メルカリのコメントで「写真の追加」を要求された際の対処方法

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
メルカリのコメントで「写真を追加してほしい」と言われたときの対処法について知りたい
という方のために、写真追加は可能かどうかについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. コメント欄から写真を追加できるかがわかる
  2. 写真を追加するための対処方法がわかる
  3. やり取りする際の注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、メルカリのコメントに写真を追加できるかについて解説していきます。

 

メルカリのコメント欄から写真・画像追加は可能?

コメントから「写真を追加してほしい」とお願いされた場合、

そのコメント欄から写真・画像を追加できると便利です。

そもそもコメント欄に写真を送ることができるのか解説していきます。

メルカリのコメント欄から写真は追加できない!

商品の詳しい状態や仕様などテキストでは上手く伝えられない部分は、

写真を使うと上手く説明できます。

コメント欄のやり取りの中で画像追加ができれば、

購入希望者はあらかじめ商品の状態をより理解でき、

トラブルを未然に防いで取引することが可能です。

しかし、残念ながら現在のメルカリのコメント欄に写真・画像添付をする機能は

備わっていないので、

購入者は出品ページの写真・画像から状態を把握しなければなりません。

現在は最大10枚まで画像登録が可能

メルカリのコメント欄では写真・画像添付ができないので、

できるだけ出品ページの写真を充実させておくことが

「ほかの写真を見たい」と言われないための対策になります。

以前まで1つの商品につき登録できる画像枚数は最大4枚まででしたが、

現在は最大10枚まで登録可能です。

元々iOS版アプリとWebサイトでは10枚の画像登録に対応しており、

遅れてAndroid版アプリでも利用できるようになりました。

より詳細な写真・画像を掲載できるようになっているので、

商品の情報・魅力を視覚から簡単に伝えられます。

しかし、10枚画像を掲載していても「ほかの写真が見たい」と言われた場合は、

どうすればいいのでしょうか。

下記の項目で解説していきます。

写真を追加したい場合は「確認用ページ」を活用しよう!

出品ページの登録画像をこれ以上追加できない場合、確認用ページの活用がおすすめです。

ここでは、「他の写真を見たい」と言われたときの対策に

最適な確認用ページについてご紹介します。

確認用ページとは?

確認用ページは、コメントから「この部分を確認したい」と連絡が来たときや、

壊れた状態で商品が届いたときに証拠写真を掲載する場所として作成されています。

最近は最大10枚の画像追加が可能となったので、確認用ページの活用は減っていますが、

どうしても別に写真・画像追加が必要になった場合に使われています。

タイトルに「確認用」と記載され、

価格も9,999,999円と常識ではあり得ない設定の出品ページを見かけたことはありませんか?

それが確認用に作成された出品ページです。

通常の出品ページと違って購入されることが目的ではないので、

あえて高額な価格設定で商品登録をしているのです。

確認用ページを作っただけではNG

「他の写真が見たい」とお願いされて確認用ページを作ったら、

あとは相手に見てもらえば良いのですが、相手に見てもらうまで放置するのはNGです。

なぜなら確認用ページを作成しただけでは、相手に通知が届かないからです。

元の出品ページのコメント欄に確認用ページを作成したこと、

自分のアカウントから出品商品を閲覧できるという旨を一言添えましょう。

そうすれば、相手もメッセージから確認用ページが作成されたことがわかり、

写真をしっかり見たうえで購入するか否かを決定できるようになります。

メルカリの確認用ページ作成方法

もしも購入希望者が「別の写真も見せて」と言ってきたときの対策として、

確認用ページの作成方法を覚えておくことをおすすめします。

ここでは確認用ページの作成方法とポイントを解説していきます。

新しい出品ページを作成

確認用ページ自体は通常の出店ページと同じなので、

作成も普通の出品方法と同じ流れで行っていきます。

まずは出品ホーム画面で、商品写真の登録から始めていきます。

確認用ページはあくまでも確認してもらうことが目的なので、

出品ページの顔という意識はとくに必要ありません。

前回撮影した場所以外の部分や相手から指定されている部分を中心に撮影し、

アップロードしてください。

タイトル・説明文は「確認用」とわかるように記載

画像登録とカテゴリー・商品の状態といった商品詳細の設定が終わると、

タイトルと説明文の入力項目に移ります。

確認用ページであることをユーザーに伝えるために、

商品タイトルや説明文にはしっかり「確認用」という文言を入れておきましょう。

どの商品の確認用ページなのかわかりやすくするために、

商品名も忘れず記載してください。

また、誰に向けて作成したものか示すために、

取引相手のユーザー名を記載しておくのも良い方法です。

販売価格は高額に設定

通常の出品とはとくに異なる部分が価格の設定です。

普通は売れてほしい金額で設定しますが、

確認用ページではあえて購入されない金額を設定してください。

「9,999,999円」と高額な価格で設定しておけば、購入者が現れることはまずありません。

「出品する」をタッチして完了

必要な項目を全て入力・設定が完了したら、内容に誤りがないか確認してください。

とくに写真は要求された部分や鮮明な写真であるか、よくチェックしましょう。

問題がなければ「出品する」を押して、確認用ページの作成完了です。

あとは元の出品ページのコメント欄から、確認用ページを作ったことを相手に伝えてください。

面倒でも確認用ページを作成すべき理由

写真・画像追加のために確認用ページをわざわざ作成しなければならないことに、

面倒と感じる人も多いはずです。

ほかに別の写真・画像を見せる方法には、

個人の連絡先やSNSなど外部でやり取りする手段も考えられます。

しかし、メルカリでは詐欺行為の防止として外部サービスへの誘導を禁止しています。

たとえば「画像を送るためにメールアドレスを教えてほしい」

「写真を送りたいのでLINEのIDを教えてほしい」などの誘導は禁止行為にあたるのです。

もし相手に悪質だと判断されるとメルカリへ通報され、

アカウント停止の措置を取られる恐れもあるので注意してください。

確認用ページを活用して写真を追加しよう

現在は画像を10枚登録できるので、商品を隅々まで撮影してアップロードし、

説明文で丁寧に状態を記載すれば「ほかの写真も見たい」と言われることはないでしょう。

しかしそれでも、ほかの場所もよく見たいとコメントからリクエストされる場合もあります。

現時点ではコメント欄で写真・画像の追加はできません。

また、外部サービスへ誘導してやり取りする行為はペナルティの対象となる可能性があるので、

確認用ページを作って写真・画像を追加する方法がおすすめです。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。