メルカリでコメントが同時に入ったときの適切な対処法とは?

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリでコメントが同時に入ったときの適切な対処法について知りたい
という方のために、具体的な対処法を解説します。

この記事を読むことで、

  1. メルカリで同時にコメントが届くことの問題を理解できる
  2. 同時にコメントが入ったときの対処法がわかる
  3. 値下げコメントが複数入ったときの対処法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、メルカリで同時にコメントが入ったときの対処法について、解説をしていきます。

 

メルカリで同時にコメントが届いたときの問題

人気のフリマプラットフォームであるメルカリは、

出品者とユーザーがコメントで気軽にやり取りできるのが特徴です。

コメントはリアルタイムで投稿、反映されるため、ときには複数のユーザーから、

同時に寄せられるケースも少なくありません。

このようなとき、誰と交渉すべきか悩んでしまう、

誰を選んでも申し訳ない気持ちになってしまう、といった出品者の方は、意外と多いようです。

誰と交渉すべきか悩んでしまう

メルカリに商品を出品すると、複数のユーザーから、

同時に「買いたい」といったコメントが寄せられることがあります。

出品者としては、購入希望者が現れるのはうれしい反面、

誰と交渉したらよいのかと、頭を悩ませる方が少なくありません。

特に、メルカリを利用し始めたばかりの方は、

「暗黙のルールがあるのではないか」と考えてしまう傾向があります。

交渉すべき人を間違えてしまい、トラブルになるかもしれない、

運営から注意されるかも、といった不安を抱くことも考えられます。

誰と交渉しようかと悩んでいるうちに数日経ってしまい、

「買いたい」といってくれていた方が離れてしまうおそれもあります。

このような事態を避けるため、できるだけ決断は早めにしなくてはなりません。

誰を選んでも申し訳ない気持ちになる

同時にコメントが入ったときは、誰と交渉するかをなるべく早く決め、

商談に入る必要があります。

しかし、誰を選んでも、結局申し訳ない気持ちになってしまう、

といった出品者の方は少なくありません

複数の購入、交渉希望者の中から1人を選べば、

当然ほかの人からの交渉は断わることになってしまいます。

せっかく購入したい、交渉したいといってくれている人を、

拒絶することになってしまうため、申し訳ないと感じる方が多いようです。

ただ、ビジネスの世界では、同時に複数から商談を迫られるといったことはよくあります。

メルカリで本格的に物販ビジネスを展開するのなら、

今後もこのようなシーンに直面することは多々あるでしょう。

その都度、申し訳ないといった気持ちを抱いてしまうと、

自身のメンタルに支障をきたしてしまうおそれがあるため、注意が必要です。

同時にコメントが入ったときの対処

メルカリで複数のユーザーからコメントが入ったとき、

具体的にどのような対処をすればよいのでしょうか。

ひとつは、少しでも早くコメントを寄せた人を選ぶ方法が挙げられます。

また、プロフの中身や評価を精査し、その情報をもとに選ぶ出品者も少なくありません。

あらかじめ、複数のコメントが入ったときの対処について、告知しておくのもよいでしょう。

少しでも早い者を選ぶ

同時にコメントが入ったときの対処に苦慮している方は多いようですが、

多くの方は少しでも早くコメントを投稿してくれた人を選んでいるようです。

早い者勝ちで選ぶのは合理性もあるため、ユーザーに説明もしやすく、

トラブルも回避できるでしょう。

同時といっても、完全に同じタイミングでコメントが入ることは多くありません。

わずかな差異が生じるケースがほとんどです。

ほんのわずかでも早くコメントをくれた人を選べば、

ほかのユーザーに対して「〇〇さんのほうが早かったので」と伝えられます。

プロフや評価で決める

メルカリのユーザーは、プロフィールを設定できます。

出品はほとんどせず、購入メインのユーザーでも、

プロフを設定している方は多いので、まずは内容をチェックしてみましょう。

プロフには、ユーザーのさまざまな情報が記載されています。

もちろん、プロフを充実させていない方もいますが、充実度も判断材料にするとよいでしょう。

また、評価も重要な判断材料のひとつです。

評価が低いユーザーは、トラブルに発展する可能性があるため、注意しましょう

評価の高いユーザーなら、安心してスムーズに取り引きを進められると考えられます。

そのため、複数のコメントが届いて悩んだときは、プロフと評価に目を通し、

総合的に判断するのは有効な手といえるでしょう。

早い者勝ちだと告知する

あらかじめ、早い者勝ちであることを告知しておけば、

申し訳ない気持ちを抱かずに気持ちよく取り引きができるでしょう。

万が一、ユーザーから「なぜ自分と取り引きしてくれないのか」といわれてしまっても、

「早い者勝ちと告知しているので」と伝えられます。

コメントが同時に入ったとき、早い者勝ちにするとの旨は、

プロフィールページに記載しておきましょう。

プロフに明記し、なおかつ商品紹介ページにも記載しておけば、安心です。

その都度商品ページに記載するのが面倒なら、

「同時コメントについてはプロフをご確認ください」のような一文を入れておけばよいでしょう。

プロフには、同時コメントに関すること以外にも、

取り引き関連のルールを記載しておくことをおすすめします。

値下げ希望のコメントが複数入ったときの対処

メルカリは、出品者とユーザーが気軽にやり取りできるため、

値下げ希望のコメントが入ることも多々あります。

しかも、複数のユーザーから同時に、値下げ希望のコメントが入るケースもあります。

このようなとき、出品者としてはどのような対応がベストなのでしょうか。

コメントは気にせず早い者勝ちにする

たとえば、2人のユーザーから、値下げ希望のコメントが入ったとしましょう。

1人は500円値引きしてほしい、もう1人は1,000円値引きしてほしいとコメントが入ったとします。

このような場合、出品者としてはできるだけ利益を確保したいため、

500円値引きを希望しているユーザーに売りたいと考えます。

しかし、1,000円の値引きを希望している方のほうが、

早くコメントをしているとしたらどうでしょう。

このようなケースでも、基本的にはあまり気にせず、

早く購入してくれる人に売る、といった判断で問題ないでしょう。

値引きに応じるかどうかは出品者次第なので、

どうしても応じなくてはいけないわけはありません。

また、コメントが早かったからといって、

必ずしもその人の値引き交渉に応じないといけない理由もないので、

このあたりは出品者が柔軟に判断しましょう。

値下げコメントを閲覧したうえで価格を編集する

値下げコメントに目を通したうえで、価格を編集するのもひとつの手です。

誰か1人を選ぶのではなく、提示されている金額を参考にし、価格を編集し直すのです。

これなら、個別で値引き交渉に応じる必要もありません。

手間や労力も軽減できるので、採用する価値はあります。

希望する値引きの金額は人によって異なるので、個別に対応していると、

相当な時間がかかってしまうでしょう。

ほかにやるべきことができなくなってしまうので、業務の効率化を図るためにも、

提示された値引き価格を参考にした価格の見直しが最適解だと考えられます。

実際に値下げするときは、ユーザーからの意見に左右されすぎず、

利益率なども考慮したうえで慎重に決定しましょう。

メルカリで同時にコメントが届いても慌てず対処しよう

メルカリで、同時にコメントが入ってしまうケースは意外と少なくありません。

初めて、一度に複数のコメントが入ってしまうと、

対応に戸惑ってしまうかもしれませんが、慌てず冷静に対処しましょう。

基本的には早い者勝ちで交渉に応じ、プロフや評価の内容で決めるのもひとつの手です。

また、あらかじめ、自身のプロフや商品ページに、

早い者勝ちであることを記載しておくのもよいでしょう。

いたずらに時間を引き延ばしてしまうのは悪手なので、本記事を参考に、

スムーズな対応を心がけてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。