メルカリで発生するコメント逃げとは?意味や事例、対処法も解説!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリでよく耳にする「コメント逃げ」について知りたい
という方のために、コメント逃げの意味について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. メルカリの「コメント逃げ」の意味がわかる
  2. どういったケースがコメント逃げになるのかがわかる
  3. コメント逃げをされたときの対処法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではメルカリのコメント逃げについて解説していきます。

 

メルカリで起こる「コメント逃げ」とは?

まずはコメント逃げの意味を解説していきます。

よく言葉として耳にしていても、その意味まで深く知らない方もいるでしょう。

しかし、万が一「コメント逃げ」された場合にすぐ対処するためにも、

あらかじめコメント逃げがどのようなものか把握しておく必要があります。

また、そもそもなぜメルカリにはコメント欄が設置されているのか、

その理由についても解説していきます。

コメント逃げの意味

メルカリの出品ページにはコメント欄が用意されており、

そこから購入希望者や検討している人とやり取りができるようになっています。

コメント欄を利用する人は多く、きちんと対応することが出品者として重要となります。

しかし、せっかくコメントを返信したのに返事が一向に来ない場合もあるのです。

これが、「コメント逃げ」と言われる行為にあたります。

コメント逃げはマナー違反と考える出品者も多いです。

コメント逃げは違反なのか?

コメント逃げに対して

「1日以内に返信がなければコメント逃げ」「3日程度待って返信が来れば良い」など、

さまざまな考えを持つ出品者がいます。

マナー違反と考えている方は多いですが、

実際にメルカリでコメント逃げをすると違反になるのでしょうか?

メルカリの公式サイトを確認してみると、

基本的にコメント欄は

購入前に出品者と購入者がコミュニケーションを取れる場として設けたもので、

返答に関する義務はないとしています。

つまり、コメント逃げをされても違反ではないのです。

また、メルカリではトラブルの原因につながるとして、独自ルールでの取引も勧めていません。

たとえば、出品者のプロフィール欄に「必ずコメントをするように」と記載していても、

購入したい人は独自ルールに関係なく購入できるのです。

コメント出品ページにコメント欄がある理由

そもそもなぜ、出品ページにコメント欄が用意されているのでしょうか?

コメント欄は画像だけでは商品の状態を判断できない場合に確認を取ったり、

現在購入できるか確認したりするために用意されています。

また、購入者が値下げ交渉をする際にも使えるように設けています。

あくまで購入前の疑問を解消するために用意されているものなので、

「コメントを必ずしなくてはいけない」というのは間違っているのです。

コメント逃げでみられる事例

コメント逃げにもさまざまなパターンがあります。

続いては、コメント逃げでよくみられる事例を3つご紹介しましょう。

購入可能か聞いたのに購入されない

コメント欄で「購入可能でしょうか?」と聞かれると、

出品者の中には購入してくれるものだと考える方も多いです。

しかし、「購入できます」と返したにもかかわらずその後返信もなく、

購入もされない場合があります。

購入者はもしかするとほかの出品を見つけて、そちらで商品を購入してしまったのかもしれません。

希望額を聞いたのに返信が来ない

コメントで「値下げできますか?」と、値下げ交渉をされるケースは少なくありません。

そのコメントに対して「値下げ可能です。希望額はありますか?」

と返信したにもかかわらず一切連絡が来ない場合、コメント逃げされたと判断できます。

せっかく希望額まで聞いたのに返信が来なければ、感情的になってしまう出品者も多いでしょう。

値下げ交渉に応じたのに購入されない

購入者から「○○円なら購入できるのですが、値下げ可能でしょうか?」と連絡が来た際に、

「値下げ可能です。」と返信して実際に出品ページの価格を下げたのに、

それでも一向に購入されない場合があります。

価格が下がっただけで誰にも購入されなければ、

ただ出品者の手間が掛かっただけになってしまいます。

また、その後再び元の価格に戻せば良いものの、

「もしかしたら戻ってくるかも」ということで値下げのままにしておく出品者も多いです。

コメント逃げされたときの対処法

もしもコメント逃げされてしまった場合、出品者はどのように対処すれば良いのでしょうか?

おすすめの対処法は、「コメントを削除する」と「ブロックする」という2つの方法です。

具体的にどのような方法なのか解説していきます。

コメントを削除する

いつまで経っても返信が来ない場合、相手のコメントを削除しておきましょう。

メルカリのコメント欄は基本的に誰でも閲覧できるようになっています。

そこに取り置きや値下げのことが書かれていると、

コメント逃げされているのに購入者がいると勘違いされてしまう可能性が高いです。

出品者は購入者のコメントも削除できるようになっています。

削除したコメントには「出品者がコメントを削除しました」という文言がコメント欄に表示され、

削除自体は取り消せません。

そのため、万が一コメントをした購入者が戻ってきた場合に対応できるよう、

返信がないため削除したことや再度取引したい場合には

コメントをしてほしいことを記載しましょう。

記載した上でコメントを削除すれば、購入者が戻ってきたとしても安心です。

ブロックする

同じ購入者から何度もコメント逃げをされてしまう場合、

メルカリの「ブロック機能」を活用するのも1つの手です。

ブロック機能では、特定の購入者に対して購入やコメント、いいね、

フォローを制限できるようになります。

ブロックしたい場合は購入者の会員ページにアクセスし、

右上の三点リーダーをタッチしましょう。

その中に「この会員をブロックする」という項目があるので選択します。

もしもブロックを解除したい場合も同じ流れで解除できます。

メルカリのコメント逃げにも冷静に対応しよう

メルカリのコメント逃げはあくまで出品者の独自ルールから作られたものであり、

基本的にコメント逃げをされたからといって購入者が違反しているというわけではありません。

しかし、コメント逃げをされてしまうと出品者も余計な手間が掛かってしまう可能性もあります。

コメント逃げをした購入者は出品者独自のルールやマナーがわからなかったり、

そもそも忙しくて単に返信が遅れたりしただけかもしれません。

そのため、すぐにブロックをしてしまうのではなく、

ある程度時間が経っても返信が来なければコメントを削除し、冷静に対応することが大切です。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。