き交渉が行われることが多々あります。

値引き交渉に応じたコメントが残ってしまうと、ほかのユーザーにも、

「この人は値引きしてくれそうだ」と思われてしまうデメリットが生じます。

値引きすると、利益が少なくなってしまうため、

基本的には値引きに応じたくないのが出品者としての本音でしょう。

しかし、値引きに応じてくれる出品者、と多くのユーザーが勘違いしてしまうと、

そのような人ばかりが集まってくる可能性があります。

値引きを求めるユーザーばかり集まり、結果的にどんどん値を下げることになるかもしれません。

このような事態を避けるため、値引き交渉に応じた履歴を消したいと考える方は多いのです。

ユーザーの購入意欲を下げてしまう

やり取りした内容によっては、ユーザーの購入意欲を下げてしまうおそれがあります。

たとえば、不快なコメントを投稿した人に対し、思わず感情的な発言をしてしまう、

といったこともあるでしょう。

このような場合、そのままやり取りの履歴を残してしまうと、

目にした方は不安に感じてしまいます。

商品そのものにもネガティブな印象を抱いてしまい、

購入しようと考えていた方が離れてしまうおそれがあるのです。

また、ユーザーの中には、購入する、購入したいとコメントしてくるものの、

実際には購入してくれない方もたくさんいます。

「購入します」といったコメントがあると、

ほかのユーザーが見たとき、すでに買い手がいるから買えないと思われてしまいます。

そのため、買いますといいながらも購入にいたらなかったようなときは、

速やかにコメントを削除するケースは少なくありません。

商品にネガティブな印象を抱かれる

やり取りの中で、商品に関するさまざまな情報を伝えることもあります。

ユーザーの中には、かなり細かいことまで質問してくる方がいるので、

出品者としてはあまりいいたくないことまでコメントしなくてはいけないこともあるでしょう。

たとえば、商品に関する不具合や、

コンディションの悪さなどに関する情報を返信してしまうケースが考えられます。

このような内容をいつまでも残してしまうと、

見た人に商品に対するネガティブな印象を抱かせてしまいます。

メルカリは大勢の方が利用しており、同一の商品もたくさん出品されています。

商品に対してネガティブな印象を抱かれてしまえば、

ほかの出品者から購入しようと思われてしまうため、コメントを削除するのです。

メルカリのコメントを消す手順

メルカリのコメントを削除する手順は、特別難しくありません。

商品ページにアクセスし、消去したいコメントを選択してゴミ箱に捨てればよいだけです。

削除したあとは、商品ページを更新し、きちんと処理が完了しているかどうかを確認しましょう。

以下、メルカリのコメントを削除する手順についてまとめました。

消したいコメントを選択

まずは、商品ページにアクセスしましょう。

コメント欄を表示し、削除したいコメントを選択してください。

なお、メルカリでは一度にいくつものコメントを削除することはできません。

ひとつずつ、個別に対応する必要があることを覚えておきましょう。

やり取りの履歴をチェックし、削除したいコメントが見つかったら、

実際に消去する手順に進みます。

ゴミ箱を選択

メルカリのコメントは、吹き出しの中に表示されます。

吹き出しの中には、ユーザーが投稿したコメントのほか、投稿された時間帯や、

ゴミ箱、フラッグマークなども表示されています。

削除したいコメントを選んだら、吹き出しの隅にある、ゴミ箱を選択しましょう。

コメントの削除は、ゴミ箱で行います。

ゴミ箱をタップしただけでは削除は完了していないので、注意してください。

ポップアップで、「本当にこのコメントを削除してよろしいですか?」と表示されるので、

[削除する]を選びましょう。

これで、コメントの削除は完了です。

削除の完了を確認

ひとつ前のステップで、コメントの削除は完了していますが、

きちんと処理が終わっているかどうか、商品ページで確認してください。

もし、まだコメントが残ったままなら、商品ページを更新してみましょう。

コメントが消えていれば、処理は完了です。

コメントを削除するときの注意点

メルカリのコメントを削除するときには、いくつかの注意点があるので、覚えておきましょう。

まず、コメントを削除すると、その旨が残ってしまいます。

また、一度消してしまったコメントを、復旧させるような機能は実装されていないため、

注意が必要です。

あまりにもコメントの削除が多いと、

かえってユーザーに不信感を抱かれてしまうおそれがあることも、覚えておきましょう。

削除した旨が残る

メルカリの商品ページに投稿されたコメントを削除しても、

まっさらな状態に戻るわけではありません。

コメントを削除すると、「出品者がコメントを削除しました」と表示されてしまいます。

たくさんのコメントから、わずか一部を削除しただけならともかく、

多くのコメントが削除されているとなると、ユーザーは不審がるでしょう。

よくない印象を抱かれてしまい、購入希望者が離れてしまう可能性があります。

消したコメントは戻らない

メルカリに投稿されたコメントは、一度削除してしまうと復旧できません。

そのため、場合によってはそれ以上やり取りを続けられなくなる、

といったことが生じてしまいます。

ユーザーからの失礼なコメントに対し、つい感情的になってしまい、

コメントを削除してしまう、といったことは十分考えられるでしょう。

このような場合、あとからコメントを復旧してやり取りを再開したいと思っても、できません。

コメントを削除するときは、本当に削除してよいのかどうか、

きちんと確認しましょう。

その場の勢いに任せて消してしまうのは、おすすめできません。

不信感を抱かれるおそれ

先ほどお伝えしたとおり、メルカリに投稿されたコメントを削除すると、

その旨が履歴として残ってしまいます。

あまりにもコメントを削除した履歴が多いと、

ユーザーに不信感を抱かれてしまうため、注意が必要です。

あまりにもコメントの削除が多いと、

「出品者に問題があるのでは」「トラブルになるのでは」と思われてしまうかもしれません。

多くの方は、トラブルを避けて気持ちのいい取引をしたいと考えているので、

不信感を抱かれてしまった時点でアウトです。

また、出品者にとって都合の悪いことばかり削除しているのではないか、

と勘繰られてしまうおそれもあります。

いずれにしても、出品者にとってはマイナスでしかないため、

コメントの削除は慎重に行うべきでしょう。

コメントの削除を連発したばかりに、売れるはずだった商品が売れない、

となる可能性もあるので、慎重な判断が求められます。

コメントを削除したとき相手に通知される?

コメントを削除しても、その旨が相手に伝わることはありません。

出品者の中には、削除通知が相手に届くのではないか、

と不安を抱いてしまう方もいるでしょうが、そのようなことはないので安心してください。

ただ、出品者がコメントを削除した旨はユーザーに見られてしまうため、注意が必要です。

必要に応じてコメントを削除するかどうか判断しよう

コメントを削除したほうがよいのかどうかは、ケースバイケースです。

ときには、多くのユーザーに不信感を抱かれてしまうおそれもあるため、

じっくりと考えたうえで慎重な判断が必要です。

その場の勢いや感情に任せるのではなく、損得で考え行動しましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。