メルカリでコメント制限になる原因は?利用制限中の注意点と対処法

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリのコメント制限について知りたい
という方のために、利用制限について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. メルカリの利用制限がわかる
  2. なぜメルカリで利用制限になるのかわかる
  3. 利用制限中でもできることがわかる
  4. 相手がコメント制限中の場合の対処がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、メルカリのコメント制限について解説していきます。

 

メルカリで利用制限を受けるとコメントができない

メルカリでコメントができない場合は、何らかの違反をしたのかもしれません。

規約違反をした場合は、ペナルティがあるのは当然のことでしょう。

コメントができなくなったなら、どんなルールを破ったのか確認してください。

また、コメントが不可能でも別の対応があるかもしれません。

状況に合わせて対応してみましょう。

ルールを破ると利用制限になる

メルカリは、正しい取引を心掛けるため、利用者に対するガイドを設けています。

何らかのルールに違反している場合は、メルカリ利用者からの通報があるかもしれません。

通報でメルカリ運営側が必要だと判断すれば、通報された人は制限を受けることになります。

このことを、メルカリでは「利用制限」と呼んでいます。

ルール違反となりやすいのは、以下のケースです。

● 違反商品を出品した
● 利用者に通報された
● キーワードの羅列で出品した
● 手元にない商品を出品した

利用制限になるのは、メルカリ運営側が違反を発見した場合と、利用者から通報があったときです。

また、違法行為があり外部機関から要望があったときも、利用制限になる場合があります。

高額商品購入でも利用制限になることがある

利用制限は、出品者だけの問題ではありません。

購入者も、高額な商品購入で利用制限になる場合があるため、注意しましょう。

なぜ利用制限になるのかというと、クレジットカード会社から連絡があったためです。

メルカリに限らず、ネットで高額な商品購入があると、

クレジットカード会社は不正利用を想定して利用制限するよう連絡する場合があります。

メルカリで、高額な商品を買ったあと利用制限になったなら、一時的な制限です。

自分で高額商品を買ったなら、購入者に問題があるわけではありません。

あくまでも、クレジットカード会社のセキュリティが働いただけです。

このようなケースでは、自分でクレジットカード会社へ連絡して、

利用制限を解除してもらってください。

メルカリの利用制限だけでなく、クレジットカードの利用も制限されているはずです。

本人の購入だと連絡すれば、カード会社からメルカリに連絡がいき、

メルカリの利用制限も解除されるでしょう。

利用制限中にできること

何らかの理由で出品者が利用制限になっても、できることがあります。

できるのは、自分が出品している商品に対するコメントです。

取引中の商品のやり取りが、引き続きできるので安心してください。

出品中の商品に対するコメントができるなら、取引には支障がないでしょう。

購入希望者からコメントがあった場合は、返信するようにしてください。

また、商品の編集や削除もできるため、現在出品中の商品に影響を及ぼす心配はありません。

ただし、違反商品の出品がある場合は例外です。

利用制限があった時点で、違反商品を削除しなければなりません。

また、違反の疑いのある商品は、内容を修正することで再出品することができます。

コメント制限中の注意点

メルカリ出品中にコメント制限になったら、いろいろと支障が出てくるでしょう。

すでに説明したとおり、取引中の商品に対するコメントはできますが、

購入者の問題で連絡が取れなくなる恐れもあります。

コメントできないときは、次のようなケースに注意してください。

購入者と連絡が取れない

購入者と連絡ができなくなったら、購入者側の問題かもしれません。

自分が出品している商品に、購入者からコメントがあったので返信しようとして、

「このユーザーは利用制限されています」の表示になっていたら注意してください。

なぜ連絡がつかないのかというと、コメント後に利用制限された恐れがあるためです。

出品者が利用制限を受けても、出品者自体は自分の商品にコメントできますが、

購入者は取引商品以外にコメントはできません。

考えられるのは、購入前はとくに何もなく、

購入の連絡をした直後に利用制限になった場合です。

取引が完了する前に、購入者が利用制限になった恐れがあるでしょう。

このようなタイミングはなかなかありませんが、100%ないとはいえません。

購入者側の問題で連絡がつかないときは、

1日ぐらい待って相手の利用制限が解除されるのを待ちましょう。

アカウント停止の恐れがある

メルカリ出品者が何らかの問題で利用制限を受けると、

最初は3時間や24時間など短期間の制限になります。

しかし、ペナルティが重くなるに従い時間も伸びていきます。

48時間、72時間、168時間などの利用制限でも改善できない場合は、

長期的なアカウント停止の恐れがあるでしょう。

さらに問題が続く場合は、永久利用停止される場合もあります。

永久利用停止の処置ともなれば、同じ連絡先では利用できなくなるでしょう。

連絡先を変えて再登録する方法もありますが、

同じ運営方法なら再び永久利用停止になりやすいため意味がありません。

また、永久利用停止になると、金額に関わらず売り上げは没収されます。

せっかく稼いだ費用を奪われてしまうため、

強制退会となるような行為は避けるようにしてください。

メルカリでコメント制限になった際の対処法

メルカリで利用制限になったら、とにかく解除されるのを待つしかありません。

解除される期間は、ペナルティの重さによって変わってきます。

また、裏技で利用制限を解除してもらう方法もあるため、試してみるといいでしょう。

数日程度待ってみる

購入者の利用制限で連絡がつかなくなったら、数日待ってみましょう。

もしかしたら、メルカリ初心者でルールを確認していなかっただけかもしれません。

軽い制限では3時間や24時間で、ペナルティが重い場合は1週間の制限です。

さらにペナルティが重くなる場合は、無制限や強制退会となってしまいます。

購入者の利用制限の多くは、コメントが迷惑行為だと判断された場合です。

出品者ほどルールは厳しくないため、数日程度待って連絡できるか確かめてみてください。

また、注意したいのは出品者が規約違反してしまった場合です。

出品禁止商品は変更となることがあるため、定期的に確認するようにしてください。

見る人によっては、ほかのサイトへの誘導だと判断される恐れや、

不適切なコメントで利用制限になる場合もあります。

出品者は出品中の商品に対するコメントはできるため、現在の商品の取引を済ませましょう。

ただし、新たな商品は出せないため、出品は利用制限解除後にしてください。

ダメ元でメルカリの事務局へ連絡してみる

メルカリで、無期限利用制限になった人の声は少なくありません。

それだけメルカリ運営元が、利用者の安全や使いやすさを考慮している証しなのでしょう。

安全に取引できるのは有難いのですが、

出品者が無期限利用制限になれば商品を売ることはできなくなります。

そこで挑戦してみたいのが、事務局へ連絡する裏技です。

必ず成功するとはいえませんが、利用制限解除できた事例もあるため、

チャレンジしてみてください。

メルカリ事務局から利用制限の連絡が来たら、まずは問題を取り除いてください。

メールに制限理由が書かれているため、該当箇所を確認し修正しましょう。

続いて、メルカリ事務局へ謝罪文を送ります。

今までの出品対応に問題がなく、

一度目の無期限の利用制限なら数日程度で解除してくれる可能性があります。

強制退会は対処法がない

メルカリの規約の確認不足で利用停止ならまだしも、

違法行為での強制退会は対処しようがありません。

たとえば以下のような違法行為があるでしょう。

● 海賊版ソフトウェアの販売
● 違法改造の車や部品の販売
● 違法改造されたゲーム機
● 売買が禁止されているもの

メルカリ運営局に謝罪して解除申請が認められるのは、軽度のペナルティの場合です。

出品者の確認ミス程度なら、改善が見られ反省していると判断されて、

解除の可能性があります。

ただし、メルカリでの停止内容は記録されているため、

再び悪質な違反をした場合は再開できない可能性が高いでしょう。

メルカリでコメント制限にならないよう注意しよう

メルカリで利用制限中は、出品者でもほかの商品にコメントができません。

また、購入者側で利用制限があった場合も、コメントできなくなるため注意してください。

取引中に連絡がつかなくなったら、数日程度で解除されるか確認してみましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。