メルカリで受け取りの評価のコメントに迷わない!手順や例文を紹介

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではメルカリの評価コメントについて知りたい
という方のために、手順などについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 出品者が評価する際の手順がわかる
  2. 残念評価をする前にすべき行動がわかる
  3. コメント例文がわかる
  4. 評価コメントの文字数がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、メルカリの評価コメントについて解説をしていきます。

 

商品が届いた後に出品者が行う評価の手順

メルカリでは、商品が届いた後に購入者・出品者が評価することで取引が完了します。

購入者が届いた商品の中身を確認し受取評価をすると、

出品者も取引に対しての評価ができるようになります。

購入者と出品者両者の評価を終えた時点で取引は完了となり、出品者には販売利益が入ります。

評価の手順の流れは以下のとおりです。

  1. 購入者が受取評価をすると、やることリストに「評価してください」とメッセージが届きます。
  2. メッセージをタッチすると、取引画面に移動します。
    「良かった」「残念だった」のいずれか当てはまるほうにチェックをし、評価コメントを書きます。
    評価コメントは、書かなくても問題ありませんが、取引に関する良かった点などを書くと喜ばれます
  3. 「購入者を評価して取引完了する」をクリックしてください。
    評価のやり直しや取り消しはできないので、誤った評価をしないように注意しましょう。

残念評価をする前にすべきこと

一度行った評価は変更や取り消しできません。

相手に対し「残念だった」と評価する前にどのような点が残念だったか、

取引メッセージで伝えることで、問題が解決することがあります。

もし、残念評価をするか迷った時には取引相手に確認するのも一つの方法です。

また、メルカリ便を使用し、

配送会社の遅延などの理由により予定よりも商品の到着が遅れた場合には、

一度事務局へ相談するのがおすすめです。

それでも評価の判断に迷った際には、以下の例を参考に評価すると良いでしょう。

・設定されていた支払い期限が守られていなかった
・設定されていた配送設定や発送期限が守られていなかった
・相談なく勝手に配送設定や発送期限を変更された
・取引メッセージで不快な言葉遣いがあった

取引評価に記載されたコメントは、メルカリを利用している全ての人が見ることができるため、

誹謗中傷や個人を特定できる内容、またはプライバシーを侵害するようなことを記載すると、

利用制限の対象となりえるため注意が必要です。

出品者側が取引後に使えるコメントの例文

受取評価画面でどのようなコメントを入力すれば良いのか、

取引後に使えるコメントをケースに合わせてご紹介します。

どのようなコメントを書けば良いのかわからない方は、ぜひ参考にしてみてください。

良い評価を付ける場合

受取評価画面でどのようなコメントを書けば良いのか、

取引後に使えるコメントをケースに合わせてご紹介します。

コミュニケーションに何の問題も起こらず、滞りなく取引が完了した場合は、良い評価を付けます。

その際にコメント欄に記入する文章例は以下のとおりです。

「お世話になっております。
この度は商品を購入いただきありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いいたします。」

「この度はスムーズなお取引ありがとうございました。
おかげさまで安心して取引することができました。
機会がございましたらまた宜しくお願いいたします。」

コメント入力が面倒くさいと感じたら、「ありがとうございました。」だけでも構いません。

ただし、相手が見て嬉しいと感じる言葉を一言送るだけでも印象は大きく変わります

難しく考える必要はなく、2~3行でも短くてもコメントは入力することが大切です。

ふつうの評価を付ける場合

メッセージを送ったのになかなか返信が来ないケースや、取引自体は無事完了したけれど、

不満を感じる部分があった場合はふつう評価を付けます。

その際にコメント欄に記入する文章の例は以下のとおりです。

「この度は商品をご購入頂きありがとうございます。
商品が無事お手元に届いたようで安心いたしました。
今後またお取引をさせていただく機会がありましたら、その際は返信をもう少しこまめに頂けたら幸いです。」

「お世話になっております。
この度はお取引いただきありがとうございます。
商品が到着したということで安心しました。
気に入って頂けたら幸いです。
ただ大変申し上げにくいのですが、またお取引させていただく際には、お返事をなるべく早く頂けると嬉しいです。」

このように、どの点に不満を感じ、ふつう評価を付けるに至ったのかがわかるように記載すれば、

相手も納得しやすいです。

悪い評価を付ける場合

取引の中で何度も不満や過度な不安を感じることがあった場合には、悪い評価を付けます。

その際にコメント欄に記入する文章の例は以下のとおりです。

「この度はご購入頂きありがとうございます。
大変申し上げにくいのですが、入金対応に時間がかかっていたことで、少々不安に感じる部分があったため、こちらの評価とさせていただきました。
ご理解頂ければ幸いです。」

「お世話になっております。
商品の状態に問題がないにもかかわらず理不尽なクレームを頂いたことが大変残念です。
そのため、こちらの評価とさせていただきます。ご理解ください。」

取引で嫌な思いをしたのは残念ですが、だからといって、

相手に対してきつい言葉をコメント欄に記入することは避けるのが無難です。

今後のあなたの評価に影響を及ぼす可能性もゼロではないため、

相手から不快な言葉や理不尽な要求をされた場合には、

ブロックするといった対策を検討することも必要です。

受け取り後などにできる評価コメントの文字数はどのくらい?

評価コメント欄に入力できる文字数は140文字です。

少なく感じるかもしれませんが、ほとんどのユーザーは50文字前後でコメントしており、

以下の文章の文字数も49文字です。

「ありがとうございました。気に入って頂ければ嬉しいです。
また機会がありましたら宜しくお願いいたします。」

印象が良ければ、今後の取引につながることもあります。

たとえ一言であっても、感謝の気持ちを伝えることが大切です。

メルカリの評価コメントに関するまとめ

評価のコメントは入力してもしなくても、どちらでも構いません。

ただ、一言あるだけでも相手は喜んでくれますし、お互い気持ちよく取引を終えられます。

もし、取引で相手に不満を感じ、悪い評価を付ける場合には、

今後のためにも相手にその不満をわかりやすく伝えてあげると良いでしょう。

その場合には、いくら相手に不満があっても、言葉遣いに注意して丁寧な対応を心がけてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。