メルカリのコメント対応がめんどくさい人必見!面倒な理由と対処法

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリのコメント対応について知りたい
という方のために、めんどくさい理由と対処法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. メルカリのコメントで面倒だと感じる理由がわかる
  2. どんな場合に面倒なのかわかる
  3. メルカリのコメント対応が面倒な場合の対処法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではメルカリのコメントが面倒な理由と対処法について解説していきます。

 

メルカリはコメントで独自ルールやマナーが求められて めんどくさい

メルカリでの出品をはじめてみると、コメントが面倒だと感じてしまう人がいます。

コメントが面倒だと、出品自体を諦めてしまうかもしれません。

購入者とのやり取りをスムーズにしたい人は、メルカリのコメントがなぜめんどくさいのか、

その理由を理解しておきましょう。

謎のコメントマナー

世の中には多数のフリマアプリがありますが、

そのなかでもメルカリはコメントマナーが厳しい傾向にあります。

ただし、メルカリにあるコメントマナーは、公式認定ではないのです。

あくまでも、メルカリ利用者間で守られている暗黙のルールとなっています。

たとえば、購入者に対して次のようなコメントマナーがあります。

● コメントが必須
● 購入前のコメントで前置き挨拶が必要

このような暗黙の了解があると、マナーを知らない人がコメントしないで商品を購入すると、

「マナーが悪い人」ととらえられる恐れがあります。

さらに、コメントする際には、挨拶をするのがマナーとなっているのも、

知識がない人からすると面倒だと感じるかもしれません。

購入前の確認コメント

メルカリのコメントによる独自ルールのなかでもとくに特徴的なのが、購入前の確認コメントです。

購入前の確認コメントとは、「購入していいですか?」のように購入可能かを聞くことです。

事前にコメントをせず購入してしまうと、

出品者のなかにはマナー違反だととらえる人がいるため注意しましょう。

購入前の確認コメントは、もちろんメルカリ公式ルールではありません。

利用者が、勝手につくったコメントマナーです。

なぜ、メルカリで購入前の確認コメントがあるのかというと、

1つの商品を複数のフリマアプリで販売している場合があるためです。

フリマアプリによっては、同時出品が認められている場合があります。

出品者にしてみれば、複数個所での出品は売れる確率を高くできるでしょう。

しかし、購入者にしてみると迷惑な行為です。

購入意思のある人専用ページに変更

メルカリの暗黙の了解で使われているマナーとして、

購入意思を示した人専用ページに変更する方法があります。

購入前のコメントのやり取りで「買いたい」と意思表示した人がいたら、

その出品ページ自体をその人専用ページにすることです。

もちろん、このマナーもメルカリ公式が認定したものではありません。

なぜこのようなマナーがあるのかというと、購入希望者が商品をキープするためです。

しかし、あくまでも購入希望であり、購入を約束したわけではありません。

このような暗黙のルールを守ると、出品者にしてみると購入者希望者がキャンセルしてきて、

商品が売れなくなるかもしれません。

また、別の購入希望者がいても、商品を購入しづらくなってしまうでしょう。

メルカリ初心者でこのマナーを知らない人がいると、「専用」の意味を理解しておらず、

横取りして購入してしまう場合もあります。

メルカリ公式のマナーに、ないため横取り自体は問題ありません。

しかし、横取りされた人にしてみれば気分が悪くなる行為でしょう。

出品数が増えるとクレームや要望コメントも多くなり面倒

メルカリ出品者にとって、どんなコメントのやり取りが面倒なのか具体例を紹介します。

出品数が少なければあまり気にならないかもしれませんが、

数が増えるとコメントのやり取りが面倒に感じる場合があるでしょう。

どんな場面で面倒になりやすいのか、事前に確認しておいてください。

クレーム対応

メルカリで商品を販売しても、購入後のフォローが必要となる場合があります。

フリマで出品する商品は、新品や中古などが混ざっており、さらに個人が管理しているものです。

ネットショップで扱う商品とは性質が異なるため、品質にばらつきがあります。

そのため、購入者との認識の違いにより、購入後にクレームがくることがあるでしょう。

たとえば、以下のようなクレームがあります。

● 商品が壊れていた
● 商品が届いていない
● イメージしていた商品と違う
● 要らなくなったので返品したい

出品する前に、きちんと検品して発送してもクレームはあります。

商品が届いていないのは配送業者、イメージ違いは購入者側の問題です。

しかし、メルカリ出品を続けていきたいなら、

些細なクレームであっても真摯に対応したほうがよいでしょう。

また、購入者のなかには、クレーマーのような人もいるため注意してください。

値下げ交渉

メルカリ独自のルールとして、値下げ交渉が当たり前ということです。

出品者は、売れて欲しい値段で売りに出します。

しかし、購入者は値段が高いと感じれば、当たり前に価格交渉してくるでしょう。

たとえば、以下のような値下げ交渉があります。

● 〇〇円になりませんか
● 即決するので〇〇円になりませんか

なかには、常識はずれだと感じるほど値下げ依頼してくる人もいます。

出品者としては、何人もの人から値下げ交渉されると、

いちいちやり取りするのが面倒に感じてしまうかもしれません。

断れば印象が悪くなる恐れもあるため、

面倒でもきちんとコメントに対応している出品者もいるようです。

写真の追加要望

商品の種類によっては閲覧数が多くなり、追加で写真の撮影を依頼される場合があります。

購入者側からすれば、本物なのか知りたい、状態が良いか知りたいなどの気持ちがあるからです。

とくに、価格が高くなりやすいブランドものは、追加要望がきやすいでしょう。

コメントで追加撮影の依頼があれば、商品を準備して撮影しなければなりません。

フリマアプリで、商品画像を簡単にアップロードできるとはいえ、

出品者としては手間だと感じてしまう場合があるでしょう。

商品数が多くなれば、購入者の要望が面倒だと感じるかもしれません。

メルカリのコメントがめんどくさい場合の対処法

メルカリ出品をしたくても、コメントが面倒だと感じるなら、

紹介する対処法を試してみてください。

おすすめなのは、作業をできるだけ楽にする方法です。

メルカリの対応法を学ぶ

メルカリのコメントでは独自のルールがあるため、対応方法を学びましょう。

こういうコメントがきたら、こう返答するというテンプレがあると、作業が楽になります。

学ぶ方法は、メルカリ公式ページを利用する方法があります。

出品者向けに、困ったときの対応方法が掲載されているため、確認しておきましょう。

ひと通り目を通して、コメントに対する返答のテンプレを作成してみてください。

また、メルカリ公式の「メルカリ教室」で学ぶ方法もあります。

近くの教室か、オンライン教室で学びましょう。

どちらも参加無料で、メルカリ認定講師による出品のコツが学べます。

どうしても面倒なときは買取業者に売る

あれこれ対策してもやっぱりコメントが面倒だと感じたら、

買取業者に商品を売ることも考えてみてください。

買取業者を活用すれば、出品作業もコメントも必要ありません。

すぐに現金が手に入るため、査定を依頼してみるのもいいでしょう。

とくに買取がおすすめなのは、ブランド品です。

メルカリにブランド品を出品すると、高額になるため購入希望者は不安を感じて、

コメント数が多くなりがちです。

また、ブランド品は買取業者も高値で買取可能な場合があるため、

気になる場合は無料査定の依頼をしてみましょう。

メルカリのコメントが面倒でも対処できる

ここまでメルカリのコメントの面倒くささを紹介しましたが、

それでも出品を続けている人はいます。

続ける理由は、メルカリの利用者数が多いからでしょう。

多少コメントのやり取りが面倒でも、

ユーザー数が多ければ売れる可能性が高くなりやすいため、メルカリの出品はおすすめです。

また、コメントのやり取りが面倒だと感じるなら、返答をテンプレ化してみてください。

返答内容をマニュアルにしておけば、

コピペで返答できるため出品の手間を減らすことができるでしょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。